スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

プライムタミチャレに行ってきました。 

今回の連休日曜はプライムタミチャレに参加しました。お天気に恵まれて、エンジョイラジコンでしたよ。

お腹ユルくてしんどかったですが…。('A`)


ウィリーのお誘いもありましたが、GT13に色々集中したかったので、いつものミニとGT13の2カテエントリー。F-1もウィリーも面白そうだったなぁ。次回の最終戦に参加出来そうなら検討してみます。

GT13はボディを458チャレンジに決め打ちして走行開始。ウイングはαでしたっけ?段付きロープロウイングです。599XXとアウディの中間っぽい感じ?という事前のお話があったので、いいとこどりなら嬉しいね。と、思いましたが、ちょっと違う。曲がるには曲がるのですが、ノーズの長さもあってかフロント荷重がかかって曲がってるような印象。アウディの鼻軽くスカスカ向きが変わるのとは質の違う曲がりです。

旋回時にぐーっと鼻先を沈めながら切れ込んで行く感じ。弱失速っぽい感じがあり、ブレーキ使ってガブガブインベタするような攻撃的な感じではなく、ライントレースを徹底するとスイスイ速い感じです。曲がりはあるし、リップ無くなる作りじゃないので、個人的にはこれで理想に近付けていく感じで良い気がします。多分、軽量が出るともっと使えるいいボディーになる気がします。

CL2からパワーソースとタイヤ径が変わった分のドループとキャンバー調整のみ変更した車体での第一印象は、リヤ食い過ぎで曲がり待ち。('A`)軽さが無いのでインフィールド厳しい。って事で、フロント触らずにリヤを軽くする方向でセット開始。ダンパー寝かせる→悪くない。けど、軽く動いてほしいところで粘って、蹴り出したいところでズルッとくるズレがあるので、粘るポイントをずらさないと駄目なんだろなと考えてにらめっこ。
リヤアッパーアームの高さ変更。両方に入っていた1.5㎜スペーサーを0.5mmに減らす。→旋回開始直後の切れ込みを邪魔するような粘り気が少し収まる。結果、早目に立ち上がり易くなったので、ズルッと来るタイミングまで待つ事が減る。悪くない。ここで問題。ストレートが激遅い。('A`)2.5度は伸びない?と、ブラケット変えて2.0度へ。→速さ云々よりも単純にリヤがより軽くなるが、インフィールドが楽。もう少しグリップ感だけ欲しい。→リヤトレッドスペーサー0.5mm抜き。→程々。まだ軽い。寝かせたダンパー戻す。→妥協点のような気がした。

辛うじて17秒台のベストは出たけど、クマ選手の0.3秒落ちが精一杯。とにかくスピードが遅い。('A`)ギヤ比間違ったんじゃないかと不安になるくらい。少なくとも失速気味からの立ち上がりで損をしている感じ。良いと思っていた妥協点も、決勝ともなれば単なるリヤが軽い、トラクションだだ逃げしてるだけの状態と判明。やはり2.5度くらいつけて、噛んで蹴り出す感じを残しつつ、軽く曲がるように仕向けないといけないんだろな。反省の非常に多いGT13でした。決勝も随分グリッドから順位を下げた気がします。

プライムタミチャレ9月22日GT13Aメイン決勝→http://youtu.be/vTRJevF4Umk


ミニは工藤模型出走予定状態をそのまま持ち込む。そのままがみそでして、引き入ってるダンパーが引き効果無くなってる状態での走りだったと思います。ミニ2006なのに、ちょっとミニクーペみたいな挙動が出る。あまりスナップオーバーみたいにならないはずなんだが…。('A`)多分、ちゃんと一旦蓋開けて、儀式済ましていたら普段通りだったと思います。
粘り感が足りないフワつきのせいか、コーナー脱出でちょっとアンダーが出てしまう為、失速気味の勿体無い走り。予選1回目は前列スタートだったので、そのまま逃げ切ってPP獲得タイムを出す。2回目はその少しある違和感に焦りが出てミスが増え撃沈。

悪い点は多々書きましたが、良い点も。まずは覚醒モーターが好調。それに加えてギヤグリスをドライルーブ化したのも後押ししたのか、結構直線スピードが出せている。回転が増すほどフリクションが減ってもうひと伸びするような素振りで、まろやかにチャ-ジャーかかってるような雰囲気。そのくらいか。その速さという武器があるのに、バッテリーのコンディション(素性?)に難があるのか序盤のパワフル感が持続しない。目に見える中だるみを起こすバッテリーもある為、選別とコンディショニングが急務となりました。その、手持ちの中では新しいけどイマイチな個体だったらしいバッテリーを使った決勝は、やらしい演出入れてると言われるくらい面白い展開でした。

プライムタミチャレ9月22日ミニAメイン決勝→http://youtu.be/owWIq5zGSy8

泣きながら逃げ切る。あっぶねぇ…('A`)


その他各クラス決勝もアップしてます。関連動画からお楽しみくださいまし。( ´・ω・`)

そんな感じで、戦利品として長崎ちゃんぽんシリーズ詰め合わせなんぞ頂いて帰りました。構って下さった皆様、ありがとうございました~。

今週末は所用ありまして、祖父母の運転手しながら八戸に1泊します。そんな事もあり、昨日は朝から洗車。色んな用事にかこつけて、今年は春先のタイヤ交換の時から洗車機任せばかりでした。度重なる遠出で虫だらけだし、くすみかかっていたので、コンパウンドがけからきっちりやって漂白してワックスコード。

テリテリヌメヌメ。ステキよ。('Д')

そして、昨晩から洗車筋肉痛…
スポンサーサイト

2013/09/24 Tue. 12:56 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 3

top △

PC中身刷新。 

マザーボード:ASUS P8H77-V LE

CPC:インテル i5-3470S,2.9GHZ,6MB

メモリ:PATORIOT PC3-12800 1600MHz 2×4GB(8G)

SSD:PLEXTOR M5 Pro 128GB

マザーボード:元からここばかりだった信頼感と、震災以降の粋な計らいに感謝も含めてASUS一択。今回は拡張性を多く求めず、こじんまりとまとまればいい内容に方向転換。過去はどうしても今後の拡張性を。と、中の中くらいのスペックを選んでましたが、中の下くらい?のエントリーモデルに近い方を選択。
色々割り切りがされていて、今更ながらFDDがそのまま付かない(接続ソケットがない)のに気付く。今更FDDかよっていう気もしますが、今までのモノもあるし、イザという時の為に残しておこうと思いましたが…。ショップで見てみたら、SATA変換アダプターがあるにはあるけど地味な出費なので現状保留。('A`)
前のマザーボードにはあった、右下のファンソケットも無い。ケース前面側に配置していたファンはそこから電源を取っていたので困る。CPUファンソケット隣にあるファンソケットは空いているので、延長ケーブルを追加して対応。

ケース、ファン、電源、DVDドライブは継続使用。何時かはブルーレイという気もしますが、ブルーレイの映画再生くらいでしか出番が無いのかも?と思うようになってきた。データ管理はメモリやHDDでいいし…。

CPUはちょっと奮発した。これを奮発というのはおこがましいが、ワープアおっさんにはちょっとした勇気がいるのさ。レース動画編集の際、拡張子変換作業中にCPUとメモリの負荷が大き過ぎるという警告が出ていた今までを踏まえて、そこを強化するつもりでメモリと共にスペック上げました。

メモリ:2G→8Gへ。多分、色々余裕が出来てるっぽい。色々踏まえてですが、以下の起動動画約20秒少々を拡張子変換する作業をさせてみたら、変換作業が動画再生速度と一緒か若干速い(5分動画なら4分少々)位だったのが、5秒かからずに終了…('A`)ヒィ 何かの間違いかと軽くチビる位速い。今回の構成内容だと編集作業時間が結構短縮されると思うので、ありがたい限りです。

SSD:速いっすね。ステキ。音も静か。ケースのファンからくるこもり音ばかり聞こえる感じ。HDDのジャコジャコ音がない不思議な感触。でも前回書きましたが、以前使っていたHDDはそんなにうるさくなかったのかもしれないというレベル。

そんな感じで。立ち上がるまでの時間なんぞを動画で撮ってみる。
http://www.youtube.com/watch?v=Mho1qnJ7K7w&feature=share

…既に残念評価が付いてる。('A`)競争事のつもりじゃないので、それらを期待した方にとってはヤな肩すかしなんでしょな。ただ組んでみてこんな塩梅。windowsのロゴまでぶっちするとは。以前の様に立ち上げてから用事を足しに行く時間が生まれていたのに比べたら、えらく速くなった気がします。

今のところ、ほぼ以前の使い勝手のところまで戻しました。あれこれ要らないものを入れない様にしないと、また中身がぐちゃぐちゃになりそうなので気を付けようと思っている次第。

2013/09/18 Wed. 13:13 [edit]

Category: その他

TB: 0  /  CM: 2

top △

週末いろいろ 

この連休は天候不良にやられました。水害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

近くの1級河川が氾濫寸前だったとは…。('A`)

日曜日は工藤模型タミチャレでしたが雨天中止。金曜夜から土曜日にかけてタミグラ宮城大会以降触ってなかった車体のメンテなんぞを。
CL2仕様のTA06はGT13仕様に。6月からなんで3か月ぶり?ギヤBOXばらしてリヤギヤデフのオイルを変更。抜け気味だったのでパッキン交換してアソシ2000→1000番みっちりに変更。ベアリング洗浄して今回からギヤグリスをドライルーブに変更してみました。これは各可動部にも塗布。いい感じです。リバウンドをラジアル対応に微調整し、ダンパーは以前のPHOTONで教わった感じを入れつつオイル交換。ピニオン変えて、モーター変えて、終了。スプールのままだけど、タミチャレタイヤはどうかな?合うといいな。ボディーは599XXのみ。

ミニはモナカ割りしてギヤとベアリング洗浄し、グリス塗布じゃなくてドライルーブに変更。ダンパー改めて各部チェックして終了。F-1も外していたレシーバー付けてARC載せて終了。

ミニとF-1のライトチューンとフォーミュラチューンは慣らしをしてコンディション調整。どうもハズレだと諦めていたライトチューンでしたが、エンドベルパーツ全外しからブラシとコミュの表面研磨、組み直してみたらようやく開眼したらしく、いい塩梅の数値になってくれました。これがタミグラ期間中だったらなぁ。('A`)

という準備はしたものの雨天中止。同日開催のプライムさんも雨天中止でしたが、翌週延期だそうで、そちらに参加を検討しております。( ´・ω・`)458塗るの間に合うかな?

日曜日は帰宅後にGWの上京でパーツ買い揃えていたPCを組みました。

SSD速いわぁ。( ´・ω・`)windows8はまだ得体のしれない感じだが。今のガワと電源、光学ドライブは引き続き使う為、一旦全バラしでしたが、凄い埃だらけで掃除に難儀しました…。旧HDDからの引き継ぎ無しで一からやり直しで使用環境を作り直してます。その為色んな方のブログに痕跡残してますが、気にしないでくださいまし。

HDDが動いていないのでちょっと静か。でも、ファンの送風でケース内のこもり音が結構あるのに気付きましたね。でも、今までもこれにちょっと毛の生えた程度しか音がしてなかったので、装着していたHDDは意外と静音だったのね。なんていうのも今更気付く。真っ新にして、データ保存用にしようと思います。300Gなんて低く感じてしまいますが、実際は持て余してる位の事でしか使ってなかったですから、今のテラ単位なんて、特にはいらんかもしれないなぁ。

刷新後はリベントンのPC接続もすんなり出来ました。以前のは何が駄目だったんだろうなぁ。

基本的に本体の性能はぐんと向上。まだその作業はしてませんが、デジカメ撮影の動画を切り取り編集後に拡張子変換しての保存に至る工程で、以前はメモリとCPUの負荷がギリギリという警告が出る事が多々ありました。これがスムーズになればいいなと思います。しょぼいADSLなんで、回線速度の遅さでweb閲覧はもたつく事はありますが、いままでと変わらないのでこんなもんでしょう。上記の作業時にどうなるかが楽しみです。

さて、安直でもいいから458仕上げるか…。ラ・ヘラーリもGT13使用OKらしい。アレも気になりますね~。

2013/09/17 Tue. 13:21 [edit]

Category: 色々

TB: 0  /  CM: 0

top △

先週今週と 

色々右往左往しておりました。

ぼでー塗ってました。

AKMさんボディー

AKMさんから毎年お話を頂くスポマ全日本用ボディー。今年はLTCからSPEED6に素材変更です。本来は黒と黄色のツートンっぽい感じでやらせてもらってましたが、今年の落書きをしてみたら、黒比率が高くなり過ぎてしまうかも?という状況に。暗過ぎると見えにくいだろうなぁと悩みました。
で、同じマスキングをしたポディーを控えに用意しておいて、普段の感じとは違う全体黄色基調バージョンを塗ってみる事に。こちらでOKを頂きました。通常仕様にするなら、写真で黒に見える部分をシルバーに。オレンジのグラデが入っている方の黄色をガンメタにする予定でした。

顔つきはこんなあんばいで。

顔はこんな塩梅で。ちょいとくどくなり過ぎたかもしれないので、次回はもう少しシュッっとした感じに改めたいと思います。('A`)AKMさん、ご依頼ありがとうございました。いつも納期ギリのヒヤヒヤ納品ですみません。


先週と昨日の日曜日はレースだったのですが、人数が集まらなくて走行会形式に。

色々ありますが、エンジョイラジコンっすよ。( ´・ω・`)


皆様に世話を焼いて頂いて、どうもさっぱりしないPHOTONの走りっぷりの改善をしました。まず指摘された足の動かない感じ。足回りの変更も影響し、徐々に改善の兆しを見せてはいたものの、根幹で何かがおかしいという事になり、ダンパーが駄目だな。という絞り込みが出来たのが先週。

今週はその対策。ピストン穴を広げたり、オイルの番手下げたりしてみたものの、やっぱり何か違うという事に。色々話し込んでみたら、どうもダイヤフラムの反発が悪さしてるっぽいというのが分かりました。組み方のちょっとした気遣いの違いなんですが、ダイヤフラム上のエアー室が張った状態の空気を保持しているので、動きの悪さを出している模様。

ここの組み方を改めてエア室パッツンを減らしてみたら車が激変。一気に良くなってY-HA氏やITO氏にちょっと絡める時が出来てきました。

このパッツンは無意識なんですが、どうもPHOTONダンパーのダイヤフラムが変質してくると起こし易い感じ。新品ダイヤフラムは膨らみ部分がシリンダー内径に干渉せずにストンと被せる感じなのに、変質が進むとふくらみが増して内径よりも太り、押し込んで入れる感じになってしまいます。

シェイクダウンの時は新品でエアパッツンが殆ど起きないのに、以降交換していない為の変質による効きの変化を気付かず組んでいた為、単品ではそんなに変化していないと感じていたダンパーが、実はけっこう変化してたというオチな模様。

お蔭で色々気付く事も出来ましたので、この感触を忘れぬようにして、他の気になった部分も次回以降修正していきたいと考えております。世話を焼いて下さった皆様に感謝でございます。



室内はV7だがな!!ヽ(゚Д゚)ノ

2013/09/09 Mon. 12:58 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 7

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。