チラフェス他 

チャレクライマックスが終わって以降、何となく腑抜けになっていましたが、ぬめぬめと暗躍しておりました。

先週の日曜日はコチラのイベントに行ってきました。
チラフェス

チラフェスです。チンチラがメインですが、モルモットやテグー等の小動物も扱うイベントです。ペットフードメーカーやケージ制作会社等の展示の他、手作り品などの個人出店等もあります。奥様が学校飼育でモルモットを飼っている事、たまに一時預かりする身としては勉強にもなるしグッズも欲しい。行くぞオラ。と、お尻叩かれまして。…まんざらでもございません。

そんな訳で、いつものように高尾から中央線で神田まで。神田から京浜東北線で会場である蒲田に向かいました。
蒲田にgo
うっすら電車の色と名前が分かり始めたお年頃。特定の場所までの連絡がうっすら…うっすら出来るようになってしまった…。ボクは都会に汚されていってます…。弘前に居た頃は別の国の話みたいなもんだったのになぁ。

そんなこんなで蒲田に到着。会場は京急蒲田駅傍なので少し歩く。会場入り。
チラフェス2

まぁ、チンチラがかわいいかわいい。セミナーで新種発表のお披露目なんかもしましたが、くしゃくしゃ天然パーマの子や、ロングコートで白い毬からシッポ生えてるようにしか見えない毛玉なんかも。テグーさんも可愛かったが、モルモット展示コーナーもステキでした。
個人的にはこの子イチオシ。
コロネットさん
コロネットししょう
コロネットししょう2
コロネットさん。まだ子供なのにステキな爺様になる姿しか思い浮かびません。こんな感じの仙人風な顔立ちの「ししょう」さんというモルモットを知っていたので、勝手に小ししょうさん呼ばわりして時間いっぱいへばりついてみたり。ああかわいい。

モルふさふさ
モルふさふさ2
かわいい子は他にも。ロングコートはステキだが、やっぱり手入れが大変なんだろうなぁと思った次第。

ペットフードメーカーさんのブースでは、アンケートに答えたら結構大量のチモシーやフードのサンプルを頂いてしまう。ありがたや。個人出店の中にはツイッターでやり取りがありましたお方が手作りグッズを販売してまして、お目当ての品がありましたので数点購入させてもらいました。この時点でお昼過ぎくらい。16時からクジの抽選・・・奥様がいつの間にかクジを握りしめている…。('A`)
ただ、時間が開いてしまう事と、もう一件行きたいお店があり、営業時間を考えるとこの空いた時間で行って戻ってくる方がいいという事になり、一旦退場。京急蒲田駅より京急線に乗って横浜へ。横浜から東急東横線で自由が丘へ。ここにはモルモット雑貨とモルモットフードや生チモシー等を販売しているカフェがあり、私は一度、奥様は数度お邪魔させてもらっています。
もる組さん
もる組さん2
そんな感じで、もる組さんにてお茶しながら小休止。店主様、いつも歓迎して下さりありがとうございます。飲み物もアップルパイも美味しゅうございました。

こちらでは生チモシー(生牧草)と、前々から気になっていたグッズを購入。時間となったので来た道を戻って再び蒲田へ。会場に再入場して奥様は抽選の品を受け取るべく行列にのまれて行きました。オラはモルモットみてニヤニヤするだけ。ああかわいい。

抽選から戻ってきた奥様がなにやら重そうな袋を持っている。

(´・ω・`)…砂浴び用の砂当たった。モルモット遊びしないのにね。

( ´・ω・`)…重い…。

ええ、持ちますとも。しかし、この砂どうしよう?

…ピコーン。

…琵琶湖のほとりに居るモルモットを知っている!!


送り付けてしまえばいい。フフフ

そうこうしてると閉館時間。退場して家路につきます。
蒲田の夕暮れ
夕暮れキレイでした。

横浜で飯食うぞの話になり、また京急で横浜へ。駅近くにある崎陽軒本店の食堂で晩御飯。崎陽軒はシュウマイ弁当位しか知らない私にとってはこうして頂ける場所があるのは新鮮でした。
崎陽軒本店にて
…この写真をアップしたところ、私の分がサラダとご飯とシュウマイ3つしかないように見えると言われる。ヽ(`Д´)ノムキー格差社会か。コンチクショウ
お店で頂くシュウマイ美味しかったです。
横浜からは横浜線で終点八王子へ。八王子から高尾に。そこから車で帰宅。

もる組さんで買った気になるグッズ。
あおさんinジンベエ
あおさんinジンベエ2
フェレット用ではありますが、モルでも使えるジンベエザメ袋でございます。かわいい。あおさんもお気に入りのご様子。入った状態で撫でているとぐーぐー寝ちゃう心地よさらしいです。

週明け。手配していたスタッドレスとホイールを取りに行く。今夏タイヤ装着している純正アルミからタイヤ外してスタッドレスを装着。外した夏タイヤに手配したホイールを装着するクロス交換しました。インチダウン出来ないから高いぜ…。ぐぬぬ。
…夏タイヤは購入1年未満ながら2万キロ超の走行距離なのでかなり難色を示されましたが押し通しました。5万キロか来シーズンで何とか履き潰ししてから変えたい。そこまで予算がね・・・。('A`)無理言ってすいません。

平日昼頃だったので余裕かなと思ったら先客がいて3時間強待つ事に。飯食ったり本屋で時間を潰して引き取り時間に。そのままスタッドレス装着するので見た目はいつも通りの純正アルミ。
冬タイヤ
免許取ってから20年近く青森から出た事が無い私。スタッドレスは割高でも評判の良い石橋さんをずっと使い続けました。転居にあたり、雪道で怖い思いをするのは1週間あるかないかの状況となった為、性能面や価格も考慮し違うメーカーにしてみました。
夏タイヤも石橋さんばかりでしたが、今回買い替えた車はADVANでした。これが意外と良くて悪いもんじゃないと思い、色んなレビューを見たりした結果、スタッドレスもヨコハマにしてみました。乾燥路面向けっぽいM社も気になりましたが、ちょっとお高いので今回は無しに。
現状の乾燥路面で走っている感じとしては、特に気になる感じは無い、乾燥路面を走るスタッドレスだな。といった印象。ちょっとゴーっというブロックノイズが増えたり、ハンドル切り始めがヌメッと軽かったり、ブレーキ時に少しウニョる感じがする程度です。鮮度を保てる期間が・・・と言われているので、どのくらいのものかが気になる位です。

( ´・ω・`)…営業車用ヘッポコスタッドレスに比べたら何でも天国ですよ。

夏タイヤ
夏は真っ黒。しかもM社純正に似てる感じ。あのデザイン好きなんです。春が来てからの交換が楽しみでございます…。でも永遠の恋人はシュミットS4なんだなぁ。ガンメタでPCDとオフセットが合う17インチ7Jの上物があったら手を出さない自信がないです。
スポンサーサイト

2016/12/22 Thu. 19:20 [edit]

Category: 色々

TB: 0  /  CM: 0

top △

クライマックス余談。 

色々。雑感なんぞ。

前回記載のお殿様のサイコロころころは予選終了後ではなく決勝終了後でした。失礼しました。写真整理しながら時系列が滅茶苦茶になったようです。申し訳ありません。


タミヤ公式で決勝の模様がyoutubeで公開されています。
https://youtu.be/weBaZTAnZVM?t=1h26m10s

見直してみたらオープニングラップで突かれてましたな。(ノД`)事なかれだったんだが、こういう事もあるさ。以降、トップ集団からはおいて行かれたので、チラチラッっと映る程度。…映った時に限ってゴロンチョしてるけどな。(ノД`)うう。

今回のTA07は事前の走り込みで、昨年の糸くず巻き付き後のグリップダウンという状況下において、いかに崩れないかを主眼に置いてセットしました。ぶつかり稽古と補習でフロントデフをスプールかギヤデフを比較しギヤデフに。デフを軽くするほどスロットルオフで頭が入り易くなるけどスロットルオンでアンダーにすぱーんと移行する印象で、各コーナーにスピードを合わせられたなら武器になったでしょうが、皆様から指摘いただいた通りの握り過ぎおっさんの為扱いきれない。(ノД`)そこを誤魔化すべくギヤデフオイルが硬くなり、粘度変化を抑える為封入量も増えました。50万番1g→約1.7gに。走る前に回して馴染ませるようにしていました。

リヤはボールデフ。たまに外して滑りチェックをして締め込みの微調整なんぞ。ハイグレードボールに交換していますが、お殿様のセラ玉スルッスルには及ばなかった…。('A`)そのうち余力があれば投入したい。

モーターのKvチェックは、空いた頃合いにおいてある測定器3台で計測し数値の誤差を見ましたが、ほぼありませんでした。たまに個体差を疑われる事がありますが環境に左右されるのでしょうか?今回は大丈夫でした。一応、人肌程度の状態で2475~2480辺りに合わせました。土曜予選1回目に抜き打ち車検対象となりチェックを受けましたが問題ありませんでした。攻め過ぎず、まぁ、妥当なところなんでしょう。

今回のレースから、すごく速い人と同じヒートの人間が、どーせ彼が一番で車検も彼だけだから、2位以下はタイムだけ出すためにちょっとやらかしてもいいんじゃね?ってな事を防ぐべく、抜き打ち車検が導入されました。ヒートトップは当然後車検対象ですが、ヒートトップがサイコロを振って、出た目の2位から6位(1がでたら10位だったかな?7位だったか…)に該当する選手が2台目の抜き打ち車検対象に選ばれ車検を受けていました。決勝も同様に抜き打ちがありました。これは面白いなと思いました。どの順位でも気が抜けませんからねぇ。

弘前でも導入してみてたら面白いかもしれませんな。( ´・ω・`)

練習時は時間配分が読めなかった為省いていましたが、土曜予選開始から決勝までは走行毎に前後ユニバを外して糸くず巻き込みチェックをし、ついでにドライフルードで注油。ドライフルードはこまめな注油が維持の為には必要で、挿しつづけていればよい感じ。そういう工程がめんどくさいと感じるなら、粉の入っていないオイルが楽だと思われます。…使い切ったら、次はどうしようかお悩み中。
この時、前後ナックルだけでなくデフやプーリー等の回転軸にも忘れず注油。組み直して手で回しながら馴染ませて、変な感じが無いかをチェックしてました。

ダンパーはアンタッチャブルに。ここに手を付けるとハマると思ったので、事前の走り込みで適正化したと判断し、今回変更する部分からは外しました。こんな感じで基本ビビリの姿勢を崩さなかった為、ボディーの変更も出来ませんでした。458でようやくこの位なら、ライキリ使うと軽く感じて駄目になるんじゃないかと考えました。後はこの458の感じのまま、コースに人間を合わせていく方に振った方が安定すると判断した為です。
 その為、控えに回ったライキリを貸出する事が出来ました。有効に使ってもらえて良かった。お殿様は、間違っていなければあの時初カーペットでライキリだった気が。よくあの短時間で感触掴み切って活用してくれました。来年も参加できる機会に恵まれたら、ライキリでもビビらないように更に詰めていきたいと思った次第。出来る事はまだまだあったはず。そこを見つけたいです。

悪癖の握り過ぎに関しては手の補正も必須ですが、調整のアプローチの仕方でもっと違うやり方があると気付かされ、やってみたらなるほどと思える効果。機械に頼っていいのですから、もっと頼りつつ手も直していかなければならないと反省しております。

これらを踏まえて、まだ案内詳細が発表されていない新春タミサに出られるならでようかな?と、TBのGT5仕様を走らせるべく剥がしてあったメカを本来の白バスタブに戻す作業でもしておこうかと考えております。

2016/12/14 Wed. 10:32 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

2016タミチャレクライマックス。その3 

開会式。
ドラミだよ1
ひ、人が…人が多すぎる・・・。

そんな事しつつも、今回はちょっとした目的があり、ボディーを目印にとある御方を探して…ミツケタ!!(=゚ω゚)
ふぁる日記typeR
ふぁるさんにお会いする事が出来ました。自分の雑記をさかのぼると、5年前の2月の事になりますが、弘前室内で自分の定番として使っていたALEXのBホイールが製造されなくなって入荷がなくなり、絶妙にプカるホイールが無くなってどうしよう?と愚痴ったら反応して頂き、わざわざ沖縄から店舗在庫のものを送って頂いたのです。

ネット上で感謝の言葉は伝えましたが、お会いできる機会があれば是非直接と考えておりました。今大会に参加されると聞き、探し出して一言お礼をと思った次第です。その節はありがとうございました。お忙しい中相手して下さって感謝です。

では予選2回目。
2番手スタートなんで前が開けて気が楽です。1番スタートの方もペースが良くて、序盤は均等なスペースを保ったまま順調に周回を重ねられました。お殿様から後から聞いたのですが、ここの私含む3台くらいはヒート内でもちょっと早いペースで巡航していたそうです。欲を出さずに流れていたら…という事を聞きまして、後から苦虫。

中盤に差し掛かって来てから前に追いつき始めました。ヒートトップになったようでプレッシャーのかかる実況が。

弘前でも上に行くとプレッシャーかかる実況されるんだよなぁ。…いや、お蔭で鍛えられて昔ほど動揺はしなくなりましたがね。

お立ち台手前のシケイン区間で前がモタついたので前に。3台詰まった状態なので距離を・・・と焦ったのがいけなかった。ミッドストレート侵入でアンダー出してフラ付いたところでハーフスピンっぽくなってしまい巻き込み。申し訳なかった。何とか復調させましたが糸くず拾って挙動が怪しい感じに。そこからはミス連発。前に追いつくよりはもう12周はしなくてはという考えに。それは出来たものの12周して当たり前の状況でやっと12周のタイムでは話になりません。12周3分10秒は当然として、5秒台も狙えるポテンシャルは車にあったのに、人間が台無しにしてしまいました。

余計な事しちゃいましたね。仕掛けるところがまずかった。と、反省を促される。粛々と受け入れるほかありません。悔やまれる予選になってしまいました。

お仲間の予選も進んでいきます。
十番氏
50枠参加の十番氏。流石のマシンコントロール。シケイン区間のキレがただものじゃない。さっきまで、もう疲れた帰る。って言ってた人とは思えないですな。ミスが響き残念な予選になりましたが、インフィールドはああ走れたらなぁと思える理想形でした。

腹黒氏は一言。「…見せ場が無い…。」…じわじわ。

Tナカ氏も絡んでから崩れてしまった。やはりここのピットの二人は、昨年同様このへんが弱い…。('A`)('A`)

んでお殿様。ここが凄かった。最終組後発スタートながらペースが速い。周囲もペースが速い為、超高速回遊状態。電光掲示板の順位変動が目まぐるし過ぎる。凄いヒートだ。最終ヒートという事もあって路面がものすごい仕上がりだった事や、ウイング変更も効いたのか、多分練習よりもペースがいい感じ。 一気にタイムを上げ総合順位でもジャンプアップしてました。
さいころん
ヒートトップの特権、抜き打ちサイコロと女子からのインタビューも。ぐぬぬ。


予選終了。
2016クライマックス2予選結果
クライマックス2の総合順位。私は初日の好位置につけた事がプラスに働き、ポジションを5つ下げるだけで済みました。もっと駄目だったかもしれませんから…。Bメイン9番手で決勝を迎える事になりました。昨年はEメイン。目的である昨年よりも上は達成したものの、上を狙えたのに台無しにした気持ちが強く、尽くしきれなかった感が漂います。

決勝までにした事は特になく、自分の今回のルーチンワークである、走行後にユニバ外してナックルの糸くず除去と駆動系ベアリング全てに注油。ネジゆるめて締め直し、車高と基本的なジオメトリーやドループ量が変化したりしてないかチェックだけしてました。

決勝。
今回は左右交互のグリッドではなく、一列グリッドでの決勝となりました。スタート前には1周目は流して隊列維持ね。なんて注意があってみたり。

自分の出走でも1周目は穏便でしたが、2周目に入ってからが…。事なかれで走ってましたが、インフィールドシケイン抜けるところで突かれてクルリ。ぼっこぼこに。コケて最下位復帰。('A`)もうしょうがない。グリッド位置まで順位回復を目標に頑張るしかないと走り始めます。抜いたりミスに乗じたりしながらジワジワ順位は回復。ただ、まだ後ろから数えた方が早い位置。手を抜かずに攻めますが、焦りで雑だったところもあるようで、動揺が見て取れたらしいです。
 TOPを把握しようとしたところ、こちらがミッドストレートに侵入した辺りでTOPはメインストレート抜ける位の位置。なかなか厳しい。でも、そこに前が集約してると思うと気が楽で、もうワンチャンある気がしておりました。レース後半になって糸くずの影響で挙動が怪しくなる車が出始めますが、私の車は然程崩れていない為ペースが落ちず、そういうズルズル下がってきた車もパスしながら前をガブガブしていきます。終了間際でまた前が見えてきましたが時間的に間に合うかどうかのところ。何とか5分終了ギリ前にラストラップに突入。と同時に5分チェッカーが振られます。
 ここで、もしかしたら気を抜いた方が居たのかもしれませんが、ペースが緩むか、タイヤが限界でふら付いたのか前を走る車がヨタヨタしたためすかさずパス。周回遅れだったかもしれませんが、同ラップだったのならここでポジション一つくらい上げてましたね。

2016クライマックス2決勝
…ゼッケン見るとここは第9ヒートの予選で絡んだ皆様で固まってたのね…('A`)前には1秒足らなかったか…。でも、グリッドより二つ上げただけ上出来です。絡まずミスせず走っていたらギリ10秒台切れていたと思うので人間力不足を悔やむばかりですが、ばしばし抜いていった展開は楽しかったです。皆様ありがとうございました。

決勝後

決勝終えて後片付け。お疲れちゃーん。

2016クライマックス50決勝
50決勝。ARA師匠、十番さんお疲れ様でした。

2016クライマックス1決勝
クライマックス1決勝結果。…次回はこっちなんだろな…('A`)面子が怖いよ。てんいん氏に相手してもらえる位にならんといかんのか。頑張らねば…。

クライマックスAのAメイン決勝。お殿様の出番です。レース内容は動画が何件か公開されているので割愛しますが、お殿様お得意の、他人をすべて減点方式にする、速さよりもハイアベレージを武器に他人のミスを許さない展開に持ち込めたのが、あの結果に繋がったような気がします。序盤を争っていた、マエズミ氏に続いていた大御所御二方がミスで崩れた所を確実に仕留めて前に。追い付く隙を与えないまま、後半にかけて距離のあったマエズミさんに追い付こうとし始めたのは、ヤツは何を始める気だ?('A`)と思う位のものでした。

2016クライマックスA決勝
で、この結果。マエズミ氏が賞典外なので優勝となりました。すげーなー。

…ライキリ

ボディーだけで1周持ってるのかよと思う位の別人っぷり。今回はライキリは無双してましたね。これは参加者の大半が認めるところだと思います。ここまで来るとワイメイク化まっしぐらかもしれません。ちょっとチャレっぽくなくなる気もしますが、売りたい事情、使いたい事情がマッチしている以上致し方ないと思います。後はクライマックスの時だけクラス別で使用制限かけるとか、そんな措置を講じないと他のボディーが使われなくなる可能性も危惧されますね。どういう判断されていくのか見守りたいと思います。

勝ちやがった
そんな訳で。…借りものボディー勝ちやがった・・・。何だかムズムズしますね。ボディーだけ天下獲りやがった。('A`)
勝利後のお殿様
色んな方から祝福と冷やかしを受けるお殿様(自主規制)おめでとうございます。

そんな感じで表彰式も進み大会終了。
申し訳ございません
また人間力が足りなくて申し訳ございませんでした。

…余談ですが、つけてる時計はエディフィスです。2本目目指したかったなぁ…。

その他は次回に。…その他をまとめるほどネタもないですからスルーもあります。フハハh


2016/12/09 Fri. 10:03 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

2016タミチャレクライマックス。その2 

1日目予選1回目。

組み合わせが貼り出されまして確認。若い番号のゼッケンが割り当てられていました。タミグラやタミチャレでは1回目に前列スタートで後がない感ありありで、名字のせいか大体若いゼッケンを割り当てられる為、よく難儀します。が、今回は別比較的前が開けている事でペース維持がし易くなると考えました。

走り始めはソロソロだったり、変なライン取ったりして不安定でしたが、徐々にペースを取り戻して順調に周回。電光掲示板に踏みとどまるペースで後半へ。そこからがタイヤ糸くずとの戦いですが、事前の確認で崩れにくくなっている自信はあったのでそのまま踏み続けていると順位が上がってきましたが、目標はヒート上位というよりは12周入るかどうかのところ。現状のコンディションで12周に入るとかなり有利になります。これを成し遂げたかった…のですが、終了と同時にゴールのコール…('A`)電光掲示板見ると、1位とは0.1秒差の2位で終えていましたが、11周3分1秒近いところ。2秒削れば余裕の12周で、2秒以上損した箇所に覚えがある、タイムは出たけど苦い予選となりました。

見ていたお殿様とTナカさんにもビシビシ指導を食らう。握り過ぎアンダーもあればラインも甘いし不可解な箇所もある。自ら糸くず拾いに行くようなラインもあり、ロスが多いと言われました。
2016クライマックス2予選1回目結果
結果が貼り出されました。ケツ毛チリッチリのポジションですよ…('A`)12周出来ていればTOP10入りが出来ていただけに勿体無かった。
 今回の予選方式はあまり経験が無い方式。1回目の総合順位でポイントがまず振り分けられます。同様に明日の予選2回目を行いポイントを振り分けます。私の場合、今回総合14位だったので14位に入るポイントを貰いますが、明日の予選2回目に総合14位以上になればその順位のポイントが。14位以下になれば、1回目の14位のポイントが適用されて、ポイントの多さで順位が決まる方式となっていました。当然、同ポイントで並ぶ事もありますが、並んだ場合は周回タイムの優劣で。そこまで同じ場合はベストラップの優劣で順位が上下します。

今回、11周ながらこの位置につけた事で助けられました。この結果をもとに明日の予選が組み分けし直されます。私はこのクラスの最終ヒートの最後尾スタートか、一つ前のヒートの先発スタートかの微妙な位置。組み分け後の明日の予選組み合わせを見たら一つ前の先発組に。これで明日も気が楽だ。また安心要素が増えました。

M澤さん
ビックリしたのがクライマックスA参加のM澤氏。練習からしれ~っと速い。さすがスポマでYTB詰めたりしながらスキルを重ねた盤石さ。予選でのその速さは光りました。序盤からワーチャンタイトルホルダーの有名人な彼と超接近戦を始め、徐々にタイムを詰めていくではありませんか。そして逆転までしてしまいます。電光掲示板でポジションが入れ替わった時は鳥肌立ちました。正直、車も走りも当日のTOP5と言っても過言ではない位でした。
逆転してさあこれからという時にメカトラブルが出てしまい一気に不調に。惜しかった…('A`)でも、あのインパクトはなかなかでした。
はなえもん
車は走るんですよ・・・人間が…人間がというはなゑもん。

うん知ってた。

初日はマイナートラブルに翻弄されて色々大変そう。頑張れ。元先輩としては耳元でプレッシャーを囁いたり、軽い嫌がらせをしてあげる事しか出来なかったよ…。
新バナナウイング
報復でこんな事してきたので元気な模様。明日の嫌がらせにもチカラが入りますね。´ω`)ノ

お殿様の出番になり走りを見る。練習走行から大手術で変えた点も機能して、走る度に速くなっている気はしたものの、ノーミスに近いながら周囲のペースに合わせるのが精一杯な感じ。この時点で路面はかなり仕上がり、ライキリ無双が始まってきたようでした。そんな中でGT-Rで奮戦してこのポジションは大したもんだと思いますが、伸びしろが無い頭打ち。

そりゃ表情も曇ります。どうしたものか。

そんな感じで各々課題を抱えながら1日目は終了。オラとTナカさんと十番氏は懇親会に。懇親会の後にお殿様と合流して居酒屋2次会。ここで会場で言われた詰めの甘さを再度指摘される。ここで悪癖である握り過ぎ突っ込み過ぎの指摘を受ける中で、自分なりの対策と、他人が考える対策の仕方のアプローチが違う事を教わる。
私とて握り過ぎの自覚もあり、矯正すべく頑張っていますが追い付いていないところがあります。その先走りをプロポで上手く抑えていければ、もうちょっと綺麗に走れると思っていました。その為私が触っていたのがスロットルカーブの変更。マイナス方向のカーブにする事で初期が抑えられて握り過ぎ対策になると思っていたのですが、そこじゃなくてスピードじゃない?と言われたのです。サーボスピードを落すように、スロットルスピードを落とす方が欲しい感じを得られるのではないかといわれました。
そこに考えが至っていなかったので目からウロコ。明日の練習走行で試すべく項目が決まりました。

大事を取って日付変わるちょい手前に解散。宿に戻って就寝。耳が気持ち悪い。もともと塞がっていたのに酒飲んで血管拡張したのかミッチミチ感が凄い。ボーボーしてます。が、疲れが勝って翌朝まで睡眠をしっかり取る事が出来ました。


翌朝。Tナカさん乗せてグランシップへ。会場と共に入場。・・・車検の列がもう凄い事に。(ノД`)仕方ないか。とりあえず準備して列に並び、車検を受けて今日使うタイヤを受け取りピットに戻って朝練の準備を始めます。もう少しの安定感を求めて、ステアリングナックルのスペーサー量を1mm減らしバンプアウト方向にバンプステアを変更。プロポのスロットルスピードを100から80にして、スロットルカーブをマイナスからゼロのリニアに。これで行く事にします。

向かいに座るお殿様は昨晩から散々こんな悪魔にずーっとささやかれ続けていました。
悪い人
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \…ライキリあるよ~。オラ、ビビリで変えたくないから今日も使わないよ~。ライキリあるよ~。イ~ヒッヒッヒ…。

結果。

悪魔に魂を売り渡したでござる

そこには、悪魔に魂を売り渡した男の姿が…( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \堕ちよったぞ…。つかうがよい。つかうがよい。

練習走行時間帯になっていますが、あまり誰も走りに来ません。アレ?昨日の朝とは違って、予選終えて路面出来上がった状態だから走るんじゃないの?と思いながら準備を得てお立ち台に。私とマエズミさんとあと1台居たかな?そんな空いたコースで走れるなんてチャンスじゃないですか。じっくりコース堪能しつつ変更した点の確認をしました。

スロットルの変更は言われた通りで、動き過ぎない感じが出て扱いやすくなりました。今まではカーブなりにふけ上がる箇所でぐっとふけ上がり過ぎてしまっていたようなどっかんターボっぽさがあったのですが、ゆっくりリニアに立ち上がるのでカーブに合わせやすくなりました。バンプステアの変更は後半に小難しくなる感じがもうちょっと減った位。見ていたお殿様よりアベレージが揃った良い感じという話を聞き一安心です。

ライキリに変えたお殿様も練習走行に・・・を、戻ってきた。


…( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン ざけんなこの反則ボディー!!

ってな勢いでベタ褒め。ズルいわーズルいわーコレ。・・・ズルいわー。ボディー変えただけで全体のパラメーターがグンと上がったみたいになったわコンチクショウだそうです。

ダークサイドお殿様

こうなってくると欲求も増すってもんで、もう少し抑えのあるウイングが欲しい…ブツブツ…

( ´・ω・`)…

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \…ばーつーストレート。サイドスプリッター残しカットウイングあるよ~。使う~?あるよ~。ヒーッヒッヒッヒ。

ヨコスカ( ´∀`)人(´∀` )ヨコセヤ

という訳で予選2回目に向けての準備が完了。2日目が始まります。

続きは次回に。

2016/12/08 Thu. 10:24 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

2016タミチャレクライマックス。その1 

風邪がしつこくてなかなか治らないと思ったら、土曜日朝から右耳が詰まってしまい、声は頭に直に響くし、耳栓が取れないような感じで気持ち悪くハウリングするし大変な週末でした。月曜日に耳鼻科に駆け込んで診察して貰ったところ風邪による中耳炎だそうで、お薬処方してもらい投薬治療開始。現在はかなり持ち直していますが、頂いた薬と相性バッチリなのか、投薬すると眠くて眠くて…。

意識があるうちに今回のチャレクライマックスの事を書きましょう。

厚木補習の状態で荷物を選定してバッグに詰めて車に積み込みしておきます。土曜早朝出発。高尾に出勤の奥様を降ろして、高尾ICより圏央道inします。順調に進み御殿場辺りに来たところで、後ろから見覚え有るGT-Rにブチ抜かれる。にゃろう。これは富士川で朝焼け富士山に間に合わせるつもりだな。と、後を付いていくがチギられる。('A`)

若干遅れて到着。
zakki1206-5.jpg
良い天気。綺麗な富士山でした。朝食のパンを購入して齧りながらグランシップを目指します。

清水から一般道に降りましたが、以降も大して混まずにスムーズに到着。グランシップ向かいのコインパーキングに駐車しました。荷物降ろして待機の列に並びかけた時に遅れて出発したお殿様がそこのパーキングに入庫するところでした。
グランシップ入り口前
写真は2日目ですが、大体初日もこんな感じ。300人超の人数が参加するイベントです。待機の列も長くて賑やかでした。配布中のネームプレートと1日目のタイヤ受け取って列に戻り開場を待ちます。その間にも十番氏、てんいん氏を始めとするお知り合いになった皆様も続々と。皆様宜しくでございます。

開場して入場が始まります。自分達のスペースに行くと名札が。工藤模型は腹黒氏が50枠出場という、昨年と同じ面子が揃う事となりました。お隣にはノブさん。これも昨年と一緒。通路挟んだ隣にはコムカイ模型さん。はなゑもんとM澤さんが今回出場。とーほぐらしい賑わいとなりました。

そそくさと出走準備。基本的には厚木補習後の状態そのまま。ただ、ダンパーの組み方だけ少し変えました。ぶつかり稽古と補習ではぱっつんで組んでいましたが、今回はタミヤ万能クランプの厚み分残して縮めた位置での引きダンパーにしました。

練習走行1回目。昨年と同じ青カーペットという事で、時間経過と共にグリップを失い巻き始める恐怖が拭えないままでしたが、今年はカーペットの具合も良く、厚木補習セットのまま普通にスイスイ走れてしまいます。去年はこの時点でマキマキで、手も足も出ないままズブズブとハマっていったのですが、今回持ち込んだ状態はそうではないみたい。これは心強く、落ち着いて過ごすための良い材料となりました。

 良く走れはしたものの、ペースもそれに合わせて速いという訳でもなく、走れてはいるといった感じだった為、より扱いやすさを求める事にします。フロントギヤデフを選択した影響で、スプールのようにイン側を引っ掛けて曲げる事でリヤを振り回し、走行後半にリヤが持たなくなってしまう感じは無く、前後同じ様にアンダーになっていく感じ。この感じを活かしつつ、もう少し握れるようなリヤの安定感が欲しい。ピットに戻ってからお殿様やTナカ氏に相談し、ここを変えればいい?と聞けば、いや、そこではなく、ここなのでは?というやり取りが。ここで提案されたのがリヤサスマウント上げ。
 これは私も夏の五反田大会に向けてGT5仕様のセットを詰めた際行き着いた変更箇所。ただ、厚木でタミチャレ仕様だと落ち着き過ぎて動きが重かった為、通常の直付けにしてありました。成程、覚えのある変更出し効果も知っている。ならばここだろうという事でサスマウントを0.5mm上げる事に。リバウンドとキャンバーを調整して練習走行2回目に。

 走り始めたらいい感じ。欲しいリヤの粘りが出て、よりイイペースが出せました。変更は良い方向に向かったようです。これで予選1回目に挑みます。ここで博打が打てるならライキリを使うのでしょうが、正直自信がありませんでした。走れるとはいえ走行後半にはそれなりに挙動が怪しくなる糸くず路面であることに変わりは無く、厚木補習で感じていた、抑えの良さでは458に分があるという自分の評価を信じて、安定を取って458固定で行く事を決めました。

 周りを見るとお殿様も順調な滑り出し。1回目の練習走行後に不満点を的確に修正してました。Tナカさんもまずまずの滑り出し。私もですが、去年と同じマキマキボンバーにならないだけでも幸せでした。はなゑもんはマイナートラブルと行き当たりばったりで右往左往。M澤氏が絶好調。練習中のグリップが上がり切っていない時からかなりのハイペースで走っています。これはかなり上位を狙える感じがしました。

そんな感じで予選1回目が始まりますが、続きは次回に。

2016/12/07 Wed. 23:37 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

色々どたばた。 

前回の厚木ぶつかり稽古以降のお話。ぶつかり稽古に持ち込めなかったボールデフ組んだり、内職の発送手配したりしていたらもう週末。土日の2日間はツインメッセのワーチャンに助手兼ひやかし要員で参加するべく静岡に。しんきち氏の助手してましたが、大してお役に立ててなかったような。('A`)しんきち氏の助手としての参加は2回目ですが、初めての時は正直雰囲気にのまれての右往左往で乱されまくっていたのは否めません。2回目の参加となった今回は前回の反省を踏まえて、聞こえてくるアレコレに振り回されないように心掛け、変化は少なく把握出来る範囲での調整に留め、操作に集中するよう勤めました。それでもブレそうになったり欲が出てしまった点はありましたが、初回よりも走る事に集中出来、3日間通してしっかり走り切っていたので良かったという印象でした。あの3日間で結構濃い情報を得られたと思います。あれは財産です。それを引き出しに入れて有効活用していってほしいと思います。

IMGP5934.jpg
IMGP5942.jpg
IMGP5943.jpg
IMGP5944.jpg
IMGP5945.jpg
IMGP5430 (2)
IMGP5493 (2)
IMGP5936.jpg
しんきちさんお疲れ様でした~。
IMGP6010 (2)
IMGP6004 (2)

ワーチャンから帰宅後、NSXのボディーを購入。マスタークラスのNSXワンメイクを見て、チャレクライマックスでも使えそうな気がしたのです。Cタイヤではありましたが、ウイングレスであれだけ走るならクライマックスの糸くず巻き付きマキマキボンバー路面でも扱いやすい部類ではないか?と感じた次第。しかーし風邪を引いて体調が宜しくなく、なかなか塗装が進まない。翌週の月曜日にはまた厚木で前回出来なかった項目を試しつつボディー評価をする補習がしたい。間に合わせなければ…

15253507_1112275205558776_5526869586011174450_n.jpg
エイヤァアッ…0(:3 )~ _('、3」 ∠ )_…間に合った。

けど、目測誤ってライトの中をしくじる。真っ黒。(ノД`)カーボンパターンのバーツーウイングも用意。元々持っていたのが歪んできていたので新調。これを持って今週月曜日厚木レジャランに行き補習してきました。
15170818_1113378348781795_3057416590882305116_n.jpg

まずはデフ。ぶつかり稽古ではFスプールRギヤデフ#2000の1g固定でした。リヤをボールデフに変えて戻してをして使い比べてみたら、ボールデフの方が平均してトラクションが得られる感じ。ギヤデフはスロットルオフ時にスッとトラクションが抜ける素振りを欲しい時に出せたなら、コンパクトな旋回を生み出せて鋭角に曲がって真っ直ぐ加速に繋げやすいものの、任意に出せないお手手では安定感に欠けます。ここは安定感に勝るボールデフがいい感じ。番手を上げて#3000の1.5gも試してみましたが傾向は変わらない為ボールデフで行く事にしました。

フロントスプールはフロントイン側を引っ掛けて曲がるまでの若干の曲がり待ち(突っ込み過ぎが直せない…('A`))と、どんどんフロントが温まってくる事でリヤが振り回され気味になる点が気になります。前が掻いてくれるので加速も良いし、ボールデフのちょっと弱いところを補ってくれる事も捨てられないが、糸くずマキマキボンバー路面では序盤以外は厳しい挙動になってしまいがちな気がしていたのでデフを検討していました。

なるべくスプールよりのデフという意識はあったので50万番1gギヤデフを組んでおきました。弘前のストッククラスの経験上、フロントデフが効くと頭の入りが良くなって、かえって難しい挙動になっていた記憶がありました。ハイグリップタイヤの成せる業で、チャレタイヤではそこまでの挙動にならないだろうなと妄想してましたが、もし同じ傾向が出るならCハブを6度に変えたりして動き出しの感覚を修正していくつもりでした。

取り換えて走ってみると、想像よりも普通に走る。スプールのキレはなく、全てのコーナーが丸くなる。足回りの調整は不要だったみたいです。少しダルめの隙だらけコーナリングながら挙動変化が少ない。終盤に向けてアンダーが出てくるものの、徐々に巻き始める路面なら丁度良く反応してるかもしれないと思えました。このアンダーは車回収後にフロントデフがスカスカになってた事で納得。封入量が足りない為どんどん柔らかくなってしまったみたいです。ここは封入量で挙動変化が調整出来るとも考えられるので、スプール寄りなら増量。より安定ならそのままかな?と考えました。50万番を持ち込んでいなかったので封入量増減は試せませんでしたが、大体把握できたのは収穫でした。クライマックス路面が昨年同様に糸くず付着でグリップがどんどん下がる傾向ならばこのギヤデフは使えそうです。補習している厚木の路面みたいに糸くずが付かずグリップ状況が良好な場合は攻めのスプールを使おうと思います。

その後、ロールの違和感やダンパーのバランスで気持ち悪かった感じを減らすべく色々変更していき、ざっとこんな感じかな?というところまで調整。またFデフをスプールやギヤデフを交互に使い、デフ変更のみの変化を見ておいたりしました。ここからボディー評価です。ここまでのセット出しはライキリで行っていました。ウイングはバーツーラウンドからアルファに。これはリヤボールデフで変更可能となりました。ギヤデフでアルファはちょっとリヤルーズ。

15283991_1113541128765517_7803810001091037749_n.jpg

NSX+BRZウングで走り始めます。ちょっと腰高に見えるボディですが、そんなにロールする程のものでもない。安定感はあるけど抑えが強烈という訳でもない。あまり動かないボディーな気がします。速度域で露骨にアンダーとオーバーが出るので分かり易い挙動ではあります。薄いBRZウイングでも十分効いているのでこれ以上必要ない感じ。
続いてカーペット本命と思われる599XXを。これは確かに抑えもあって安定しているが、なんか欲しい時に曲がって欲しい時に踏ん張ってくれない。ちょっとズレを感じる。去年のクライマックス決勝を思い出し、動画を見て、いきなり決勝だけ使ったので分からなかったけど、ここでフラ付いてるのはこの違和感も一因だったかもしれないと思う点が見えました。
最後に458チャレンジ。これが…これがビックリする位良く走る。弘前では車体との兼ね合いもあったのか、リヤ振り回すイメージだったのですが、今使ってみるとそんな事無くて、理想の動きをしてくれます。安定感も高く、ライキリよりもう一段へばりつく感じです。ウイングもBRZで充分。これで絞り込みが出来ました。本命458で、458がどすこいして辛くなったらライキリかな?という感じ。

そんな感じで補習終了…。もうボロボロで新調したいんだが間に合うか?と思いながら、月曜休日の下九沢は諦めて古淵のお店に行き458購入。ドタバタと塗る。
15171069_1116923358427294_280348102239841260_n.jpg
…目に優しくないステルシーな色調ながらとりあえず間に合わせる。…('A`)青が裏打ちで潰れてしもうた。もう少し青らしい青にするつもりだったんだが…。

補習後のメンテもし、バッテリー慣らしも終えました。荷物の準備も完了。夜には詰め込んで出発準備です。そんなドタバタと風邪を引きずってのタミチャレクライマックスは明日と明後日開催。今年の路面はどうなんだろう?と戦々恐々といている反面、昨年よりも一つでも上にを目標に頑張りたい。

会場でお会いする皆様、宜しくお願いします。ヽ(`Д´)ノ午後はオイル交換して遠征準備してきやっす。

2016/12/02 Fri. 11:22 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △