スーラジ大宮お正月レースその1 

タミヤさんの1月新春レース案内がありましたが掛川で1エントリーのみという事で萎える。静岡タミサだったら…ま、しょうがない。1月に関しては参加するならスーラジ大宮お正月レースかタミヤ新春か全休。そのうちの新春が無くなったので大宮に絞り、十番氏が行くかどうかお伺いしてみると参加OKとの事だったので、スーラジ大宮店のお正月レースに参加してきました。

大宮看板

スタッフブログによると事前の情報で結構なエントリー数。席取れるかな?とちょっと早めに現地到着。風が強くて待ち時間が寒かった。関東の空っ風ってやつか?肌に刺さります。常連さん以外にもイベント目当ての方々も沢山居て賑やかでした。座席も確保出来て準備を始めます。今回のレースはタミチャレGTとミニにWエントリーしました。

ホルダー加工
M07Cはバッテリーホルダーを加工。擦り傷が付いていた部分を切り取りました。これでホルダーをする事による挙動の乱れを減らせると思われます。直前までM寸(スイフトorロドスタ)を詰め直そうと考えていたのですがレース参加を決めた事で急きょ安全策を取ってL寸デミオに変更しました。その為にデフはスプールから10万番ギヤデフに変更されていましたがそのまま使用。アッカーマンを少し変更。リヤはアルミサスホルダーに変更した際にリヤF側にスペーサー入れてリヤトー減らしをしておきました。

これで練習走行に行ったのですが動きがフォークリフトだし毎コーナーイン側浮くしてもう大変。何度も捲れます。スプリングをソフト・ミディアムからミディアム・ハードに変更しても若干収まった程度で基本走らせにくい。走らなさ過ぎて凹んでいると十番氏が色々対策を教えてくれ、それで駄目なら今日の路面がそういう路面と受け入れるしかないね~というところに。

TA07はお正月メンテでサスアーム位置を変更。RCW誌のクライマックス直前に紹介されたMS氏のセットシートに合わせてあります。ジオメトリーはほぼ変更なし。ダンパーはオイル番手がちょっと上がり、バネは大径ショート系からM用ショートバネに変更。SSBBなのでスプリングアジャスターを逆さにして、ダウンホルダーと組み合わせる事で装着出来、車高調整への対処が可能です。
ロアデッキはバルクはハードのままステフナーがノーマルは前回の練習同様。センターステフナーを真ん中止めで到着していましたが外しました。その関係もあってウェイト追加搭載。
 デフは練習がF7000-R2000ギヤデフの組み合わせだったのですが、F10000-R1000の組み合わせに。フロントを上げた事で少しでも前に出しつつデフらしい入りの良さを求めつつ、リヤは下げて落ち着くのを狙いました。他には今回からスパーとピニオンを04モジュールに変更してあります。効果は未知数。後に後伸びすると聞き、なるほどと思った局面がありました。

走ってみると悪くない。どっしりしていてもう少し曲がってもいい…コツン。

1ぽっきん。…(ノД`)・゜・。…早速過ぎて十番氏ゲラゲラ。破たんしているところもないし、動きは悪くない。これで走ってみて今日のポジションを見てみようと考えました。今回はコントロールタイヤ制だった為、タイヤを練習用の新品から刻印付に変えて走って慣らします。慣らすと安定感が増すようです。左フロントを酷使するコースなので使い過ぎないようにとアドバイスを受けたので気を付けつつさっと慣らし。そんなこんなでドラミのお時間。

チャレ大宮正月ドラミ

総エントリー数では100に近いだけに台数もかなりのもんで。トラックも16台?くらいのエントリーで賑わってました。KM系フルブーストクラスにはヨコモからジャガ氏や世界のマツハヤ氏も参加。XRAY三浦氏と面子も凄い。

TRGブース

TRGのブース。最近のフォーミュラはメカメカしくてカッコいいですね。レースも観戦しましたが気持ちいい位ペタペタ走ってました。


予選1回目。ミニからです。対策が思いつかないままお手手で抑え込むしかないと割り切って挑みましたがどーにもならず、毎コーナー脱出でケツをブリンブリン。捲れるしどーにもならん感じなのですがこの日は何かが違いました。
 ストレートが異常に速い。一人GTチューン間違って載せたんじゃないかと思う位速い。死ぬほどコーナーで引き離された車を直線でブチ抜く異様な光景。正直本人が一番驚いてまして。これは、とある御方に最近のモーターを上手く回してあげられない事を漏らしたら、そうなる理由、症状、対策を教わりました。その中でやるべきことはやっていましたが、より注意深く丁寧にという点では見落としがありました。それらを踏まえて去年から使っているモーターのメンテを兼ねて教わった事を実践してみると、17100位で頭打ちしていたモーターが17700までぽーんと上がってしまいました。熱を持ち続けてしまうと規定値上回りそうな勢いです。これ夏場は使えないかも…。その位仕上がったモーターの恩恵は驚くべきものでした。

モーターに関しては薬剤や工具に特殊なものは一切使用していません。丁寧に扱うの一言です。でも、相応の見返りがありました。今迄の自分なりの扱いではどうにもならなかったところ、それを教えて下さった御方には感謝しかありません。ありがたや。

まーでもそんな恩恵を無駄にしまくるグデグデっぷりで結果はボロボロ。
2017チャレ大宮1月ミニ予選1回目
2017チャレ大宮1月ミニ予選1回目暫定

1回目のファステストは獲れてますがリザルトは低調。メソメソしながら戻る。十番氏よりタイヤ何?前後間違ってない?と聞かれ、
Sグリです。前後は間違っていないんですが…(ノД`)

( ´・ω・`)ここMじゃん。S走んないよ??

(∩゚д゚)!!あれ?そうでしたっけ??なんか統一戦の時Sで走っちゃった様な気がして…あれ??あれれ???

( ´・ω・`)じゃータイヤだな。MだM。

家に帰ると沢山あるけど手持ちでMが無い。ぐぬぬ言いながらショップから1セットMグリ買って組みました。十番氏よりお昼休みに前後Mで走ってみ。んで状況によっては前M後ろS試してみ。というアドバイスを頂きました。これが名采配となり予選2回目に繋がる事になろうとは。


チャレGT予選1回目。動きは悪くないけどもうちょと、もうちょっと曲がって欲しいという気持ちが先行してミス連発。ひっくり返りまくる。そのうち挽回も厳しい状況となり、クリアな時に一発狙って後はタイヤ温存に切り替えて終了。

2017チャレ大宮1月ポッキン
引き上げてきたら左右とも可変キャスター…。本日も順調に3ぽっきんですよもうどうしろと。( ゚ ρ ゚ )左1右2いかせていただきました。ここ数カ月で20年近いラジ人生で折ってきたハブの数を超える勢いで折り始めているのですが駄目かもしれない。


2017チャレ大宮1月GT予選1回目
2017チャレ大宮1月GT予選1回目暫定

だんとつのヒート最下位ながらヒートファステストは出す嫌な感じ。一撃は出ているので、ミニの右往左往を引きずって結果を求め過ぎた人間側の焦りが反映してしまいました。暫定でも下から数えた方が早い状況。この時点で安全策を取る必要が無くなった為攻める事に。リヤのグリップ感確保が出来ている状況なのでフロントをワンウェイに。それに伴いリヤトーを1.5から2へ。

お昼休みになりましたのでそれぞれ練習走行をしてみます。ミニはタイヤが変わった事でウソみたいに走り始めます。捲れないし変な挙動も無い。前後Mだと少しフロントは強いけど問題ない。十番氏の後ろS試してみ?という助言でリヤSに変更。

最高。4WDの車走らせているみたいにピタピタ走る。これは…すごいぞ。

これで予選2回目に挑む事にします。チャレGTのTA07はワンウェイにした事で曲がり方が御馴染な感じなって扱いやすくなりつつも曲がる様になりました。もうひといき何かを求め、リヤバネをハードからミディアムへ。これも個人的にはいい。十番氏と並行作業で詰めましたが、ここでは個性が出て十番氏には合わなかったようです。お互いの車を使ってみると、動きに大差がないながら十番氏はどっしり、私のはヒラヒラしてます。

(´-ω-`)な、何かフワフワして手応えないねこの車…。ロアデッキの硬さかな?ボディーかな?なんだろね??

('A`)言われてみると確かにギヤデフフルタイムの十番氏の車と動きがそんなに変わらないけど接地感に乏しくはありますね…

ここに至ってはまだ未解決なのでこれからなのですが、個人的にはちょっと危ない感じ。意図したわけでもないのに昔の車作りで出来た車っぽくなっています。もう少しタイヤ食わせる感じが出せていたと思ったんだが…見直ししないといけません。

そんな感じで予選2回目以降は次回に。

スポンサーサイト

2018/01/12 Fri. 11:06 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://yaneurasan.blog72.fc2.com/tb.php/958-3caf8d7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △