スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

タミグラ宮城大会 道中編 

10455221_782788958507404_6927147502349819654_n.jpg

今回の宮城往復総走行距離はこのくらいでした。往路は八王子~仙台市内まで。復路は仙台市内~女川経由~八王子なので、各市街地徘徊で10キロ程引いて、往路400キロ、復路500キロ程でした。アベレージ15キロは出したかったなぁ。('A`)

今回は、東北道まで中央道~首都高経由東北道というルートは距離は少ないけど流れが良くない為、金曜夕方通過は避けたいと考え、遠回りになりますが他に知っていた圏央道から外環に抜けるか北関東道経由して東北道に入るルートを考えていました。
 ただ、調べてみたら現時点での圏央道終点?始発?の桶川北本まで行って、圏央道未開通区間を桶川市内の一般道を通り、首都圏中央連絡自動車道(白岡菖蒲~久喜白岡)を通り東北道に入るのもあるのかと分かり、Facebookのお友達の方からも混雑少ないですよと推奨された事もあり、今回はこのルートで行く事にしました。


ナビはその辺の融通が利かなくて、中継地点を細かく指定しないとそのルート選択をしてくれないのでぐぐるまっぷで移動。ナビには目的地までの最短ルートを入れておき、ぐぐるまっぷと喧嘩させることにしました。( ´・ω・`)

ここの出口で降りて~。…(:3」 ∠ )_ガン無視
ここでUターンして~。…(:3」 ∠ )_ガン無視

ペコンペコン鳴り響くリルートアラート。…(:3」 ∠ )_ごめんね。ガン無視。

粛々と案内するぐぐるさん。しかしぐぐるさん。地元民ルート案内が過ぎます。ほっそーい住宅地抜けるとかよくわからんのです。多少逆らいつつ、目的の入り口に向かう案内看板見つけて大通りを選びつつ走行。日も落ちて真っ暗。雨降って視界も良くなく、正直周囲の状況はよく分からんまま走ってましたが、一般道も空いていてすこぶる順調。
 首都圏中央連絡自動車道の白岡菖蒲から再び高速へ。ここは凄く短い区間。久喜白岡から東北道に入り、そこから仙台めがけて北上しました。まっとうなルートより若干遠回りながら、渋滞や合流が繰り返されるルートに比べたらストレスないし、どっちを通っても大体同じ時間か少し早くその地点に来れたと思うので
今回のルート選択は正解だったと思います。

ここでようやくナビが泣き止む。( ´・ω・`)

帰りは仙台市内から三陸道を通り石巻~女川へ。おかせいさんは大盛況じゃった。海鮮丼旨かった。たまらんね。生魚が得意とは言えない私がぺろりと食べられる。教えてくれたUMA氏に感謝の他ない。女川に初めて行ったのが去年の6月。1年経過して震災跡は解体が進んで更地化で片付いたり、草木で覆われたり等、少し目立たなくなってきたかな。ただ、やっぱり人々の営みがぷっつり途絶えた違和感はそのままだ。重機が働く音が聞こえ、穏やかに時間が流れているのだけどね。

また来ます。おかせいさんも楽しみたいが、しぇんろんさんにも行きたい食道楽夫婦。( ´∀`)人(´∀` )

おかせいさんから自宅へ帰宅するべくナビとぐぐるさんに道案内を聞いてみると、双方一致で太平洋側沿って、常磐道に出て首都高~中央道経由でのルートが一番近いと出ました。をを…そこ通れたんだっけ?と思いつつ。
ただ、YTBの先の首都高は混むだろうし、その中での合流やら車線変更とかしんどいだろうなと考え、仙台南部道路から東北道に入って往路と同じで帰る事にしました。
途中、流れ上右車線にとどまる恰好になっていたのですが背後から迫ってくる赤くて低い車がバックミラーに移りまして、そそくさと左車線に移動して抜いていく御姿をガン見しまくる。フェラーリ458でした。かっちょいいね~。´ω`)ノ

淡々と速くて気付けば視界から消えていましたが、那須高原SAで発見。眼福眼福。

ところどころ雨が強く、あるところでは車体右側がガリッガリになって路肩に停車しているセダンが居たり等、状況はあまり良くなままでしたが、どうにか無事に雨雲が伸びている部分を抜けて羽生付近まで。ここからは往路と同じルートに入ります。

ナビのデータ更新後、航跡がすぐ消えてしまうようになり(設定はいじってないのだが…。)航跡を追えない為、久喜白岡~桶川市内~桶川北本まではぐぐるさんに案内させましたが、渋滞回避なのかまた地元民ルート過ぎて不安になる道案内。せ、狭いんだって…見通しの悪い交差点も多いし…(ノД`)途中、見覚えのある大型施設前の大通りに出て、行きのルートに戻ったかな?と思ったらまた地元民ルート…。しかし、ぽんと高速入り口前には出たよ…。

そこからは順調。最寄り出口のあきる野ICまですいすいでした。ただの土日だから快適だったのかもしれません。大型連休が重なるとここも酷い事になるのかもしれませんが、東北道に抜けるなら奥様と一致でここが一番快適だと思いました。


これも顔本に投稿したネタに加筆修正したものです。現在、内職を結構抱えてあばば中なので、またしばらく大人しくなると思います。('A`)が、がんがります、お待たせしている皆様、今しばらくお待ちください。
スポンサーサイト

2015/06/29 Mon. 08:53 [edit]

Category: 色々

TB: 0  /  CM: 2

top △

タミグラ宮城大会に参加してきました。 

20日の土曜日のみ参加でしたが、タミグラ宮城大会に参加してきました。リザルトはタミヤのレースリポートで見れちゃうので割愛。
顔本に項目別にまとめていたのを全部コピペしたのが以下の内容になります。

4WDバギー

初走行だった赤レンガ以降、よく見てみたら左右でアッパーアームの高さ違ったりアッカーマンが違っていたり、滅茶苦茶だったのが判明。そりゃ、なんか変ですよ。左右の曲りが少し違うのはレイアウトの影響か?なんて思っていましたが勘違いでした。
 前の持ち主はとりあえず形が維持出来ていればよかったらしい。('A`)私も掃除くらいまでしか心が行き届かなかったから駄目ですな。赤レンガ、タイヤがKとは知らず、Cでどこでも走るんだろうとCしか持っていなかったのも悪かった。今回はCとK両方よういしました。Kの出番はありませんでした。('A`)


赤レンガ以降、前後デフをばらして組み直し。ゴロゴロ言っていて作動が宜しくない状態だったためデフボールを新品と入れ替え。超スムーズ。全然違うな。フロントは重めにする為スラストをAWグリスみっちみちにしてベアリングをメタルに変更。ぎっちり締めて重めのデフにしてみました。リヤがスムーズになってスカスカになりましたが、フロントは少し重く作動してます。

足回りのジオメトリーが滅茶苦茶だったのを直し、ほぼ説明書のとおりに。ダンパーは赤レンガから触らず角度のみ変更。フロントのトーアウト増し。これが意外と悪くなくて、赤レンガの曲がらない・巻きそうになるっていう挙動が嘘のように普通。

良いとは言い切れない。普通な感じ。というのが朝練の印象でした。路面グリップが良くない場所でしたが、足が良く動いてくれている感じでした。

予選1回目はなんとTOPゴール。総合暫定4位の快挙。モーターチェックが入りました。ここで不安が。時間ある時にkvチェックしていなかった10.5Tだったのです。ヨコモチェッカー調べで合わせてあるだけで、結構進角付けた状態になっていたもの。もしかしたらkvオーバーで抹消来るかも。と不安を抱えながらのチェックが始まります。

ギュイイイイイ…('A`)ドキドキ

…3670

('A`)?あれ?…(*´Д`)/ヽァ/ヽァ、良かったよかった。無事に通過できました。おっかないのでモーターは触らず。っていうかバギーは充電して走らせるだけでした。

予選2回目は序盤でミスがあり上位は望めない為、コース攻略の練習としました。1コーナー直後のナナメ配置2連ジャンプ。減速進入でポタポタとリズミカルに落とす走らせ方で問題はありませんでしたが、コースマーシャルしていた際に見えていたM賀選手の走りが凄くて、その2連を一気に飛び越えてました。かっちょいい。そして速い。自分は出来るだろうか?と、同じことをしてみようと思った次第。

…結果惨敗。コケるコケる。狙ってはダメでしたな。アッパーアーム外れて脱臼したままヘロヘロゴールでタイム無し。それでも1回目のタイムが良くて4位のまま予選終了。

…これでなぁ…弘前に住んでいたならAメイン走れていたんだがなぁ。…八王子市民という、代表権対象者居住地域枠外(東北6県が今回は対象)の外人枠となった為、予選4位の成績に個人のポイントは着いたのですがAメインは走れず繰り下げとなり、Bメインの3番から決勝スタートとなります。私の前には二人います。そう、予選4位ですが上二人が外人枠と代表権獲得の意思のないAメイン参加辞退者なんです。東北人のままだったなら、決勝2番グリッドから走れたんだがなぁ。(ノД`)でもPPがCHOさんだったから勝ち目は無かったか。

決勝はスタート失敗で、後方にのまれてかなり下げたんですが、どーにかこーにかリカバリーして順位を戻したものの時間が足りなくて5位が精一杯。二つ下げて終わってしまいました。

車の状態が悪くないのが判明したのが明るい材料。より馴染むようになれば、もう少し皆様に構ってもらえそう。後は重いのを何とかしたい…1650g越えてるんです…(ノД`)何も足してないのに。150gとかどうやって減らせば…


ミニクラス。

路面が元々喰わない感じなのに埃っぽいというコンディション。塗装されたアスファルト部分は更に滑る状況で、妄想持ち込みせセットでは曲がらなくて苦しむ。走行台数が増えて掃除が進み、路面状況が改善されるのを祈るしかありませんでしたが、それもたいした改善にはならないまま走る事に。

曲がらないので曲り待ちが多くて握れない。タイムも伸びてこない。曲げたい。デュアルレートを70%まで絞っていたのを86%位まで戻して舵角を増やしたり、フロント寝かせたりしましたが改善ならず。ミスもあって更新が出来ず、1回目暫定7番手がギリBメインに引っ掛かるくらいまで順位を落とす。しかし、繰り上げが多くてBメイン3番グリッドからスタートに。


ミニももみくちゃにされて下位に落ちてから上がる展開でした。上げきれずに6位でゴール。電光掲示板復活まであと1秒少々及びませんでした。

Ver.2以前のミニのセットに近かったんですが、まだ甘いらしい。帰宅してからああしてみよう、こうしてみようが思い立つ。次回の岩手大会に向けてやり直しだ。

GT-TRF編

レース前の週にS.W PALさんにて走り込みをした際に、高温域でガムデフが緩くなってしまい感触が変になったのを踏まえてワンウェイを購入してピン挿しロックでスプールに。GP-Aでは対処できない路面状況を想定して久々にB3を購入。Cも含めて3種類タイヤは用意しました。セットは変えずメンテのみ。

開場の路面はミニの練習で食わないと分かったのでタイヤで悩む。こんな感じだと赤レンガと一緒でC使える?と思ったものの、大半の方はCは無いだろ~。という意見だったので練習はB3新品1発目で行く事に。アンダーを懸念してボディーは458に。


練習は走らなくはないが曲がらないしフラつく。これでも新品タイヤの恩恵で済んでいた事に予選1回目で思い知らされる。

新品の一撃を失った状態は面白いほどアンダーマッキー。フロント軸にリヤがすっ飛び、全体がすっ飛んでいきよる…。(ノД`)留めるので精一杯。他人より1周足りない。暫定順位も下から数えた方が早いくらいだ。ここで開き直る。曲がらない感じを曲げようとしてフロント軸みたいな動きでリヤ振り回してしまうのだから、曲がるようにしてしまえばいい。

ピンを抜いてフロントはワンウェイにしてみようか?阿部さんともそんな話をしてしまったので開き直る事にした。空き時間でスプールからワンウェイに、リヤはギヤデフだった為安定感に欠けると踏んで、RRブラケットを1D→1Fにしてリヤトー4度へ。ちょっと微調整をして、タイヤはGP-Aがいいと聞きGP-A新品へ。ボディーも勝手知ったるNSX-GTへ。変化加えすぎたのでどう動くか分からん。こうなりゃやけっぱちじゃい。な感じ。

そして始まった予選2回目。動き出しで分かった。

いい!!( ノ゚Д゚)さっきよりは格段にいいじゃん。

ワンウェイ曲がるしスルスル前に出るし、違和感ない。ちょっとスロットルの操作が雑なのが反映される感じでリヤが時々不安定だけど、抑え込めなくはない。快適快適。

…ただ、もみ合いはやっぱり弱いな。('A`)先行逃げ切りか、空いたスペースがないと辛い。ちょっとしたミスも重なりタイム的には良いものではありませんでしたが、1回目よりも1周追加してるのでマシになったんだと思います。

降雨の後晴れて路面が乾いてから始まった決勝。Cメイン2番グリッドからスタートでしたが、PPの方が帰宅してしまったのか不参加という事で実質先頭スタートに。

無難に1コーナーに突っ込んだつもりが大アンダー…。(∩゚д゚)ミニ四駆みたいに外壁に沿って走ってしまいます。インがら空き。一瞬前に出られてしまいますが、リカバーして再び先頭に。ちょっとタイヤが落ち着いたら予選の走りそのままが戻って来て快調に周回を重ね、2位以下に4秒以上差が付く状態。そのまま逃げ切ってTOPゴール。

一番厳しくてバタ付いた感のあるTRFクラスでしたが、開き直ったなりの収穫もあり、結果成績は上位陣に遠く及ばなかったものの、充実していた気がします。まだ色々やる事ありますなぁ。走行機会が減っているので、その機会を大事に使ってかないといけませんなぁ。


とまぁ、こんな感じで。次回は余談諸々なんぞ。

2015/06/23 Tue. 22:28 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

タミグラ宮城大会前日 

10262112_780545272065106_6776684872774016345_n.jpg

荷物は集約して少なくしてみました。しかし、12V親電源持ち込み禁止の会場となった為、電源確保が問題になりました。ま、会場持ち込みが禁止なのだけで車内に待機させて車内で充電は問題ないので親電源も準備しました。満充電保管してましたが、去年の岩手大会参加以降出番なかったので1年近く放置してましたから、流石にちょっと抜けていた模様。('A`)

赤レンガも同様に持ち込みが出来ない会場で、その際の電源は7.2vパックバッテリー2本を直列にして代用。ミニカテゴリーが無かったので1600SPを6本持ち込み、Li-Feを2クラス4本を繰り返し充電させましたが、1組では間に合わず2組目を少し余裕がある位まで使いきった位で終えました。
 今回はミニもあるので4本は走行に割り振る為、1組しか用意できません。それでLi-Feを同じ様に2クラス分4本を繰り返し充電し、ミニの1600SPも追い充しなくてはなりません。とてもじゃないが割り振れる1600SPの1組だけでは間に合わない。弘前から転居する前に角Li-Fe処分したのが悔やまれるなぁ。3500mAHくらいの容量で2組作れたのに。(ノД`)泣いても仕方ないので相模原に行って、安い高容量スポーツパックバッテリーで間に合わそうと考えました。

チャンプ相模原さんでY社のNi-MH3900スポーツパックが安売りしていたので2本購入。LF2200一本より安い…。公証容量よりも入るし。Li-Feは2分走行で400mAH消費するかどうか?くらいだとして、追い充含め6回あるとして2400くらい。1600SP3本は500mAH位残して充電済みなので1500として3900…。ほぼギリギリ1組で賄えるような気もしますが、電圧降下もしちゃうでしょうから途中交換して丁度使い切る感じですかね?様子を見てみましょう。今のところ、遊びに行く範囲でこういった電源持ち込み禁止なのは赤レンガと宮城の2会場。五反田は充電器すら持ち込めないし。('A`)今年こそは車で会場傍まで行って施設外に出て充電かなぁ。('A`)


そんな訳でレース前の起こし作業なんぞ。
1899925_781004248685875_8842511469176607359_n.jpg

Duoならでは?のスプリット表示。両方の情報が1画面で見る事が出来ます。切り替えや呼び出しが不要なので楽ですね。
11406894_781004265352540_4365243642410929369_n.jpg

アドバンテージはNi-Cd充電に時間がかかります。隣の206B+と時間差1分程度で充電を始めましたが、結構な差が付いてしまいます。
10422261_781015442018089_4320504366686244248_n.jpg

300mAHくらい開きが出ます。原因はこのグラフ。
11401131_781015455351421_4111777483648846407_n.jpg
充電は3Aで行っていますが、充電と休止を繰り返しています。何かを検知しているのかプログラムされたリズムなのかわかりませんが、このモードである為休止分間延びしているようなのです。これは充電モードを選択したからこうなっている訳ではなく一択なんです。なので、時間がかかるのを踏まえて用意する必要がある模様。

Li-Feも1時間近くかけてますね。バランス監視をONにすると、このギャップ表示が無くなるまで細かくバランスを整えようとするみたいです。表示の容量に至るには早かったんですが、残りのバランス取りでたっぷり時間がかかっていました。
11351255_781028712016762_2160030303366502525_n.jpg

グラフ表示を見ると一目瞭然な感じですね。
11219032_781028725350094_2025620314807622781_n.jpg
バランス監視OFFで対処は出来るようです。

時間をかけて充電する傾向が見られるアドバンテージ。これを書いている時には既に荷物を車内へ運び込んでしまっているので触れないのですが、オリオンには充電時間改善がされたフアームがあるんですよね。私の充電器のバージョン次第ではそれで改善するかもしれない。でも、既にそれよりも新しいファームだった場合は、以前のファームはどんだけ遅かったんだ?ってな事になりそうですね。
ニッケル電池のデルタピークや最終電圧調整を攻め切っていないので今後突き詰めていかないといけませんが、時間をかけちゃう以外は好印象。操作簡単。いい機種だと思います。

夕方奥様が帰宅して、準備が整い次第仙台へ向かいます。会場でお会いする皆様、どうぞお手柔らかによろしくおねがいします。´ω`)ノ

2015/06/19 Fri. 14:41 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

課題がありまくり。 

20150616092531fab.jpg
2015061609260721a.jpg

土曜日にお殿様からのお誘いでSpeed Way PALさんにお邪魔してきました。感じとしてはNRCにかなり近くて懐かしい感じ。グリップコースの規模もほぼ近いくらい。奥行がストレート3/4狭い位か?ってな塩梅。グリップ剤もありな路面らしいですが、当日は埃っぽくて春先のNRC路面に近い感じでしたが気温は30度近くあるので高い。そんな感じでございました。アスファルト路面の走り込みをするならここはとても良い感じです。自宅から60キロ位あるのですが、これでも近い方じゃないかと…('A`)あとは厚木のレジャランに行ってみたいがそれはまた後ほど。

タミグラ宮城も近いです。会場は屋外アスファルト路面。近いしいつもりで走り込みをしてみます。

ミニはおりからの高温でガム詰めたデフがユルユル。ちょっと雰囲気が宜しくない。案の定、後日モナカ割ってみたら、交換したばかりのベアリングがラバーコート状態…。(ノД`)そして、前後ピロサスピン位置を使ったダンパーセットとXVバネ活用という課題をこなしてみたのですが、どうも芳しくない。まずリヤの跳ねが酷い。タイヤのエッジ引っ掛けてると思い、屋内カーペットセットからリヤアッパーが短くなるが説明書通りに戻っただけ。これで旋回開始からトコトコリヤが跳ねる状態は緩和したものの、後半にかけては多少跳ねる状態。バネを柔らかくしてみたりするものの改善するほどでもない。
 フロントは個人的にはそこそこイケてる感じはしたが、お殿様に使ってもらった感じでは動き出しが鈍いという感想。確かにそうなんだがカーペット背負い投げ恐怖症なのか、以前は好き好んでいた前が良く動く状態が何となく怖くて戻せないのかもしれない。

帰宅してから考えて、色々戻す事にする。ダンパーはピロサスピンを使うならロングケース+ミニ用シャフトが使えると感じそうしてきたのだが、どうも硬く出てしまうらしいので、とりあえず馴染みのある通常位置に戻す事にする。これによってロングケースが使えなくなるのでショートケースに戻す。ver.2以前はダンパー長でリバウンド調整してましたが、ツイック装備したver.2はそれが不要。しかし、以前行っていたダンパー長でリバウンドをどのくらいに設定していたかを知りたくて、ダンパー長測りながらリバウンドを見てみたら、前後共にかなり詰めていたらしい。これも以前に近い方向へ戻す事に。結果、旧05の最終セットに近い状態に戻る。XVバネはリヤのみ使えそう。フロントもM用ビッグボア投入するとバネが収まる気がするが、そこにはちょっと手が出ない…ぐぬぬ。

前述していたガムギヤデフは夏場は使えないと判断し、ネリケシギヤデフ作るかボールデフだなと考えTA03ボールデフに。スラストをAWにしてもちゃつかせ、ぎっちり締めこんでおく。デフの作動はスムーズだが、タイヤ持って回すとモーター軸が回る寸前でデフも作動するいい感じは出せたので様子見。後ほど駐車場でトリム調整しつつ様子見してみる次第。


TRF参加のTB04は外で使えるタイヤがGPAしかなくて、更に温度高すぎてレンジから外れてグリップうっすーい状況でのセットだしとなりまして。(ノД`)それでも変化は感じられるレベルではあったのが助かりました。結果駄目の駄目駄目でレースにならんという状態。
今季のTRFは以前のCL2相当のスピードくらいかな?という感じなので、ストレートで余裕はあるけど細かな切り返しなどでスムーズさに欠けると一気にタイムが落ちる感じ。意外に難しい。こちらもミニ同様に高温の影響を受けてガム詰めたギヤデフがユルユル。事前に詰めて重さ増しておいてもこの状態。ぬるっと頭が入る感じがどうしても消えない為、そういう具合の悪さも抑えるべく、他の箇所をしっかりさせねばと色々試しますが、中々上手くいかない。まータイヤが喰わないので押しつけ足気味に改悪していく様な状態。赤レンガの時はスピードが違うとはいえここまでではなかった…。(ノД`)それでもなんとかかんとか感じのいい変更は取り入れ。フロントスタビがS→Mに。グキッした旋回初期の反応を丸くするのにギングピンピロの高さ上げたり等等。走り始めよりはマシにはなりました。タイヤがメロメロになっている割には落ち幅が少ないから成果は出たけど、このままをレースに持ち込むのは厳しいだろうなというのが正直な感想。

家に帰ってからこちらも色々。フロントはガムギヤデフからスプールに。ワンウェイユニットにピン挿してロックしたものですが。スプールとワンウェイ別ユニットで揃える余裕はないので…。これで安定感が増せばしめたもの。という事で。リバウンドとダンパーをやり直して家の前でさらっと走らせた感じでは悪くない感じ。家の前はアスファルトでもかなりガタついているのであまり参考にはなりません。会場に持ち込んだぶっつけ本番でどう動くかですねねぇ。(:3」 ∠ )_

週間予報では20度前後の快適な状況。曇りで降水確率40%という表示。まだ変わりそうな気配ぷんぷんなので、好転側に転がってくれるといいですね。さて、タイヤ張るか・・・。

2015/06/16 Tue. 10:25 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

タミグラシーズンに向けて。チャージャー編。 

11406906_773520312767602_4795942174677852918_n.jpg

枯れているからなぁ。…しかし、なぜそれがバレた?(ノД`)

そんな感じで。アドバンテージAC可動させる為に、京商カスタマーにアドバンデージAC/DC(1系統)のACコンセントケーブルのみ取り寄せ可能か確認したらOKでしたので手配。程なく到着して日本のコンセントが使えるようになりました。アダプターかませるよりは見た目もいいですし。( ´・ω・`)

アドバンテージのON/OFFは基本コンセントからの抜き差しや、安定化電源からの抜き差しのみ。スイッチは無い模様。国内未投入のDuoですが、言語セレクトには日本語もちゃんとあります。勿体無いねぇ。で、日本語を選択。項目は非常に見やすく、CH切り替えも簡単、文字データだけなら画面を縦割りにして両方の状況を表示する事も可能。ヨコモの充電器は慣れたら何とかなるのですが、変えたい項目を呼び出すのに少し手間が。アドバンテージの方が直観的です。

リチウム系の電池に関しては最近の充電器ですので然程差異は無く充電出来るだろうと踏んでましたが、問題はNi-Cd電池の充電。以前所持していたアドバンテージProはタミヤ1600SPをことごとく弾き、まともに充電出来ない程センシティブというか、マージンを取った感じで充電されていました。その為、Ni-Cdにぐいぐいぶち込める充電器を別に用意する事にもなりましたし、押入れの奥底から古いNi-Cdしか対応していないオリオンの充電器を引っ張り出す事もしました。

アドバンテージの系譜故、この機種でもそれが引き継がれてしまうとなると、せっかくの2系統を無駄にしてしまいます。不安入り混じる中、作動確認ついでに充電してみる事にしました。

CH1はLi-Fe専用としてセット。充電開始してパラメーター項目を表示させるとこんな感じ。
11110500_773259092793724_3915854487497698055_n.jpg

充電モードの選択は無くお任せ。最終電圧設定と、バランス監視有無が選択可能。バランス監視にしている為、揃うまで律儀に時間をかける為、比較的充電時間が長めになる印象。監視を切ると若干早まる気がします。

CH2にNi-Cdを設定。まずはデフォルトで充電。

即弾く…(゚д゚ )まぢか…やはり系譜なのか。

ここで諦めずにアドバンスドモードという、素人はあまり触るなという警告のあとに表示される細かな設定画面を呼び出し、そこで変更出来るものを色々変えてみます。デルタピークは設定上限まで上げてみます。これで簡単には弾かれないはず。もう一つは最終電圧調整という見慣れない項目。バッテリーが何ボルトまで上がったらそこで頭打ちね。という調整項目。リチウム電池みたいですね。ここも基本設定から相当上げられる。このデルタピークと最終電圧調整を変える事で、簡単に弾かない様に出来るのでは?と考え数値を変えてみます。より追い込む方向です。

11390306_773259076127059_545470452354945221_n.jpg

Ni-Cd充電中のグラフ表示。充電方式の選択は無い模様。細かな折れ線ですが、何かを検知しながら休止を入れつつ充電する為折れ線状になってしまうみたいです。リニアではないのですね。こういったのが影響するのか、出来上がりに時間がかかる傾向が見られます。1600SPで50分近くかかってます。
 デルタピークと最終電圧調整を変更した影響で弾く事は無くなったものの、かなり無理させるのかバッテリーがチンチンに暑くなります。やり過ぎてるみたいなので、最終電圧調整の項目を下げて様子を見ると、熱めで仕上がる感じに。デルタピークも少し戻します。これでAL206B+で充電していた頃に得られていた数値に近い状態で仕上がるようになりました。温度管理も入れた方が賢明と感じ、オリオン純正ではなくGフォース製ですがほぼ同等品の温度センサーを購入して装着。温度検知も出来るようになり、程々のいい感じで充電出来るようになりました。

充電終了後の仕上がりデータ表示も分かり易く、以前調べて分けていた予選1と2、決勝用の選別が間違っていないことが再度確認出来ました。しかし、買って間もない方の新しい3本のうち2本で6セル中1セルが明らかに劣化している状況。抵抗値が桁違い。(ノД`)電圧も低いし。練習用としても微妙だよ…。新しいのに…ハズレ引いたなぁ。

そんな感じで。必要最低限使いこなすまでの慣れも必要なく、サクサク触れるアドバンテージ。初期モデルから考えるとそこそこ年数経過して目新しさはないかもしれませんが、個人的には非常に気に入りました。現在国内で流通しているのは1系統AC/DCのタイプとDCのみ1系統とスペックを上げたDCの上位機種の3種。図体が大きい為これで1系統は厳しいと思いますが、超無難な機種としてお勧めでございます。

yahoo-ac-0603-1.jpg

今迄ありがとう。オクに放流したら買い手が付いて下さいまして、本日新しい持ち主の元へと旅立っていきました。

一緒にほうりゅうしたレプターさんは不調だった。あまりにもニッチ過ぎたか…。('A`)

2015/06/09 Tue. 00:57 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。