2017年を振り返る。車体編。 

2017m05-1.jpg

※M-05
M-07C発売まで使用。長い歴史の中で初めてワーチャンの舞台へ上がる事が出来たのもこの車体だけに感慨ひとしお。良いも悪いもつねに一緒でした。最後の大舞台はMフリークでした。一番路面が出来ていない状況で一番の走りが出来たのでBメインに引っ掛かる好成績。頭打ちが早かっただけだったのは気にしちゃいけない。ピロサスピンポジションを使いこなせなかった…。

2017m07-1.jpg

※M-07C
Mフリーク開催時にSNS投稿禁止で先行お披露目された時点で購入は確定。確かに速い。でも実際はなかなか本性が見えてこない。セッティングも結構フラフラして一貫性がない。自信がないから試行錯誤が収まらない。しっかりした基本セットが定まるのを目指して色々してみるけど、当たったり外れたり。ボディーやホイールベースでも左右されているかもしれない。

そして、ここに至って十番氏からのアドバイスでタイヤ育成とそのチョイスの重要性を知る事となりました。知って以降はどうにもならなかった事に対してもっと追求出来るようになった気がします。

2017m07-2.jpg

MSエクストリームではLi-Fe+ブラシレス指定レースもありました。個人的にはこのパワーソースと重量バランスが好ましい感じでした。普及しないかなぁ…。

2017TA07-1.jpg

※TA07
1年以上使い込んでもまだよくわかっていないながら良く走る。未だに傾向がコロコロ変わるので自分らしさが無い。少しずつながら固定部分は出来てきているが、柔軟性を失わないというかっこいい言い回しにをしながら良いセット傾向を教わると試してみております。去年の様なGTカテゴリーとタミチャレGTクラスの両刀ではなくなりチャr専属になった事でちぐはぐさは消えたものの、まだ不安要素も沢山あるし詰めも甘い。年末にはポッキングという不名誉な称号も頂いてしまったので返上すべく頑張らねば。

2017ff03-1.jpg

※FF03
去年の調子よさに胡坐をかいて今年はハマる展開ばかりでした。スプリングカップでてんいん氏に色々教わって、難しいけどここは維持して走り易さを…が、なかなか上手くいかなかった。それでもジワジワ仕上げていってチャレ東北の時は持ち直した気はします。…思うところあってひっそりアップグレード化すべく暗躍しましたがご縁はなかなかない模様。

2017419x-1.jpg

※TRF419X
シェイクダウンレースでケチ付けてしましましたが、ハイエンドらしくどこでもそこそこ走ってしまうので手をかけなかったのですが、かけないなりの成績でしかなく、今年はもう少ししっかり詰めてみようと結構大掛かりに色々変更中。そこそこの17.5Tが手に入ればNRC仕様も試せるのだがなかなか…

2017DB01-1.jpg

2017211MX-2.jpg

※DB01&211
オフロードの2台。去年は念願の掛川オフロードコースを走る機会に恵まれてオフチャンへの執着が何となく薄れたりもしましたが、自宅最寄りがチャンプ相模原さん故オフロードも楽しんでいけたらと。DB01は自分のむらっけに左右されて昨年ほど成績が安定していませんが、他の車種で学んだことを盛り込んでみたいところ。何せ3輪買ったら半日走行券頂いたので、是非とも走り込んで来ねば。

211は苦戦し続けていましたが、五反田で嬉しい初のAメイン進出や、ARAさんとコウキ君パパさんに教わったパーツの導入で疑問に思っていた部分の解決も出来ました。その対策後の走りを試せるはずだったのがチャレ東北大会1日目だったのですが残念な事に雨天中止。以降押入れの肥やし状態ですが、前述のとおり走行券貰いましたので走り込んできたいと思います。


2018/01/02 Tue. 00:08 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

謹賀新年 

22017年賀ネタ12
22017年賀ネタ3a

今年もよろしくお願いします。年末書ききれなかった反省文は次回にでも…

2018/01/01 Mon. 22:48 [edit]

Category: その他

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017年を振り返る。レース後編。 

10月MSエクストリーム
会場:タミヤ掛川サーキットオンロードコース
参加クラス:Mエクストリーム・チャレGT
成績:Mエクストリーム予選B2 決勝B1 チャレGT予選A11 決勝A12

MエクストリームはLi-Fe+ブラシレスの特別レギュでした。個人的にはライトチューン+1600SPよりも管理維持し易いので今後こちらにシフトして欲しかった気がする。チャレGTですが、タミヤのサーキットでのツーリングカテゴリーAメイン進出率が極端に低いか恐らく初だったので嬉しい。決勝はセコいコバンザメでちゃっかりポジション上げたのにぶつけてバッテリーコネクタ外れるていたらく。2Pだけどスッカスカだったんだよなぁ…某社扱いのヤツ。取り換えまして以降トラブルフリーでございます。
 この時もスズタク大先生のアドバイスがいい方向に向かいました。腹がつっかえて乗れないオープンカーは禁止です。おっさんに優しいモデファイを希望します。

10月タミヤチャレンジカップ東北大会
会場:八幡平トラウトガーデン内RCコース(岩手県)
参加クラス:1日目2WDバギー・4WDバギー・チャレGT 2日目:M・FF・チャレGT
成績:1日目雨天中止
    2日目:M予選A7 決勝A8 FF予選A5 決勝A11 チャレGT予選D1 決勝D1

1日目が雨天中止。2WDバギーは五反田でコーキくんパパさんとARAさんに教わったパーツ投入の効果を見たかっただけに残念。以降現在まで出番がない…走らせてみたいんだが時間が。
 2日目は打って変わって快晴で暖かい。M予選は1回目しくじったものの2回目に〇ちゃんとしんきち氏のチキチキに便乗して一気にポジションアップ。楽しかった~。FF予選1回目はいいペースだったのにスパイダーマンの襲撃で乱れたのが勿体無かった。2回目は1回目の成績に胡坐かいて出し抜き大失敗。チャレGTはワンウェイの当たり弱さが露見。久々の殴り合いで大負けする。回避能力だけではどうにもならんかった。単発はそこそこ速かったのを全く活かせなかった。
 決勝は予選でピークが出てしまった人間が終了して集中が続かない。衰えを痛感する。旅疲れもあったけどさ…地味にショックでしたよ。結果落とさずに済むはずのMとFFで崩れる。チャレGTはもうメインがメインなんでスタート決めたら流して終わり。1日をまとめきれないふがいなさばかりが残りました。でも、久々のトラウトタミチャレ楽しかった~。

10月タミチャレ統一戦
会場:スーパーラジコンさいたま大宮店サーキット
参加クラス:M チャレGT
成績:M予選4位 決勝2位 チャレGT予選B1 決勝B1で勝ち上がりA10に組み込まれてA決勝6位

イーズホビーの時に一度走りに行きましたが、行ってから閉店案内が出て、行く先々が閉店する死神っぷりが怖くなるものの、スーラジとして復活したので一安心。良い環境だけに勿体無いと思っていました。ポンダー拾わないトラブルで予選1回目を潰してしまい万事休す。トラブルを解決して一発予選感覚で2回目に。ミニはグリッド決定戦の様相だったので気楽に行けてポジション上げる事が出来ました。チャレGTはビビリすぎもありましたがちょっと伸びずにBポール。いつもならこれでおしまいですが、勝ち上がり方式でB・C両決勝で一番速いタイムの選手がAメイン最後尾で決勝走れることになったので気合のB決勝に。僅差で何とか制してタイムも出せた為Aメイン最後尾でもう一回決勝。もう5分走行がしんどい。ヒート数が少ないからすぐ出番が来るしゲボる寸前。
 M決勝はMSにぶっちぎられてしまいましたが、店長さん達とのバトルが最高に楽しかった。伸びとパワーに分があったので何とか前に出ようとしますが要所を抑えてくるS寸クーパーの速い事。勉強になりました。
 チャレGT決勝AメインはMからの連続なった為ほんとにヘロヘロ。グリッドポジションの距離が遠い…。上位には行かれてしまいましたが中段は狙えそうだと頑張って十番氏とのイチャイチャに持ち込みましたが最後にずっこけて敗北。ただAメインに残れたことでクライマックス代表権を頂けることに。毎年工藤模型さんのご厚意で参加出来ていたようなもんでしたが、久々にちゃんと?頂いたかもしれない…。

11月タミヤオフロードチャンピオン選手権
会場:タミヤ掛川サーキット(雨天によりオンロードコース開催)
参加クラス:エンジン耐久レースにホビープライムの助っ人として参加。
成績:?何位だったっけ?

ロアデッキ反らしてほんとうにすみません。すみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみませんすみません・・・(ノД`)・゜・。
 10年以上ぶりじゃないかいと思われるGPカーは楽しかったです。MT-44も感触良いし、SANWAのプロポの感じってこうなのかと為になったレースでした。

12月タミチャレクライマックス
会場:タミヤ掛川サーキット
参加クラス:チャレGTクライマックス1クラス
成績:予選D9 決勝D9

この振り返りを書いている近々のレースなので内容はそちらで。速さは無かった。築き上げてきたものはまた壊していくしかありません。糧にせねば。


こんな感じで。成績自体は昨年に比べると良くはないのですが、去年が出来過ぎている気もするので本来のへっぽこポジションに戻った方が正解かもしれません。前よりは危機回避能力は向上した様な気もしますが、野心のあるオラオラが出せていないので走りに迫力がないところは改善されませんな。_| ̄|○ムダ毛凄いのに心臓だけは無垢なツルツルなんだよなぁ。

 地元に居た頃よりもレースには出ている気がするが練習量は圧倒的に減っています。週末コース通いしてたんですもの。こちらに来てからはレース前に行けたら行くくらいものんです。その為漠然としている事は少なくなって、何か成果を持って帰ろうとしている気はします。そこに的確な助言をしてくれ、速さもあって目標に設定出来る十番氏の存在は大きいです。ありがたや。成長速度が速まったような感じで言われますが、手を付けていくべきところを皆様のお蔭で絞り込めているので早くなったような印象があるだけで、まぁ、根本は下手糞ポッキングであるところは変わりなく…卒業できるように頑張りたいと思いますので見捨てずお付き合いいただければと願います。

 (:3」 ∠ )_とーほぐの人になっちゃったけど、お殿様と十番氏のチキチキはまぁ速いし上手いから付いていくのもやっとだし、前に出されて後ろから突かれる時のプレッシャーの凄い事凄い事…老けるわ。

変わらぬ感じで接して下さるレース会場で会う皆様にも感謝です。いつもありがとうございます。楽しくレース活動出来ているのは皆さまあっての事です。今後もフワフワ徘徊していますが構って頂けるとありがたいです。

ってな塩梅でレース反省は終了。次から車体編でも。

2017/12/21 Thu. 11:11 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017年を振り返る。レース前編。 

年末恒例の反省文を書いていきます。まずはこの雑記帳含め、記載したのを拾いながらレース内容を書き出してみました。

1月新春
会場:タミヤサーキット
参加クラス:ミニ
成績:予選:A9 決勝:A9

寒かった~。LFチューン回んね~…。お殿様はアウディ病を患う。

3月スプリングカップ
会場:ツインメッセ静岡(ブルーカーペット)
参加クラス:FFTC
成績:予選O5 決勝:O3位

Oメインとか聞いたり見たりしたのは何時ぶりだろうか…。ガチンコFF楽しかった。至らぬ点は多々指摘されました。また挑戦したい。

3月タミグラ横浜in赤レンガ
会場:横浜赤レンガ前特設コース
参加クラス:4WDバギー・ツーリング
成績:4WDバギー:予選B7 決勝B6 ツーリング:予選D3 決勝D9

去年の4WDバギーはまぐれだったな。_| ̄|○ツーリングは419Xシェイクダウンレースだったのですが、セットが出ていないし車重軽くて当たり負けするしアウディ病でボディー巻き込みまくるし散々の散々。昨年がAメインという自信からなめてかかった自分の落ち度。

4月Mフリーク
会場:掛川サーキット
参加クラス:ミニ
成績:予選B12 決勝B11

スズタク大先生のアドバイスで良くなったり迷走したり。予選1回目のコンディションが良くない状況下で一番速かったが、コンディションが良くなっていくと共に総合成績が下がる。低い位置での頭打ちが如実に出る。今まで長い事ありがとうM05。そしてこれからよろしくM07となりました。

5月GW工藤模型タミチャレ
会場:工藤模型サーキット(青森市雲谷)
参加クラス:ミニ・FF・チャレGT
成績:ミニ予選A5 決勝A5 FF予選A5 決勝A5 チャレGT予選A5 決勝A4

東京から移動してきたその日の参加。いいのか悪いのか分からんまま持ち込んだので微妙なまま終える。つるしのセットをもっと詰めねばと思う。翌日の地元弘前での走行会で結構色々試す事が出来て良かった。

7月バギーチャレンジ
会場:タミヤ掛川サーキットオフロードコース
参加クラス:2WDバギー:4WDバギー
成績:2WDバギー予選D10 決勝D10 4WDバギー予選C3 決勝C4

初めての掛川オフロードコース。オフチャン参加を夢見ている私ゆえ感慨深い。オフチャンじゃなくてもいいかと満たされた気になる。難しいコースでしたが楽しかった。PSTN氏にもっと路面と仲良くなれるダンパー作りをしましょうと指摘される。そこは未だに掴めていない。また機会を設けて近場でもいいので走り込みたい。

8月タミグラ東京大会
会場:五反田TOC内特設コース(グレーカーペット)
参加クラス:2WDバギー:4WDバギー:FF:MAZDA:GT
成績:2WDバギー予選A8 決勝A8 4WDバギー予選B2 決勝なし FF予選B5 決勝B5 MAZDA予選B5 決勝B8 GT予選B1 決勝B3

ポータブル電源トラブル。嬉しい2WDバギー初Aメイン出走(昔の宮城大会で予選1回目の暫定結果で2位扱いはありますが、ちゃんと予選終えてのAメインは初めて)。FFはやらかす。MAZDAとGTはそれなりに頑張ったけど上がもっと速かった。まだ追い付いていませんでした。

8月タミグラ岩手大会
会場:アピオ施設内特設コース
参加クラス:4WDバギー:MAZDA:GT
成績:4WDバギー予選B4 決勝B3 MAZDA予選B2(A9) 決勝B1  GT予選B9 決勝B6

GTは五反田の残念さを引きずってしまった。MAZDAは東北枠ならAメインでしたが決勝は賑やかしだったろうなぁ。まだまだ足りない。バギーも迷走。いい加減2年物タイヤのせいかもしれんな…。

後半は次回に。

2017/12/20 Wed. 11:21 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

ポキール星のポッキング 

クライマックスで今年はおしまいかな。年越し準備をしようと思いながら過ごしていたある日、十番氏より走りに行かないか?というお誘いが。クライマックスの心残りがあったらしく、ちゃんと走って終わりたいと。では行きましょうかという事で15日にスーラジ大宮へ行ってきました。

そのお話を頂いてから猶予期間がありましたので悪さ。まず、以外と使えるらしい強化樹脂部品への入れ替えをする事に。ただ、以前購入していた前後バルクヘッドに関しては、締めこむとデフを保持する1510ベアリングへの圧迫が強くて駆動系が重くなってしまう事への対処をしておらず、ここにきてどうにかする事に。

ロアバルク側とアッパーバルク側をネジ止めして1510ベアリングを突っ込もうとしても入っていきません。それだけ圧迫がきついんでしょう。ネジの緩め加減で対処可能でしょうが、毎回同じ個所を同じ様に緩めるなんて器用な真似は出来ません。キッチリ締めこんでもいいようにしませんと。で、ベアリング保持部分を削って圧迫を緩めるのですが、雑に削る訳にもいかない。何か丁度いいものはないのか?と色々物色して見つけたのがコチラ。
20171219090555722.jpeg
直径15ミリのベアリングと同じ外径の円柱砥石。これを使ってほじります。ロアバルク側を片方ずつネジで固定し、窮屈なベアリングホルダー部分に突っ込みながらドリルでグリグリ。正転逆転織り交ぜながら当てるポイントを少し変えながらグリグリしていくと、入らなかったベアリングに入るきっかけが出来る程度に保持部分が広がってきました。
 更に進めて行って最終的にはアップライトくらいの挿入加減まで広げました。この加工を前後4箇所施します。これで締めこんでもストレスなくデフが回るようになり、かつ左右のガタも安定したガタにする事が出来ました。未加工の時はベアリングを圧迫する位置次第でガタが変化して、キツキツになったりしてましたからねぇ…。懸念していた部分への対処が済んだことで一気に入れ替えを進める事が出来るようになりましたのでロアデッキを購入し入れ替えを進めました。

入れ替え自体に難しい事は無く、さくさくと変更していきました。メカやウェイトを移し替えた際に若干位置の見直しなんかもしていますが然程変化はありません。この移設作業でちょっと変更。サスアームを419X脚から418脚ミディアムに交換。サスアームが気持ち柔らかくなってレバー比が変わりました。駆動系はワンウェイ+ボールデフからスプール+アソシ2000番ギヤデフに。イーズ時代やタミチャレ統一戦の時はスプール+ボールデフでしたから、リヤが変化してます。
2017走り収め6

センターステフナーはサーボマウントのところだけネジ止めして両サイドはフリーにしてみます。これでも結構ガチガチです。419Xアッパーデッキのモーターマウントネジ止めしていない状態と捻じれ始めは似た感じながら、ねじれが止まるポイントが少し早い位?でしょうか。ノーマルと比較すると別物なので、楽しみでもあり怖くもあり。今回の走り込みに期待が膨らみます。

当日の15日。十番氏を高尾で拾って大宮へ。またナビが試練の道案内をかましてくれましたが、営業時間前に着いてしまい、コンビニで時間潰してから再度お店に。クライマックス等で店長さんに顔覚えられたのでフレンドリーに対応して頂きました。ありがたや。
2017走り収め5
十番氏は真面目にギヤデフを組み始めました。ダユー氏より教わった色んなノウハウを投入し、スルスルスムーズギヤデフに仕上げておりました。今回は私と同じサスアームへの交換なども行い、積極的なセット変更を施しておりました。ひたすら真面目でしたよ~。(*'ω'*)
2017走り収め1
空き時間で機種交換してお役御免となった6の電池交換してもらったり。交換直前はバッテリーの消耗が早くなっていたのですが、これで持ち直したようです。非常用やpod使いが出来ますな。イヤホンジャックありますし。ありがたやありがたや。初めて交換作業見させてもらいました。ほほう~となりましたな。

そんな事もしつつ走り込みも。まずクライマックス終わりから部品に入れ替えと変更だったのでボディーがBRZのままでした。確かに良く曲がるのですが巻くコーナーが出来てしまい難しい感じ。スイスイ走る十番氏はライキリなので、私もライキリ+BRZウイングに戻し、以降最後まで変えませんでした。

マイポンを装着していったのでタイム計測しながらの走行です。持ち込んだ状態では14秒台。後から調べたら統一戦では13秒中盤は出せていたので話になりません。気温が下がったりタイヤがクライマックス日曜日支給タイヤでそこそこ使い込んでいるのを考慮してもまだ遅い。店長さん曰く13秒前半から12秒後半がAメインクラスのタイムになるそうで、1秒削らんと駄目な状況でした。

強化樹脂となった車体の影響は目に見えるような変化は無くて、なんとなく足の動きのダイレクト感とねじれ曲りが減ったパキパキした感触が出た事くらいで、懸念していたグリップ感の減少やアンダー傾向は感じにくい程度でした。ぐにゅっと曲がっていた感じが、ハイエンドみたいなシャキシャキ風味に寄ったくらいでしょうか…。私くらいではこの位の体感でした。

スプールなので握れば前に出るのですが、そこしか旨味が無い感じ。調整していったら速くて13秒3位は出ました。統一戦位には復調しましたが平均13秒後半といったところでまだまだ足りない。十番氏に代わってもらうとフロントスプールの引きずりで車が止まるというご指摘。ここでフロントをアソシ5000番ギヤデフに。ターンインのスムーズさが出てアベレージで13秒中盤で安定するようになったものの頭打ち感がある。旋回中盤のアンダー傾向が気になる。もう少し重いフロントデフにしたい感じでしたが材料が無い為固定し、他の箇所で対応する事にしました。

十番氏の車も使わせてもらいました。比較すると初期反応のダイレクトさと動き出しは私の方が早くゆったりした印象なのですが、リヤの安定感が段違いでフワついている私とは雲泥の差があります。結果、安心して握れるのでタイムが出る。十番氏はポンダー非搭載だった為タイムは分かりませんが、チキチキの時に車間詰められたり前に出てから引き離されたりする感じから察するに、ベストは13秒前半か12秒後半を伺える速さではないかと推測されました。

両方味見してもらった店長さんも概ね同じ感じの印象だそうで。しかも左右の舵角が数%合っていない事を指摘される。すげぇセンサーっすよ…('A`)

そんなことを踏まえつつ、私はリヤにお伺いを立てるフロントリミテッドな感じから、目指せ十番氏のリヤグリップ感という事で色々変更。アッパーアーム角度と高さ、バンプステア、ダンパーポジション等色々変えて変化の仕方を見ながら詰めていきました。こういう時にああしたい、こうしたいのだが、ここを変化させてみようと思いますという話をすると、それはそこじゃなくてこっちじゃない?と、的確に突いてくるくる十番氏ってほんとにすごいと思います。ただレース前後飲んだくrゲフゲフン…な御方ではないのです。お蔭で寄り道が減っていてより詰められるようになっています。ありがたい事です。

ジワジワタイムも削れてきて、ベストで13秒1台がポツポツ出るように。この辺になるとライン取りの下手糞さが分かるようになり、何とか速いイメージで走ろうとしますが安定はしません。そうこうしていると右フロントが可変キャスターに。

Cハブが折れている。_| ̄|○…確かに嫌な当て方したとこあったもんな。しょうがないよね。しかし、クライマックスでも1ポッキンしているから結構続くな~。とCハブ取替え。走り込む。

回収する。

右フロント可変キャスター…

(∩゚д゚)え?もう??…そんな嫌な当たりはしていないと思ったが、当て方が悪いんだろうな。直じゃなくて引っ掛け当てだし。

替えが無い。店舗にて購入。店長さんから、「何個用意しても足りないんですよ。一人1日5個とかザラですから。(´∀` )」

( ゚д゚)そ、そうなの?そんなに右フロント逝きやすいの??

まだまだありますので。と、奥からおかしな束を出してきたので戦慄。あまりお世話にならないようにしなければ…

数分後。

…可変キャスター…_| ̄|○

十番氏がゲラゲラしだす。1パック1ポッキンってなんだよもう。

2017走り収め2
2017走り収め3
2017走り収め4
綺麗に同じ形状で割れるのですな…。CハブなんてTB04の頃から1年1ポッキンあるかないかくらいでした。今年に入ってからチャレ東北で1ポッキン。クライマックスで1ポッキン。そしてイーズ時代、統一戦と無傷だったはずのここで今日に限って3ポッキンとかどうかしてるぜ…肌ボコボコになりそうです。_| ̄|○

そんな後半連続ポッキンで心が乱れ始める。セット変更は上手くいって13秒1台が出始めていただけに、回収後に可変キャスターに気付きCハブ交換しながらセット微調整という地獄の流れに。もう恐怖症。十番氏ゲーラゲラ。

終了の17時まで僅かとなった最後の1パック。ダンパーをちょっと大胆な方向に振ってみたら思いの外いい感じ。ただし動きが変化し過ぎて違和感もある。しかし13秒フラットが出て、リヤが辛くなる傾向だった車が均等なグリップ感になってリヤがタレ無い雰囲気が出せたのでアベレージが一気に上がりました。ただ、これはもっと精査しないとハマりそうな雰囲気もある為、次回の機会に宿題として持ち込もうと思います。フロントが既にボーズになりかかっているようなタイヤでこのタイムが出せたなら、新品ぶち込めばもう少し伸びるのではないかという期待もしつつ、やっぱり突かれる十番氏の速さに恐れおののきつつ最後の1パックを走り終えて車回収。

…可変キャスター…

201712190905315b7.jpeg

4ポッキン目記念写真だ。笑顔笑顔~ゲーラゲラの十番氏に最高の笑顔で答えてやりましたよ。ポッキング誕生だとか言われましたよ。ヤメテ。広域な意味で男の尊厳もとろもへし折れちゃうから…。まぁ、ポジティブに考えるなら、ポッキンしてもくっついたままで走り切れちゃうってのはいいのかもしれない。が、どうせ壊れるのならナックルのキングピンの付け根割れとかそっちから先に逝きませんかね?ナックルなら左右ないし。地獄の左Cハブ大量在庫です。タスケテ。

そんな感じで走り収め終了。稽古つけて下さった十番氏ありがとうございました。よくしてくれた店長さんありがとうございました。1月7日のレースを滅茶苦茶推されたんですが…う、ど、どうだろな…('A`)ま、またの機会宜しくお願い致します。

帰りは我がマシーンのクッソインターナビが示した渋滞回避ルートがまさかの金曜夕方に岩槻から東北道上りへの支持。案の定大渋滞。グーグルさんは戻れの指示。なので浦和から出てぐるっと回って浦和下りで再度東北道に。そこから圏央道に入って解散場所の高尾に向かう遠回り。ほんとにこのナビの頭の悪さはどうにかなりませんかねホンダさん。何度裏切るんだか…。





2017/12/19 Tue. 11:29 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △