スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

タミグラin横浜赤レンガ倉庫に参加してきました。その2 

続きという事で、まずは4WDバギー予選。

…('A`)曲がらん…。アンダーからのリヤすっこ抜けで非常に走りにくい。何をしていいかわからない。とりあえず、リヤがぐにゃぐにゃし過ぎていると感じたので、予選2回目までにリヤダンパー一段立てる事に。DB01使いの方が、掛川のまま持ってきちゃって、ワンウェイじゃなくてデフなんだよ…('A`)と、嘆いておられた。DB02は…ワンウェイがないんですがどヴずればいいんでしょうか・・・?
揺るがぬ23番手ポジション('A`)

1回目暫定順位。2回目はダンパー立てが良い方向に行って動きはマシだが結構やらかす。(つд⊂)それでも7周2分3秒台には更新しました。しかし、周囲の上げ幅が変わらず予選2回目終了時点でも23番手のまま終了。…10台切りだとCメインか。いや、雨で進行遅れてるからAとBだけかもしれん…。と、悲観していたら10台切りではなかったようで、Bメイン11番手で決勝出走となりました。

決勝。スタート前にグリッド見たら、レオニスはオラだけらしい。(つд⊂)寂しい…。頑張りますよ。うう。そんな感じでスタート。バギーらしくワチャワチャどんちゃん騒ぎの後、収束した頃にはグリッドよりは上だけど、上位にはラップされる悲壮感。後半はあまり絡めないまま淡々と走ってゴール。電光掲示板にはゼッケン番号の表示なし。何位だったんだろうね?と、最終結果貼り出しまでよくわかりませんでした。
レオニスではTOPだっただけ…
7位で終わってました。4つ上げてたらしい。準備不足とよりによっての車種セレクトで、今後は前途多難な感じになりますが、出来る範囲で頑張ってみようと思います。飛んで跳ねて面白かったです。


GTツーリングですが、今回の結果は正直おかしいです。屋外・屋内に関わらずコンディション変化の影響を受けてラップタイムが変化する事はよくありますが、全体的に上がる・下がるという経験なら然程珍しくは思いません。しかし、今回はヒート前半と後半とで、タイム差がものすごく違いました。考えられる事としては、路面乾燥後にホコリが出て来きてコースコンディションは少し埃っぽい感じはありました。
その状況で進行順としてバギーとラリーが走ります。恐らくですが、浅いインターロッキングの溝にあるホコリをピンが掻き出していたのではないかと。なので、路面掃除の意味合いをなしていないまま今度は初心者クラスです。レコードライン以外を蛇行して走る事も多々あるので、多少ラインの外に追いやっていたであろう埃をライン上に撒いてしまっていた可能性は否定出来ません。その後に迎えるGTツーリングクラス。路面は完全にグリーンです。1ヒート目、2ヒート目は正直掃除役みたいになっていたと思われます。
それに加えて、曇りがちで少し肌寒い状況下で、ヒート後半だけ急に日差しが回復して路面温度が少し上がる。等という神の采配もありました。それを如実に表しているのが1回目の暫定結果です。

異様過ぎて怖い

…何かの誤植かと思いましたよ。なぜ自分がこのポジションなのか自分が理解出来ていませんでした。ゼッケンの項目を見て頂けるとわかるのですが、200番台に近いゼッケンほど上位に固まる傾向がわかります。その中でも1組目に組まれたお殿様が上位に居るのは脅威です。しかも、後列スタート故、追い抜き中に絡まれて3秒位失っているのでノーミスで7~8秒台は見えていました。私も結構やらかしたんですが、終わってみれば先行してしまった感じです。

実感わかないもう一つの理由が、予選上位を占めるツワモノの方々が同じヒートだった為、ヒート4位か5位という位置にしか入れなかった事。Aメインは各ヒート上位2名くらいの面子で構成されていく様な気がしてしまうので、このへんのポジションではとてもAメインには入れないと思いながらの走行なんですが、終わってみたらこのタイム。失ったタイムはお殿様よりも多いはずの私が先行してしまう位、路面変化が激しいのです。ヒート序盤に組まれていたら、私はもっと下位に沈んでいてもおかしくないです。それほどの恩恵を受けてしまっていました。

このまま路面が良い状況で予選が進めばよいのですが、進行上、またラリー、バギーカテゴリーから始まってしまいます。やはりGTツーリングが始まる頃には路面はグリーンに。全般的にグリップは上がってきてはいたので、恐らくAメインは8周2分5秒近辺ならいけんるんじゃないか?という話でした。

予選2回目でお殿様やカリスマ店員氏が気を吐いて一気にタイム更新。7秒8秒台を出してきます。ただ、ヒート後半になるにつれてヒートごとのアベレージが急に上がり始めて、同じ様なタイムが出始めます。日差しが出て暖かくもなりました。更新出来なければBメインも怪しんじゃないかという状況に追い込まれた私予選2回目は、スタートでちょいミスしてみたり、ところどころのつまづきも重なり、1回目と同じくらいタイム失っているんじゃないかと思いました。かろうじて電光掲示板の一番下に名前がある状況。状況を把握していなかったので、残り時間が少なくなって、もう1周は無理と思えるような感じでラストラップに。勘違いしていた為、1周少ないと思ってました。更新無しだから、これCまで落ちるぞ…(つд⊂)と、半べそでゴール。掲示板にはゼッケン表示はあるけど7周でしょ?と思ったら8周している…?どうゆう事だ??

そんなミスをも帳消しにするどころか、タイム更新までしてしまう路面変化。上位陣は変態レベルのタイムが出てます。私の次が最終ヒートなので、マーシャルしながら掲示板でタイム確認。自分のタイムでどの位置なのかが把握出来ない。A引っ掛かってる?どうなの??と不安のまま予選結果を見に行くとこんな事に。
ゼッケンでよく分かる異常な状況。

ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

なんだこれ?としか言えない。この状況でAメインに残ってしまった…。この結果を見ても分かる通りゼッケン200番台の速さが突出しています。Bを見てもCを見ても200番台近辺の強さが目立ちます。その中で160番台とか170番台で上に居るお殿様やカリスマ店員氏は異端です。彼らはヒート組み合わせでとてつもないハンデを背負わされたようなもんです。後半のヒートに組み込まれていたら何事もなくAメインだったでしょう。今回の私は、この特殊な状況に全面的に助けられてしまいました。

決勝は8番グリッドからスタート。オープニングラップの外周からインフィールドまでの処理がうまくいき、一気に5番手位に収まれそうだったんですが、横で弾かれた車に一瞬前を塞がれて大回りしたらインから数台に先行されてしまい、混乱を使ったところでは2つくらいポジション上げただけにとどまりました。
で、3台ほどで4位集団を形成し、私はその最後尾で前にくっついて行く事に。今回4位で終えた方のペースが凄くて一つ抜け出し始め、私は5位争いに。攻める事は出来たのですが決め手に欠けるまま数周。ストレートでチュッとしてしまう位へばりついてみたものの抜けずに後ろについていたら、前の車がパイロンか何かに引っ掛けてゴロリ。その隙に前に出て5位に上がります。
辛うじて視界に4位のお尻は見えていたんですが、4位の方は2位と3位のバトルに絡むつもりでいるらしくペースが速い速い。そして私は途中バッテリーの電圧が軽くカックンしてしまい、車がガリガリ前に出ていく感じが消えてしまい前を追うのは無理な状況に。ミスらなければポジションキープは可能と判断し、先程パスした6番手の車との間隔保持に注力する事にして無事にレースは終了。
予選より上は嬉しい。

しかし、2分かからずに前に3秒差つけられるって切ないな…('A`)なんなんだあの上位陣の速さはよう…。
そんな感じではあってもグリッドより上でゴール出来た事は嬉しい。励みになります。幸先良く2015年のレース初戦を終える事が出来ました。決勝動画はyoutubeに何人かの方がアップされいますので、キーワード入れて検索してみて下さいまし。|ω・`)ノ

レース後は後片付けして皆様とご挨拶してから会場を後に。ワールドポーターズで奥様と待ち合わせして桜木町から終点八王子まで座って帰る。二人で轟沈。結構体力的にキツい感じだったのか、いまだに引きずりながら生活しております。

年だねぇ。


スポンサーサイト

2015/03/25 Wed. 12:41 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 9

top △

タミグラin横浜赤レンガ倉庫に参加してきました。その1 

3月21・22日開催のタミグラin横浜赤レンガ倉庫の、土曜日のGTツーリングと4WDバギークラスに参加してきました。横浜までの移動をどうしようか色々悩む。早朝4時半移動で高尾から八王子、八王子から横浜線で桜木町か、途中乗り換えで馬車道駅から降りて移動だね。と、思っていたら奥様が馬車道駅そばのホテルの確保。前日の金曜日から移動する事に。奥様の帰宅後準備して出発。

yokohama.jpg

横浜到着は21時頃。チェックインして荷物を部屋に置いてお散歩。相変わらずいい景色だ。´ω`)ノランドマークに入っている喜助さんで牛ベロディナー。旨し。お互いヘトヘトでしたので、あまりぶらつかずにホテルに戻り就寝。

翌朝、起きてみると雨模様。(つд⊂)走る車のワイパーが動いていないので降り止んだくらいの感じながらしっかりウェット。今日はレース出来るんだろうか?そう思いながら私だけ支度を済ませホテルを出ます。雨は降って無いけど寒くてどんより。念の為ビニル傘買って雨対策。馬車道駅出口にてお殿様とカリスマ店員氏の御二方と待ち合わせ。後ろついていって会場の赤レンガ倉庫前に向かいます。結構遠くからでも確認出来るいつもの設営テントが見えますね。迷いようが無い感じ。

皆様のところにスペース貰って用意しました。
お殿様の隣でじべたりあんしてました。
UMA氏やアラ選手とも久々にレースをご一緒する事になりました。
久々にご一緒させて頂きました。

路面は塗れたままで拭き作業をしていたので、少しお手伝いはしたものの、雨粒が落ちてきてしまいます。作業中断して持ち込んだ荷物が濡れないようにして待機。雨粒は以降弱まり、インターロッキング路面の水はけの良さも手伝って、再度乾き始めます。カウントしない練習走行も始まり、路面の水気飛ばし作業が本格化します。

ツーリングカテゴリーは流石に危ないと思い、バギーで2回ほど走り込みました。ちょい濡れの路面で走るレオニスは巻きそうなほかの車をよそにいい塩梅で走ります。ええ、ちょい濡れはね…('A`)これ、乾くと曲がんなくなるなぁ。という暗雲。案の定でしたが…。フロント下げ、キャンバーちょい足しで良くなるかな?と小変更。
 スケジュール押しになりましたが通常の進行が始まります。順番通りここでツーリングも走らせます。事前に聞いて用意していたCタイヤのグリップ感は問題なく、意外とよい感じで走れています。持ち込んだ新しいストレート・ラウンドの両ウイングを一番薄くカットしたものを取り換えながら旋回塩梅を調整するのみで考えていましたので、取り付けていた無難なストレート側のまま予選1回目を走る事に。
 最後の方の練習となったバギーは変更の良さがイマイチよくわからん。乾いたら曲がんないのがより顕著になり、ブレーキで無理やり前下げて曲げてる状況。スムーズっぽさはないなぁ。(つд⊂)あまり良くないので変更したのを元に戻す。ジャンプ台はハイジャンプ2列並べで一気に飛び越えを要求される配置。とりあえず飛ぶし着地も何とかなるけど不安だねぇ。そうじて練習走行時間は終了。

2015032320090587b.jpg

2015032320080054f.jpg

恒例の写真撮影とドライバーズミーティング、コンデレが始まります。

コンデレ頂きました。

同じ色なので、NSX-GTとレオニス両方でコンデレ頂いてしまいました。ありがたやありがたや。代わり映えしないのにありがたや…。

さて、予選が始まります。組み合わせ表が張り出されたのでチェック。バギーは4組あるうちの3組目、ツーリングは7組あるうちの6組目に組み込まれました。対外早い組に組み込まれる事が多いだけに意外でした。

…これが後々あんな事を引き起こす事になろうとは…。

そんな感じで続きはまた次回に。

2015/03/23 Mon. 22:29 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

勝手に因縁めいたものを感じている。その2 

前回からの続きでございます。

サスアームは傷んだり折れたら交換のスタンスだったようで、片側だけハイトラクションタイプとか、リヤアップライトのアッパーアーム固定部分が、折れたネジが取れないからと別な位置で固定し直し、左右でアッパーアーム長が違うとかそんな状態。でも、かなりの数の未使用サスアームとアップライトが入っていた…。('A`)か、変えればいいのに。これは甘えさせてもらおうと新品入れ替え。フロントサスピンは前述通りに見事な反りで使えそうもない。その割には特殊な長さで他の車種からの流用が利かないという品。チタンコートを買う羽目に。ぐぬぬ…('A`)

ロッド類はすべてランスフォードのチタン製に入れ替えられています・・・青く塗ってタミヤ製と偽ろうか…。ありがたいんだがタミグラでは使えない。スチールのハードタイプターンバックルへ入れ替えします。地味な出費。前後アッパーアームは42mm仕様のターンバックルでいけるのですが、ステアロッドは35mm位の長さが指定されていて、アルミかチタンしか選択肢が無い。出費が痛い。で、前の持ち主はどうしていたかというと、ターンバックルは全て同じ長さを使い、ステアロッドのみロッドエンドを5mm程カットして短くし、それに長いターンバックルを合わせる事で対処してました。同じことをすればターンバックルを42mmで統一出来るので、習ってロッドエンドを短く加工し長さを揃えて説明書記載の長さに組んで取り付けました。

リヤにはユニバが。ガタは少ないので洗浄、グリスアップでOKです。フロントはドッグボーン。リヤはダンパーストローク次第では外れる危険性が高まるのでユニバを、フロントは外れる心配が少ないからドッグボーンのままなのかな?と踏んでおりますが、どうなんでしょ?一応ユニバ化はしたいのですが、Wカルダン奢れる余裕はないのでWOユニバを購入して組み付け。十分でしょう。

付属しているのはエアレーションダンパー。ありがたや。しかし、明らかに土の上で戦っていた形跡がある為、内部は汚れているだろうと考え、ロッドガイドやOリング等の消耗品は全て取り換えて組み直し。なぜか上手い具合にエアレーションの揃えが出来て、ほとんど手間にならなかったのは奇跡でした。

サーボはフタバのコアレス仕様のミドルクラスタイプ。スペック的には十分。4PX繋げばサーボの設定も弄れます。アンプは上京前まで現役でタミチャレ車両に搭載していて、とりあえず捨てずに持っておいたもの。コード交換しようとして外装外したら、ケース内で電源スイッチリードの被膜が破れて露出気味になっていたのでつなぎ直しもしました。リードが長すぎて邪魔なので短くしておきました。すっきり。

モーターは新しい10.5Tを搭載します。今年のタミグラのカテゴリー分けの骨子が出ていたのですが、ツーリングカテゴリーは中間クラスを廃止し、15.5T/16T+2400ZAPで印付はエントリー出来ないクラスと、GT-TRFのガチで速いカテゴリーの2極化になるかもしれません。ツインメッセは悪い夢なのに不本意ながら印付なってしまった身としては選択肢がありません。五反田の様な小さめのコース規模でカーペットであの速さは厳しいなぁと思いつつも、早めに準備して足を運べるカーペットコースでスピードに慣れておくしかないなと考え、物が無くなる前に手に入れておこうと買ってあったものです。こんな感じで役立つとは。

10402957_729361717183462_8228019896193282246_n.jpg

新型は進角調整が可能となり、kv上限値まで近づけたり越えたりしない様な調整が可能となりました。3,730が上限設定。モーターの温度上昇で回転数が上がってしまうのも考慮すると、3700位かな?と考えこの位の値にしてみました。大体この位置で進角固定です。箱田だしそのままは3450あるかないか。いっぱいまでつけると3750越えるので、この辺で力加減の微妙なずらし方をして決めてみました。後は車検で修正を言い渡されたら従って直そうと思います。

1531555_729361623850138_2960555695105105496_n.jpg

15.5Tも調整が出来るならキチンと合わせられますね。´ω`)ノアンプとコンボ予約なのでアンプ発売まで手元に届かない状態ですが、いつになるやらで。
パッションの独自な配線となった為、本来がら空きになるモーターとロアッデッキの隙間がギッチギチ…どうにか収めてますが着脱が少し面倒です。

タミヤアフターに1枚だけ在庫があったボディー。ちょっと不可解で大柄な形状故に、膨張色メインで塗ると大柄なのが目立ってしまう。塗装に関してはルーフや両サイドに暗い色を配置して、顔面小顔メイクの偽装シャドーみたいな効果を狙ってみました。

11038399_728998033886497_7966525259595592853_n.jpg

本来ならボディー裏側に防塵するためのカバーパーツとしてモールドされている部分が、上手く切り出すと丁度ノーズの様な形状になるなと思い、本来の目的では使わず、ノーズのようにしてみました。ギヤボックス分解の邪魔にならない程度に切り、ギヤボックスにシューグーで張り付けてあります。これで結構印象が変わり、もわっと大柄な感じにシャープさが加わります。地味ながらお勧めです。…防塵はスポンジで代用しましたよ…。

D413と並べてみる。
1623578_728999787219655_8336792934099179166_n.jpg

お、大柄でしょ?('A`)1/10と1/9みたい。レオニスの方は車体とボディーの大きさの関係が、今のフォワードキャビンが流行る前のハチイチバギーみたいに見えちゃいます。

駐車場で基本調整した感じでは、特に癖がある事もなくごく普通に走ってましたが、全然握っていない程度での話なので素性は不明。本性は赤レンガの本番まで見ないでおこうと思います・・・。

2015/03/14 Sat. 08:30 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 1

top △

勝手に因縁めいたものを感じている。その1 

 D413と同時進行というか、どちらかにしようと考えていたのが、タミグラバギーカテゴリー復帰。相模原のチャンプさんでも対象レースが行われているし、機会があれば今はタミサや掛川も活動圏内なだけに、通常レースやオフチャンなんかも視野に入れられてしまう。

ただ、DB01/02にしてもかなり長い期間現役を強いられています。201はアルミシャーシ化なんぞを考えると結構緩くない。第一自分がモノになるのか?というのもあって、理想としては手頃な価格で入手出来るDB系をオクで探す事にしました。キーワード入れてアラートでチェックしながら推移を見守ってきました。ところが時期的なものなのか、クタビレ気味の物件でも結構な高値がついてしまう。ノーマル組み立て済み未走行でもけっこういく。正直、量販店価格と差額ないので前述の物件に関してはスルーで行きます。組んでおくとよいというか、半ば必須なユニバやスリッパー位は装着されていて、メカ付き等で価格が上がってしまうような事が無いものを吟味していきますが、オプション組だとしてもこの位が上限だなと思う価格を入力すると、間髪入れずに上回られてしまい終了。そんなやり取りばかりでした。

DB02も出品されるのですが、ほぼ無かった事にされてる様な冷遇を受けてる割には最終落札価格が凄い事になる。万策尽きて、もういっそオクでの入手は辞めて、ほぼオプションだけで組めてしまうDB01をパーツ買いながら組んでいく、週刊DB01を作ろう。てもやろうかと思いました。がここで思わぬ誤算のD413落札。割り振る予定のお金が飛びました。('A`)パーツ組は中止です。
以降はやる気なく監視のみ。で、その監視中にこれが出品。気のせいかもしれないけど、それ、最近結構いい値で落とされてませんでしたっけ?と、思った品でした。気のせいかもしれませんが。そして、そのタイミングでDB系の流れがすっと穏やかになり、入札高騰が起こらなくなりました。もしかして、需要側が落ち着いた?という期待の元、こいつに割り振れる予算額で入札してみます。以前では即ひっくり返されるような金額なので、落とせないと踏んでいたのです…。


あれ~・・・('A`)


ってな訳で、こいつがやってきた。
11028716_727768810676086_1011741980624459889_n.jpg

DB02レオニスです。よりによってとか、何で今更とか言われそうですが、こいつは確か、私がツインメッセで人生のピークと奈落を同時に味わったワーチャンの時に発売前の展示がされ、大々的に宣伝活動していたマシンなのです。あの時の私は、カイジの世界がぐにゃんぐにゃんになる表現そのままで奈落を味わっていたのですが、一筋の癒しとしてよく展示マシンを見に行っていた気がします。まあちょっと不思議な形ではありましたが、バギーやるならいずれは欲しいよね。なんて思っていたんです。…4年かかりましたが。

その間、レオニスは発売当初こそ鳴物入りでしたので全国各地に出現したのですが、以降は様々な問題が出たりとか、DB01の優秀さが際立ってしまった為、徐々にユーザーは離れていったかDB01に戻って行ってしまった印象があります。そして、いつの間にやら誰も触れなくなった気がします。そんな背景をうっすら知っていたので、未だに高値取引が信じられませんでした。が、運よく安価で手に入ってしまいました。

送られてきた車体ですが、使い込み方が凄い。多分、タミヤカテゴリーくらいじゃここまでならない。ガチのJM系とさしでやりあってたんじゃないか?と思う位各部にガタがきていました。フロントサスピンなんか)(ですもの。結果、OPは買わないけど、消耗パーツの交換で結構な部品を入れ替える事に。現状変えたいパーツをすべて変える事は出来なくて、使えるものは極力再利用しましたので、頃合いを見て入れ替えをしたところではありますが、そこまで執着できるかも分からないのが現状です。('A`)


まずは全バラシ。モーターマウントとセンターユニット収める特徴的なセンターギヤボックスは、アルミ鋳造の艶無し無骨グレーだったので、洗浄の後メタルプライマー噴いて下地を作り、ホルツの車用艶消しブラックで塗装。半艶くらいの黒いギヤボックスに。写真の通りで金属パーツが入っていない風に見えるようになりました。ゴテゴテした雰囲気が減る自己満足加工です。
前の持ち主は特徴的なセンターベベルにモリブデングリスたっぷり塗ってました。をを、わかっておられる。金属ギヤ同士だもんね。ただ、グリスの劣化かギヤの磨耗吸い込んだか硬い部分もあったので洗ってから通常のグリスをたっぷり塗っておきます。しかし、組み付けが大変な構造だなコレ…('A`)OPのスリッパーと新品スパーがありがたい。説明書見て初期設定で組み立てておきます。ベアリングは洗浄してもゴリるものは入れ替えながら組み立てました。

センターギヤボックスから前後ギヤボックスに駆動を伝達するドライブシャフトとドライブカップ。リヤ側はここに角度が付いているので、常にステア切ってる状態のフロントユニバみたいに回り続けます。これが高負荷で破損し易いという話が出てました。対策として強化カップとユニバーサルジョイント化するOPが出ましたが、この車体には装着済みでした。ありがたい。グリスアップしておきます。

前後ギヤボックスですが、ここで見たのはユニバのピンに削られて十字状態に溝が入ってしまっているデフハウジング。前後同じ様に溝が出来てましてガタガタで許されるレベルじゃないです。ギヤボックスからデフを外し、ゴリ具合を確認しようとして手回ししたら分解するデフ…('A`)デフスクリューとナットもなめてますね。これは新品入れ替えしかありません。買いに行くかと色んなお店を回ったものの売っていない。タグ付きのパーツではないのに気付く。タミヤアフター頼みですが、ここでタミヤに在庫が無いと再生そのものがとん挫する事に。冷や汗もんで問い合わせしたところ2組確保。助かった~。スラストやデフボールも入れ替えしたところでしたが、最近はお得用って売ってないのね。タングステンとかセラミックのいいやつばっかりだ…。ケチケチなんで我慢して使い回し。綺麗な溝が掘られていたプレートは磨いて消して再利用です。お蔭でちょっと作動がザラつくのですが、馴染めば大丈夫と見なかった事にします。
ギヤの破損がしにくくなるように、クリアランスは少し狭い位の状態にシムを追加したり入れ替えして再調整。グリスもたっぷり塗っておきました。回転少し落ちるけど、デフグリスで粘つかせて緩衝材っぽくするってものアリだったかもしれない。XVはそれをやって、固めたギヤデフで飛んで跳ねてした割にはギヤが痛む事は無かったので効果はあると思っているのだが…。

そんな感じで、続きは次回に。

2015/03/12 Thu. 20:20 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

バギー始めてみようと思う。 


・・・落とせてしまった訳ですよ。量販店の通常値引き価格よりもさらに下げた特売価格より一葉さん1枚分も安い提示額だったので、百円単位で競られて負けるな。と、思っていたんですよ…。誰も来なかった…('A`)
B9OH09sCAAADbDA.jpg
そんな訳で、D413が手元に届きました。車で30分圏内でいける常設・屋根付きサーキットが相模原のチャンプさん。クレイ路面のオフロードコースです。通う訳にはいきませんが、ここが最も手軽な場所。見学しながらオフロードカテゴリーへ興味が湧いた次第です。さらに言えば車で2時間ちょいで谷田部も行けちゃう。芝バギーも出来るのならばいいんじゃないかと思いました。

で、やみくもに欲しいというだけでD413に。京商やヨコモの活動圏内でまたこういう事してますが、いいんです。平常運転です。(:3」 ∠ )_気にしちゃいけない。ラヂコン続けて20年経とうとしてますが、カーキットとしてHPI/HBに手を出すのは初めてなのです。いや、PRO2~4やサイクロンは地元で使用率もそこそこあって、自分も手を出してもなぁ。なんて、勝手に敬遠してた次第です。事前に北の猛獣ブランドの中の人から耳に入れていた、壊れにくくて走りが良いという評価。海外での活躍。見た目、特性変更するようなパーツが少数あるだけで、ほぼキット内容で即戦力な内容がツボで、ほぼ一目ぼれで選んだ次第です。

ただ、高嶺の花です。少なくともメカ一式。更にLi-Po揃えるとかそういう状況。簡単に走れるようには出来ませんでした。しかも、関西圏では行われている場所があるストックカテゴリー(13.5T+Li-Po)は行われていないというのに入手後気付き、現状ガチのモデクラスで走らなければならない状況。誤算?でした…。2WDはストック(17.5T+Li-Po)はあったのに。ただ、欲しいと思う位執着できる2WDが無かったのよね…。('A`)仕方ない、魔道に堕ちるかという感じでモデクラス対応のメカを揃える事に。
10460713_719249944861306_8682610282305601874_n.jpg
サーボとモーターはHIROSAKAブランドのものをチョイス。リーズナブルな新品です。モーターはスピードパッションの名前が。あの独自のモーター接続だけじゃないのね。|д゚)…がしかし、セットシートそのままとはいえ、5.5Tをチョイスしたのは良かったんだろうか…攻め過ぎてる気がががが。下手糞だから7.5Tくらいで始めておけばよかったかも。
サーボは台湾製。昔のERGみたいにガチガチに硬いので、タイヤ持って動かすと、セイバー効いてからようやく動くくらい硬いです。セレーションはフタバと同じ枚数なので、昔のハイテックみたいな特殊なホーンを用意するような手間は無いですね。電源入れてみたら動きはパッキパキでした。
これでアンプをMr.T氏が使っていたHIROSAKAリベントンPRO1.1にしたら、Powered by HIROSAKA名乗ってよさそうでしたが、アンプはオクにて使用頻度少な目という状態で出品されていたフタバのMC960CRをゲット。…差額殆ど無しで前述のアンプが買えたんだよなぁ。と、ちょっと後悔もあるが、MC Linkで遊べるフタバ互換機なので、こちらを選ぶことにしました。

バッテリーお悩み中。初めてLi-Poの商品展開を色々見ているのですが、ショートLi-Po一択で問題は容量とCとサイズ。レース時間持つ程度なら容量多く要らないし、カツらない限りはメジャーブランドのレース向け程の高性能化もいらない。かといって2000円くらいで買えちゃう安価なスポーツパックはおそらく持たない。程々の中間グレードでよいものがあれば・・・と、とりあえずGフォースのLi-Po1本購入。厚みが薄い為、キットのバッテリーホルダーではガッフガフ。バッテリーホルダーポストを低くするか、隙間の詰め物をしっかりさせてキチンとホールドするようにしなければなりませんが、他社製のLi-Poを買う事となり、厚みが増すとそちらに合わせたりする手間もある。ん~、Gフォースで統一しようかと悩んでますが、オリオンにも程々のヤツがあるのよね。売り切れたままですが…。

さて、組み立てようかと席に着きます。説明書を読みながら、アルファベット順の袋を順次開封しながら組み進めていく為、部品を探し回る手間が無く、凄く楽に組み立てられるはず…なのに、説明書の熟読をしていなかった私は早速つまづきます。
基本、大半の部品はミリ規格のヘックスレンチ1.5/2.0/2.5ミリで組み立てられるのですが、ダンパーキャップのエア抜きビスやサスアームプレート固定ビス、そして、デフ組立に使われる小ネジだけがインチ規格でした。恐ろしくキモな部品が全く作れないだと…。

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああもううううううううううううううううううううううう…インチレンチなんて持ってないよ。と、途中で買いに走る羽目に。(つд⊂)

10426849_716619361791031_1203372786380200863_n.jpg
最初はビットのみしか見つけられなくてアワアワしたんですが、グリップ付きが本来とは違うところにぶら下がっていたのを運よく発見。ついでにセーフバックとLi-Poも購入。バッテリーはとりあえず作動確認ができればいいというつもりで1本にしておきました。

さて、組み立て再開。
10989102_716528978466736_5392036644294638123_n.jpg
セパレートパックLi-Poは使わないショーティ仕様で固定するので、片側バッテリー、もう片方がモーターの配置になります。
10959705_716645305121770_4373159703315877679_n.jpg

板パーツは一応瞬着流しと角まるめはしておきました。1枚目の写真はレンチ無いけど悔しくて、ちょっと作業飛ばして組んだ状態。
D413は3デフ機構です。センタースリッパーが主流の中、GPバギーのような構造です。XRAYも3デフ化出来るようになったので、何らかの利点があるんだろうなと思っておりますが、よくわかりません。説明書通りに前後1万センター10万番?で組んであります。3デフといえばインシデントな私。そういや、ボディーの形状というか傾向が似てるし、ボディーから樹脂パーツが生えているのも似ている。魅せられたのはそういう背景もある気がしております。
難点は、センターデフのスパーギヤがデフケース蓋側と一体成型になっているので、歯が駄目になるとケース分解しての交換になる点。XRAYはスパー分離構造なのでこの辺は楽だと思います。スパーの枚数の増減もしやすいでしょう。現状スパーの枚数は固定の413なので、歯数を変える事はありませんが、将来的にXRAY型に移行してくれたらいいなと思っております。

10978682_716499555136345_4437430602331104003_n (1)

ダンパーはエアレーションではなく、ダイヤフラム方式。これも説明書通りに。このパチンとはめ込むダンパーキャップが外れやすくなるのが弱点と言われています。アソシのキャップに変えてネジ止め固定する対策もあるのですが、純正でネジ止めに出来るキャップが発売されているので、いずれ取り換える事になると思います。
よく見ると、スプリングアジャスターの1個が、ローレット加工の縦溝はあるものの、ダイヤル位置を把握するための平らに削ってあるところが加工されないまま出荷されたものになってます。('A`)ま、まぁ、当たりだと思っておきます。使えない訳ではないですし。

10646745_716683275117973_3167878201651546050_n.jpg
組み進めていくと、リヤアッパーデッキを固定する作業で手が止まります。な、なんだこのアッパーデッキとギヤボックスの隙間は…('A`)ねじれたツーリングの板シャーシでもこんなに浮き上がる事は無いぞ。フロント側は問題なく取り付けられたのになぜ?何処か組み方を間違えたのか?と、各部組み付けを緩めたりしながら見直してみるものの、やっぱりギヤボックスとプレートの間に隙間が出来てしまう。スプリングアジャスターの未加工品の件もあり、センターバルク等が不良品?と気になりました。

で、HPIに確認すべく電話。状況を説明して、これはおかしいのか仕様なのかを聞いてみました。電話の向こうで丁度組立途中の413があったらしく、モゾモゾとなにかをした後に一言。

(´・ω・)「あ~、確かに浮きますね~。これ仕様です。」
「仕様なの??」(゚д゚ )
(´・ω・)「はい、これ、あおっているみたいです。」
「そ、そうでしたか・・・。」('A`)

ってな感じで、アッパーデッキが浮くのが仕様と分かったので、後はつまづく事無く作業を進める事が出来ました。

11000893_717457448373889_57838650821229464_n.jpg

うひょひょ、ダンパー泥除けかっちょいい・・・。´ω`)ノ

以降、組み立てそのものはスムーズでしたが、ユニバのうち1本がドッグボーンの中に入れるクロススパイダー?部品が入らずシブシブ。ドッグボーン側の穴をヤスリで広げてスムーズさを確保してから組み立てました。余計な手間はこれくらいのもんです。

10414449_719587814827519_5267724265368641953_n.jpg

サーボとモーターを取り付けして様子を見ます。ここから配線や配置を悩む事になります。この時点ではアンプは手元になく、悶々とすることになりますが、その間にボディーを塗ってしまう事にします。

10989231_718085854977715_3662891492399779244_n.jpg
4分割式のボディはバラバラのままでは出来上がりが想像できない為、カットして組んでみてから色々考えます。
11025140_726623780790589_443042920124827324_n.jpg
11043224_728996347219999_5095627599980031940_n.jpg

制作部分は割愛してこんな塩梅に。いつもの色ですな。アンプも届いたので配線と配置を行います。

14621_727621197357514_2404605448144521892_n.jpg

 ボディーを被せても浮き上がらない様に気を使いながらでこんな感じに。説明書の配置例ではレシーバーがモーター後方のあざらしシール付近になっていたんですが、リードが届かないのでこの位置に。バッテリー側の配線も、プラスは真っ直ぐ引こうとするとスパーに接近してしまう為、あえての遠回りです。モーターコードの接続はQTECに。この位置位の配置だと、センサーケーブルはフタバの12.5cmで足りました。

バッテリーを接続してアンプの基本調整を目視でのステアトリム調整、4PXを接続してアンプの設定を基本設定に戻したところまで終えました。つい最近タイヤを買ってきて貼り付け、後回しにしていたウイングもカットして取り付け。ウイングは固定がしっかりし過ぎるのか良く壊れますと聞いていたのですが、組もうと思って納得。無理くりピン差し込もうとしても入っていかない位硬い・・・。ホールドするプラパーツを辞めてゴムリングに変更して対応。これで破損率が低くなれば嬉しいなぁ。

バッテリーの種類を決め兼ねて、バッテリーの確実な固定が出来ていないだけのところまで仕上がりました。これが終わればシェイクダウン出来そうです。バッテリーはもう少し色々検討したいのと、不足部品の買い出しもあるので、それが済むまではもう少し待機となりました。

走り出すのを楽しみに、ニヤニヤ鑑賞してるのが現段階でございます。0(:3 )~ _('、3」 ∠ )_」

…次回は謎の発掘品?復活計画でございます。

2015/03/12 Thu. 09:00 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

4年目の3月11日 

 自分の雑記を読み直してみる。やっぱり背中にぞわぞわしたものは戻ってくる。
私は怖い思いと不便な思いをしただけ。それで済んだのは幸せだと今でも思う。趣味で知り合った方々も、身内が悲しい事になった方はあれども本人は無事。全て波にくれてやったというところから再び築き上げていく皆様の力強さは、私には手の届かない遠い次元の話のようだ。同情も憐れみもなく尊敬の一言に尽きる。強さの神髄を見ていると思う。

命を落とした皆様への冥福を祈ります。困難な作業に従事する皆様は、どうぞお体に気を付けて。

2015/03/11 Wed. 11:50 [edit]

Category: 色々

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。