日曜日 

 新婚さんいらっしゃい。までは、偏頭痛で起動停止してましたが、午後からお外タミチャレの準備のつもりで色々お試し。

 センサードコンボ16TをTaga氏より買ってきてもらいましたので、手持ちのモーターを計測してみました。

センサレス18Tの計測値

 センサレス18Tでこんな塩梅。タミチャレでは、センサード16Tと一緒の扱いなんですが・・・。

センサード16Tの測定値

 センサード16Tはこの値。('A`)アレ?おかしくね??

センサレス16Tの測定値

 センサレス16Tはこんな感じ。むしろ16T同士でいい勝負じゃないの?と思いたくなる結果でした。2000回転も開きがあるのなら勝負にならないんじゃないのか?やっぱり、センサレス淘汰の一環なのかも。と、凹む。('A`)


 モーター単体の当りハズレもあるのかな?とも思いましたが、ここら辺に関しては何歩も先に進んでいる番長氏より色々助言を頂き、ごく普通のスペックだというのは分りました。で、その助言の中で色々お聞きして、計測方法をちょっと変えます。

 GMN方式といいますか、アンプとモーターを繋いでスロットル握って回し、ブラシモーター用の測定器で回転数を見る方式にしてみると、またちょっと違う感じ。

コンボで回したセンサレス18T。アンプはその1。

 センサレス18Tで、ESC初期ロットの銀帯キャパシターが装着されたものでの値。モーターチェッカーよりも回ってますね~。けっこうな開きがあります。

18Tコンボの暖気が出来た頃の値。

 回し続けてモーターがぬるくなってきたら、ちょっと回転数上乗せ。

18TコンボのESC交換したもの。アンプその2を使用。

 こちらはESCを新たに買い直したもの。見た目の違いが金帯のキャパシターが装着されたものになってます。確か、初期ロット購入から1年後くらいに買ったものだと思います。更に回るのですよ。ひょっとしたら、ESCの程度やロット如何では、ちょっと盛る・盛らないの差は出るかもしれないですね。

センサレス16Tとアンプその1との組み合わせ数値。

 今度はセンサレス16Tでお試し。やっぱり1,000回転位上乗せ。

センサレス16Tとアンプその2の組み合わせ。

 アンプ変えると、もうちょっと回るのも同じですね。

センサード16Tの値。

 センサード16Tはこんな感じ。センサードの難点は、ピニオン付く側の軸部分が、ブラシモーターやセンサレスタイプのようにベアリングホルダー部分が突起として出ていない平坦な形状になってる為、計測器の定位置に固定出来ない事。自身の回転の振動で動き回る為、測定位置が変って回転数計測にムラが出来まくりになってしまいます。

 スロットル握りながら撮影してると両手が塞がるので、偶然取れた1枚みたいになってますが、ざっと均してみると、16,400回転はしてるっぽいです。

 データ見ながら悩んでましたが、実際のフィーリングによって違うところもあるようで、スペックのみの頭でっかちになっては駄目よ。という助言も頂きましたので、ここらへんは雪解け後の屋外でのびのび走れるようになってから検証したいと思います。


 この数値だけ見ると、Y地氏のM06がいい勝負の速さなのは分る気がするなぁ・・・。

 こんな事をしつつ、黙々と悪さをしてました。それはまた今度。
スポンサーサイト

2011/02/28 Mon. 13:20 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

レースの色々 

日曜日の事を。

 ミニはフロントダンパーの傾向と触れ幅に悩んでまして、現状攻めすぎな動きになってテールハッピーかつ転がり易いか、どっしり転がりにくいものの、ワイドラインっぽくなってしまう2択を強いられています。後者の方が安定するので、結局はこちらに落ち着きます。

 今回のレースもお昼休みまで時間が無い為、朝の練習走行と予選1回目までは難しい車のままで走行する事に。昼休みでオイルの入れ替えをして前回のセットに戻して対処。これが前述の後者のセットになります。これで自分の定番な挙動を得られました。

 今回もミニのエントリー数が多くメイン分けが発生します。Aメインに残る事は無理ではないタイムは出ていたので、予選2回目も中古タイヤで我慢の走り。決勝で初めて新品入れるようにしました。そのお陰でリヤが踏ん張り感アップとなり、決勝はああしたレースが出来た次第です。新品でなければあのタイムとペースは無理でした。サトシン選手を逃がしたまま終えていたでしょう。

 あとはセンサレス特有のどっかんに対して指が馴染みきれない為、お立ち台手前の細かな区間で踏み過ぎっぽいダサアンダーを連発してますねぇ・・・('A`)早くセンサードにスイッチしたいでゴザルよ。



 PHTONさんは2010年初頭のセットシートを真似て、前後同じダンパーと、リヤサスピンの高さを上げるセットを組み込んでみました。感触としては曲がり易い雰囲気。・・・外だとこの傾向がいいいかもしれない。しかーし、室内ではちょっとリヤのグリップ感が宜しくない。抜け方が唐突な感じがして、スロットルの煽りでリヤを踏ん張らせたつもりがプリンと滑る。そんな挙動のつかみ難さを感じました。

 去年まではサスピンの高さを変える場合、前後同じだけ上げるか、リヤに対してフロントが上がる傾向しか扱った事がありませんでした。ワンウェイ曲がりでそうなっていたと思うのですが、スプールになった事で違う傾向を見せるのかもしれない。そんな期待だけでの変更部分でしたが、考え過ぎだったみたいです。ここの部分は次回は通常位置に戻そうと思います。


 今回一番の注目点としては、新規で組んだタイヤが機能するかどうか?でした。一応、定番の新品を1セット用意し、4パック走行を過ぎた定番をメインで使い、空き時間に新しいタイヤを試して評価し、駄目だったら定番新品に履き替えよう。良いならそのまま履き続けてみよう。そう考えました。

 若干のサスセット変更はしたものの、クリップが落ち気味な定番から新規で組んだタイヤに変更してみると・・・・悪くない!!(゚Д゚)

 結構使える感じ。グリップ感もある。ちょっと転がり感があるけど食わない軽さではなく、ちゃんと車が動いて軽いので、悪くない。いやぁ、良かった良かった。コレで駄目ならどうしようか?と迷走する予定だったのですが、それには至らなかったみたいです。ヽ(`Д´)ノMr.T氏に試乗してもらって、特におかしく感じてはいないみたいでしたから、自分の好みだけに偏った出来のタイヤではないみたいです。

 あとはグリップ感の持ちの長さ。今までのように4パックは使えるようであれば、来期の新たな定番として決め打ちしても良いと判断しました。今回、予選3回目と決勝で使いましたので、次回の予選2回目までのタイムを見て判断しましょう。落ち幅が小さければ、頂いた残りを消費した以降はこちらに切り替えしていきます。

 問題はやっぱりホイール。ゼノンさん、小径・リブ低の製造止めないでいて下さいね・・・。('A`)ああしかし、安価だったホイールから一気に値上げだねぇ・・・。


 レース内容は予選1・2回目をレースレベルで使えないパック数を履き続けた定番中古でしのぐ事に。それに加えてセット変更が微妙な方向に振れてしまったのでぐでんぐでん。昼休みでタイヤを評価し、そのまま採用して挑んだ3回目は、昼休み以降の館内の温度上昇に伴ったハイグリップ化によって、下位の方々が続々とタイムを更新し、下手したらBメイン落ちの土俵際まで追い込まれた予選3回目となりました。

 車は微妙なままだったのですが、タイヤの恩恵、路面状況の好転に助けられて大きくタイムを更新し、とりあえずAメインに踏み止まる事が出来ました。決勝はスタート直後からグダグダ過ぎて、始まって早々にラップ処理される側の悪い循環に陥り、内容そのものは駄目なまま終わってしまいました。グリッドよりも下で終えた事でポント配点も減り、とうとうセイヤ君には抜かれてしまい、丸山選手にはシリを突かれるところまできてしまいました。それぞれ欠席無得点レースがあったのに巻き返しですよ。

・・・しょっぱい皆勤賞狙いは、所詮しょっぱいだけなのね。・゚・(ノД`)・゚・。。

 SEUN代表は代表なりに、リザルトでTOPに立てなくても、要所要所で若手二人を上回り、完勝気分を味あわせてはやらない強さを見せていたので流石だなぁ。と思います。たまにしか来なくても速いもんな~。

 今回は完全ザコキャラでしたので、次回最終戦はどうにか納得出来る走りに戻って終えたいですな。


 レース後のダベりではセイヤ君に色々悪さを吹き込む吹き込む。・・・どう反応してくれるかは分りませんが、ブンタマぱぱさんのサイフの中身が、ブーストかかったみたいに減っていくならしめたもん。ニヤニヤ。ま、とりあえず全日本の舞台に立つのが目標みたいですから、そっち頑張ったついでで構わないから、余裕が出来たらこっちにもおいで~。と、色々役に立たない話を吹き込んでみました。


 次回は一月後になります。ちょっと間隔が空いてしまいますが、その間に今日の様な好天が続くようであれば、アウトドアシーズン到来が早いかもしれません。室内でレースする事もないかな?なんて状況もあって不思議ではないですが、最終戦も皆様遊びに来て下さいね。

 NRCサーキットでの走行が可能になれば、寿命が見え始めたAMBに変って、ARCへの計測システム変更が行われる事になっています。移行に伴っての慣れや不備への対応などの移行期間を設ける為、シリーズ戦開始は6月の第1日曜日からになるかもしれません。4月末から5月中の期間は試験運用で模擬レース形式での走行会は何度か行われるかもしれませんので、考え様によってはタイム計測しながら走行が出来るチャンスが多々あるかもしれません。近くなりましたら再度お知らせしますので、しばしお待ち下さいね。

2011/02/22 Tue. 13:46 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 3

top △

レース動画 

 どうにも動画の埋め込みコードが機能不全。なんでしょねぇ・・・('A`)

 ってな訳で。残り動画もアップしました。一応、埋め込みコードとURL一緒に掲載しておきますね。


10-11NRC室内シリーズ戦第7戦目ミニクラスBメイン決勝




10-11NRC室内シリーズ戦第7戦目スポーツクラス決勝




10-11NRC室内シリーズ戦第7戦目ストッククラスBメイン決勝




10-11NRC室内シリーズ戦第7戦目ストッククラスAメイン決勝




 内容的なものは次回に。

2011/02/22 Tue. 00:53 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

ステキなお目覚め。('A`) 

 片方の足のふくらはぎがつった痛みでモーニンコール。('A`)ヤメテ。

 色々ぐでぐでしてしまい、動画編集だけで終わってしまった昨晩。観戦側から「面白かったよ。」という評価を頂いたミニクラスAメイン決勝の模様です。楽しんで頂けて何よりですが、自分の心がペチッと折れた音がしたとかしないとか。・゚・(ノД`)・゚・。。うう。

 色んな話は動画をアップしつつ、次回以降頑張らせていただきやす。



・・・最近、ユーチューブの埋め込みコードが上手く機能しない時があるので、URLも貼っておきます。

NRC室内シリーズ戦第7戦目ミニクラスAメイン決勝

2011/02/21 Mon. 09:05 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

さて、どうなるかなぁ・・・('A`) 

 ストッククラス用のタイヤ。ふぁるさまのご好意で今シーズン分の定番を組む事は可能になりましたが、今回のようにどうにかこうにか入手し続けていく訳ではないので、次を考えなくてはいけません。

 で、今回、定番以外を一つ組んでみることに。次なる候補として挙げたのはゼノンのRP/ゼノンタイヤ向け小径デイッシュ。これにはリブの高低で2種類あるのですが、低い方をチョイスします。

 ・・・こちらは工藤模型にぶら下がっていた在庫から購入していた方ですが、先日お店から引き取って来た方はリブ高でした。('A`)・・・リブ指定もしないとこうなるのね。気をつけねばなるまい。

 組む前のホイール形状比較ですが、リブの間隔の違いってところでしょうか?ALEXはリブ自体が太めに入っているのですが、それを斜めに削って内側の方を落として低くしているようになってます。削れていない方の高さがリブの幅とすると、一般的なホイールのリブよりも1本分くらい外にリブがあるような感じになってます。

 ちょいとコレを怪しんでみます。

 原黒2を入れたタイヤで比較すると、少しゼノンの方に芯を感じる。芯の程度でいえば、ミクニのリブ落しの方がパフパフしてるんだよなぁ・・・。パフパフ加減で目指すのとは意味合いが違うのかもしれないな。と思って、ショルダー形状とサイドのヨレ方も比較してみると、各々微妙に違っておられる。難しい。

 こうなってくると、ALEXと原黒2は一蓮托生なんだろうな。という結論に至りまして、今後入手し易い新たな組み合わせを模索してみた方がいいかもと考え、ゼノンホイールには今まで使った事のなかったインナーを突っ込んでみました。使ってみて良い感触であるならば、来期はこちらで組める体制を作らないといけませんな。


 今までの自分の定番であるこの組み合わせが特別いい訳ではないのですよ。たまたま自分としては信用出来るグリップ感が得られたので、それ以上の向上心を求めていないだけなのです。なので、見知らぬ組み合わせで、更に良くなる事を知るチャンスでもあるのです。が、それ以上に落ちていくのはもっと怖い。非常にジリジリした感じではあるのですが、新たな組み合わせが良く機能してくれる事を願っております。

 新しい組み合わせは定番に比べてちょっと芯を感じるものの、インナーがヘタってない部分が大きいような気がするので、くたびれたら落ち着くと思われます。ショルダーのヨレ具合や形状もかなり似通っているとは思うので、何とかこれで済ませたいところ。


 ・・・昔の雑誌でインナー断面特集やってたような気がするんだけど、どこまで遡ればいいのかな。もう捨ててる可能性のほうが高いか・・・。今でも現役のインナーが沢山掲載されてるので、よい選定資料になるのだけど。('A`)


 こんな事してると、来月開幕予定のF-1で、長年ブリヂストンの高精度・高品質・良グリップなタイヤ供給にあぐらかき過ぎて、ピレリになってアジャストしきれずに右往左往しているチームの気持ちと同調してるような気がするなぁ。なんて、錯覚もしたりして。
 ま、私にしてみれば、今までの定番がまさにブリヂストン状態です。使い切ったらそれまでです。今までありがとうの一言に尽きます。伸びしろは無くとも、程々の位置でしぶとく走れていたのは今の定番のお陰です。感謝ですねぇ・・・。


 ってな事を昨日はやってました。土曜日は多分ダンパー組みながら横でバッテリー起こしをする位しか気力がないと思うので、先に組んでしまいました。さて、PHOTONのスペアとセッティングパーツも届いたし、日曜日はバクチ気味セットで行ってみましょうかね。

2011/02/18 Fri. 13:31 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

ギヤ慣らし。 

 昨日は組み上げてあったM05のギヤ慣らしをしながらダラダラと過ごす。強化黒ギヤに変更しましたが、ボールデフ用のギヤも早く欲しいですねぇ・・・。

 そんな事をしつつ近況や思うことなんぞ。

 今年のタミチャレ。ローカルルール導入は駄目よ。という御達しが来ているらしく、プライムさんではタミチャレに関してはレギュ遵守で行くそうです。

 タミチャレに11に関しては昨年もレギュ遵守でしたし、プライムさんがボディなんでもありのローカルルール入れたくらいで、基本的には前年度の感覚のままでいけます。昨年の仕様からファナイル以外はライトチューンに変更してギヤ比合わせるくらいですからねぇ。ま、こちらはいいとして、ミニクラスがちょいと厄介。

 大本営からの御達しがあるとなると、この前工藤模型若旦那がいいんじゃない?と言っていた、タミグラ仕様での参加は出来なくなるかもしれないですね。ま、タミチャレ併設時とローカルレースのみの場合があるので、タミチャレの時は遵守するか、エントリー数の関係で已む無くローカルルール混同しても、レギュ遵守した最上位車に代表権が行く様な配慮があれば何とかなるかもしれません。



 個人的にはミニへの興味が徐々に増え始めている状況を歓迎したいし、取り入れる事で減る一方だった地方レース人口に歯止めをかける材料として大事にしたい面があります。
 現在NRCで行っているミニレースのレギュは、少々のゴリ押しを何とか受け入れて頂いて、差はなるべく少なく、でも選択肢はそれなりに。というのを目指しているようにしております。その中で、実践して見せた事で取り入れられてもいいものは取り入れる。そういう姿勢は大事にしたいと思います。

 あまり本気でミニに打ち込む方々は居らず、あくまで片手間ながら、本命よりも気軽に出来る分、相応に楽しんでくれる。そんなスタンスが大半なので、手のかからない状態が作り易い事が、受け入れやすい条件になります。

 その後押しをしてくれた存在としてLi-Fe+ブラシレスを導入しての、管理の簡略化とランニングコスト低下があります。初期投資はそれなりでも、それがあることで長く続けようと思う。そういう考え方だってあります。

 一足早くタミグラのミニレギュ仕様を試験運用し、現状のスピードレンジから逸脱するような事がない事を見せられたことで、タミチャレ縛りは無いNRCでは、タミグラ仕様もOKにしようという事になりました。
 現状、ストッククラスのレースはほぼLi-Fe+ブラシレス化してしまっている為、この環境の利点に馴染んでしまっている私達にとって、ミニだけ旧態に戻る。そこまで考えが至る方は居ないのが実情です。
 しっかり地方タミチャレで勝って代表権を獲得し、その先のファイナルレースを見据えようとしている方は、遵守した環境を整えるのが大前提で行動する為、この限りではありませんが、多数の方々は、代表権とその先の事以前に、集まる為の体裁としてタミチャレを使っているのではないか?そう思う事が多々あります。

 去年はショップ別にレギュ適応緩和策が掲載された申込書が発行されたりしましたので、ボディがイタリアーノ指定になっていないけど、パワーソースがイタリアーノのままで走る方。タミヤ製バッテリーじゃないけど、緩和策に適応したもであれば用意出来るから参加する等、柔軟性に富んだ受け入れ態勢だった事で、継続性が保たれた一面があるのは否定出来ません。その事での不公平感も感じないままレースをしていた雰囲気もあります。

 私のような遵守出来る環境の人間に言わせると、「私は遵守のまま、これでどこでも走れるんだから、バッテリーの優劣云々以前に、あるものを使って参加するよ。」という考えでしたし、「遵守出来ないから参加しないよりは、出て台数増えたら楽しいから、緩いところは緩くても構わないよ。」という考えもしてました。相手が速い?だったら遵守の仕様で勝てるように頑張ればいい。それはそのまま自分の財産になるんだし。ってな感じで、折り合いはついてました。

 書いていて、「あ。これは折り合いが付く場合の例でしかないな。」と感じてはいます。シビアなところでは緩和策がグレーゾーンの突き合い以上に黒くなってしまう面もあるかもしれませんものね。良くもなく、悪くもなくを目指すなら、遵守が一番なのは理解はしているのですよ。ええ。
 ですが、それによってふるいにかけられてしまう方々が出てしまうのも実情です。タミグラ仕様でレースに参加出切るんだったら、ここだけに留まらないで外に目を向けてみたいという方は潜在的に居ます。そういう方々を引き込む為の入り口を、何とか整備出来ないものか。というのを御一考頂きたいところです。

 彼らはタミグラ仕様ならば導入は出来る。けど、それではタミチャレは参加出来ない。タミグラは参加出来るけど、それは地方にとっては年に一度程度のイベントでしかありません。繋げられたとしても、そこにしか繋がらないのです。

 昨今、タミグラ・タミチャレでの集客力は、JM系の一部の盛り上がりを除いては群を抜いて高いと感じます。地方は尚更そうです。私も多分に漏れず、その大人数での切磋琢磨が好きでハマっている人間です。遠征もその為にします。その、人の動きが動きを呼ぶ感じを大事にしたい気はします。


 田舎のご都合主義なワガママではありますが、現在、Li-Fe+ブラシレスへの移行を始めている流動期であるのならば、それを底辺を広げるチャンスとして活かさないテはないと思うのですよ。
 タミグラの時も人数は集中しますが、恒常的に関わるのはタミチャレの方です。そこでLi-Fe+ブラシレス化して、ランニングコスト低減というメーカー的には美味しくない面があったとしても、手間がかからず走れる分、走行時間が帯びるとしたら、相応に消耗品へ反映すると思いますし、間口が広がれば、タミグラもタミチャレも・・・と、レースに触れる機会が増して、そこに楽しみを見出せた方にとっては、その先に遵守すべき事柄があるなら合わせる理由も出来ます。

 タミグラだけLi-Fe+ブラシレスにしてしまうと、むしろそこでしか用の無い組み合わせとしてのイメージが先行するので、二の足を踏む方が多いのも事実です。

 個人的にはNRCのミニレギュもタミヤコンボ縛りにしてしまった方が、後々グダグダにならずに済む気はするのです。ツーリング用のESCをお下がりで使えた方が、コストがかからずいいという意見もあります。しかし、性能差の激しいボーダレス化を容認すると際限がなくなりますし、後からの調整という非常にめんどくさい作業を作ってしまう事になる為、コスト云々を理由にさせずにタミヤコンボ縛りは盛り込みたい気持ちです。

 が、せっかく買ったそのコンボ。タミグラくらいしか出番が無い。という状況になってしまう故に、強く押しにくい理由にもなってしまいました。これでタミチャレも。という話になっていたら、拡張性を持たせられて良いだろうな。という考えでしたのよ。


 ガチガチの遵守でなければというのなら、私は対応出来ますが、工藤模型で集まる方では、あと何人居るだろうな。というのが実情だと思います。タミチャレ併設のレースの方が参加台数が少なくなる、逆転の状況もありえるかもしれません。それはそれで遵守した人の中での勝者であれば構わないなら、そうなると思います。
 単発での代表権授与であれば、滑り止めの座席確保という面で注目されてもいいかもしれません。実際、そういう方であればこそ、しっかりファイナルも見据える良い選手という見方もできますからねぇ。代表権有るけど行かねーよ。ってな感じになるよりは有益ですもの。そういう人に来て欲しいと言うのも主催側の気持ちでしょう。

 ま、肩まで浸かるまでもう一押しの方々を、どうにか上手く汲み取るやり方もあっていいんなじゃいか?というのが私の意見でございます。ああ、何か支離滅裂ですが、とりあえず、NRCのミニレギュもまだまだ流動的という事でひとつ・・・。

2011/02/15 Tue. 14:17 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

支援物資到着!! 

 雑記でホイール難民になった事を書きましたが、それを見てホイールの存在を教えて下さった御方がいらっしゃいまして、こちらへ送って頂く事になりました。ものすごい感謝でございます。先週末の話でしたが、今日すでに到着してしまいました。

遠路はるばる。南国のかほり。

 消印や切手が南国ムード。そう、沖縄からなのですよ。(゚Д゚)日本の端から端まで旅したホイールが今ここに。

今期は間に合いそうです。ありがたや・・・。

 4組作れちゃいますので、室内は定番キープでどうにかなりそうです。親切に感謝しっぱなしでございますよ。


ふぁる日記typeR

 こちらの御方のご好意でございました。この度は本当にありがとうございました!!ヽ(`Д´)ノ

 昨年12月のタミチャレファイナルでご一緒していたのですが、特に面識の無いままだったでございます。ただ、ミツゾノ氏とお揃な方々が沖縄からの使者という認識だけはありましたので、その中のどなたかだ。という、おぼろげな認識のみしておりました。そんな人間でも手を差し伸べて頂いた事に感謝致します。


 そんな訳で。ITO選手に散々ニヤニヤされた件に関しては何とか解決。でもな、ITO氏は更にニヤニヤウェポンが控えてるからな~。油断ならねぇ・・・。

2011/02/14 Mon. 16:53 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

3連休 

 今回の週末は3連休でした。

 金曜日。西日が少々当るだけの、生活道路側の屋根雪が結構な量だったので落とす。落とさないと後で色々厄介なもので。落とすと車の出入り口に雪が積もった時の雪捨て場が無くなるので、落とした雪を早々に庭側へ移動させなければなりませんが、日没サスペンテッド。落とした雪は結構な氷塊混じり。明日はチカラ仕事だねぇ。

('A`)

 土曜日。お昼までは市内をウロウロ。車のオイル交換と給油。金曜日買いそびれていた本を買いに行くついでに、金曜日に見た「沈まぬ太陽」から感化され、見たくても機会がなかった「クライマーズ・ハイ」をレンタル。
 昼食後に昨日の続きの雪片付け。やっぱりしんどい。ひーこらしながら日没前には作業完了。人間過放電。夕食・入浴・映画鑑賞でバランスしながらストレージ充電。就寝。


 日曜日。ゴーカイジャーのOP見逃す。('A`)残り湯洗濯しつつ、今日はラジ車各種のメンテをしようと座って根っこを生やす。

 PHOTONを全バラ。デフ分解したのですが、何やら変。?同じように組んでるつもりなのに、効きが一定しないダメデフになってしまう。何で?とバラしては組んでを繰り返すと、何度目かでようやくいつものデフになる。何だろう、この気持ち悪さ・・・。ああ、これがまずかったんだろうな。という特定が出来ていないのがヤな感じ。

 補足説明なんぞないか?と、メーカーHPを見てみると、2010年セットの存在に気が付く。閲覧。ほへーん・・・そういう感じなのか~。と、いう事で傾向を少し取り入れてセット変更を施してみます。これで好みの動きが出たらしめたもんです。室内で今までの車ではまずやった事のない傾向なのですが、今年は近年とは違う条件で走っているので、アリなのかもしれない。と、思った次第。実際のところ、完コピー出来る材料がないし、環境の違うところでのセットなので合う気がしないのが本音なのですが、試すだけやってみたい傾向ではあるのですよ。

 ダンパーはレース日直前に組み直すので、それ以外を組んでジオメトリー調整しなおしてPHOTONは終了。

 続いてM05に取り掛かります。久々にモナカ割ってギヤを取り出し、ボールデフを再組み立て。思うところあってダメな子扱いしていたアルミデフハウジングを再度採用。スチールハウジングに交換した時に、アルミは片方がブレてしまっていたという事を書きましたが、カップ部分が若干広がっただけみたいで、プライヤーで握って矯正したら使えるレベルに戻りました。

 デフスクリューを締めこんでもナット側が負けないように、ナット+プラ部品から416デフ用のスチール一体型へ変更。ユニバピンプロテクター対応形状でなければ使えなかったパーツなので、アルミハウジングになって出番が回ってきました。で、いつもの重目デフにして組んで終了。
 ギヤはM06から採用された黒い樹脂の強化タイプへ交換。そのうちボールデフ用ギヤにも欲しいですねぇ。

 これでモナカを再度貼り合せてメインフレーム完成。足回りはダメージとベアリングゴロゴロチェックで終了。PHOTON同様にダンパーはレース直前に組み直しますので割愛。ミニ用は変な組み方してますが、消耗品のヘタレが結構シビアに反映されるので、ミニはしょっちゅうダイヤフラムとロッドガイトパーツを交換している気がします。


 夕食後にはFF03に取り掛かります。なんか流石におなかいっぱい。タミチャレ用にセンサレス18Tを購入したので、モーターの配線をやり直す。ESCのバッテリーケーブルも付け直しして搭載。作動確認。問題なし。これでタミチャレ仕様FF03が走れる状況になりました。

 ハンダに熱が入っているので、周辺小物の配線直しなんかも。コネクタ部分で千切れかかっている親電源からの供給ケーブルやら、親バッテリー並列繋ぎ用のクリップケーブル等等、結構気付くのに遅れて、ヒヤヒヤしながら使っていたケーブル各種のメンテもしてました。クリップの握りカバーの中で、千切れかかっているのが沢山ありましたからねぇ・・・。('A`)コワイコワイ。

 こんな事してたら部屋の中が腐海のようになってまして、ようやくマシなレベルまで片付いた時には日付は既に月曜日。ちょっとした寝不足を抱えつつ、本日もがんばっております。ああ、でも、仕事が大変な事になりそうなんで鬱々としてるなぁ。('A`)

2011/02/14 Mon. 13:36 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

揃ってしまう。('A`) 

 昨日は仕事の用事を作って久々青森市へ。連日の豪雪報道で行く気が失せていたのですが、流石に少し落ち着いたみたいなので、ここぞとばかりに行って来ました。道中小腹が空いた時にポリポリしたベビースターが美味かった。ミートソースは粉チーズ振っても美味いかも。

 で、冬ねぶたイベントのある新町の用事をさっさと済ませ、お店にごう。久々でございます。

 小遣い沢山持ってる訳ではないので、買い物は絞りたい。絞りたいけど欲しいの沢山。PHOTONにばっちりフィットするBD5のギヤデフ。TRFのダンパーオイル各種。いっそのこと変更してみようかと・・・。そして、タミヤのセンサレスモーターの18T。悩んだ挙句モーター逝きました。そろそろタミチャレ想定の車体も動くようにしたいので。

 センサードコンボは次にお金を使える時にします。どのみちミニはセンサードにしたい。16Tもあるし、比較検討して選びたいと思います。センサー有無どちらも試せる環境作りはこれからです。


 しかしなぁ。これでセンサレスのモーターは14T以外は手元に在る事になってしまった。('A`)想定外。ま、ブラシモーターの消費量からすれば、長い目で見たら安上がりなのかな?とりあえず、格段に扱いが簡単になる事だけは歓迎です。早いところブラシモーターいぢりから開放されたいです。忘れてしまえるようになりたいなぁ。

 ああ、でも今年のタミグラのホットハッチはGTチューンだったわね。('A`)メンドクサイナァ


 工藤模型さんの今年のタミチャレはどうするの?ミニは??という事を若旦那と少しお話させてもらいましたが、タミチャレは昨年同様レギュどおりで。ミニに関しては昨年通りにプラスして、タミグラ仕様のブラシレス+Li-Feで参加してもいいですよ。という返答を頂きました。

 プライムさん次第ではブラシモーター仕様に載せ変え出来るようにメカも準備しておく事になりますが、少なくとも県内で遊ぶ分にはお気楽モードで楽しめそうです。

 ミニに関しては、価格帯設定では使用可能となっていたIB4600パックバッテリーが使えなくなっていく方向で考えている模様。弘前みたいな容量上限設定を導入するか検討中との事でした。ただ、いきなり導入はしないそうです。今シーズンまでOKにしても、来期からは駄目とか、そういう感じらしいです。


 こんな話を聞いて帰宅。今日含めて3連休になっているのですが、日陰で解けない屋根雪を片付けようと思います。('A`)なんか休日は雪かきという呪縛は感嘆には抜け出せないらしい。ウウ

2011/02/11 Fri. 10:22 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

ミニのお話色々 

 NRC室内戦3月の日程が決まりました。3月20日の1回のみです。今後の天候次第でしょうが、3月ともなると、場所によってはお外でラジコンも無理ではない気候になっているのがいつもの事なので、参加人数増は見込めない事もあって1回のみになりました。これが室内最終戦になりますので、皆様の参加お待ちしております。

・・・宝くじで小当りでもして、ちょっとしたセレブになっていたら、私はお休みしちゃうかも。何か知らんが、シリーズランキング下位だったのに、繰り上げ措置でミニフリークファイナルの店舗代表枠に入れられたらしく、参加権があるらしい。('A`)19日と20日の2日間ですが、19日は練習日でしょう。私は昼まで仕事の土曜日なので、練習日は不参加。行くとしたら土曜午後から移動して夜には掛川入りし、日曜だけ走ってくる感じになるかな。 
 去年行って色々大変な思いをして、もうおなかいっぱいだからいいや。と感じた掛川ですが、去年のインドアシーズン直前に出たセットで走ってみたい気もする。・・・するのですが、また大変なのは変らないし、先立つものがないので基本行く気はなし。前述の条件が奇跡的に起きて、旅費の工面が出来たら行ってやらん事もない。(`ー´)くらいの感じでおります。夢見るだけならただだもの。



 日曜日のミニクラスの事でも。

 今回は前回変更して宜しくなかった部分を、前々回の状態に戻して復調。ただ、欲しい感じの両立は未だに難しいです。('A`)

 お外でイイ感じだったセットのままでは、背負い投げ的グキッっと失速→リヤスッコ抜けが顕著になり、フロントの背負い投げモーションを起しにくくする事に注力しますが、こちらばかりに気を取られるとアンダー強くて曲がり足りない感じが増します。

 前回、フロントオイルの番手を上げてロールスピードを変えて見る事に挑戦しましたが失敗。リヤと同じく、ロールはスタビで規制して、ダンパーは動くような方向で合わせた方が自分にはしっくり来るらしいので、結構詰める範囲は狭められたのですが、もうちょっと高い次元で妥協出来る所まで持ち込みたいものです。

 室内始めた当初と比べても、転がりにくさは出せるようになってきたので、カーペット対策はどうにかそれらしくなってきたかな?あとはもっと走らせ易さを目指しましょう。今回は予選2回目が一番シビれましたね~。シリーズTOPとガチでした。でも、あれはリヤ新品だから出来たレース。新品がベストだとして、1回の走行で大体0.1~0.15秒程度ベストは落ち込みます。予選1回目から投入すると決勝には0.3秒くらいは落ち込むので、ここらへんになると特別速い訳ではない車になってしまいます。アベレージを崩さないのが大事になってきます。

 こういう事に気を使い始めたら、ワーチャンでえむ2さんが苦しんだタイヤチョイスの重要性が痛感出来ます。理想は毎回リヤ新品は納得です。ま、地方レースなんでその日の分だけ1組新品があれば充分に楽しめますが、あっつくなると入れたくなるんだろうなぁ。ま、自制の意味でも、用意するのは1組だけ。と、決めてレースしてますよ。


 今回はAメインの中でも4番目に速い車でした。上にはS藤・S々木・セイヤ君が居ます。セイヤ君は速さで間違いなく一番なんですが、よく転がって復帰出来ない。本腰でない事でこちらが助けられている印象でございます。

 すごくラインはタイトだし、失速させない事が重要なミニをしっかり速度キープさせたまま走らせる事は既に出来ているものの、操作側が車に高度な要求をし過ぎて、車側が先に悲鳴上げそうになっている感じがしてます。自分のウデを信じる事は間違いではありませんが、車からの返答を聞いて、合わせてあげる感じが出せるようにならないと、いいところで車がすっ飛んでしまうパターンはなかなか治らないかもしれませんね。

 全域操作側に妥協がないなら、それに耐えれる車作りをするしかありません。が、出来ていないなら、程々に抜けた部分を操作側が作ってあげる事も大事かな?と。

回りくどい言い方になってますが、 頑張りすぎです。ヽ(`Д´)ノワカサッテスバラシイ。

速さで誰よりも多く周回してしまえばそれは勝利なんですが、レース時間内で坦々と刻む単純作業の様な走りも試してみては如何でしょう?

 持っている速さに冷静な状況判断が更に加われば、そりゃあもう恐ろしい事になるのは明白です。ストッククラスのような慌しくなってしまうカテゴリーだと意識的に行う事は大変ですが、緩いながらも変なところはシビアなミニクラスであれば、程好く練習になるんじゃないかな?と、おっさんは思った次第。

 ミニを転がさないように走らせる技術は、セイヤ君の今後でそんなに重要ではないかもしれませんが、地方の外に目を向けて、もっと速い方々を相手にしようと思うと、この辺の対策なり適応をしている事が前提で走っている方々ばかりなので、1コケ1コケが致命傷になっていきます。そういう方々を速さで捻じ伏せたければ、転がるという要素を排除した下地があってこそなので、速さとは別な要素として詰めてみるのも面白いかもよ?と、変な事を吹き込んでみる。

 今のセイヤ君は、先行逃げ切りされてしまうか、後方から追い上げしてきても、駆け引きナシでブチ抜いて行こうとしてる感じが大半で、速いんだけど怖さが足りない。その、「何処からでも抜きますよ?」という技術があるのなら、その分を自分の余裕にして、自分がレースを支配する位の冷静さとドッシリ感をベテランの方々から吸い取って欲しい。ミニだとその余裕があるかな?とは思うので・・・。

 ずっと中古タイヤのままでいながら、TOPと遜色ないペースもだせるんだし、ちゃんと本気出されたら、こっちは敵うわけない。私はそうなってしまうのを見てみたい気もしますなぁ。楽しみが増えるもの。ヽ(`Д´)ノ

 余談ですが、この転がらない為の技術は、タミグラ岩手大会のミニで遊ぶ際には凄く有効だと思います。年々ダート化しつつあるオーロパークなので、予測し辛い挙動が出る事が多々あります。それを的確にコントロール下に置けるだけで結構優位に立てるので、身に付いて悪いもんじゃないと私は思ってます。

 ま、この食い過ぎてコロンと転がるのはカーペットならではな面もあるでしょう。お外ではパイロンタッチでもしない限りはああいったインリフトは起しませんから・・・。それでも、コロンとした事でのタイムロスが頭にイメージ出来ていれば、必要以上にタイトなライン取りやインベタに執着せずとも速く走る事は出来ているはず。
 速い人が持ち合わせている「ブレない硬さ」を感じるような走りが出来る様になる事を願っております。



 ・・・残る大御所御二方はもう転がり待ちですよ。('A`)でもなぁ、欲しい時には転がらないんだなぁ。そこらへんにベテランらしさを感じて腹立たしいわよ。コンチクショウ。でも、予選2回目はほんとに楽しかったなぁ・・・。

 Fメイン氏も結構いいベストが出てましたね。リザルト見てると、ベストラップの差は少ないですから、いかに崩さずアベレージキープ出来るかがミニの醍醐味になってますな。その上で、抜く時は抜いて、守る時は守る。なかなかどちらも簡単にはいかないので、転がり待ちするしかないんだなぁ。皆様簡単に転がらないし、自分が余計に転がってる時もあるんでなかなか上手くいきません。でもそれが楽しいのです。

 さあ、残すは2戦。シリーズポイントの観点では、上位勢は欠席でもない限りは面白くならない感じですが、悪あがきだけは忘れないようにしましょうかね。ボールデフかなり放置してるのでモナカ割るかな・・・。

2011/02/09 Wed. 13:43 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 3

top △

お題目のお話も含めつつ、日曜日の反省。 

 動画のアップがひと段落しましたので、個人的な反省文でも。('A`)

 前々回のお題目に書いた「難民問題」ですが、長らく支え続けてくれたホイールが入手出来なくなりましたのよ。3シーズン前くらいから、室内はALEXディッシュBに原黒ver.2で20R。というのが自分の定番で、これしか使わないようにしてました。インナー3セットで、新品・1~2パック走行・4パック走行の3つの状態を常にローテーションさせてました。練習は4パック走行以上のもので。予選1・2回目(状況次第では3回目も)を前回おろして予選3回目と決勝(か、決勝のみ)を走ったタイヤで走り、予選3回目か決勝に新品投入。練習用で走った4パック以上のタイヤは破棄してインナー抜いて、新たにそれで新品を組む。

 この流れのままでした。

 しかし、今年になって前もって入手を依頼していたホイールに入荷の兆しがなく、どうにかお店の尽力で1月までの本数分は確保したものの、以降は手に入らない状態になってしまいました。ALEX本家のオンラインショップではグリップ用のホイール各種は長らく欠品のまま。一向に入荷の気配が無いので、恐らくドリ用のホイールなんぞにウェイトシフトしてしまったものと思われます。時代の流れですな。('A`)

 残るは問屋の在庫と市場在庫くらいでしょうか?悪い予感がして12月のファイナル帰りにアキバのお店巡りしましたが、グリップ用のタイヤ・ホイールの激減っぷりに、事態は思った以上に悪いんだな。と、感じました。


 今回、とうとう別な組み合わせで組む事になってしまいます。で、ミクニのホイールを使ってみます。外径は一緒なのですが、組んで見るとパフパフしない。('A`)リブ削ってみたらちょっと増したものの、それでも握ると芯を感じる硬さがあるので、同等に再現したとは言えない感じです。・・・困った・・・。

 似た様な感触が得られるかと思ったRPのホイールは小さ過ぎてダメ。小径でパフパフしやすい銘柄は数点思いつくのですが、そのどれもが今後の安定供給されそうな気配が無いか、すでにALEXと同様に辞めてしまったばかりです。現在、ゼノンのRP向けホイールを取り寄せてますので、それで組んでみて再現度合いが高ければ今後はゼノンで頑張るしかありませんが、それでも駄目だとしたら、インナー・ホイールはリセットして、新たな組み合わせを探すより他ありません。

 今後安定して手に入りそうなブランドはタミヤかヨコモくらいでしょう。ここのホイールを基準として、組んで軟らかく出るインナーを探さねばなりません。Mr.T氏やITO氏が使っているのが実績・評判共に良いので、ここは右習えでいいかもしれませんが、売ってないんだなぁ・・・('A`)


 とまぁ、こんな感じで。ホイールが変ってからのグリップ感の違いは想像以上。しかも大した確認もせずにいきなり決勝投入してしまったもんだから、スタート直後のの1コーナーでアホ見たいなアンダー出してました。
 やはりグリップ感が違い過ぎます。硬さを感じた部分で転がり感は増したのですが、横方向への食いが激減。走りながら走らせ方で補正をかけたものの、今までのグイグイ踏む事できっかけを作る感じは出せなくなりました。

 空気抜けたチャリのタイヤのつもりで、ショルダーのヨレと角を使って食わせていたような感じから、面だけで食わせてる感じです。何かあってハイグリップ化した時の対策としては面白いかもしれませんが、普段使いとしては不合格です。


・・・いやほんとに困りましたよ。貴方の街のショップで、該当するホイール見かけたらご一報を。ものすごく欲しいです。

 それ以前に、これが何かの啓示なのかな?とも思ったりして。来季に向けてコントロールクラスを整備するかどうか、試験運用してみようという話も出ています。重要なコントロール要素としてタイヤの固定があります。私個人としてはタミヤの500円スリックか550円ラジアルの2択でお願いしたいところ。インナーも付属スポンジのままでいいので、ホイールに関しては定番のタミヤが使えて迷わないし無くならない。

 ならば私は、心配の要らないコントロールクラスで楽しめたならそれでいい。なんていう風にも考えが巡っております。



 タイヤにからむ話はこんな塩梅で。今回のPHOTONさんは再びステアワイパーのセット変更をお試し。最新のX-RAYはWワイパー化しましたが、その以前のタイプの1本ワイパーと仕組みがほぼ一緒でして、ワイパーを収縮してアッカーマンを変更出来ます。そして、もう一つの項目である、ステアロッド付け根の間隔調整にも触れてみました。

 0.5ずつ4段階。2mm程度ですが広がったり狭まったりします。基準はほぼ中間の位置である10という表記のパーツ。9・11・12があり、フォームタイヤ・カーペットのUS仕様のスタンダードセットは11が装着されてます。

 アッカーマンのみ変更とはまた違う軌道変化を見せるらしく、12を装着してみたところ、何となくですが05MSの時に違和感として感じた、イン側の切れるスピードが一定ではなく、切れて行くに従ってスピードも増すような感じが出たような気がしました。

 10→11になることで、カーペットでのクセのある巻き込みが減るのかな?という妄想の元での変更でした。何となくですが初期ピクが目立たなくなった気がします。ただ、ステア切っても反応してない感じも出てしまったので、基準との間を取って11に変更。更にワイパー長を伸ばした前回から1段階短くしもしました。長いと曲がるんだけどお尻吹っ飛びそうな際どいところでコントロールする難しさも感じたので、そこを少々抑えたかったからです。狙いは大体当って素直さは出たかもしれません。ただ、丸山選手やセイヤ君。Mr.T氏の車と一緒になると、別段良い訳でもなく、低い次元で妥協セットが出ちゃったかな?とも思えなくはない。('A`)

 そして、「基本が一番いい。」に落ち着きそうな気配もぷんぷん。


 今回の予選3回目にして初めてクラッシュ・リタイヤ。リヤサスアームを折りました。アップライトは巻き込まれた割にはぴんぴんしてます。丈夫だなぁ。とりあえずスペアを確保していて助かりました。けど、前後1本ずつしか持ってないから補充しないとなぁ・・・。

 珍しく、1ラウンド目をノーミスに近い感じで頑張ったお陰なのか、このタイムでAメインに残れてしまいました。しかし、決勝は上に書いた通りのタイヤミスでヘロヘロ。よくグリッドポジションまで順位を挽回したなぁ。と、余り嬉しくない感心くらいしかありませんでした。憂鬱は次回以降も継続化と思うと厳しいなぁ。3月は最終戦の20日1回のみなので、残るレースは2回。これをどう乗り切れるか、変な正念場を迎えようとしております。


 次回はミニの事でも。

2011/02/08 Tue. 13:56 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

動画だけ先に。 

 一昨日のレース動画。ミニを先にアップしましたが、残るストックとスポーツもアップしました。スポーツは間が抜けてしまいました。すいません。

 眠いので、動画だけ貼っておきます・・・('A`)




スポーツクラスはその1とその2に分離。実質3分もない動画になってしまいました。すいません。




ストッククラスBメイン決勝。


ストッククラスAメイン決勝

2011/02/08 Tue. 00:36 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

難民問題表面化 

 昨日のレース、お昼休み以降は頭痛とそれに伴うトーンダウンとも戦ってましたので、帰宅後ガチで倒れこみました。('A`)何かね、身体のサイクルがおかしくなって、寝付けない感じが続いていたものですから、極まってガクンときた感じです。

 昨日のレース結果はカウント拾わない(AMB不調ではなく、ループ線の付け根クラッシュで瞬間的に拾わなかっただけですのでご心配なく・・・)周回の修正を加えた上で掲載しますので、今しばらくお待ち下さい。


 とりあえず、昨晩と今朝にアップしたミニクラス決勝の模様です。地味に台数は居たのですが、今回はとうとうストッククラスのエントリー数を上回ってしまい、メイン分けが出来てしまいましたよ。うかうかしていられなくなってきました。皆様速いし。

Bメインがこちら。


Aメインがこちらです。


 雑記タイトルの話は次回にでも。困ったことになったなぁ・・・。('A`)

2011/02/07 Mon. 10:06 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

お陰さまで 

 気付かない間に20,000hit過ぎてましたね。こんな変なところに訪れて頂いて感謝です。出来る限りは、ちんたらながら続けていきますので、今後もよろしくお願いします。ヽ(`Д´)

 週末はレースなんですが、一向に触る気が起きないくらいのグデグデさんでして、準備もおクソもありゃしない状況。色々やりたい事はあるけれど、何でもかんでも出来る訳ではないですからねぇ。地道に行くしかないです。
 通常であれば本日雑誌が入荷してるはず。タイヤもついでに買っていきましょう。しかし、ホイール難民である事に変わりはなく、1月のレースは間に合わせたものの、2月以降の分は見通し立たず。('A`)困りました。

 ALEX本家のオンラインショップでも、グリップ用ホイール各種が品切れのまま放置されてますので、ドリ用ばかりに移行しちゃった感がぷんぷん。製造止めたのなら市場在庫を探すしかないのですが、売れ残りすらなさそうな気がします。

 こうして淘汰され続け、タミヤとヨコモくらいしか選択肢が無くなりそうな気がしてきた。今現在、頼めばまともに入ってくるメーカーっていくつあるんだろう?ゼノン・ミクニ・アトラス・エクセル・TRG・パワーズ・RP・彩etc・・・この中から小径タイプを探すと言うのも大変だな。いい加減、新たな組み合わせを探せという啓示なのかもしれません。もしくは、今後行うかもしれないコントロールクラスの指定タイヤ如何では、オールシーズンタミヤのMナローだけで通す事を覚悟するか・・・。個人的にはそれも悪くない気もするなぁ。

 何がいいって、現状のホイール1台分とハイグリップタイヤ2個1組分の価格でタイヤが出来ちゃう事と、廃棄の際にインナー惜しまずまとめて処分できるので、タイヤに荷物スペースを取られにくいところかな。その分カツカツしたくなれば相応のセット数を用意する事になるかもしれませんが、程度の差はあれハイグリップタイヤでも同じ傾向になる事に変わりはないので、割り切り方だと思います。


 ま、そんな事を考えてるといないとかしつつ、FF03をちんたらいぢる。いぢって向き変えてみただけ・・・。ファイナル会場でもやっていた方多数だから、レギュ違反にはならないだろう。実際、見た目こっちの方が好みですのよ。('A`)

腑抜けながらFFをちょす。

2011/02/02 Wed. 13:41 [edit]

Category: 色々

TB: 0  /  CM: 0

top △