スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

実質最終戦?な、工藤模型タミチャレ。 

 でも、工藤模型さんの定期レースはまだ何戦か残っているので、興味のある方は遊びに来てみてくださいね。


 日曜日は工藤模型タミチャレ。ミニ他タミヤ+αクラス等の定期レースは翌月も行うかもしれませんが、X-1は今回が最終戦。今年は未勝利のまま終わってしまうのか?という、結構な瀬戸際レースでございました。

 んでもってカメラを忘れる。('A`)絵的なものは何も無いので駄文のみです。

 ミニはデフ選定を重点的に行います。前回は粘土詰めギヤデフ。今回はシム詰めAWグリスギヤデフにしてみました。触った感じはゴリゴリとした抵抗感がすごいので、変にいぢり過ぎてクセの付いた03ボールデフみたいにならないか心配でしたが、ギヤデフらしい動きしてました。

 予選1回目で自己ベスト19秒8が出たものの、以降ちょっとペースが落ちます。組んだ直後から比べると、ゴリゴリもグリスの粘つきも取れて軽いデフに変化したからの様な気がします。予選2回目がベスト20秒3でアベが20秒5というまとまり方をしたものの、実はバッテリーが寝たままで、時間が迫って直前に7vまでしか追い込めなかった為、フワ~っとしてしまっていた為かと思われます。しかし、アベは前回よりも上がってます。

 万全で挑んだ決勝はミスが響いて平凡な記録で終了。う~ん。ベストが出ないね。('A`)20秒台で終えたような気がします。デフの作動が早まっている感があるのかな?


 前回も踏まえて。粘土はデフの作動までの踏ん張りが少なく、効き始めるまでが比較的あっさりしたもんですが、効き始めてもギヤにまとわりついた粘土のねばつきで重さが若干残る感じがあります。で、今回のシム詰めは利き始めるまでの重さで勝るものの、利き始めるとスカスカ回って、ギヤの噛みあいのキツイところでグキッと引っ掛かり気味で重くなる感じ。

 双方に大きな変化は感じないものの、メリハリのシム詰め、スムーズな粘土という分け方は出来そうな感じでした。個人的には中間特性が欲しいので、ハイブリッドを作ってみたい気がします。

 そんな訳で、帰りはお店に寄ってギヤ一式買い揃えてきました。どうなるでしょうねぇ?


 X-1は相変わらず若旦那が速い。なぞの速さ。遊ばれてる気がするくらい。('A`)予選はお互いそれなりに頑張ったのですが若旦那に軍配。決勝は2番グリッドから付いていくことになりました。

 傾向としては序盤速くて徐々に下がるのが私。序盤ペースが上がらないけど、終盤に向かうにしたがってペースが上がるのが若旦那らしく、前回はその状況でペースを逆転され勝てなかったトラウマがありまして、自分としては抜いて更に突き放すという難しい課題が課せられた次第です。

 レースはしばらく背後でヒタヒタついていく展開でしたが、ストレート進入で並んだり近付いたり出来る状況でした。それで1度仕掛けたのですが突っ込む形になってしまい、順位そのままで仕切りなおしです。その間に3位だったK川選手も背後に迫ってきて、ビビっていたのは内緒だ。

 もう一度仕掛けて無事抜く事が出来ました。TA06のギヤ比優遇に感謝せねばなるまい。('A`)まい。

 しかし、やはり後半から調子の上がる若旦那のペースが良くて、2秒差近かったマージンが終盤にむかうにつれてジリジリ削り取られていきます。インフィールド区間で負けてるのよね。ショックですが…。で、今度は立場が入れ替わってのテールトゥノーズとなって魔の残り1分。

 何とかこらえてこらえて…あと1周。苦しい。非常に苦しい~。っと折れる寸前のところで若旦那がパイロン乗り上げで小ジャンプ。で、均衡が崩れて勝負あり。その差を活かして逃げ切って勝つ事が出来ました。

 いや~。長かったですねぇ。序盤はFFでの参戦でしたので、常にベスト連発でようやく他人と横一線でしたから、変態荒行みたいなもんでした。TA06発売と同時にスイッチして、どうにかそこそこのところに戻れましたが、メカトラブルで勝ちを取りこぼし、セット外して取りこぼし、もう今回を残すのみというところまで追い込まれましたが、どうにか目標達成出来ました。

 今年は若旦那大暴れの年という事で、一矢報いれただけ良かったなと思いました。これでトラウト最終戦が何かと被らない限りは参加してタミチャレの〆にする事になると思いますので、心置きなく挑めると思います。カベは高いけど、頑張りたいっすねぇ。
スポンサーサイト

2011/09/27 Tue. 12:36 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

様子見した?('A`) 

 motoGPもてぎは全ライダー出場という事で開催するみたいですね。indy無事に終えてるから安心したとか、そういうやつなのか?何ともいえないですが、レースが見れるのは良い事です。moto2クラスはマルケス、motoGPクラスはストーナー無双状態が続いてますが、抵抗勢力が頑張ってくれると嬉しいですやね。今年はレプソルがうはうはですな。

 ラジコンの方は延期になった工藤模型タミチャレを日曜日に控えています。週間予報だと天候が持ち直す傾向ではあるものの、ちょっと不安定っぽい曇り予報なので楽観視は出来ませんなぁ。('A`)ドウデショネ?

 この長雨なので、名物の湧き水も湧きそうですし。あれはあれで際どいところからなので、面白いといえば面白いですが、ハイスピードなカテゴリーだと嫌なんだろうな。

 ミニのギヤデフは粘土を詰めずに重くした仕様を試してみます。作っておいてアレなのですが、最新のワールド誌にデフの深い考察が記事として掲載されていたのを読んでみると、自分の作ったものが良いのかどうか疑問符が付いてしまいました。('A`)走ってみて判断しましょう。意外と粘土デフって、いいものかもしれない。

 昨今のギヤデフの様にケース部分がコンパクトに出来ていて、中の詰め物がもれない構造だったら粘土でいいかも。現状のギヤデフは粘土も滲み出てくる隙間加減と、中身スカスカ故に詰める量が多くなってデフ本体の重量増が気にかかる。ミニ専用の新ギヤデフ待望してますが、この時点で何も無いのは、無いって事だろうなぁ。

 Taga氏よりミニでのカーペット走り込みセット情報を頂く。感謝です。とりあえず、地元室内でのセット傾向がそのまま通じているような感じなので、おおよその基本は大丈夫そう。10月の遠征でどうか判断してみましょう。


 そんな感じで。今週は内職しながら過ごします。寒いけどね。内職の状況はつぶやきの方でぼちぼちと。

2011/09/21 Wed. 09:21 [edit]

Category: 色々

TB: 0  /  CM: 0

top △

遅ればせながら 

 9月4日に参加してきた、バギーチャレンジの動画です。今回から、ブログに動画貼り付ける量が増えると重くなるのを考慮して、数が多い時はある程度リンク先表示で簡略化させてもらいます。クリックしてみてくださいね。

 予選は1ラウンド目のものとなります。

2WD1組目→http://youtu.be/wzpUE1DeOtA
2WD2組目→http://youtu.be/gyb6GpPc6po
4WD1組目→http://youtu.be/f95imiH3l8k
4WD2組目→http://youtu.be/4YT-s7eBGdA


 決勝はこちらです。

2WD決勝


4WD決勝


その節はありがとうございました。楽しかったです!!ヽ(`Д´)ノ

('A`)要コネクター直結デスネ。

2011/09/18 Sun. 13:35 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

NRCレースのお知らせ。 

 普段は第1日曜日開催のNRCレースですが、10月開催分は通常の第1日曜ではなく、第2日曜日の10月9日開催となります。参加される方はご注意下さい。

 昨年まで第4日曜日開催のNRCでしたので、10月が最終戦でした。同じように10月が最終戦になると、11月から行なわれるであろう室内シリーズ戦との間隔が大きく開いてしまいますが、どうしましょうねぇ?といったところですが、主クラスのご意見も伺っていない状況なので、10月のレース以降は、現状未定となっております。


 問い合わせがありましたので、こちらにでも。レギュレーションの項目をまだ更新出来ていない状況ですが、ミニクラスのレギュレーションの現状です。


車体:タミヤ製M-03/M-04/M-05/M-06(今後発売予定のTA05 M-Fourは状況を見て検討予定。)

※個人的にはパワーソースは違えど、4WDの入る余地を作ってしまうと何でもありも認めざるを得ない状況になると思うので、上記の指定車種のみという体制を維持できたらと思っております。

ボディ:タミヤ製もしくはスケール製重視のもの。ライドインプやランサーは禁止。

※FFにはFFボディ。RRにはRRボディという指定はありません。搭載可能であればお好きなものを選択下さい。

タイヤ:タミヤ製60Dシリーズのみ使用可能。ホイール・インナーの組み合わせもタミヤ製であれば自由。

オプションパーツ:以下のものは使用禁止。
○カーボンシャーシコンバージョンキット等、著しく形状が変わってしまうもの。
○ハイスピード・カウンターギヤ等の、ギヤレシオを変更してしまうパーツ。

※オプションはタミヤ純正品か、相当品の他社パーツの範囲内で収めて頂ければ助かります。


ギヤ比:選べる範囲で自由。カウンターギヤを変更する等してのギヤレシオ変更は不可です。




幅を持たせるためにややこしくなってますが、パワーソースは以下の組み合わせで使用可能です。

※ブラシレスモーターの場合

モーター:タミヤ製に限る。センサレスは16T。センサードは14.5Tとなります。

グランプリレースようなKv値測定は行ないませんが、違反行為とみなされる工作跡(モーターラベルを剥がす・切れ込みを入れたり、端子プラカバーに加工した痕跡が見られる等)があるものは使用出来ません。


ESC:タミヤブラシレスアンプTBLM-01/TBLM-01Sを使用する事を遵守して頂く事を希望します。

※後付けキャパシターは禁止となります。

どうしても用意出来ない場合に限り、市販の他社製アンプの搭載も可能ですが、パワーフィール(これに相当する機能全般)とブースト・チャージャー機能を停止させた、ゼロ進角設定にして使って頂きます。

※こちらの他社製に関しても、付属キャパシター以外は使用禁止です。

走行していて明らかな差が見られた場合は、設定変更等他ギヤ比調整を行って頂く事になります。


バッテリー:レーシングパック形状の6.6VLi-Feバッテリーのみ。



表記されている数値の上限は、3200mAh/30C+α(イーグル製)まで。同じか数値よりも下回るものであればメーカー問わず使用可能とします。



※ブラシモーターの場合

 選ぶモーターで、使えるバッテリーに制限がありますのでご注意下さい。


ESC:自由です。メーカー問わず。キャパシターやショットキーダイオードの設定も自由。


○540モーター/タミヤ・ライトチューンモーター

上記を使用する場合、以下のバッテリーが使用可能となります。


レーシングパック形状の6.6VLi-Feバッテリー。

表記されている数値の上限は、3200mAh/30C+α(イーグル製)まで。同じか数値よりも下回るものであればメーカー問わず使用可能とします。


レーシングパック形状の、7.2v Ni-Cd/Ni-MHバッテリー。

表記されている容量の上限は、2200mAhまでとなります。同じか数値よりも下回るものであればメーカー問わず使用可能です。ザップド品でも可。マッチドは不可。単セル放電の痕跡(シュリンクに穴あき)があっても構いません。



○タミヤ・GTチューンモーター

上記を使用する場合、以下のバッテリーが使用可能となります。


レーシングパック形状の6.6VLi-Feバッテリー。

表記されている数値の上限は、3200mAh/30C+α(イーグル製)まで。同じか数値よりも下回るものであればメーカー問わず使用可能とします。



 上記以外、不明な点や補完したほうがいい点がございましたら、ご指摘頂けると助かります。間口を広げたい気持ちと、性能差を大きくしない為の妥協点は見出し難いのですが、どうにか収まってほしいところですねぇ。

2011/09/17 Sat. 09:59 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

縛ってウフンアハン('A`) 

 夏のタミグラを消化してデータや傾向、対策等に指針が出来たらしく、タミグラやタミチャレでも使用するブラシレスモーターに関してKv値規制が設けられることになりました。器機に接続してのモーター単体での測定及び、走行を想定した状態での測定という二重の監視が行われる事になります。

 その際、迅速に行われるようにする為、ハンダでコードを直接繋ぐ行為は禁止にもなりました。ギボジやユーロコネクタを介する接続方向を指定していますので、対応出来ていない状態の方は修正が求められます。


 タミグラは本部運営という事もあるし、世界戦代表選出という厳粛さはあるので相応とは思いますが、タミチャレは地方の模型店範囲だと、どのくらい抑止力が出るでしょうねぇ?都心部に近い、人口密度とやってる事の程度の高い激戦区では、相応の効果は発揮する模様。が、こういった僻地の密度の小さいショップ規模となると、少ないだけに顔馴染みの身内レースが大半で、やっても隠しとおせる感じがないオープンさ故に、そこまでの徹底化は意味を成さないかもしれません。

 私の手持ちのモーターですが、BLSにLi-Fe繋いで測った測定値は箱表記を大きく上回るものはありませんでした。センサードもそうですが、センサレスも同様でした。むしろ低い方が多く、ガックリ来たくらいです。で、せめて箱表記通りのスペックに…と思って、出来る事はやってみて、箱表記に近い値まで回復させることは出来ました。勿論、タミヤさんが写真入りで警告した「やってはいけない加工」は一切行わず、製造工程で出たであろう個別のちょっと具合悪そうな感じを修正したくらいです。ネジ緩めて締めなおすだけですもの。

 その際にBLS繋いで回したまま行うので、ネジの締め方、ポイントのずらし方で回転数の変動と音の変化が分りやすくなります。それらで判断しながら、スムーズに回るポイントを探す。それだけです。

 M05用の14.5Tに関しては、何もせずに搭載して走らせてみたら、ギヤ欠けたんじゃないか?と思うくらいの爆音仕様になりました。センサレス16T搭載時には無かった現象でした。で、どう考えてもおかしいだろ。と、上記の事を施してみると、ギャーギャー鳴っていたモーターがすっっと静かになるポイントがありまして、この状態で測定したら値は箱表記と一緒でしたので、そのまま使っています。岩手大会のレース後のモーターチェックでも何も言われず返却されたので、ずば抜けた数値ではないのだと思います。(当時はデータ収集のみで、良いとも悪いとも言わないだけだと思いますが。)

 数をこなしてみたら、すっと補正が可能なものと難しいものがあるのも分りました。回転ブレからくる振動の強さが強いままのものがあり、これは色々やってみましたが、消すことは出来ませんでした。これが個体差というヤツで、どうにもならん部分なんだろうなぁ。と感じました。でも、ブレても回るのはまわるのよね。不思議。


 この件に関しては、ブラシモーターの頃と変ってない。とか、ブラシレス化でコスト上がった分負担増しだ。とか、運営で封印したものを支給方式にしろよ。とか、色々意見が飛び交ってますが、当りはずれを経済力にものを言わせてどうにかする行為をどうこう言うよりも、メンテフリーで長く使える事の方が、それらを上回って余りあるくらい恩恵を感じているので、性能差を抜きにしても、今は良い環境だと思います。


 縛りの多い環境では、重箱の隅つつく行為が他者との差を広げる一歩となります。が、運営側が掲げている事と、自分が突こうとしている事が同調しているかどうかは、参加者側の受け取り方で見る事ができます。その結果の今回の措置というのは、運営側と参加側の意識に少なからずズレがあったのでしょう。

 それが少数の参加者が引き起こした事で、大多数の思うところではないにしろ、レースをしていれば起こり得る行為なので、それを良しとしないという運営の見解が出たのは、きちんと線引きが出来て良かったと思います。


 本来であれば、こんな縛りが追加されなくとも遵守する参加者の意識の高さがあれば済む事なんでしょうけどねぇ…。競争だけに、他者より努力して前に出ることは正当な事ですが、変な掃き違えだけはしないようにしたいものです。

2011/09/16 Fri. 10:01 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

もれておられる。 

 某ツインスター様の新製品情報とか、露出はほんとはNGらしいCAD画像なんかが出回っておりまする。

 417はWEとかMSという表記をせずに年度表記になりましたね。何となくXRAY的。分りやすいといえば分りやすいか。私は持っていない為、変更点での変化がどの程度影響するとか、不満部分が改善するとかは分りませんが、417使いとしては気になる点もあるのでしょうなぁ。

 驚いたというか、そう来るのか?と思ったのが、380モーター+Li-Fe1100の組み合わせカテゴリーの新設です。ミニとトゥエルブ。トウェルブのボディーって、ワコールですかね?ラジコンキッドも多少は読んでいた身としては、ポルシェが出たらいいなぁ。なんて思う。このパワーソースだと相当おとなしいと思うので、とっかかりとしては面白いかもしれないですね。

 M-Fourという名の4WDミニは固有のカテゴリーとなるでしょうから、今後を見据えたら気にするべき存在かと思いますが、どの程度食いつかれるでしょうねぇ。('A`)代表権が無くなっても、向こう1~2年は現状のミニクラスも開催してくれると信じてますので、私はそちらに付き合うんじゃないかと思っております。

 ガラパゴス状態からかなり融通の利く環境になった印象のあるタミヤ関連レースですが、これでまたちょっとガラパゴス化しちゃうと思われます。が、ランニングコストに反映したり、その提案が意外とうけがいいものであった場合は、それ相応に盛り上がると思いますので、大事に育ててほしいなぁと思います。


 個人的にはボディ新作に興味あり。アウディとフェラーリはタミチャレで使えるかな?使えるなら特性無視でアウディだけ使っていそうな気がするな。ヽ(`Д´)ノちゃんとくまどりラインでライトが発光しちゃおうものなら軽失禁ですよ。うふふ。


 さて、色々煮詰まってアクばっかりぶくぶくと湧き出ている状態ですが、頑張ってますよ。ええ。


 ネタというか、こういう感じでいこうか。というモノが降りて来ない。('A`)どうしたもんか・・・

2011/09/14 Wed. 09:10 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

土収め?とか、お腹が空かなかった話なんぞ。 

 日曜日はSEUNさんとOTBアリーナ初開催のタミヤバギチャレレースがありました。前の雑記でも触れましたが、どちらも参加コストはほぼ同じなので、行きたい方を選ばせて頂きました。レース続きで心がくたびれていたのもありますが、201を冬眠させる前に、土の上で走らせて供養?じゃないな、土納めみたいなもんをしたかったのです。跳んで・跳ねて・刺さって・落ちる。を満喫してから来年まで御休み頂く事にしました。

 そんな感じで移動開始。場所は青森方面からだと盛岡南ICで降りて15分?くらいでしょうか?近所まではナビでいったのですが固まってしまい、実は直ぐ目の前にあったのに、ABEX氏に先導して頂きました。ありがたや。知ってしまえば迷う事無く辿り着けます。

 私有地の為、行けば遊べるという訳ではないそうなので、利用の際はプライムさんへ事前に連絡する等して許可を取ってからの利用となるそうです。電源なし、トイレなし。車で2~3分の距離にコンビニやスーパー等があり、そこを利用するような格好になります。

 当日は松尾八幡平IC前の坂を下る頃から視界の悪い霧雨が続く状態でした。コースに到着してからも霧吹きのような霧雨は止まずに降り続けていました。タープ張って準備開始です。えむ2さんやゆ~ぞ~さんも到着。ハガ兄弟の御二方もいらっしゃいました。沿岸からの刺客多しですね。

 朝一で充電始めつつ、ここ数年やった事がなかった現場でのコミュ研開始。('A`)いや~、緊張するって。ブラシ焦げまくっているので気休めですが、真っ黒コミュのままよりは精神衛生上マシかと。

 雨の影響で路面はしっとり引き締まり。もし強く降って来る様になったら残念な事になると思って早速走らせます。いや~楽しいですね~~。ヽ(`Д´)ノ土の上の2WDって難しいと聞いていただけに、もっとコントロールが難しいもんだと思っていたのですが、アスファルトの上で走るのと大差ないどころか、それよりもいいんじゃない?と思うくらい。

 んで、相変わらずモーターコネクターが弱くて、グラステープで縛り付けておいても外れる事多々ありまして、終日それに悩まされるものの、それ以外はこの調子だといいかもしれない。そう思える感触がありました。
 帰ってきた車は土だらけ。いやぁ、らしいじゃないですか。

 そんな感じで、進行の緩さも手伝って走り放題。コースはなかなかチャレンジングで、見え方なのか奥のテーブルトップでワープする事多々。('A`)慣れても苦手でしたねぇ。
 そうこうしているうちに雨が上がりまして、薄ら寒い感じもなくなり、快適な環境が整いつつありました。ここで、路面が乾き始めます。そうして土が砂っぽさを取り戻してきたら、感触が激変。難しさが表面化し始めました。不用意な事するとお尻滑るし、雑にステアを切るとスナップオーバーみたいにもなります。ああ、これが本来の難しさだとしたら、朝一のあの状況は、いわゆるメガグリップ警報発令中の状態だったんだなぁ。と感じて、その新鮮さに驚いてました。

 ゆ~ぞ~さん曰く、ヤタベのコースは顔が映るくらいテカテカになることもあるそうで、CHO選手が半信半疑で見てみたら、ほんとにそうだったと驚いてたエピソードを聞かされまして、本場のメガグリップって、どんな事になるんだろう?と、軽くビビッたのは内緒だ。

 挙動を穏やかに振れるかな?と、ジオメトリーを少々いじりアジャストしたら、難しさはそこそこ解消されました。しかし、先に書いたモーター接続の不備が当日の対策では完治せず、着地するとそのまま死亡してしまう状況が重なり成績そのものはグデグデでしたが、そんな中でも他車とバトルで絡んでみたり、単独でも少し速く走れたりする事があると気持ちよくて、常に笑いが絶えない感じでした。そんな中でもメキメキ速くなるTERU氏や、衝撃の曲がらない理由判明カーン氏の本来の走りはすばらしく、マーシャルしてても楽しませてもらえました。やはりOFF慣れしている皆様には、それなりの引き出しがあって、やってる分速いです。私は賑やかしみたいなもんでしたので、そういう機会に触れられて、とてもタメになった気がします。

 当日は肉イベントもありまして、しこたま食わせて頂きました。旨かったです。食い過ぎて、翌日の朝もお腹空きませんでした。

 そんな感じで楽しむだけ楽しんだバギーレース。私が入手した201は元々土の上で活躍していたらしく、車体には赤土が食い込んで取れない状態でした。そんな201は走る舞台を舗装路面に変えてしまったのが私ですが、こうして土の上に戻してみると、なんとなくいきいきした感じが戻ったようで嬉しかったですねぇ。これから掃除して来年まで御休み頂く事になります。また来年、よろしくおねがいしますね。

 レースを終えて撤収。プライムさんに寄って小物購入して家路に着きます。盛岡ジャスコ前は無料通行ゲート渋滞から派生した長蛇の列で大変な事に。そのまま帰らずにジャスコで時間潰そうかと思い、ブラつきながらちょっと時間潰して、落ち着いた頃に再出発。それでもゲートに向けて長蛇の列は継続してましたねぇ。そこをETCなんでするするっと抜けさせてもらって本線突入。後はサクサクと帰ってきました。

 徐々に燃費が伸びてきたのか、ギリギリ踏まないペースでECOランプ点灯継続状態が長かったお陰か分りませんが、燃費計で13.8km/ℓをマーク。いいですね~。弘前~盛岡間の上下左右が激しい区間だけでこれが出るのは悪くない。ラジ荷物無しの一人乗車で13.1kmくらいだった覚えがあるので、地味に伸びてますな。

 ああ、東京まで行ってみたい。多分、越えられなかった16km台は出せるような気がする…。計算上はギリ無給油で届くって凄いなぁ…。

 そんな感じで今週は始まりまして、目下、頂いたお仕事と、週末の工藤模型さんの準備を並行しないといけない感じでございます。頑張らねばなるまい・・・。

 動画や写真は後程。まだ編集出来てないもので。('A`)

2011/09/13 Tue. 18:12 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

疲弊の週末。地元シリーズ戦編。 

 何時もの如く結果掲載催促メールを頂く。('A`)す、すんません。速攻作ってアップしました…。

なんかぐったりしたままなんすよ。イネ科の粉に弱いらしく、最近は鼻と目に怪しさがあり、益々ぐったり。飛んでるらしいので、身に覚えのある方は身構えた方がいいかもしれないですね。


 そんな感じで、話は宮城大会から帰る道中へ。日付が変るころまでに戻らなければならない用事はコレでした。

ようやく移行出来ました。

 元デンコードーで現ケーズの知人が居まして、担当のジャンルは違えども家電購入の際はご贔屓にさせて頂いてます。県内勤務から移動で南下が始まり、現在は岩手某所にて勤務中。携帯購入の際も世話してもらいました。
 地デジ移行最終月になって、対応してない私はようやく腰が上がったのですが、駆け込み需要で品物は即手に入らない状況でした。レコーダーのみ対応してたので切迫感はなく、そのうち入手出来ればいいか。と、彼に相談。手柄にしたけりゃ、そちらから買うよ。納品は実家に帰る用事のついでで構わないよ。と、打診してみたらOKの返事が来まして、機種選定して入荷待ちをしてました。

 9月中旬~下旬入荷予定という返事だったので余裕かましていたのですが、宮城大会直前に入荷の連絡と、3日に青森に戻る用事があるので持って行きますよ~。という連絡が。この機会を逃すと、次にまた青森に戻る用事が出来た時に持ち越しになるので、意地でも今日中に済ませねば。と、思った次第。

 それを見越して金曜日のうちに重い29型ブラウン管を自室から引き摺り下ろして、処分の為引き渡す準備をしておきました。・・・これを済ませてから手首グキリ事件を起したので、ある意味助かりました。あんな重たいモン、手首痛いまま階段降りたり出来ないっすよ。('A`)

 で、宮城から帰宅後、処分テレビを積んで彼と合流。その場で新品受け取って、古テレビ処分をお願いしてきました。ん~。10年使うつもりでしたが、9年だったか~・・・。ま、仕方あるまい。長らく活躍してくれてありがとう。一度、窓あけて出かけたら、もの凄い横殴りの雨が降って水浸しになる災難に遭った事もあったけど、それ以外は何事も無くでした。

 で、バトンタッチされたのがこいつですが、32型って安いんですねぇ。びっくりします。LEDというだけで、あとは機能がほとんどないスタンダードモデルですが、これで充分です。長持ちしてくれるといいですねぇ。

 帰宅後早速設置と設定。うひょ~。いいんじゃなーい?ってな塩梅。これでようやく移行完了です。こういうデジタル環境が整い始めると、スカパーHDにしたいとか、そういう欲求も芽生えたりしてきますが、そこはちょっと我慢します。安いとはいえ散財だし。('A`)シオシオっす。

 で、日曜朝。ねほいだ。疲れが全然取れてない。('A`)ABEX氏から電話頂いて時間経った事もあったけど、にしてもねほいだ。調子悪くてどうしようか悩んでいたのですが、Mr.T氏からの呼び出しを受けて、大遅刻ながらようやくコースへ。H田氏から欠席のメールが来ていたので、少ないだろうな~。と、思っていたら、珍しい参加者として○山氏が。(゚Д゚)をを。

 とりあえず、のたくたと準備を進めます。ダルさと頭痛が半端無く、更に9月じゃない位の暑い日でしたから、黙っているだけでも体力削られます。正直、何度か頭から血の気が引いてめまい起しかかっていたりします。('A`)久々ですな。あそこまで追い込まれたのは。寝不足で400cc献血した直後に動けなくなった時を思い出しました。

 その想定外の暑さ故にタイヤが無い。前回のレースで使った40Rは終わってる。予選は中古36Rで走るなりに走って出したタイムのみ。お昼休みに昼飯買い出しのついでにお店でタイヤ買おうとしたら40R売り切れ。代わりになりそうなタイヤもない状況。終了。

 そんな感じで始まった決勝は車も不調。人間も散漫でいいところなし。車に関しては、決勝直前にスペアのないスプールが終わっていたのが発覚。片方のみロックゆるゆるの状態での走行でした。そんな状態でしたから、総合でもドベ。前回の天国から一気にぢごくですね。そんなもんです。こういう時にいい成績なんて望んじゃいけません。反省しましょう。それだけでした。

 決勝の塩梅はこんな感じで。代わり映えの無いアングルで申し訳ないっす。バードビューで撮影できるところがあればいいんですがねぇ。

1ラウンド目


2ラウンド目


3ラウンド目



 満身創痍で帰宅して、あとはほんとにぐったりしていただけでしたが、これで眠れる…訳ではなかった。おっさんお得意のお腹ブレイクで、出るまで寝られず。生放送のインディ見れちゃったくらいですから、寝てないのと一緒。('A`)

 月曜日、どうしていたかあまり覚えておりやせん・・・。週末だってのに、微妙にダルいままです。なんといっても夏日が未だに続くってどうよ?暑いんだって。日没早いからお昼過ぎから外が眩しすぎて嫌だし・・・('A`)

2011/09/09 Fri. 12:45 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 0

top △

タミグラ宮城大会。内容編(加筆完成版) 

 遅ればせながら、ホームページTOPのレース案内を少し更新しました。もう週末に迫ってきているレースもあるので今更感が凄くて申し訳ないです。プライムさんのバギチャレ掲載し忘れちゃうし。('A`)後程追記します。

 今週末は天候次第というのもありますが、人間のモチベーションさえあればレースには行きたい。けど、現状は休みたい感じもあります。SEUNさんのタミチャレとプライムさんのバギチャレを天秤にかける事になりますが、諸経費はどっち行っても大差なし。SEUNさんはタイヤ代。プライムさんは高速代。捻出厳しいね。出歩き過ぎてますもの。('A`)

 個人的には久々に土の上で遊んでみたい気もしてますので、バギチャレに傾いてます。タミグラ仕様そのまんまで参加OKだし、また1年近く冬眠させてしまう前に、思いっきり飛び跳ねてくるのもよかろう。ってな塩梅です。でも、色々溜め込んでるものもあるので悠長にもしていられない。すごく微妙なところです。


話は変ってタミグラ宮城の続きです。オープニングレースの前列って・・・。2.4になってから、ゼッケンが若い番号しか当らなくなってきたなぁ。なんだろ?なんの法則が働いているんだろう??('A`)と思いながらスタートラインへ。お昼過ぎてからこの日初めての、

マーシャルアーーンドライバーズ。オーーンザトーーーン。

プーーーッ

 あ、みんな様子探った感じになってない?と、思うような静かな走り出し。ベタ踏み握りをしたお陰か車1台分前に出てしまいました。これで1コーナーの進入が楽になり、先頭のままインフィールドへ。そつなくこなしてTOPのまま周回を重ねます。

 実は練習走行時から若干コースレイアウトを変えられまして、複雑なように見えて、実は小さく切り返しを続けるだけで良かったインフィールトがきついコーナーに変ってました。練習の感覚のままだとパイロンに乗ってしまうか、イン側を仕切り板にヒットしちゃいそうになってました。
 そこを気をつけてヒタヒタ走っていると、後方との差が付き始めて更に楽に。ラップ処理にヒヤヒヤしながらも大きく崩す事は無くヒート唯一の12周突入でTOPゴール。幸先良いスタートとなりました。いきなり目標参考タイムにされてしまいました。とりあえず、これでAメインには残れるだろうという安心感は芽生えました。

 次に出走したてんいん氏が更に好調。記録を塗り返して暫定TOPに躍り出ます。そして、このヒートはウィリーさんが多々おられた。('A`)すごいなぁ・・・ウィっちゃうんだねぇ。
 1回目が終了した暫定順位はてんいん氏がTOPで2番手が私。この2台が12周突入してました。

 この後、続々と予選が消化されていきます。かっつかつです。天候の悪さから、大本営もとにかく予選を1ラウンドでいいから消化したい。そんな意気込みが見られました。この時点では日差しも結構なもんで、暑い宮城大会になりそうな気配でした。ただ、降っては止む読めない天候は相変わらずなので、会場の皆様は、とにかく降ってくれるな。としか思ってなかったと思います。

 予選の模様は動画でどうぞ。


バギー4WD予選。ハガブラザー氏がTOPでしたね。カーン氏かと思ってました。えむ2氏のマエズミドゥルガもチラリと見えます。予選2回目があればえむ2氏追っかけで撮影する予定だったんですがねぇ。


M-05予選。ここは実力者が集まってましたね。岩手Aメインの面子が多々。このヒートはUMA氏をメインで追っかけしてます。先に貼ったバギー同様に2回目はえむ2氏追っかけの予定でした。


タミグラ11予選。番長氏追っかけしてます。ほんとに追っかけましたが。('A`)前列スタートになる2回目は期待される感じでしたがねぇ。天候にゃあ勝てません。


 で、このタミグラ11の撮影を終えて、そろそろ自分のGT-Aの出走準備に取り掛かろうかと思ったその時、前振りもないまま多量雨が落ちて来てしまいました。それは風の強さと相まって激しい横殴りの雨となってしまい、タープだけでは厳しい状態のままピットは地獄絵図と化してました。みんなビショビショ。('A`)

 そのまま晴れ間が迫ってくるような気配が無い為、已む無く残りのレースは中止という決定が下されました。宮城大会は2日間開催の時は片方の日が雨で中止というジンクスが続いてましたが、今年は1日開催。その1日の半分消化するかしないかで雨天中止という、開催確立半分の法則はしっかり発動する奇跡を見せ付けてくれやがりました。('A`)いや、見せ付けなくてもいいからさ・・・

 撤収作業もままならない雨が続く中、皆片付けに追われます。私はトランクの中だけ片付けなので雨風関係なく楽なもんです。雨脚が弱くなった頃を見計らって、コース撤収等が始まりました。出来そうなところだけ手伝ってました。

 と同時に表彰式があった模様。予選を消化出来たクラスのみ、予選1回目の結果をそのまま順位として反映させる事となったらしく、消化しきれなかったタミグラ11とGT-Aを除くクラスTOPには代表権が送られました。M-06ではたれ氏が。M-05では岩手で勝てる気がしなかった御方が順当にTOPで代表権頂いてましたね~。こわいっすよ。('A`)

 んで、バギー。一応2位なので、楯とバギーファイナル代表権プレートを頂いてしまいました。でも、とても掛川のファイナルには行けそうも無いので、代表権に関しては早々に辞退するので、繰上げで4位の方に。と申し出たんですが、葉書で辞退してくれればそれでいいという事になってしまった。良かったんだろうか?と思いながらも記念品だけ頂いてしまいました。

 表彰台すら届かなかった自分が、今年はトロフィーと楯1個ずつゲットですよ。出来過ぎていて気味が悪い感じもありますが、素直に喜びたいと思います。今回の結果で、ちょっとポイント増えるだろうし。しかし、GT-A走りたかったなぁ~。・゚・(ノД`)・゚・。。

 そんな感じで今年のタミグラ宮城は終了しました。

 この後、宮城でご贔屓になっているGS(単に通り道にあるだけなんですがね。)で給油を少々。その足でタムタム仙台へ向かい散財。散々ウロウロする。マーク印のギヤデフオイルの価格にせがれがキュンとなってみたり、要る物だけカゴに放り込んでいたら大変な事になって、もう一度考え直しながら選び直したりしてましたら結構なお時間に。とりあえず、その日は日付が変る頃までには弘前に戻らなければならない用事がありましたので、カーペット走り込みは諦めました。

 駅前に向かいます。パルコの屋上駐車場に行ってみたのですが、上り下りがまさしくトミカ立体駐車場ってな塩梅で、角度強くて狭くてカーブきつくて辛い辛い。('A`)ストさんって、ちょっと長い感じはあるけど長い部類の車じゃないのに、ウナギみたいに長く感じるってどうよ。ず~っと左フロントと右リヤをこすっちゃいそうな感覚で上り下りしましたよ。これだけで疲労度が上がった気がする。
 車停めて駅構内へ。きすけさんで牛タン定食1.5を食す。ああ旨いなぁ。震災後の原発ゴタゴタで、牛タン食えなくなっていたらどうしよう?という心配してたのですが、フォロワーさんから「アメリカ産なんで大丈夫ですよ?」と教えて頂きまして、心置きなく食す事が出来ました。宮城泊りがけならばアルコールもプラスでウハウハでしたが、それは流石に駄目なので、しっかりベロを味わってきました。うまし。ああ、うまし。ヽ(`Д´)ノテールスープガブ飲みしてもいいくらい。

その足で構内のお土産コーナー徘徊。やっぱりというか、残念でならないのは、帰りの道中つまむのが楽しみだった直江さんのとうふかまぼこが消えていた事。工場被災して休業なのは知っていましたが、その情報も震災直後の頃の話で、もしかしたら再開したりしてないかな?という淡い期待は持っていたのですが・・・('A`)残念で仕方ありません。廃業にまでなっていたらほんとに悲しいなぁ。

 また食べれるようになるんだろうか?と、ちょっと凹む。

 腹も満たしていざ帰らん。といった感じで宮城を後にします。道中は結構眠気に襲われて小休止が増えました。金成で休憩中に、先行していたABEX氏よりメールを頂く。この先事故車両あり。気をつけて。という内容。閉鎖されると厄介だな~。と、とりあえず事故があった付近まで急ぎます。車線規制のみで通過はできて一安心。その節はありがとうございました。ヽ(`Д´)

 その後も眠気と戦いながら走り続けましたが、どうにも危ないと判断して小坂のPAで仮眠という名のマジ寝を少々。時間的には約束の頃合い丁度に弘前到着。その日最後の用事を済ませます。モノの受け取りと処分してもらう物の引渡しを済ませてその日の用事は全て終了。ようやく帰宅して、受け取ったものをセッティング。これでさっぱりしました。

 さて、ヘロヘロの状態だが、明日(今朝)は地元レースなんだよね。という、連戦最後の日曜日へ続きます。

2011/09/06 Tue. 07:45 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 5

top △

疲弊の週末。タミグラ宮城大会導入編 

ああ、もう心底若くないなぁ。・・・('A`)と思ったここ数日のお話でも。

 金曜日。深夜の宮城遠征に備えて給油と空気圧チェック。震災後の路面状況が・・・という話が耳に残っていたので、念の為というつもりでホイールナット増し締めしておこうと作業を始めます。もう日が沈んで玄関先の明かりだけでの作業。・・・暗かったから気付けなかった訳でもないか…。

 順調に作業を進めて4本目のタイヤのナットを数個締めて、残り2個程の時。ぐいとチカラを込めたトルクレンチのトルク量調整ダイヤルが緩んでいたらしく、体重が乗ったまま、右手がアクセル全開方向にぐりんと。ええ、手首が可動範囲を超えそうになりましたよ。

 ゴリゴリボギボギという音を立てながら・・・。

 いででで!!・゚・(ノД`)いかん。確実に駄目な感じで手首捻った。元々、右手首は若かりし頃にやらかして強打してしまい、可動範囲が狭い上に痛みが走るので、腕立て伏せがちゃんと出来なかったりするのですよ。その時と同じ方向に捻った。やばい。あの寝ていられない激痛が襲ってくるのか・・・。
しかも明日レースなのに、手が動かないってどうするんだよ…。と、打ちひしがれる。('A`)

 念を入れたらコレですよ。石橋を叩いて壊した事例となりました。しかし、ダイヤル固定ナットが緩んでいたとは気が付かなかった。テキトウな感覚でやっていた自分が悪いので自業自得。仕方ないさね。湿布液塗り込むと幹部奥に届いていくような感覚。ってことは痛むな。いきなり凹むなぁ。

 実際のところ確かに痛みましたが、気に障る程度で収まりました。プロポ操作も問題なし。ちょっとチカラは込められないかな?程度。土曜日終日手を庇いながらあれこれ作業をしたり運転してましたので、いつもよりくたびれました。日曜日になって、手の甲の広範囲が赤黒く内出血しているのが見えるようになりました。触ると痛いので、ここが痛んでいるみたいです。ゴリゴリボキボキ鳴って痛むだけで済んだとは思っていませんでしたので、割と冷静。月曜日の段階ではかなり回復。内出血の跡も徐々に薄くなってきてます。


 そんな出だしのタミグラ宮城大会でございます。金曜日早めに就寝し、夜中の2時頃活動開始。仙台まで4時間くらいというイメージがあるので、まぁ、休憩込みで6時頃には現地入り出来るだろう。ってな塩梅で移動開始。意外と快調。ただ、台風に向かって行く格好になったので、途中何度も横に揺さ振られる感覚があって怖かったですねぇ。天候もめまぐるしく変ります。

 そんなの気にしながらぼけ~っと巡航していたら、休憩予定だった前沢PAを華麗にスルー。('A`)ああ、食事処をみすみす逃すとは。ってな訳で長者原PAまで一気に。休憩と朝食を済ませます。会場でゆっくり飲み食い出来る雰囲気は無いと思い、結構がっつり頂きました。この時点では天候曇り。何とかなるのかな?という期待も少し。そして、PAに八戸ナンバーの某御方が昨年同様居たりするのかな?と、鶴巣とかのPAを通り過ぎる際にチラ見したりしながら南下を続けると、雨脚が強くなってきた。嫌な感じだなぁ。と思いながら泉過ぎて出口が近付いてくる頃には雨脚止まらず。高速降りて、会場に向かう時にはじゃーじゃー降り。ああ、駄目かな。と、土曜日の予定をタムタム仙台のカーペットコースでミニ特訓に変えざるを得ないな。と、思いました。

 会場に到着すると、見慣れた皆様か既に待機中でした。車はコースサイドに駐車出来たので運が良かった。ご挨拶がてら「雨が上がってほしいですね~。」と天候の回復を願います。

 今年は1日開催で、代表権のかかるクラスが大半なだけに、大本営としても開催にこぎつけたい模様。連日開催日程の場合と比べても、状況判断をかなり遅らせてました。

 そう、大本営が中止と言うまで、中止ではないのですよ。青いモリさま。(`ー´)せっかく来ていたのですから、中止宣言が出るまでは待機しててもよかったのですよ~。考え様によっては美味しい牛タン食べて帰るもヨシ。タムタムで散財しちゃうも良し。とんぼ返りは勿体無いっす。何かかしら理由探して楽しみませんと。

 楽しみ過ぎると牛タン、散財、レース、全てこなして大変な事になりますが気にしない。

 きすけの牛タン定食1.5んまかった~。

 散財もしたなぁ。



 来月の引き落としが怖いなぁ。('A`)高速1,000円再開しないかなぁ。


 当初のレース決行判断をする時間を過ぎても待機は続きます。台風のお陰で雨は降るのですが寒くない。風も強いけど冷たくない。雲間から日差しが出ると、あっという間に乾きそうな気配がする為、決断しにくい状況ではありました。

 乾き始めた頃にコース設営やお立ち台も設置。運営テントも広げて準備開始となりました。途中、降ったり止んだりしながらも、復調する路面状況もあった為、かなり遅れたもののレース決行が宣言されました。路面回復の為にノーカウント方式で自由に走り込める時間も設けられ、車検も始まりました。

 ピットどうしようか?と思ったのですが、車はその場に駐車したままで良いという事と、不安定な天候であったのを考慮して、タープは出さずに車の荷室の中だけで済ませられるようにトランクピットにしました。椅子だけ出してりゃいいし、雨が降ったら締めるだけ。強風でタープ飛ばされる心配しなくてもいいし、目の前がコースという見事な砂被り席だったので、レース観戦も出来てよかったです。

 準備に遅れた事と、車検の長蛇の列に並んでしまった事でノーカウントの自由走行には間に合わなかった。('A`)うう。

 車検で並んでぼけーっとしている時に、後ろから声をかけられる。面識は無かったけどツイッターのフォロワーさんである、stirys15氏こと、N本君でした。(年齢差もあるから、君呼ばわりでよろしいかしら?)後から読み直したら、本人の特徴書いて、見かけたら声かけてください。って書いてましたね。すっかり見落としてました。すんません。本人、手首の地味な痛みと眠気、安心出来ない天候にやきもきする等、かなり気が散ってました。

 自分の車検が終わる頃にはノーカウント走行チャンスは既に終了。GT-Aの練習走行時間までもう少し。といったところでした。さて、準備しましょう。セットは走り込みの状態そのままで、タイヤを考えます。雨上がりの湿度の高い状況でしたから、GP向けのウエッティな傾向には合うかもしれない。と、GP-Aを選択。

 自分の出走順が回ってきましたので、早速コースイン。そこそこの面子が集う感じでしたが、決行悪くない感じで走れてます。もうちょっとアンダー少な目が理想ですが、フロントでぐいぐいし過ぎないので、踏んで曲げるのが楽な感じ。フルタイムなんで吹っ飛ばされにくいし、あら、意外といいじゃない。と、鼻穴広がり気味で練習終了。

 戻ってきたタイヤは結構熱を帯びてます。乾き始めですが、日差しが戻ってきた事と、暖かい風が吹き続けている事で路面温度は想像以上に高い模様。測ってみると27.5℃くらい。B3とのチェンジオーバータイミング間近といった感じでした。今後の状況を見たいので、このまま暑くなる事を想定してB3を予選1回目に投入する事を決めました。駄目なら2回目でGP-Aにするだけです。

 バギーの練習も間も無く始まりましたが、ウェイト増量効果で曲がりが良くなって、岩手ほど苦しい感じはないみたいです。こちらも結構好調。エントリーした2クラス共に予選への期待が膨らみました。



 もう時刻はお昼。ここからドラミが始まる異例の状況。進行的には、Aメイン以外決勝はないな。と思われました。集合写真撮影とレース説明を終えて恒例のコンデレ。最初に選ばれたのが、青森から参加のK川氏のエブロ?でした!!本人驚いてましたが、笑みがこぼれてましたよ。良かったっす。

 そして、しばらくしたら岩手ではスルーされた私のバギーが選ばれました。ヽ(`Д´)ノ嬉しい。

 あれ?これって貰ってない??という妙な空気になりましたが、同じモチーフのバルドルはもらった事はあるのですよ。201Xボディでは初です。似てると言うかほぼ一緒なんで、微妙なのは確かに微妙。

 M上氏の奥様とご友人?のペアルックボディも受賞。良かったっす。


 ってな事をしている間に組み合わせの張り出しも。2WDバギーからスタートで1組目デスヨ。かっつかつだなぁ。車体はコンデレ撮影待ちで待機中なので軽く焦る。('A`)追い充ちょっとしたら電圧上がって、バッテリーチェックのところでしばらくフルスロットル握りでOKでるまで落ち着かせるなどの慌しさもありながら、どうにか準備完了。

 雨に翻弄されながらも、遅れてどうにか宮城大会が動き出しました。

2011/09/05 Mon. 12:39 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

明後日はタミグラ宮城大会ですが・・・ 

 出現個数が少なかったせいか、思い出したように台風さんが調子こきまくりで迫ってきてますね。('A`)

 勢いといい、ルートといい、日本海に抜けて勢いを取り戻してから急激に右カーブで接近してくると19号状態ですね。凄く気がかり。週末は岡山でのEPT全日本もあれば、タミグラ長野大会もある。そして、宮城大会も。

 なんでこんな時に来ちゃうかねぇ。( ´・ω・`)白面の者、仕事しすぎダヨ。宮城も長野も台風避けたように日程変わったのに、変わった日程に合わせなくてもイイノニネー。


 そんな感じで楽観視する方が無理な予報も出ている宮城大会。個人的には天候関係なく現地へ向かう予定です。一応、レースが出来なくても用事は作るつもりです。

 ワーチャンに向けてカーペットでセット確認等したいところですが、開催時期は地元室内戦が始まるのとほぼ一緒。多分、地元での走り込みは出来ないでしょう。そう思って、10月の東京大会の土曜日にM-05が開催されるなら修行しに行く予定でもあります。ROXは面子もすばらしいでしょうから、プレワーチャンとしては充分過ぎると思ってます。行くとなると深夜バスで往復する疲弊弾丸ツアーは確定ですが、行く価値はあると思っているので楽しみだったりします。エントリー受理されれば。の話ですが…('A`)

 現状、この1チャンスのみだろうなぁと考えていたのですが、とある御方からの入れ知恵で、仙台タムタムさんにカーペットコースがあるというのが分かりました。ならばこの機会を逃さず使えばいいと思いましたので、レースが雨天中止ならば、こちらのコースでカーペットのセット傾向探る特訓してこようと思います。

 高速1,000円が生きてさえいれば、ちょっと日常辛抱重ねて路銀を捻出し、何度か通う事も考えたかもしれませんが、現状ETC割引の恩恵あっても結構なお金がかかるだけに、このタムタム特訓も1チャンスと考えてます。


 そんな訳で荷物が増えた。室内で使っていたMグリも出してこないと・・・。これはこれで楽しみかも。

2011/09/01 Thu. 22:55 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。