年末の帰省 

TwitterやFacebookでは触れていましたが、こちらは年末年始の忙殺で後回しになっていた正月ネタ。今年は年末に帰省し晦日前に東京に戻っていました。帰りの日、真っ直ぐ東京へ戻る予定が奥様の一声と予約ポチポチで仙台一泊に。この日の晩に茨城で大きな地震があって、宿泊先のホテルも上層階に居た為ぐわんぐわん揺れて怖かったっす。で、翌朝、早い時間から仙台に居るのだし、行ってみたかった所に行ってみようという事になり、蔵王へ向かいます。

キツネ村入り口

向かった先がこちら、仙台蔵王きつね村でございます。エキノコックス対策されたきつねの飼育に成功しているところだそうで、キツネを身近に感じながら施設内を散策できる施設でございます。山の上なんで寒かった~。('A`)防寒はしていましたが、帽子も欲しくなりました。頭キンキンに冷えました。

zakki0101-1.jpg
お出迎えののりちゃん。何匹か有料ですが抱っこ体験も出来るので抱っこしてみました。この時期のキツネは冬毛でフワッフワで、抱き心地最高でした。
zakki0101-6.jpg
カワイイよホッキョクギツネさん。
zakki0101-18.jpg
zakki0101-35.jpg
zakki0101-40.jpg
zakki0101-45.jpg
zakki0101-49.jpg
zakki0101-54.jpg
zakki0101-56.jpg
フワッフワももっこもこがそこいらにわらわらしています。決してフレンドリーではないので、キツネのたまり場を歩きながら横切る感じです。見た目犬っぽいですが、鳴き声がミャーミャーなのでやっぱり違うんもんだなと思いましたね~。
zakki0101-64.jpg
お社と鳥居もあります。似合い過ぎます。
zakki0101-66.jpg
モフモフを味わいたいなら、寒い時期です。幸いな事に雪が無くて行き来は楽でしたが、積雪があると油断できない山道なので、うっかり夏タイヤで近付かない方がよいでしょう。でも、雪の中のキツネもいいだろうなぁ。

そんな感じでしたが、夫婦で一番見ていたのは、暖かい休憩所の中で飼われていたモルモット親子だったり。(:3」 ∠ )_ああ、かわいい。赤ちゃんモルはちっちゃいだけで姿がもう普通のモルなんですよ。はぁかわいい。

2017帰省その1
帰省した弘前は来た日には雪が殆どありませんでしたが、帰る日になってから雪が積もる。
2017帰省その2
ジェイドさんで雪路面も体験できました。B社のスタッドレスばかり履き続けていましたがY社にしまして、感触はどんなもんかと思った次第。岩木山環状道路でぶっ飛ばしてみましたが、圧雪も凍結も普通でした。FFは久し振りでしたが、ちょっとケツ軽く感じまして、それが不安と言えば不安でしたが、トランクに米30kg詰んだらぴしっと安定。ウェイト優秀でございます。

これは帰りに石川の某温泉駐車場にて撮影したもの。青空だったらなぁ…。いやしかし、車で手軽にうろつける範囲内に安く入れる温泉が沢山あるっていい事です。

ラジコンのネタはあるのですが、今は内職の準備の準備的な事をしたいので、もうちょっと落ち着いてからにしやす。

スポンサーサイト

2017/01/23 Mon. 12:30 [edit]

Category: 色々

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017初レースは新春タミグラ。その他 

色々。
2017新春-1
2017新春-2
寒かった…。寒かったんですよええ。('A`)帰宅して風呂入って直ぐに湯温が下がって自動追い炊きが始まる位身体冷え冷えでございました。こんな晴れ間なのに、どこからともなく雪がちらつく状況で、少し雲が出て来た昼頃は一瞬ぶわっと降りましたねぇ。路面もヒエヒエ。

2017新春-NSX予選
アンテナが異彩を放つお殿様。クライマックスに続きボディーレンタルしましたが、まぁ速いもんだからボディーだけ先行された感がぐぬぬぬぬ。('A`)
2017新春-NSX予選暫定
暫定では2位以下に3秒近い差をつけるぶっちぎりっぷり。が、この男、見ればいつもタイヤを貼っている・・・。本気だ…。

2017新春-NSX予選結果
その、新品タイヤ負けず嫌い決定戦では惜しくも敗れる。
2017新春-NSX決勝前
最終レースを飾るNSXのAメインの方々。ぁゃしぃ…
2017新春-NSX決勝グリッド
決勝グリッド。ウイングの有無は人それぞれで、セット傾向にも左右されるようです。タイヤはタミチャレラジアルが大半を占めていました。そのスピードレンジ故か、ギヤ比優遇の有無なども考慮すると、ハイエンドシャーシ優勢という訳でもないみたいです。お殿様は見た限りではクライマックスそのままで、タイヤとウイング調整くらいでした。お外でもイケるセットみたいですよ。

2017新春-NSX決勝お立ち台
この日のレースはぬっくんかぬっくん的な何かが欲しかったです。('A`)個人的にはお殿様の立ち位置か、反対側の赤いバナーの真ん中あたりが、キモだった箇所が見やすく感じました。ただ、右端側はストレートエンドの対応に少し遅れてしまう事があり、インベタ出来ずに接近を許したり離されてしまう事があったので、理想はお殿様の方かな?と感じました。

2017新春-NSX決勝結果
ま、レースの色々はご本人のブログで。(:3」 ∠ )_…日影が伸びた難しいコンディションにアウディ病。色々襲われてましたが下がった分は取り返しながらの良いレースでした。

2017新春-土下座
2017新春-土下寝
土下座&土下寝。まぁしかたないね~。_(:3 」∠)_…勝てなかったので、ぎパイではなく、モノホンうなぎを要求された模様。

・・・見える。見えるぞ。新幹線で丸桶にびっちびちのうなぎを詰め込んだのを抱きしめながら、無表情で座るヤツの顔が。

ぬるぬるシギャーなぬたうなぎでもいいかもよ。うふふ。|ω・`)

2017新春-フォーミュラ予選暫定
フォーミュラにはkouさん。お世話になります…。
2017新春-フォーミュラ予選結果
PPの方は昨年のMSでミニBメイン決勝のトップ争いをして勝てなかった御方。速いなぁ…。
2017新春-フォーミュラ決勝結果
皆様お疲れ様でした。…オラの年は今年後厄?もう厄年終わったんでしたっけ?(:3」 ∠ )_

レース後は某アミューズメント施設に居る奥様を迎えに行き、回収後静岡インター傍のさわやかにてちょっと早めの晩御飯。並ばずすんなり。すばらしい。
2017新春-さわやか
うまいのう…うまいのう…ありがたや…ありがたや。

お腹いっぱいで高速乗って帰宅。途中の富士川で食後の睡魔に襲われ仮眠の小休止。足柄に立ち寄って休憩と買い物しながら帰宅。そんな感じの土曜でした。

以上でおしまいでございます。今は内職に向けて色々やっております。



2017/01/18 Wed. 10:22 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

2017初レースは新春タミグラ。レース編 

金曜夜は姫ねえさまのそこから先を気にしつつ早めの就寝。4時起床。あおさんのお世話を済ませ、身支度整えて40分頃出発。順調に富士川について軽量化及び人間グリップ剤投入して再出発。
 いつも通り清水で降りてタミサに向かいますが、同行している奥様はレース中は別行動なので東静岡駅にて解放。グランシップ前のセブンで飯を買い込んでからタミサに。昨年よりは人数少な目?見知った方々に挨拶しながら時間を潰していると、遠くからガオンガオン接近。お殿様も無事到着。程なくしてゲートオープン。常設テーブルははなから諦めていたので、電源分けて頂きやすい位置に陣取ってテーブル設置して準備を始めます。練習走行はミニがはじめなので、準備も慌ただしくなります。

前日には充電したバッテリーを乗せて、ダンパー付けて追い充電すれば走れる状態でしたから、余裕を持って練習走行に。さて、久々のL寸はどんな感じ?取り入れた方向性はどうかな?と、トリムのズレを直しながらコースイン。

…普通だ。なんて事が無い。若干スピードが遅いのもあるけど、思った通りに動く感じで扱いやすい。若干アンダーだなと思ったのは後にデュアルレートをM寸のままの感じに絞っていたのに気付き、より切れる様にしたことでかなり解消しました。アクソン組みダンパーもいい。現状、不満が無い。何度かタミサで走らせる機会がありましたが、一番走り易い状態だったかもしれないです。モーターをライトチューンに上げても十分余裕がありそうな雰囲気。今回の傾向は尖ってはいないけど、上の下くらいの感じはある。もう少しこのまま詰めていく感じにしたくなっております。

そんなこんなでドラミがはじまります。
2017新春-ドラミ1
2017新春-ドラミ2
寒いんですよ。晴れてはいるけど、風がそこそこあってたまに雪がちらつく事が。弘前だと、3月半ばで雪が消えるような早めの雪解けがあったシーズンに、ちょっと雪降ってるけど路面乾いてるからラジコンしようぜ。っていう日曜日位の感じ。日差しはあったかいんだが、終始寒さに震えておりました。

…北国育ちのくせに寒いの?と言われる事多々ですが、向こうは帰宅すると度が過ぎた暖かさの部屋が待っているから頑張れるだけなんすよ…。こっちの寒さは身体に刺さってくるので質が違うし、寒いもんは寒いんっす。(ノД`)

2017新春-O畑コンデレ獲得
そして、通常のコンデレでは選ばれなかったものの、ドラミ解散後のO畑特別賞でNSXのコンデレを頂く。M(えむ)氏と二人、似たような傾向故にツボなんだそうで。ありがたや・・・これで本日終了でございますよ。後はレンタルしたお殿様に頑張ってもらいやしょう。(:3」 ∠ )_

組み合わせ貼り出し。

…第1レース前列…(ノД`)今いきなり走ってずっと暇かよ。しかも、スケジュールが前倒しになって、予定より10分くらい早い呼び出しに。うわわわわ…モーター付いてないしバッテリー炊き上がって少し冷えたあげく追いが出来てないのににににいい。慌てて準備してどうにか間に合わせました。

ドタバタしながらスタート。写真はタミヤさんのレースリポートより拝借致しました。
2017新春-ミニ予選ヒート1

悶着からは比較的早く脱したのですが、1コーナーでインに寄り過ぎてパイロンタッチで転がったり、外周に繋がるところで見えないパイロン踏んづけて回転したりまぁ、グデグデ。寄り過ぎはスピードがいつもより遅くて、合わせているつもりが想定よりも曲がる印象になってしまっていたのが補正し切れていなかった。見えないパイロンは後に見える位置に居なかったのが判明。お立ち台ポジション変更で対処出来ました。
 が、このヒートは時すでに遅く…。しかも、後ろからものすごい勢いで迫ってくる青い犬氏のミニクーペ。外周ストレート1/3くらいの位置に居たのにそこからブチ抜かれる有様ですよ。カテゴリー違うんじゃないか?っていうくらいスピードが違います。後のこれは自分のパワーソ-ス管理の不手際が助長したものと分かりましたが、心折れるには十分でございました。

2017新春-予選1回目
どうよ?●最下位。(ノД`)しかし、上の13周って桁が違うな。NSXより速いんだもの…。さて、予選2回目は後列スタート。どうしたものか…。飯を食いながら考えていましたが、外に放置していた弁当がヒエヒエのヒエヒエでまぁ、美味しくない・・・みじめだなぁ。

練習走行時間があった為、一度走りに行きます。やっぱり車は悪くない。ここで、デュアルレートが減っているのに気付いて増やし、アンダー地味だった箇所もしっかり曲がれるようになり、たまたま立った立ち位置で見えていなかったパイロンとアプローチが見えて、立ち位置の問題も判明しました。

ずっと慣らしをかけ続けたFLチューンはようやくKV2,150ってところ。2A出ていないので回転だけのスカスカですが、それでもまわす他ありません。

予選2回目。呼び出しが早くてまた準備バタバタ。そうこうしているうちに見える立ち位置が埋まってしまい、それでもこっちがいいとかなり苦しいポジションにねじ込んでみる。他の方がプロポアラート鳴り出してしまって交換待ち。その間に、立ち位置から離れて反対側に立ってみると、こっちでも見えている?ならばこっちがガラガラだし、こっちにしようと移動。新春レースレイアウトに関しては、真ん中よりも両端に居た方が見えやすかったです。理想は左端でしたが、右端もいけましたね。

スタートから上手くポジションを上げられたので、以降はペースを維持。速い方々には置いて行かれ、何度かヒヤッとする瞬間もありましたが、無難にこなしてゴール。電光掲示板に自分のタイムが出ました。12周3分4秒台。この時点では暫定で5位くらいにジャンプアップ出来ました。バッテリーも上手く炊き上げて、モーターもそこそこだったのか、今回は絶望するほどスピードが違う様な印象ではありませんでしたので、一気に上がれたのだと思います。後は残る5ヒートの結果次第。自分より好タイムを出した人が何人いるかを数えながら祈るばかり。ざっとですが、ギリ10位以内じゃなかろうかという微妙なところ。ご祝儀グリッドで13台決勝とかだったら大丈夫かな?というきわどい状況。

結果貼り出し。
2017新春-予選結果
あ、あっぶねぇぇええええええ(ノД`)何とか滑り込めました。

しかし、予選2回目。青い犬氏とのタイム差は3秒くらいで接近出来ているような感じがありますが、犬氏が後ろに落ちて、そこからまくってブチ抜かれて、広げられてこのタイムですからねぇ。やっぱりカテゴリー違いな差でございますよ。もうどうしろと。

決勝は序盤のどたばたを上手く回避してしれっとポジション上げて6番手位に居たのですが、2分たたないでバッテリーに崖がきて一気にスピードが落ち、低い位置でずーっと走るような状態に。モーターが突然終わったか、バッテリーが容量入るけど駄目なヤツだったのか、とにかくスピードが出ない参加しているだけの状態に。他の方のトラブルがあってポジションキープで終わる事が出来ましたが、だんとつの最下位でした。握りっぱでステア操作だけでしたもの…(ノД`)
2017新春-決勝結果
うーん。悔しい。勝負できなかった。準備もバタついてロクにバッテリー選びもコンディショニングもしてなかった。悔やまれる結果です。次回はこうならないようにしたいです。これに今年初レースは終了です。

次回はその他いろいろ。

2017/01/17 Tue. 13:52 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017初レースは新春タミグラ。準備編 

正月明けからどたばたしつつ…。
2017内職hirata-1
レース1週間前から手を付けた内職を1枚仕上げて送り付けたのが火曜日位?そこから全ての準備を始める初動のにぶさで連日ヘロヘロ。(ノД`)正月生活から5時起床モードになると日中の辛さが増し増しでございます。

今回の新春タミグラは昨年とは違い、土日両方オンロードコースで行うレースとなり、昨年の様に泊まりありで土曜オンロードカテゴリー、日曜オフロードカテゴリーという連日参加は無くなりました。初日もシングルエントリー受付の為、NSXワンメイクとミニで悩みましたが、ミニで行く事に。

2017新春-準備M05-1
毎年恒例の年初めコードとコネクタ交換。ついでにキャパシターとブースターをツインスター印の指定品へ交換。この辺も年一回交換・・・したくなるほど走り込めてはいないのだけどなぁ。('A`)でも気になるので。この半田付け作業と一緒に今回使うFLチューンモーターへもメスコネクタ半田付けしておきます。
 今回はMジャパンではなくMスポーツレギュの為、パワーソースを数種類選択出来るのですが、私はFLチューン+1600SPの組み合わせを選びました。重量規定がいっしょなら、重くしなきゃならないLi-Fe+ライトチューンよりも7.2V使える方がいいだろうという事で。

 レース案内見ながら回転数の上限を調べる。17,000上限ね。了解了解。では、箱出しにオイル挿して回してみようか。
2017新春-準備モーター
…('A`)ええええええええ…。KV2,300位ないと駄目だよね…。こっからソコまで上がる??…まぁ、仕方ないブラシの当りを出して様子を見てみよう。と、回しながら他の作業も。

今回のミニは、これから発売されて今年のタミグラ・タミチャレでもよく見かけるようになるであろうマツダ・デミオボディーに合わせるべくM寸だった仕様をL寸に変更しています。直前までM寸のままスイフトで逝っちゃおうかな~?とも考えたのですが、完バラメンテするのだから変えてみる事にしました。

昨年のタミグラMジャパンレギュは駆動方式問わず国産車ボディーが使用可能という規定変更があり、ミニクラス鉄板ボディーであったミニ2006やミニクーペ、mito等のL寸定番ボディーが使えなくなった結果、本来は後輪駆動L寸向けであったはずのシルビアやサバンナが解禁され、前輪駆動のシルビアとかサバンナが出現するおかしな事態になりました。
 速い方々がそういう状況下でもしっかり結果を出しているので使わないテは無かったのですが、個人的には越えちゃいけない一線だったもので、駆動方式にあった仕様で頑張ろうと決めました。選んだのがM寸でボディーは鉄板のスイフト。その為長年慣れ親しんだL寸を一旦止めてM寸で1年間戦いました。タミグラの合間に参加する格好のタミチャレにはこの規定はない為、L寸にしてミニ2006ボディーが使えるのですが、いちいち大掛かりな変更をしながら使いたくありませんでした。なのでタミグラもタミチャレもM寸で走りました。

3・4年前の上京前の最後に参加したプライムタミチャレで、ふざけ半分で普段はL寸だったのをM寸にしてスイフトで参加したのですが、セットをL寸のまま持ち込んだら非常に難しい感じになって苦労し、数カ月して上京後M05Ver.2購入してラシコン復活させた際、そのトラウマもあって最初からL寸を選び、以降ずっとL寸でした。なのでM寸にする事には多少の抵抗と苦手意識があったのですが、地味に増やしてきた引き出しと経験で、難しかったと感じた時のような状態にする事無く戦う事が出来ました。
昨年のMSレース以降は個人的にM寸縛りは解除され、Mフリークに向けてL寸+ミニ2006に戻す事は出来ましたが、1年頑張ったなりにM寸でいい動きが出せそうになっていた事や、スイフトとロードスターが選べるところも魅力的で、このままM寸継続でもいいなぁ。なんて考えていたらL寸でデミオが出るって事になり、やっぱりL寸かぁ。('A`)と、揺れておりました。今回、今後デミオボディーを使う事を想定してL寸に変更し、L寸なりにセットをしてみようと決めて取り掛かりました。

M寸で学ばせてもらった右往左往を踏まえた変更を加えました。デフですが、M05デフをスチールハウジングに変えたものを細工して締め込み、重い状態で使う様にしていましたが、細工を止めて一般的な組み方に改めました。リヤデフに使えるような組み方ですので、楽にスルスル回ります。
 これは、同じロードスターボディーで比較して体感したのですが、昨年の春先の赤レンガで難しかったデフロック気味の時と、秋口のMSレースで走った時に近い動きをしていた為、ボディーがこういう挙動を招くのかと感じ、ならば安定感を出すためにデフを緩めて対処出来ないかと試したら補正が出来た。更にチャレクライマックスに向けて稽古したり補習してきたTA07で散々フロントデフを弄って挙動変化を探った事で、ロック気味の良さとスルスルなりの良さの両方が見えて、「曲がる」と「前に出る」の使い分けと、それに伴う足回りの傾向の変化や変更なんかがうっすら組み上がりました。それに照らし合わせると、以前の私のセットは両方のいいところを得ようとして、どっちつかずな状態が多かったように思えました。

デフが軽くなった事で掻くチカラとは落ちたかもしれませんが、コーナーでの自由さと安定感は増えるはず。これを活かすべく足回りはしっかり食わせる方向に。セオリー通りのトラディショナルスタイルなダンパーセットとステアリンク周りになりました。もし、デフを重くする方向だったら急激な挙動変化を嫌って逃がす方向を探ったかもしれないですね。今回は前者を選択しました。なので、昨年の私の作った車と比較しても、押した感じでフロントに踏ん張りを感じるしっかりしたものになりました。オイルも前後差があって前が硬いです。ずっとXVバネだったのを初めてマイカブルーのショートスプリングにしてみました。これも良かった。良さがどこにあるかを調べるべく、もう一回はXVバネと取り換えながら比較してみたいです。(:3」 ∠ )_

ダンパーを組む際には雑誌に掲載されていたアクソン流ダンパー組立をそのまま使わせて頂きました。走ってみた後に感じましたが、引きダンパーならではの粘り方だけでなく、沈み込み切らないひと踏ん張りもあるようで、とてもよく思えました。他の車種でも試してみたいと思いました。

リヤサスはL寸変更のみでキット標準位置。ステアリンクはスペーサーを詰めてアウト側の切れ角を落している状態からスペーサーを減らして外側も切れるように。バンプステアはアームがほぼ水平か気持ちハの字位です。

こんな事してる間にもモーターは回り続けています。さて、あたりは出たんだが・・・。

人肌でKV2,100にギリギリ届くかどうか?くらいか…(ノД`)せめてあと100は…できれば150乗せたい。どうすりゃええのよ・・・。ま、時間も無いし、後は現地でも回すしかないか。

2017新春-準備M05-2

そんな訳で、昨年のMフリーク以来の出番となったミニ2006でございます。さて、今回のレースはどうなるやらで。
続きは次回に。

2017/01/16 Mon. 12:03 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

2016年反省。車編 

〇TB04
年明けから9月頃まで使用。TA07発売以降は出番ほぼ無しながら、TA07のグラ仕様とチャレ仕様の変更が間に合わないカッツカツな時に代打登場させて退役。その前年のクライマックスは路面コンディションが酷くて、少なからず路面グリップに依存する傾向があった気がするTB04は正直厳しかった。想定外と準備不足があっての事で、12月のクライマックスで走った07の感じを盛り込めばもっと違う結果だったかもしれないが、どうだったろうなぁ。('A`)

駆動系は作り込んだなりの軽さが反映される気持ちよさがあり、直線で不利を感じる事はあまりなかったのは良かった。車体のバランス取るのが厄介で、考え方も多様な車でした。ポンダーが収まるスペースにアンプ乗せてバランス補正していたり、試行錯誤は面白いと思いましたが、アレは底打ちが怖くて出来なかった。('A`)私は対角でバランス取るのを選択し、バッテリー側のプレートはセパレートを使って前寄せに。さらに、バッテリー前側にポンダーステー付けてホンダーも配置。バスタブ側面にもウェイト。ロアデッキは穴開けて隙間を多く作って軽くして、その補正に少し自由度を持たせました。車体を上から見ると、重いものがモーターとバッテリー前側にある感じでしたが、これでドループが大きく崩れる事は無い状態に持ち込めました。

狂ってる時は何かしらおかしかったです。ストレスで捻じれてるとか、周回方向で偏減りしたタイヤのままだったとか諸々。

新春で決勝走れないほどグデグデしていましたが、地味に走り込みをしてセットを見直し、宮城大会のGT5ではよく走りましたが、それでも余裕がない。ミス即デロンデロンで心が削げる。でも、これだけ走れるんだよなぁ。という思いも。
その時ディスプレイされていたTA07を見て、こちらにしようと思っただけに、これ以上は無いかもしれないとも思う。実際、メカ移植などもあり、中身が無い状態となった為以降お休み。この御休み期間のTA07で色々思うところが出来る。TBとは違ってあんなうにょんうにょんなのに良く走る。全身粘り腰である。これは…TBも盛りに盛ったカッチカチ状態よりも、要所だけ固めた無欲のボディー付キット仕様が懐深いのかも?ただ、強化ロアデッキに穴あけしてしてある私のTBはノーマル程ではないが柔らかめ。そればかりでもない。その後、カーペットに合わせて足回りの変更を進めていくうちに変化の仕方と度合いがうっすら分かって来て、まじまじとTBを思い直すと、結構余裕がないのは余裕がないなりの攻め方をしていたのではないかと思うようになる。自分に合わせて、外部から聞こえる曲がる・曲がらないや、アレがいいコレがいいを鵜呑み反映させるだけではなく、ちょっと進めてみたらまた違った感じはあったかもしれない。

そのあれこれを試す機会に恵まれたのが岩手大会。連日レースでTA07をGT5仕様とチャレ仕様に組み替えるのは大変だという事で、出番のない車からメカをはぎ取り、TA07に奪われたパーツを補って形にして走れるように。それでも設定やセットは蓄積分と妄想出し抜きを取り入れて試していない状況。しかし、これが中古GPAしか持ち込まなかった割には悪くない。サスアームはTA07の柔らかいタイプになった事で少し粘りグリップ感に寄与していたし、TA07で詰めた足回りの変更を反映させたものを導入したら、少し許容してくれる感じが増えた。中古タイヤに、基本設定しかしていない01アンプで10.5Tだった為、変などっかんスロットルになって操作が雑になり失ったものは大きいが、キッチリ走った1LAPはしっかり速かった。・・・それでも、それでも07はここからもうひと粘りするんだよなぁ。なんて思いながら走りました。自分なりに差を詰めたとは思うのですが、その先は分からなかった。でも気になる。

その執着が、この財産を共有化できるEvo6なら…なんて錯乱もしたんですが、冷静になってお役御免として放流しました。

こうしてTB04とTA07をやってみると、TT02ってすんげーよく走るのが分かった気がしたようなしないような。


〇TA07
TB04後継として現役。まぁよく走る。クライマックスに関しては前年のグデグデをトラウマにしてガッチガチの保守系で行った為、もっと出来た事はあったかもしれない。それは来季に向けて頑張りましょう。

色々試したい事があり、今はいろいろやってみたいだけの状態です。モーター位置も後ろしかやっていないし、フロントワンウェイも試していない。足回りの変更もまだまだ試せるものがあり、ひたすら今後が楽しみ。アフターパーツの充実を願うのみ。

今季もチャレとグラ併用かは未定…('A`)

〇M05
例年通りのボチボチ感。何故か今年に入ってぶつかるとモーターがズレてバックラッシュがきつくなってスピードが落ちる症状がひどくなる。フレームが古くて歪んでるのか?とフレーム新調したものの、ズレるもんはズレる。しかし、今迄そんなに気になっていなかった。気付かないだけだったのなら相当間抜けである。('A`)今は走行毎に必ずチェックの項目となっていて、なにかズレ防止対策を施せないか考え中でございます。

昨年はMジャパンのレギュを考慮してM寸に。レギュ的にはOKですが、L寸にする為シルビアやサバンナのM06系のボディーを乗せる気にはなれなかった。ボディーはスイフトが活躍。息長いね~。ロードスターはまだ扱いきれていない。でも、これでキッチリ走れたらカッコいいだろうなぁ。頑張りたい。これからL寸デミオが発売される為、またL寸に戻るのかもしれない。今年のタミグラはMM(マツダ・ミニ)チャレンジだったら面白いだろうな。指定がサバンナ・ユーノス・ロードスター・デミオとかね。

セットは去年頑張ったので、カーペットめくれ対策は進みました。屋外アスファルトでもそこそこ走れますが、外はもう少し曲がってほしい、屋内はもうちょっと落ち着きが欲しい。決め打ち箇所を増やし、少ない変更でアジャスト出来るような状態まで持ち込みたいと思っております。

〇DB01
いつまで現役出来なんだろう?と思う位のご長寿。オラも何回売っては手放すをしているんだろう…('A`)青森に居た頃よりもオフロードで走らせる機会に恵まれ、結構楽しんでおります。青森に居た頃はタミグラ要員で出番が限られていた為、セットもくそも無い状態で走っていましたが、こちらに来たことで全く歯が立たない事を思い知らされ、色々アドバイスを下さる方も増え、ただ漠然と走っている感じは薄れ面白くなっております。ちょっとオフロードレースの機会が減るのかな?そこが気がかりな静岡事情でございます。

〇TRF211
初売りの特売で勢い任せで買ったハイエンド。ジャイロが逆事件。こういうのも一人で漠然と走っていたら気付かなくて、ただただダートのミッド2WDって難しい。位にしか思わなかったかもしれません。組み方含め助言頂いた皆様には感謝しかございません。ありがたや。
走る機会を設けて、もうちょっと上で勝負出来るように、車体も人間も磨かねば。オフロードは自分の指摘される悪癖がより反映されるだけに、克服の機会でもあると思って頑張りたいです。

そういうつもりなんだがオフロードがどんどん下手糞になっていいってる気がする…(ノД`)


〇ジェイド
2月の末に納車で間もなく1年。・・・年間走行距離が25,000キロに届く勢い。(ノД`)走り過ぎだって。青森に居た頃は、遠距離になった奥様と仙台で待ち合わせして帰省したり、盛岡まで乗せて行って送り出すような走り方をするようになっても10,000キロちょいだったのに。とーほぐに居る方が自動車移動距離が長そうなもんですが、上京してからの方が確実に距離を稼いでおります。10回には届いていないと思いますが、帰省1往復1,500キロくらいなので、10,000キロちょいは帰省の遠乗りが影響しているとは思いますが、それでも年15,000ペースですな。現状、奥様を職場に送迎する往復を2回すると、青森に居た頃の通勤1週間分の距離に相当します。で、買い物などは近隣の町に出掛けるので大回りで70キロ超。大体弘前~青森往復くらいか。これが月二度三度あるかないか。うーん。たしかに青森の頃より余計に走ってるな…。

…ディーラーに一月経たずに1,000キロ超えのオイル交換行ったり、半年たたずに10000キロ超えていたり、季節ごとにオイル交換してるので、営業車でもないのにすんげぇ怪しいだろうなぁ…。

センシングが付いているので、よく対向車やカーブにビビッてアラートが出て、アクセルが戻るような反発がきます。今のところエマージェンシーブレーキのお世話になっていなので、効果の程は分かっていません。試すの怖いし。('A`)
高速道路で非常にありがたいのがレーンキープアシストとレーダークルーズ。自動運転モードまではいきませんが、近い感じは出ています。足の負担が減るのは長距離移動ではかなり違います。これが一般道レベルのスピードに対応してくれたら文句ないです。むしろそっちで使いたい。レーンキープアシストはラジコンでいうところのジャイロの有無みたいな感じで、路面のうねりでフラ付くのも抑え込む感じになる為、ジャイロ介入してるあの感じに近いものがあります。

ベースが意外としっかりしていて剛性感があり、FFで重心も低く、以前の4WDストさんと比べても旋回が速い。ロールで身体が持って行かれる感じも少なく、ぴしっときまる気持ちよさ。ストさんのFFはどうだったんだろう?よく通る道でぐっと小さく回り込みながら上ったり下ったりする箇所があるのですが、挙動の違いにニヤッとしてしまいます。

走るのは得意なんですが、ストさんが持っていた道具としての優秀さは薄れてしまったのが残念無念。ラゲッジスペースが欲しくてこういう車を選択するのだから、小物入れは減らして欲しくは無かったし、荷台のフラット化も継続してほしかった。インパネも見た目重視で利便性は失われた。そのアンバランスさは反省すべき点だと思う。勿体無い。

燃費はぼちぼち。ハイブリッドには敵わないですが、スタッドレスで冬の市街地でも11キロくらい。ストさんは4WDでもあったので8キロで上出来。高速でも、タンク容量はストさんの方が若干大きかったが、頑張って平地15キロ山間部13キロくらい。今の住処からの無給油到達は不可能かかなり厳しい。エアコン切って…2,000回転以上上げずに80キロくらいのゆっくりエコランでも、小坂の山越え出来るかどうか。登り切れたら何とかなって、出口でガス欠くらいでしょうか?ジェイドさんは夏場20キロ近くまで伸びるので余裕の到達。これは凄いな~と思います。オートクルーズ入れると燃費も適正管理なので燃費計がぐいぐい伸びていくのが気持ちいいです。

安全運転して、長く付き合っていきたいと思いまする。

さあ、正月明けです。内職頑張りましょう。

2017/01/05 Thu. 13:00 [edit]

Category: 色々

TB: 0  /  CM: 0

top △

新年にズレ込みましたが、2016年を振り返る。 

ようやく書き出しが終わる。もう2017年だ。('A`)

1月新春タミグラ
1日目GTクラス:予選落ち ミニクラス:予選15位でA15番手 決勝A14位
2日目2WDバギークラス:予選E11番手 決勝E1位 ジャイロが逆 4WDバギークラス:予選C12番手 決勝C3位
ツーリングカーカテゴリーは予選が駄目で決勝走れないジンクス続く。準備不足は否めない。
2WDバギーはジャイロが逆事件。にしても駄目だった。4WDは中途半端に良いところがあり、勘違いしかけていたな。

3月赤レンガ
1日目ミニクラス:予選B4 決勝B3位 4WDバギークラス:予選A10 決勝10
ミニはロードスターボディーで行く事にしましたが、まだボディーの癖を踏まえたセットが出来ていない。10月のMSで確信。私はまだ扱いきれない…。4WDは展開にも助けられた大金星。一時オフチャン代表権圏内だったのに台無しにした腕の悪さよ。

4月Mフリーク
1日目M05クラス:暫定35番 決勝雨天中止
本番前にタミサに練習に来ていたのにバギーばっかり走らせていた。後悔はしていない。案の定引き出し増やせず撃沈。この時クラッシュ後のバックラッシュズレが思いの外酷かった。原因特定できず。おもっくそモーター動いてたんだけどね。バッテリー付け間違いも疑ったので特定に至らなかった。

5月オフロードチャレンジ
1日目4WDバギークラス:予選43位 決勝なし 2WDバギークラス:予選51位 決勝なし
新春のそこそこという結果に胡坐をかいたらこのザマである。オフロードを走るダンプかわいいよ。

6月タミグラ宮城
1日目4WDバギークラス:予選6位(外様B3)決勝決勝4位
ミニクラス予選9位(外様B3)決勝3位
GT5クラス予選4番(外様B1)決勝8位
想定外の3打数3安打。調子に乗るつもりは無かったが、後の油断に繋がったんだろうなぁと思われる上出来。ミニはやはり不調。対策思い付かず、フレーム交換に踏み切る。

7月なし

8月タミグラ東京大会
1日目ミニ予選7位 決勝5位
GT5予選12位(繰り上がりA10)決勝8位
2日目FFクラス予選5位決勝6位
ここも想定外の上出来。だって充電器を生け贄にしたんだもん。(ノД`)ミニはあと1台。1分少々4位のポジションを守り切れていればワーチャン挑戦出来ていた。切符がこんな手元まで来るのは久々だ。いきなりGT5仕様にしたTA07も良く走った。ポイントが良く貯まる状況に、マスター戦はどのくらいを目標にしたらいいのか意識する。とりあえず、未到達の100点台に乗せたくなった。

タミチャレ東北大会
1日目
2WDバギー予選8番(10人中)決勝9位
ミニクラス予選7番決勝6位
チャレGTクラス予選14位(B2)決勝2位
2日目
2WDバギークラス予選8位決勝10位
FFTC予選10位決勝6位
チャレGT予選A11位決勝11位
バギーカテゴリーで下手糞さが加速し始める。走るシケイン。申し訳ない…。参加人数が少なくて全員決勝状態だから助かったようなもの。1日目のチャレGTクラスではAメインを逃したものの、他は上出来。ただし勝負をするには物足りない程度。

角材は蹴らずに撫でる。…なぜそれでブーイングを受ける…('A`)

9月タミグラ岩手
1日目4WDバギー予選18位決勝B2位
ミニクラス予選14位(B6)決勝B5位
GT5クラス予選15位(B5)決勝B5位
そこそこAに引っ掛かるという慢心があったのか、ちょっと路面に適応しきれなかったのか、見事に三振。下手くそなのが悪いだけさ。(ノД`)全てAメイン入り出来ていたらギリ100点超えたのに台無しにしてしまった。これでタミグラは終了。

工藤模型タミチャレ
ミニ予選2決勝2
FF予選2決勝2
GT予選3決勝3
今年のコースレイアウト初でしたが、何とか頑張った。代表権頂きありがとうございます。

10月MS-XTREME 2016
ミニ予選18位(B2)決勝2
GT予選60位(E2)決勝13
Bメインだけどチリッチリするバトルをスタートからゴールまで出来たミニ決勝は2016年ベストレースだった。GTは走らん車も駄目だったし、人間もヘタれていた。ど突きあいで弱い。心の弱さが露呈している。2016年屋外レースはこれでおしまい。以降はチャレGTに注力。ぶつかり稽古でかなりセットも進められたし走り込みが出来た。

12月チャレクライマックス
予選19位(B9)決勝7位
予選は展開が良かったのに自ら台無しにしたのを悔やむ。決勝はもう、貰ったもんは仕方ないと前だけ見たらグリッドより前でゴール出来たからまぁ、良かったのだろう。しかし、当日は片耳が塞がって平衡感覚も狂うしなかなか体調が良くないレースとなってしまった。体調崩してレースしてる事が多かったなぁ。五反田も咳が止まらなくてゼーゼーしてたし。

…結構いってるなぁ…('A`)序盤そこそこ。あとはなだらかに調子を下げる悪い様式美は健在です。なんとかせねば。

次は車種別なんぞ書いてみようと思っていますが、それは次回に。

2017/01/02 Mon. 00:41 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

あけましておめでとうございます。 

今年も宜しくお願いします。
zakki1231-38a

zakki1231-12a

2017/01/01 Sun. 01:03 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 0

top △