クライマックス前ぶつかり稽古 

事前にぶつかり稽古したいねぇとお殿様と十番氏の3人で日程調整していたのですが、今週の月曜日に休みが重なる珍しい事がおきまして、ならば月曜にしようと。場所も私の都合で申し訳なかったのですが厚木レジャランで行う事にしました。月曜当日の朝、高尾駅で御二方と待ち合わせして送迎。厚木へ向かいました。

その前に。私と十番氏で散々お殿様に1本紐買えよ買えよと吹き込んだのが功を奏して稽古直前に1本紐購入。組み立て、シェイクダウンの運びとなりまして、今回はTA07を3台持ち寄って色々やってみようという事になりました。

レジャラン到着。経験上平日の朝から夕方まではあまり人気が無いと思ったのですが、丁度厚木市内?の学校の振り替え休日に充てられたのかお子様もいまして。ネオスコーチャーとかTTで遊んでました。親子鷹というよりは、子供がやっていて親が付き合う恰好だったのでちょっと嬉しい。そうやって自主的に遊んでくれる低年齢層が増えるといいですな。そんなお子様たちの合間を縫って走り込みました。10時頃から18時頃まで、6本バッテリー持ち込んで一巡して4、5本2回目使ったので10パック程走り込みました。

15037300_1098944843558479_1863155378726759386_n.jpg

タミグラ五反田前に走り込みしにきて以来です。少しレイアウト変わった?ん??ほとんど変化ないかってな感じ。路面グリップは上々で、食う路面の本番想定としては充分な感じ。グリップ剤で特殊な状況にはなっていないカーペットの挙動を掴むには良い条件だったと思います。タイヤは1パック走れば路面に馴染む為、あとはクリーナーでコンディション整えるだけのお手軽状況でした。

シェイクダウン前の調整中のお殿様は前モーターでワンウェイ。ボディー決め打ちのいきなり独自路線。独自と言っても事前の下調べは抜かりなく、事前の合わせ込みの結果こういう選択だそうで。私と十番氏はMS以降触っていない状況で持ち込んでいる為、後ろモーターでFスプールという近い条件からスタートでした。

ボディーをBRZ+αウイングで走り始めたものの、お尻が軽いというか動きに違和感。同じ条件で始め、先にボディー変更した十番氏が「ここはライキリだね。」という感想。変えてみると確かに良い感じ。以降、ライキリに固定して進めていきます。

途中の珍事としては、お殿様の前モーターの挙動を見て何か試したくなった十番氏がモーターを真ん中に。
15055653_1099844783468485_6744402678223097062_n.jpg
アンプの置き方のクセが強い…('A`)シンプルかつ合理的かつテキトーである。

モーター位置変えた感じは・・・この状況下ではよくわからんそうで。前か後ろか、はっきり分けた方が面白いのかもしれませんね。

お殿様は唯我独尊で黙々と詰めていきます。突貫を伺わせる、ちょこちょこっとしたやらかしがほほえましい。しかしながらシェイクダウンのくせに速い速い。それでいて眼鏡忘れたから7割走行だそうで。…チキチキやってる最中こっちは115%出すために寿命削って心削げてるのに7割と一緒か劣るのかよ。0(:3 )~ _('、3」 ∠ )_なんだよもうコンチクショウ。

そんなお殿様のTA07も少し味見させてもらえましたが、地元弘前レース参加者には通じると思いますが、Y-HA氏が作る車の一貫して旋回軸が中心部にある動きそのままでして、思わず「Y-HAさんの車だ~。」と口走ってしまうくらいでした。
 すごくいい位置に旋回軸があって、無理なく綺麗にクルクル曲がるのですよ。これはいいです。面白いもんだなぁと思いました。これ、Y-HA氏に使わせたら速いぞ・・・。とほくそんでみたり。お殿様の色々は本人のところで漏らすところは漏らすと思うので割愛。

十番氏のTA07も味見させてもらえましたが、軽やかでラインの自由度が高く、コーナーで突っ込んで小さく曲がり、真っ直ぐ加速までがストレスなく速い感じでした。私の腕ではリヤの軽さで限界が分からず躊躇する感じもありますが、走らせ方だよーん。だそうで。やはり昔の激戦区を戦い抜いてきた方々の腕は凄いんだなと思うばかりでございました。

私はどうしても握り過ぎてしまう事と、リヤが軽くなってしまう事への抵抗が拭えない為、詰めていっても動きが緩慢なラインの自由度が無い感じになってしまいました。助言頂いた箇所を変えたり、自分の思うところを変えながらあれこれ試してみました。リバウンド詰めたり、ダンパー位置変えてみたり、スプリングもXVや白、ゴールド、マイカブラック、大径等色々試し、評価も頂きながら絞り込み。アッパーアーム角度も色々試しました。
五反田前の走り込みの際、GT5の10.5T仕様で合わせ込みしたときに効果的で、以降、固定していた箇所がありました。リヤのブラケットとバルク側アッパーアームピロが0.5mm上がってました。フロントステフナー装着したままのカッチリ感に対してリヤがフニャつく為講じた変更ですが、ステフナーが外れ、パワーソースも大人しくなり、タイヤも違う事もあってこの変更が緩慢さを強めているかもしれないと考え、元に戻したところバランスが改善してより走らせやすくなりました。今回はここを戻した事とバンプステア量の変更が変化をよく感じ取れる箇所になりました。

あとはグリップ感という事でリヤウイング選定を色々。アルミステーを使い角度変更と共に試しましたが、ストレートを稼ぐための選択をするよりもコーナーでの踏ん張りを重視したセレクトの方が、コーナーリング速度維持し易くタイムも安定した為、意外としっかり効く選択となりました。

大体細かな詰めに入ったところで3台でのチキチキが始まります。まぁ、鬼二人に挑む初老おっさんですから、鬼が棍棒をスポンジバッドに持ち返るハンデ頂いてもボッコボコですもう。(ノД`)先行する時は突かれ、追いかける時は差が縮まない。おのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれぐぎぎぎぎぎぎぎぎg・・・

この時に握り過ぎを指摘され、一緒に走って、握り過ぎたと自覚した箇所ではしっかり差をつけられたり、距離を詰められたりする事でお手手の不具合を嫌と言うほど思い知らされました。自覚はすれども脊髄と指先は思う様に動きませんが、ずっと張り付いてそのペースに放り込まれる事で少し指先矯正は出来たかな?忘れないようにしないといけませんね。最後辺りはコースレイアウトに指が順応したのか、ほんの少しは喰らい付けるシーンはあったものの、

7割&ビルス様vs無理する初老115%
ですからねぇ…。

帰り支度を済ませ、御二方を乗せて橋本駅に向かう道中はもうヘロヘロのデロンデロンですよ。腹肉以外は削げたわ色々。(ノД`)でも、御二方に付き合って頂いて感謝です。私は準備不足もあって、どこかで補習組み込まなくてはならない感じですが、とりあえずは今週末のワーチャン接待があるのでそちらを頑張りたい次第。

橋本駅で御二方を降ろし、そのタイミングで立川の奥様を丁度良く迎えに行く事が出来、滞りなくその日を終える事が出来ました。
さて、補修前にボールデフとフロントギヤデフの重いヤツ組まねば…。
スポンサーサイト

2016/11/16 Wed. 18:54 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://yaneurasan.blog72.fc2.com/tb.php/892-13c2c430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △