FC2ブログ

2018スプリングカップその1 

それではスプリングカップの事なんぞ。早朝4時ちょい過ぎに出発。御殿場過ぎて裾野の辺りから車線工事で片側1車線に。うーん。帰りはここが詰まりそうだから新東名で帰らにゃあかんなと思いつつ、いつもの富士川でトイレ休憩しつつ富士山なんぞ。
2018スプリングカップ1日目朝
日の出が早くなりましたね。もう明るい。再び移動。菊川ICから降りて掛川サーキットに向かいます。掛川市内で宿が確保出来ず、今回は菊川の宿だったのでどんな感じかも確認しがてらの移動ですが、掛川から向かう感じと大差ない印象。身構え無くても良かったな。そんなこんなでサーキット到着。
2018スプリングカップ1日目朝2
2018スプリングカップFFTCレイアウト
今回参加するFFクラスのコースレイアウトはこんな感じでした。ピンクのチャレの字の辺りまで横を使われると右端が見え辛くて、十番氏に「見えていないしてもダサいぞw」と笑われちゃう位苦手な右セクションは使われなくて一安心。

2018スプリングカップ1日目ピット
ピットと配電はM藤氏のお隣で御厄介になりました。ありがとうございます。しばらくしてTナカ氏合流。出走準備を始めます。このテのイベントで催される懇親会が無いかった分予算を割けるのでタイヤは2セット購入。リヤ新品で無難だろうと考え、どこでブチ込むかを思案しながらダンパーを一旦開けて組み直し。引きは日数立ち過ぎると塩梅が変化しちゃう感じなので、厚木も現地で組み直したし、当日朝は組み直しでいきます。

練習走行1回目。フロントが喰い過ぎて巻くような事も無く、全体的にアンダー。タイヤが喰いきれなくて横に流れているとしてもコントロール出来なくなる程癖がないのでひたすらアンダーっぽい。懸念していた屋外路面でのリヤグリップ不足もなく、熱が入るとリヤがしっかりし過ぎて曲げるの一苦労するくらいど安定。不用意にフロントいじくっても危ないのだが、貴重な試す機会だからと2回目はそこそこ変更。フロントキングピンピロ下に0.5mmカラー入れてましたが外し、リヤアンチスキッドを止めて水平に戻します。リヤダンパーは1回目の位置から1段寝かせて旋回し易い方向へ。

2回目の練習走行。コース右のつづら折りみたいな区間で苦しかったのがかなり楽に。後はライン取りと計測ライン手前のシケインがダサい大回りになっているのを何とか修正出来ればぼちぼちかな?といった感じに。2パック目のタイヤの落ち幅も探ってみましたが、皮むき終わった感じで落ちる感じも無くそのまま行けそうです。もう少しリヤ振り回しやすくしたくてTナカ氏と色々話ながらリヤアッパーアームの高さを0.5mm下げてみました。

2018スプリングカップ1日目差し入れ
別の機会で甘味談義となり、〇福もいいがこれもいいぞ。という紹介を受けた甘味をYグチ氏より差し入れして頂く。美味しゅうございました。ありがとうございます。今度物産展で見かけたらゲットします。´ω`)ノそのくらいヘラヘラしていられる位楽観的でございました。大体思う様に走らなくて対策に四苦八苦するのがいつものパターンなんですが、今回は想定内で収まっている感じだったのです。

練習時間も終わりいよいよ1日目の始まりです。今日はスタッガー方式の予選を2回行います。組み合わせ表が貼り出されます。同じ組にはTRF河野選手やT井選手の速い方々が揃っていました。この方々の流れにしがみつけたらそこそこのタイムが出せるんじゃないかと考えました。

予選1回目。先頭スタートの河野選手から数台後ろで私はスタート。後ろからT井選手。前には追い付かないだろうから、後ろから追いつかれたら譲って先導してもらおうと考えました。リヤアッパー下げた影響かリヤのロールが増えて旋回がもう少し早くなった感じはありましたが、ロールが同時にユラユラとした不安定さにも感じて、握るまでに少し躊躇が生まれた気がしました。無理せず丁寧を心がけるしかないと切り替えて周回を重ねます。前が開けてマイペースで走れた事が良かったのか、途中の実況では暫定2番手と聞こえてビビるが、目まぐるしく入れ替わっているようでしたから一時的なものだろうとぬか喜びせずにしっかり走り切って1回目終了。10周3分10秒台~15秒くらいいけたらいいんじゃね?と思った私の結果は10周で12秒台。…でも、河野選手と8秒くらい開きがある。1周0.5秒以上違うのかよ…('A`)じゃあ、ここから先は更新されまくって定位置落ちだろな。けど、残るタイムが出せたのは良かったとポジティブに考える事にしました。で、1回目の結果貼り出し。

2018スプリングカップFFTC予選1日目1回目結果1
2018スプリングカップFFTC予選1日目1回目結果2

割とベタに見失いましたよ。…('A`)何が起きた?と思いましたよ。出来過ぎです。T中さんも悪くなくていい位置。割と鼻の下が伸びる青森東京ピット(ややこしい…)でしたが、

結果、2回目の予選組み換えで鬼より怖い方々の集う最終ヒートにブチ込まれるという近年類を見ない修羅場になりまして。ええ。

続きは次回に。

スポンサーサイト

2018/04/02 Mon. 12:22 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://yaneurasan.blog72.fc2.com/tb.php/968-9e870d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △