週末から 

 今回はほぼ私事。

 ちょいと前から色々思うところがありまして、PHSから携帯への乗り換えを真剣に検討してました。色々不満もあったし、そういう気持ちが起きているうちに事を進めた方が勢い付くよね。と、先月くらいから、自分の使用環境と照らし合わせながらプランや機種選定をして、ほぼ絞った状態になってました。

 んで、彼が高校生の頃から付き合いのある知人を訪ねます。彼は学校出てから某家電量販店に勤め、早くから携帯販売コーナーの一員として活動し、今ではすっかりカリスマ販売員と化しております。当初の勤務先は県内のご近所範囲内だったのですが、盛岡へ転勤となり更に今は水沢へと移動してました。

 見知っているし、誠実に応対してくれるので、私は自分の機種変更の大半をお願いしていたような感じで、盛岡に転勤になってからも、遊びに行ったついでにそこで機種変更を済ませたりしてました。が、流石に水沢だと盛岡よりももう一息あるので、滅多な事じゃ行く気はないかな?というような感じでした。

 ですが、携帯への移行に伴って、商売っ気抜きで話を聞いてくれる人と詰めた方がいいだろうから、安直に近所の初見の人に任せるよりはいいだろうと判断し、彼のお世話になる事に決めました。

 丁度土曜日位までが晴れマークで、日曜以降は雪マークが出ていた週末。行くなら土曜日しかないな。と、昼で仕事終えてから水沢を目指して南下を始めました。道中は滝沢で昼飯。混む時間帯を避けたせいかゆっくり取る事が出来ました。うまし。

 そこからボエ~っと更に南下。盛岡過ぎてからもう一息あるやね。やっぱり。今年の9月タミチャレ。雨でレースが流れていたら、番長さんとお殿様御一行にここへ連行されてたのね。と思いながら水沢到着。今までは仙台までの通過する町でしかなかったので、始めて降りました。

 ほどなくしてお店に到着。久々に会いましたが、いつも通りの彼でした。で、絞っていた機種選定から更に絞り、プラン説明を受けながら手続きを進め、無事に契約完了。色々ほね折ってもらって感謝です。サービスありがとう。ヽ(`Д´)ノ


 よもやま話もそこそこに、お互い頑張って生きていこうと別れました。飲みの機会が出来たら飲むぞ~。


 そして、もう一つ立ち寄ってみたい場所である、水沢ラジコンへも行ってきました。ちょいとしたパーツを買いつつコース見学。Kモ選手が居たのでご挨拶。構って下さってありがとうございます。

 日本屈指のハイグリップ路面ということですが、F-1があんな勢いでペタペタ走ってハイサイドまで起す光景を見れたのは新鮮でした。すげーなーーーー。ってな感じでした。それでもグリップ状況は10段階の5か6くらいじゃない?という話でしたので、どんだけだよ。と思いました。

 ナイトレースがあるようでしたが、見学してると帰る時間が遅くなるので、程々でコースを後にしました。

 店を出てからすぐに高速に乗り帰ります。紫波で夕食。白金豚のシチュー煮美味しかったです。閉店間際だったせいか、貸切になって落ち着きませんでしたが・・・('A`)お土産買いつつ弘前を目指して北上。ちょいと遅くなりましたが日付変る前には再給油して帰宅。往復で約30㍑使いましたな。リッター14キロちょいでした。

・・・冬タイヤ勿体無い。('A`)('A`)('A`)('A`)

 遅くならなければ盛岡へも寄ってプライムさんにもご挨拶したかったなぁ・・・。

 翌日の日曜日はお土産持って父方の実家のある鯵ヶ沢へ。岩木山環状線は既に雪でしたね~。世間話してから帰宅して土日は終了。

 夕食以降はテーブルに向かってファイナルで使うボディーのデザインをひたすら詰めてました。まだ納得いかないけど、妥協点でもあるかもしれないなぁ。といったところで間も無く日付が変りそうな時刻。トイレに行こうと部屋を出て、見た家の屋根はうっすら白化粧。ををう、平野部でも降ってきたね。白いのが。


 今日は結構な勢いで降ってますね。寒い寒い。体調崩さないよう、皆様ご注意くださいませ。


 まぁ、そんな感じで携帯へ変更。丁度IS03というアンドロイド携帯も発売されたばかりだし、このご時勢を反映してスマートフォンにしたのか?といえば・・・

にう携帯

 新しいガラケーだったりします。スマートフォンはデモ品を使いこなせなかったショックと、自分の使用環境がどちらかと言えば過酷なので、デリケートなスマートフォン系は合わないという自覚がありました。んで、最優先事項として防水・防塵機能ありきで機種を選ぶという視点から始め、ガラケー数種類を候補に絞っていました。その中でも個人的には2番手候補だったコイツに決めました。色選びは白は油汚れが目立つし、黒はキズと指紋が自己主張強めになるので、思い切って明るい青にしてみました。

 本命はiidaのX-RAYなんですがね。防水・防塵機能が省かれてますのよ。('A`)これさえ完備されていれば、本体色黒の本命1点絞りだったんですがねぇ・・・。半透明で、中の基板が透けて見える仕様はそそりますから。

・・・見ようによってはスピパのアンプみたいかもしれませんがね。('A`)

 電話と携帯アドレスを知っている方々にはメールで一斉にお知らせ入れましたので、変更よろしくおねがいします。電話番号のみ知っている方には、別の方法でお知らせするか、レース会場で赤外線で飛ばさせて頂きます。

 移行して目処が立ったらPHSは解約する予定です。まだしばし使えますが、解約後は通じませんのご注意下さいませ。古い情報しかない数名は送信エラーの返答が来ていますので、見に覚えがありましたら、早目の連絡をお願いします~。
スポンサーサイト

2010/11/29 Mon. 13:24 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 0

top △

届いたモノ 

 発注したフォトンのパーツが届きました。

フォトンのギヤデフ



 これがギヤデフ。ワンウェイユニットみたいです。これにワンウェイ用プーリーを組み合わせて使用します。触った感触がゴリゴリだったので、オイルの類は入ってないのかな?と、分解したのが下の写真。

中身はこんな感じ

 実はオイル入ってました。感触としては、タミヤのボールデフグリスのような、重くて透明な感じのグリスでした。重くするなら、容量も少ないのでAWグリス詰め込みでいけちゃう気がします。


 イモネジ締める1.5mmレンチ先端との比較ですが、ちいさいですなぁ。ミニ四駆で使ってそうなギヤですね。うん、小さい小さい。使っている方のブログを拝見したら、元々耐久性は低いと公言しているものだそうです。軽さとコンパクトさを取った結果でしょう。低ターン+Li-Po仕様でガンガン走ると消耗はかなり早いみたいです。リヤに使っているなら尚更だと思いますが、私の使用環境ではどの程度維持出来るかを見てみたいところです。

 とりあえずフロントに入れてみようと思います。肌に合わない感じだったらスプールに戻します。感じはいいけど持ちが悪いな。と感じるようになったら、BD5のギヤデフに交換するのもアリでしょう。消耗するギヤは補修パーツとして安価で売られているので、割り切って定期交換した方がいいのだろうけど、ゴツいギヤデフ買うより高くついちゃうな。('A`)ビミョウダネ。

なごむ

 これはサスマウントの開きを調整するスペーサー。サスピンホルダーの構造上、ちょっとワイドじゃないと収まりが悪いので専用品を購入。あまり動かすつもりは無いのですが、もしもの紛失に備えての意味合いが強かったりします。

 タグの「超広く」で思わずなごんでしまった。英語パーツリストを真面目に日本語訳したんだろうなぁ。と、ほのぼのしてしまった。


 他には前回書いた通りにスプリングを2種類追加と、スタビも追加・・・ですが、OPになると金属地肌丸出しじゃなくて塗装されちゃうのね。('A`)キット付属品の地肌丸出しと一緒にしてると何だかいやん。

 消耗品としてバンパーパーツとダイヤフラムも補充。ダイヤフラムは油吸って太るような感じがあるし、劣化で破れそうな気配もするので予備があった方が精神衛生上幸せっぽい。
 膨れると収めにくいダイヤフラムで、他社と互換性はありそうだけど雰囲気変るのが怖くてホイホイ切り替えられない為、しばらくは純正縛りで行きます。押し込み加減で張りが変りそうなので、ウサ足で使うような治具を作った方がいいかもしれないですね。パーツ集めてやってみましょう。


 パーツは揃ったので、妄想セット変更はレース直前にでも。今はファイナルで使うボディ塗らねば・・・。ネタが・・・な・・・胃・・・・('A`)

2010/11/26 Fri. 13:55 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

次回のレースに向けて。 

 ALEXディッシュBホイールは手に入るのだろうか?今回には間に合わなかったのですが、春先に1セット分余らせていたのを見つけましたので、今回投入した新品には使えました。次のレースまでに間に合って欲しい。室内が始まる前に発注をかけたのですが、それでも間に合わなかったので、もしかしたら・・・も考えないといけませんねぇ。('A`)

 ミクニのホイールと比較して、ほんの少し小径です。多分、ショルダーのヨレも使ってグリップ稼ぐ感じになっていると思うので、ALEXが駄目になったら似た小径型のホイールを探さないといけないのですが、HBとかは普通に手に入るのかな?ここら辺も微妙だなぁ・・・。ホイール難民になりたくないなぁ。(つд⊂)


 東京ホビーズさんに、フォトンのパーツを少し発注。バネとスタビの種類が増えます。標準バネは、ミクニでいうところの1番硬いのをフロントに。3番目に硬いのをリヤに装着してます。フォトンのガンマスプリングというラバータイヤ向けのラインナップは5段階くらいありまして、その中の2番目と4番目に硬いバネの組み合わせとなってます。そこで、3番目と5番目を追加。最も硬いバネ以外が揃う事になります。

 一緒にスタビも発注。2本組ではなく、各線径1本が数種類揃ったものになります。前後共通なのでこれで充分。キット付属品より柔らかいタイプが大半なので、リヤ側の自由度が増えると思います。

 他にはギヤデフも購入。ワンウェイユニットと大きさが変わらないコンパクトさがすごいですやね。検索して使われている方のブログ拝見しましたが、軽さとコンパクトさを重視した為か耐久性はあまりないみたい。リヤに装着して一生懸命仕事させても長持ちしそうにないので、硬めのオイル入れてフロントに突っ込んでみようと思います。どうなるでしょうねぇ。消耗品となるギヤも安くリペア出来るので、使い続けられたらいいなぁ。


 ミニはコケ対策の一環で、前後スタビを試してみましょう。TB03はピクつき軽減と、あと少しのリヤグリップ確保を目標に少し変更してみるつもりです。荷物は相変わらず多くなりそうですが、頑張ってみましょう。

2010/11/24 Wed. 23:14 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

いい年こいて、ヒジをすりむくおっさんの日曜日 

 室内開幕戦の私事なんぞ。

 朝、早めに目を覚まさすと頭ガンガン。いつもの偏頭痛。走り始めの分のバッテリーを充電しながら薬飲んで二度寝。1600SPが30分以上かかっても終わっていない事に愕然。オートモード設定だったらしく、超甘やかし充電でした。('A`)ナンダヨソレ。お陰で1本だけしか間に合わない上に、二度寝が深かったらしく、起きてみたら既にオーズも後半。焦る。バタバタと出撃準備。

 前日、前々日とY-HA氏やMr.T氏といった重鎮の参加が危ぶまれる話を聞いていたし、SEUNさんところはイオンコース撤収作業で来ないだろうし、参加者が少ないのが事前に知れていました。なので、準備に時間がかかるだろうから・・・と、早めの行動をしようと考えていたのにこの体たらく。

 弱ガンガンくらいのままでとりあえず会場へ向かいます。を、前にはユウキ殿だね。という道中でした。

 会場はカーペットを敷いて、お立ち台設置まで出来上がっていました。若社長、やらせてすんません・・・。幸いな事に、両重鎮が当初の不参加の方向から来るほうへ転換されたらしいので、まだなんとかなるかな?という感じで残る作業にとりかかります。
 Y-HA氏が当初不参加だった為、私にコース設計をしてきてね。という連絡を頂いてました。久々過ぎて、どうしていいやら?という感じでしたが、今年は車のスピードが上がっている事を踏まえて、安全性や施設へのご迷惑を考慮しましたので、ストレートエンドで速度を殺す傾向を盛り込み、高速セクションほど大きくスペースを取ってオーバー・アンダーでのライン交錯に自由度を持たせつつ、残るスペースをちょこまかさせて帳尻あわせをしたような感じが、今回の出来上がりコースでした。

 最初はグリップが低かったので難しい印象だったらしいですが、少しレイアウトへ修正入れてもらったり、温度上昇とグリップ改善に伴ってガンガン走り込めるようになると相応に面白さを感じて頂けたみたいです。とりあえずひとあんしん。


 コースも出来上がって練習走行も始まります。今回はまた色々初めてづくし。車もE4からPHOTONになって、ESCのセッティングは変えていませんが、-10の工場出荷値だったX12の進角を-5にして、ピニオンをお外から1枚減らし5.56→5.71にしてどうだろう?といった手探り状態で始めてみます。
 まず、ダンパーを組み直してOリングの感触が減るようにしてみた部分は正解だったらしく、より足が動く感じで跳ねも少なくヒタヒタ走ってます。ワンウェイ仕様だとリヤがぶっ飛びそうな感じのパワー感ですが、フルタイムである事でぶっ飛ぶ手前での制御が利く為、特別な曲がりにくさを感じる事無く走ってしまいます。

 うわぁ。想定よりも普通。('A`)拍子抜け。でも、室内はこれ大事。マイナスからスタートしてプラスに転じる為には倍以上のチカラを使うので、伸びしろなくてもゼロからスタートして、地道にマイナスにならないように踏み止まれる方が色々楽。

 相変わらずカーペットだけ妙に速いのですが、レース後雑談で話をしたとおり、E4と感触に大差なく車が出来上がってるあたり、私のセット技術はアスファルトでカス以下ですが、カーペットだけは適応しているのが実情でしょう。何やっても一緒かよ。ちくしょうめ。ヽ(`Д´)ノ

 そんな感じで中身はあまり触らずにおこうと決定。ボディ評価でP37-Rをお試し。感触としてはグキグキしないで動きがスムーズなボディ。オールパーパスより軽く、ヒラヒラしてます。ただ、抑えの弱い感じがありコーナー脱出の加速で踏めない感じもあります。キレイにコロコロ転がすぶんには優秀だけど、ガリッと効く部分の薄いボディかも。といった印象。路面がすんごいハイグリップ化した時に出番あるかな?という感じだったので、昨年の実績を踏まえてLTC-Rで行く事にします。

 練習時間があまり無くて、予選1回目にぶっつけで投入したLTC-Rでしたが、やっぱりこっちだねぇ。といった感じ。抑えも曲がりも一枚上手です。LWの恩恵なのか、去年使ったレギュラーウェイトよりも重さでリヤが吹っ飛びそうになる感じが多少減ってるかも?という感じもあります。ボディもこれ以上を探してまで・・・という気にはなれないので、以降はLTC-R固定になると思います。

 車体側はセット変更はせず、タイヤとモーター温度管理のみ行いました。路面の出来上がりと共に徐々に負荷が増すのでしょう。予選1回目終了時は64℃くらい、2回目で66℃、3回目は68℃、決勝で72℃といった感じで上がってました。X12なので、もう少し熱持ちへの許容はありそうですが、チキンな私にはボチボチに感じてます。どんなもんなんでしょうねぇ・・・?

 予選1回目はミスが響いたものの、ベストラップがポンと出てしまう感じで好調。面倒だ氏がえらく好調で速い為、油断出来ない感じです。Mr.T氏はまだアイドリング中で不気味に淡々と走ります。Y-HA氏はメカトラブルでサッパリしてなかったのが、2回目までにそれを潰してしまうとさぁ大変。一気にサッパリ絶好調。予選2回目は後ろからスタートでしたがもの凄い勢いで迫ってきます。ああ駄目だ。と、先行してもらおうとして譲りどころを探っていると後ろでナゾのキリモミ。予選2回目にしてハイサイド連発の路面と化しておりました。わたしは結構平気だったので気が付かない感じでしたが、転がりだしていた方々はこの段階でハイサイド対策を余儀なくされていたみたいです。

 そんな恐怖の煽りから解放されて前がクリヤになった為ペースを上げる事が出来ましたので、2回目終了時点で暫定PP頂きました。

 3回目はMr.T氏とのバトルが熱かった~。位置はスタート順の通り先行で走れたのですが、ギャップが際どい。周回ごとに二人が激しく入れ替わる感じで1秒以内での攻防だったみたいでした。後半で詰められていた間隔を少し引き離しかけたんですが足りなかった。僅差で2位でのゴールでした。

 二人とも新品投入したのですが、ちょっとヌルリとした感じがあって、ガリッと効くかんじが出なかった為、お互いに少し躊躇しながらのバトルだったみたいです。走ってヌメリが落ち着いてきた後半でペースが良かったのはその為かもしれません。昨日で考えるなら、新品は1分少々走らせてヌメリ落としをしてからの方が良かったかもしれませんね。
 躊躇しつつもお互いに新品というだけで結構なアドバンテージは持ってましたねぇ。やっぱり新しいに限るみたいです。2パック目の落ち幅が今度は気になりますね。

 その決勝は動画の通り。タナボタTOP以降のMr.T氏とのバトルはシビれましたぜ。あんなスピードでペタペタ引っ付かれると気が気じゃないですって。('A`)残り30秒を過ぎてからのお立ち台前の低速セクション。1個目の進入を間違ってミスしてしまい、パスされます。ひそかーにY-HA氏と面倒だ氏のも背後に迫っていたらしく、計測通過後のセクションでモタついたところでぽこーん。

 その後はグデってしまい4位で終了。でも、内容は良かった。楽しかったですぜ皆様。


 ・・・やっぱり、ちょっと皮むき新品が決勝に使える幸せって重要よね。(ノД`)

 もう少し細かい詰めもしたいので、セッティングパーツを揃えたいところです。現状バネやスタビは固定だし。少しは増やしたいなぁ。


 もう一つのミニクラスは、お外仕様にMグリップ新品装着仕様を持ち込んだのですが、ロールが速くてグキグキで出てしまいます。タイヤ食い過ぎ。('A`)で、バネを変更。黒バネの黄・赤から、白ショートの黄・赤に変更してみたのですが、ロールは減ったけどスッコ抜けが出始めたので合ってません。黒羽青・黄にしたらまだマシという感じになったので、これで行く事にします。

 フロントスタビが欲しいかも。

 予選1回目はサトシン選手の三味線に助けられてTOPでしたが、2回目、決勝と本気出されたらアッサリと負けました。やっぱり速いですって。ちくしょう。ボチボチなんだけど、序盤で間隔開けられちゃうと挽回出来ないこの辛さ。うう。ま、でも、お外セットも有効だと分ったので、この状態をベースにして頑張ってみましょう。


 お昼休みにはタミチャレ仕様のTB03のシェイクダウン。妄想セット炸裂で、おっそろしいほど普通で良く走る。フルタイムがいい感じで使えてます。TA05だとフロント巻き気味で扱いにくかった印象があったんですが、それを想定しつつの妄想セットが効果的だったみたいです。後は細かい詰をするだけという感じで走り出しちゃったので、然程ヤル気が起きず。ちょっと気になるリヤグリップの「もうひと噛み」の足りなさを潰してやると、どこでもそこそこいけちゃいそうな感じです。

 やっぱり、フロントダンパーが立ってるっていいよね。('A`)普通バンザイ。

 こんな感じで、他の方々は荷物が減っているのに一人増えてる状態でしたが、楽しく充実した一日でございました。今日は設置・撤収作業で久々に体を動かした為、股関節やら節々が見事に筋肉痛。ピザっていたので汗もだくだく。ぐったりしたまま月曜日を迎えております。眠い。イゴキタクナイ・・・。

2010/11/22 Mon. 10:29 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 3

top △

室内戦開幕です。 

 遠い静岡の地ではワーチャン決勝も行われていました。プライムの成長株N屋敷選手が盾ゲットという快挙を成し遂げてきたそう。おめでとうございます!!参加された全ての方々、御疲れ様でした。えむ2選手、お殿様、kouさん、M澤選手、引率のABEX氏やてんいん殿。挙げるとキリがない皆様。無事の帰宅を祈っております。

 そんな最中、弘前では今シーズンの室内戦が開幕です。室内では滅多に無い全員Aメイン決勝になる程度の参加人数ながら、それでも想定よりも集まっただけでもありがたいことです。

 とりあえず、先に動画をあげておきます。




 スポーツクラス決勝。タミチャレ仕様のTaga.K選手のスムーズな周回と、圧倒的なパワーで高速区間で詰め寄るものの、低速区間で波に乗り切れないH田選手との対比がなかなか。そして、動画には実況にもなっていない、おっさん二人の雑談が入っていますが気にしないで下さい。('A`)



 ミニクラス決勝。サトシン選手は相変わらずの速さでした。歯が立たない。路面の上がり方が凄くて、予選2回目からはハイサイドが怖くてビビり気味の走りになり、ますます追いつけなくなりました。



 ストッククラス決勝。Mr.T氏との争いはシビれました。今回は上位4人の中で、誰が勝ってもおかしくない感じでした。面倒だ氏は予選の早い段階から好調だし、Y-HA氏は2回目でサッパリしてしまって、もの凄い勢いを取り戻しましたし、気の抜けないレース展開でございました。

 個人的には、PHOTONが普通に走ったので幸せです。ヽ(`Д´)


 今回は動画のみ。個人的な内容は次回の雑記で。

2010/11/22 Mon. 00:47 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

レーサーの方々。週末頑張れ!! 

 今週末は色々レース。地元弘前では室内開幕戦があり、遠く静岡のツインメッセではタミグラワーチャン決定戦が行われます。今年のワーチャンは見知った方々が多数参加。東北ではツーリングカテゴリーにプライムレーシングからCHO!選手や若手注目株N屋敷選手。岩手沿岸部からはハガカーン氏より玉座を引き継いだ、えむ2選手がミニで参戦。そして、青森からはポートアイランダーM澤選手がF-1で参加(ですよね?)となってます。

 遠方では、お殿様がFFマイスター掛川代表で。九州大会からはタミチャレファイナルで知り合ったkouさんがF-1で。同じくファイナルやミニフリークファイナルでちょこっとお話させてもらったちーぱぱさんもツーリングカテゴリーで参加との事。他、ニクシィ氏を始めとした有名どころも多数参加なので、今年は何か知らんが、行けない自分に不甲斐ない感じが5割増し程しております。この面子に混じれてレース出来たらいい経験になるだろうなぁ。と、節に思います。頑張らねば。


 ・・・Mr.K氏も、宮城大会は悔やまれただろうなぁ。('A`)雨さえ降らなきゃ大本命だったのに。個人的には超残念。


 そんな感じで、参加する方々全てに応援を。悔いの残る結果になっても、中身を楽しんでくれたなら、それでいいと思います。みんな、頑張って下さい!!

 ・・・そして、ABEX氏他、付き添いの介助の方々もお忙しいと思われますので、頑張って下さいね~。


 私はファイナルを見据えてTA05からTB03へマシンをコンバート中だったりします。ほんとはお店でTB03D買って、使えるパーツを移植して、必須OPだけ盛り込んで・・・と計画していましたが、完全にエンプティーランプが点きっ放しの我が財政事情ではそれすら無理。で、オクでTB03でアラート鳴るように設定していたら、詳細は記述されていないものの、写真判定では組み込みたいOPが装着されているものが出てました。んで、ちょっとだけ競って落とし、品物が手元に届きました。

 届いたものは見えてない部分にもOPが組まれていて、前の持ち主さんは意外とツボ抑えた改良を加えていた模様で、後から組み込みを予定していたOPの大半が装着されていたのはラッキーでした。ぱっと見、サスブラケットのアルミ化と、IFS仕様の現物を03Dのフロント立てダンパー仕様にするパーツが必要といった感じ。それらを揃えるつもりで強化樹脂のAとKとMのパーツを入手して、ロアデッキと前後ギヤボックスはノーマル樹脂のままにして、前後ステフナー、ステアクランク、ダンパーステーとそのマウントを強化樹脂へ入れ替えしながら組み替え。

 taga.K氏に依頼して買ってきて頂いたアルミデフジョイントでリヤデフを新規に作成し、元々リヤに付属していたアルミデフジョイントは、フロントに装着されていたノーマル樹脂で組まれていたデフとパーツ入れ替えを行い、前後アルミデフ化。組むついでにプレート磨きも行いましたが、結構簡単に全面削れた。PHOTONのプレートって、ほんとに雑なんだなぁ。('A`)

 フロント用にしたデフは、ミニやFFで御用達になっている重デフ仕様で組んでみました。どうでしょうねぇ?4WDは前後スルスルの方がいいのかしら?とも思ったりしますが・・・。

 アルミデフ化に伴って、ドッグボーンにプラキャップを装着する事になるのですが、付属の46mmボーンでナローブラケット+ショートリバサスの組み合わせでは、プラキヤップがデフの奥を突きそうな気配があるので44mmボーンに取替えも予定してます。

 TAとTBでは勝手が違うと思いますが、とりあえず一昨年のファイナルで走ったセット傾向を盛り込みつつ、ブラケットと高さを設定。前後デフでリヤトー減らしてフルタイムでガリガリ走る仕様の方がいいのか、フロントワンウェイでリヤトー多めで走った方が速いのかはコースレイアウト次第な面もあるでしょうねぇ。とりあえず、忘れちゃ行けない順応性という事で、パーツ忘れないようにしないといけませんな。

 部屋が日曜夜から修羅場のままなので、そろそろ片付けたいのですが、2台同時バラバラは容易じゃない。パーツごとだけならまだしも、デフバラバラのままで放置とかそのレベルなんで・・・・('A`)ボスケテ

 TA05は需要少ないけど、流して日銭にしないといけないなぁ。・゚・(ノД`)・゚・。なので、ちゃんと整備しながら組みなおそうと思います。

2010/11/17 Wed. 09:56 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 1

top △

走れてよかった週末。 

 週末のお話。

 土曜午後、Fメイン氏よりお電話頂き、ミニのセット出しに付き合わない?とお誘い頂いたのですが、まだちょっと不調だったのと寝不足でフラフラだった為、遠慮させていただく。すんませんでした。電話の後、間も無く寝落ちしてました。

 前日の金曜深夜にかけて、土日はどうにかしてPHOTONのシェイクダウンをせねばなるまい。と、ボディーのステッカーチューンやら、何やらとばたばたしてました。肝心の黒い趣味羽2.1がまだ届きません。で、メカ載せ出来ないままでした。入荷案内も発送案内も無いままでしたので、今週末でも間に合わないのかな?と諦めて、昨年のESCとX12を搭載して配線。基本調整をどうにか済ませました。これで走行可能な状態になりました。金曜深夜に終了。

 で、土曜午後がこんな感じで寝落ち。起きたら夕飯時。台所で支度してると下に居た我が母より、お前宛だとパンパンに膨れたエクスパックを差し出される・・・。

 と、届きやがった・・・('A`)

 昨日眠いの我慢して配線したのに。・゚・(ノД`)・゚・。。


 そんな感じで再度載せ変え。寸法が少し大きくなったので、メカスペースが通勤ラッシュ状態です。くるちい。サーボ横積み対応のステアユニット出ないかな。変な隙間があるだけに、サーボ縦から横にして有効活用したいのですが・・・。薄い新型レシーバー欲しいけど金ないっす。('A`)

 そんな感じで、寝落ちしたが故に真夜中に目が冴えて、日曜朝は酷いもんでした。それでもどうにか体を起こして出撃準備。お店開店時刻に合わせたのですがコースの前横切ったら結構な台数の自家用車が。皆様はええよ。


 日曜はPHOTON1台に絞りました。タイヤは28R+ボン赤の頻度少ない中古2シーズン目で固定。ギヤ比は事前にX12の様子を聞いたので妄想して5.56くらいで始めました。

 主だった作業はESCのセッティング。今流行のブースト初体験ですが、現状ではストレート半分過ぎてから目に見えて変化する感じになっているので、結構後伸び。でも速いね~。すごいね~。ほへ~。ってな感じで、久々のハイスピードを楽しみました。

 ITO氏やY-HA氏から助言頂き、もうちょっとギヤ比詰めて、工場出荷状態のままであるX12の進角少しいぢれば何とかなりそう。これは室内ぶっつけになると思います。

 PHOTONはセンターユニットホルダー部分の締め込みが甘くてバッククラッシュが動いてしまってギヤを舐めてしまったのがマズかったものの、それ以外はトラブルフリーで走りも好調。悪くないです。スプールならではっていう動きも見せますが、曲がらないと言う感じも無くて、とにかく無難な動きしてます。

 まずはダンパーポジションを変更。リヤのみ穴2つ分寝かせてみて、小さく曲がるようになるかな?とやってみたんですが狙い通りにならず。リヤが蹴り上げて前を食いつかせるような感じが薄れて変なアンダー。元に戻します。

 位置は戻してオイルをヨコモ400→350へ。足が張っているような硬さが取れて荷重移動を感じ取りやすくなりましたのでこのまま採用。この辺で雨模様になり小休止。晴れそうだったので乾くまでにフロントも同じ番手に下げる。これも良かった。鼻先がスムーズに入りだします。とりあえずで組んだ初期状態が硬めだったみたいです。

 ボディの比較。LTC-RとP37-Rを使い比べ。P37-Rは軽いオールパーパス?ってな感じで、丸く曲がろうとするけど、オールパーパスより重くない。でも曲がりが足りない感じも無く、無個性というか、なんら尖ったところが無いので無難狙いではいいボディかもしれません。
 LTC-Rはやっぱり抑えとめりはりで勝るので、今回の走行に限ると分があったのはLTC-Rだと感じました。これが室内でフロント食い過ぎ起して扱いにくくなるとしたら、P37-Rで無難に走るといった選択方法になるかな?と、感じました。ボディピンの位置がフロントはそのままで、リヤのみ1つあげるか、ホルダー装着して半分上げるか程度の差しかないので、載せ変えも楽なのもいいですねぇ。これで頑張ろうと思います。

 長時間は無理でしたがチキチキも出来て、そこそこ付いていけてたし、試乗してもらった印象もスピード合わせのズレ以外は然程おかしな部分も無かったみたいなので、これでどうにか安心して室内に臨めます。

 とりあえず、ダンパーの方向性を試すべく、アレを変えて、モーターの進角変えてどうかな~?ってなところです。シェイクダン出来て良かった。特にESCのプログラム変更は、あれをレース中に詰めろと言われても、容易じゃないな。と感じました。


 そして昨日の夜からは、棒と紐を同時にバラす苦行を実施中。('A`)しんどい。パーツ獲りに行かねばカタチにならねぇ。こちらも室内に間に合わせたいのですが、これが終わってもミニのメンテも控えているので既におなかいっぱい。勘弁してくらさい。

2010/11/15 Mon. 12:26 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

とりあえず塗り終わり。 

 手間の割には見栄えはシンプル。効率悪いね。真っ直ぐカッターで切れないから、マイクロラインテープをちまちま貼っていくしかなかったんだい。('A`)

 顔つき部分の事なんですが、ノリでてきとうに刃を入れると、真っ直ぐが欲しいのにところどころ「クニャリ」としてしまいます。それが結構良く目立つので、雑なりにも少しは誠実さを求めて、青光りっぽい部分はラインテープを使って歪まないようにしてますのよ。これが意外と面倒。ボディ1枚だけなら良いのですが、2枚あるだけでもうめんどくさい。嫌いな部類のちまちま作業です。

P37-Rでござい

P37-R正面

 P37-Rです。元の顔はクラウンとフーガの混ざり物みたいに見えたんですが、GMのライセンスシールがボディのタグにあったので、実車があるんですな。知らなかった。いつもの如く自分顔にしちゃいましたがね。ヽ(`Д´)
 ほぼ真っ白に、ちょこちょこっと色が入っている程度ですな。なので大まかな部分は楽でしたよ。色合いを見て頂けると、昨日の日記で書いたK西氏風に見えなくもないというのが、分かる方には分るかも・・・。

 でも、ステッカーチューンでもうちょっと赤くなる予定。続きまして・・・

LTC-Rでござい

LTC-R正面

 LTC-Rです。型紙が一緒なのですが、ボディ形状に合わせて模様の位置が少し変化してますので、P37-Rよりも三角度合いが増してます。顔も例によってオリジナルでP37-Rと差異のない感じですが、各々の形状に合わせてますので、顔だけはボディごとに型紙があります。アウディっぽいくまどりが個人的にツボなので、これはしばらくは取り入れていく気がします。もうちょっと細くてイイ感じにウネるとかっこいいかもしれないなぁ・・・。

 個人的には、目とグリルの間に引いている、ボンネットとバンパーのつなぎ目のように見える線は、単純ながら雰囲気変えるのに効果的だと思います。この手のボディは目・鼻・口を均整の取れた福笑い的に配置しているように見えます。部位各々は塗り手の技術やステッカーの出来具合でクオリティが高いのに、作り物感が拭えません。ま、作り物なんですがね。

 なので、白い紙に目・鼻・口を配置したら、わざと眉間にシワを寄せたように見える落書き線を一本入れて表情を変えるつもりでやってみています。整合性を持たせるため、ボンネットとバンパーの境目っぽくさせてますが、ここでも個性を感じる実車があったりしますから、好きな車がどんな感じかを観察してみるのも面白いなぁ。と、感じております。

 これを意識するきっかけになったのがライドレジェンド。ツルンと丸いフロント周りを見て、シビック顔に出来そう。と、目・鼻・口を描いたものの、何かしっくり来なかったのですが、ボンネットとバンパーの境目の線1本入れただけで、ぐっと似る方向へ変ったのが面白かったのです。

 そういや自分のタミグラ用ボディって、複雑な塗り分けしない代わりに、ドアのモールやボンネットのラインを入れてるから、雑でもそれっぽいんだよなぁ。だったら、このテのボディも、きれいな塗り分けが無理なら、そういう小細工でらしさを求めてもいいのかもね。と、最近は思うようになっております。



 塗ったボディの話に戻すと、今回はコンセプトカー風をイメージして青光りを入れてみました。入れてみて派手になり過ぎたら、若者仕様のLED電飾派手派手マシンになっちゃうだろうな~。とビビリながらでしたが、青を濃い目にしたせいか光り過ぎてない感じで落ち着いたので、結果オーライにしました。
 個人的には面白い感じと受け取ったので、効果の割には手間はかかるけど、以降のものでも取り入れてみようと思います。


 後はカットして補強してスッテカーチューンでございます。もう中身の肝心な部分は間に合わないので、有り合わせで動くようにせねばなるまい。('A`)ウウ。無念・・・。


 当面使うボディはひと段落ですが、ボディ墓場で待っているのは、ファイナル本番出れたら・・・と、買っておいたニスモZ軽量とFF用のタミヤのアコード。アコードは来年の春まで寝かせていいので、問題はニスモZです。去年はユウキ殿が見事にコンデレ獲得されましたので、私もちょっと頑張ってみたい気もするのです。頭の中ではああして、こんな感じで・・・と、色々構想は練っているのですが、それを素直に表現出来ない技術力の無さはどうよ。・゚・(ノД`)・゚・。。コンチクショウ。

 痛車にならないけど女性が居る。というのを頑張ってみたいのですが、デッサン能力に乏しい私にとっては、基礎から始めないと無理ですな。時間無いから普通に無難な模様にしようかどうかというジレンマに苛まれております。小学校以来ご無沙汰だけど、切り絵でもやってみようかな・・・。

 全て放棄したら、またどこからかステッカーセット取り寄せてニセ実車風に逃げると思いますので、逃げてたら笑ってやってくだせぇ・・・。

2010/11/12 Fri. 10:06 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

お風呂上りは油断しちゃいかん。 

どうも。風邪引きです。('A`)ゲホゲホッ

・・・でも色は塗るけどね。ってな訳で、ちんたら進めていたボディの色塗り開始しました。今回は室内向けという事で、自分の定番である、どどんとデカいリヤウイングで抑えつけが出来るプロトフォーム製から、P37-RとLTC-Rの2枚を選択。LTC-Rは昨年の実績もあるので本命。P37-Rはどうなんでしょうねぇ?エッジの方向なんかがLTC-Rとは違っているので微調整で選ぶようなボディじゃないかもしれませんが、妄想的にはグキグキしないボディじゃないかな?と期待してみる。LTC-Rだとフロント勝ち気味になったときに活躍して欲しいかなぁ・・・。

 今回の色塗りは、去年よりもシンプルに見える程度なんで、相棒の番組後半から塗り始めて、CSのはじめの一歩を見終わったくらいの時間(ややこしいなぁ)で終えましたが、現状は顔の処理を残すのみ。でも、顔付きをモーターショーで鎮座しているようなコンセプトカーっぽい派手さを狙ってみているので、ここからメインのマスキングを剥がしながらマイクロラインのマスキングテープで輪郭なぞる作業が控えております。0.7と1.5mmのほっそいのをちまちまと貼り込むのですが、年だから指先プルプルっすよ。('A`)作業そのものメドクサイ。

 狙いはモーターショーのコンセプトカーですが、脳内での完成形妄想バージョンでは、一歩間違うとLED電飾で派手になり過ぎて痛々しい若者の車っぽくもなりそうな感じもあるので、どっちに転ぶかヒヤヒヤしてます。配色間違えると大変だなぁ・・・。色入れるか入れないかで悩んでいる箇所がありまして、そこの選択次第でしょう。どうなるかな?

 去年はファスカラーで白ベースにシルバーとパールチャコールと蛍光オレンジで模様入れてました。TEAM MAGICのボディカラーイメージをほぼパクった(劣化パクりが申し訳ない。)ものでした。デザインそのものが好みでしたが、フロントフェンダーに回り込むように配色されて台紙が凄く作りにくい事もありまして、今年の春先のタミチャレ用ボディからは配色はそのままに、似せながらもなるべく平面部分だけで済ませるようなアレンジ仕様にしてました。

 今回はそのタミチャレ用を基本として、なんか凄く雑だったり、模様の整合性の無い部分の辻褄を合わせつつシンプルにしました。ちょこまかさせるとめんどくさい上に意味の分らん感じになりますからねぇ。でも、単純にしようとするのもまた難しい。実際、マスキングテープで台紙作成中に、決定稿から結構な線と配色を弾いて、行き当たりばったりで補正もしました。シンプルになり過ぎたかもしれないのですが、本来こうあるべきだったところまで凝ったとしても、単にグチャグチャしてるだけにしか見えないかも?という疑念の方が大きくなったので、そこは次回何か塗る時にリベンジしてみようと思います。

 で、ボディの中身がE4からPHOTONになりまして、車体が赤ベースとなりました。メーカーさんとしても赤がメインですやね。赤と言っても限りなく赤寄りのピンクっていう感じですかねぇ。
 なので、今まで蛍光オレンジだった部分をパールレッドに変更し、付属してきた赤色メインのステッカーの邪魔にならないようにしてみました。蛍光レッドだとピンクになっちゃうし、半透明レッド塗ってフロストシルバーかホワイトで裏打ちも考えましたが、重ね塗りめんどくさいという、脳内議員満場一致でパールレッド一発塗りで終了。白で裏打ちしたけど、蛍光オレンジ入れていた時ほど目立たなくなったので、派手さが薄れた・・・。ちょっと寂しい。


 これで塗りあがった大半の部分。良く見ると・・・もう来なくなったK西氏の使っていたボディっぽく見えなくもない。

 こ、これは色んな意味で何かのフラグなのか?('A`)ヴヴヴヴヴヴ

 ステッカーチューンで乗り切ろうと思います。


 風引きでしんどいですが、今日明日には塗り終えてカットまでしておきたいところ。問題は中身の肝心な部分がまだ入ってこない事。土日の天候次第ですが、現状の持ち物でとりあえず動くようにしないと土日に練習すら間に合わないかもしれないですね。どうしたもんか・・・。関税まだ通過出来ないのかな?電子部品だから厳しいとかあるのですかね??
 そこもモヤモヤしたままですが、早く風邪治してその他の作業に勤しみたい。そろそろタミチャレ用ボディのネタも考えないと時間ないし・・・。最近の腰の重さはもの凄いものがあるので、既に黄色点滅中の様な気もする。(ノД`)間に合うかな。

 それに加えてぼう車のメンテもゲフゲフン・・・どうすりゃいいのさ。仕事したくないでござる。と、人間的に駄目な部分も惜しみなく露呈してみる。


 それともう一つ。今回塗ってるボディ2枚はライトウェイト仕様なんですが・・・PFは保護シートまでライトウェイト化しなくてもいいと思うの。油性マジックのエッジを立てただけで引っ掛かってガサガサになったり、台紙作成用に表面にテープ貼っただけで、保護シートごと剥がれてこようとする貧弱っぷりに泣きました。

 個人的にはレギュラーウェイトが好きなのです。重くて硬いしウイングも肉厚でたわみ少ないし。それだけでも抑え強そうなので、カーペットではグリップ感>軽やかさの私にとっては結構大事な部分かも。LTC-Rは景品頂き物なので文句言いませんがP37-Rに関してはどっちも入れて欲しかったなぁ。と、思ったりする。

 そう思いながら、お店に下がっていたSPEED6 LWも非常に気になる。これも揃うと、スプール仕様でカーペットも走ると仮定したら良い選択肢の様な気もするのですよ・・・。どうでしょうねぇ。

 ワンウェイの方が相性がいい場合もあると考慮して、ワンウェイも用意しつつ準備ですね。リバースユニットが普通に売っているので、ベルト位置変更仕様でも無理なく対応。すばらしいよ。東京ホビーズさん。ノーマルとヘビーデューティーの違い教えてくらはい。ノーマルは昔ながらの細いワンウェイだったら泣くぞ。と、スペア物色しながらリストアップもしてます。ピンロックでスプールになるタイプも出ると変更が迅速で良いのですが。と希望してみる。


 さて、シェイクダン出来るのか。室内開幕で初めて走る事になるのか、非常に微妙な週末を迎えます。

2010/11/11 Thu. 10:09 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

2010タミヤチャレンジカップファイナルレース 

 というお題目の参加案内書と事前の点呼となるアンケートハガキが送られてきました。

 ええ・・・検閲されたらされたなりに伝わって欲しいと思って、以下の事を書こうと思います。


 今年も12月にの土日2日間で行われます。これは毎年恒例なので特に不満も感じてませんが、内容が正直解せないと感じてしまいました。

12月11日 午前中:公式練習
       午後:ショップ対抗セミ耐久レース&ショップエース対抗FF-03予選

12月12日 ファイナルレース本番(予選・決勝)&ショップエース対抗FF-03決勝


 こういう内容になってます。問題は土曜日。

 過去のファイナル本番前日に当る土曜日は、終日練習日として割り振られていました。終日とは言っても、各々走行回数制限を受けているので、ずっと走りっぱなしは不可能でして、それぞれにセット出しに勤しんだり、コース慣れに集中したり、自分なりに時間を割り振って走る事が可能でした。
 このお陰で、お昼過ぎに会場入りした私であっても、クローズドになる5時までにはそこそこ走り込めたし、セットもこまかなアジャストが可能でした。

 この、好きなように緩く時間を使える土曜日がとてもありがたい存在だったのですが、今年は午前中のみという扱いになっています。これでは土曜開場直後から詰めていないと短い時間をフルに使いきれないまま過ごす事になります。当然渋滞も起こるでしょうし、何よりも移動の時間制約で、土曜日入りは可能であっても、練習時間に間に合わない遠征組みが多数出現すると思われます。

 そして、午後からは耐久やFFのイベントが始まってしまうのですが、ここでも先に書いたイベントへ参加出来る・出来ないの人間の間にコースで走っている時間の長さでの不公平さが出てしまいます。耐久に参加出来るチームは相応に走り込めますから、熟練度が変わってくるでしょう。FFも同様です。これでは、出れるチーム贔屓と思われても仕方ないと思います。

 開場直後から詰めて練習してその後に耐久に参加しFFの予選も走る方と、移動の都合で午後に静岡入りする土曜は見てるだけで不参加の人間との間に、どれだけ差が付くんだろうと思うと結構切ないです。しかも、ただ午後に到着しただけで、去年までのような終日練習日であれば走れたはずなのに、今年はそれすら出来ない状況に置かれる方は、ただ黙って受け入れるしかない訳で、ここに公平さを感じる事は出来ません。
 代表店舗によっては、チームも組めない少数で参加している方々も沢山あります。その方々も同じように切ない思いをするのでしょう。「走りたければ出ろ。」とは行かない方々へ、もう少し目を向けた感じは出せなかったのかな。と、思っています。


 なので、自分勝手ながら「こうであればまだ・・・」というの以下に。

○土曜は開場後即耐久レーススタート。コースはレイアウトはそのままでいいけど、ファイナル本番とは周回方向が逆である事。

○耐久終了後にすぐFF予選を。

○午後をまるまる練習日に。


 これであれば耐久の方々のコース慣れも、周回が逆である以上はアドバンテージになりきってしまうまでには至らないまま、周回数を稼ぐ事によって路面の出来上がりに貢献してくれるでしょう。その後にファイナル参加者が心置きなくコースに出て練習するような感じであれば、ライン付近にラバーが乗ってしまった後なので、グリップ感の足りなさを感じる事無く走る事が出来るでしょう。

 午後を練習日とした事で、遅れてくる遠征組にも走る機会が生まれて不公平さの是正にはなると思っています。現行の予定のままでは、遅れてくる方々は午後に会場入り出来たとしても、練習も出来ないまま、他人がしこたま走り込んでいるのを指を咥えて見てるだけになってしまうのですもの。それは勿体無さすぎます。


 なので、土曜日を再考して欲しい。それが正直な気持ちです。

 もし、関係者の目に留まっていたら、見て下さっただけでもありがたい。かな?・・・ 

2010/11/09 Tue. 00:08 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 0

top △

御疲れ様でした。 

 今年のNRCシリーズ戦は今日で終了。このご時勢、参加者減少は勿論の事、今年は記録的な猛暑も手伝い、人の動きが鈍かったような気がします。仕方ないとも思います。ですが、最後はそこそこ盛り上がれたのが救いかな?とは思います。

 レース不成立で走行会になった事もあります。ですが、その時なりに楽しむ事は忘れない姿勢は大事。焼肉おいしゅうございました。バカ話も真面目に詰めた話もチッキチキも楽しかった。何か冴えない中でも、楽しみを見出す姿勢があるうちは、面白さを探せるはず。細々でも続けられる事が大事だな。と思いつつ、参加された皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。

 この調子で、室内も楽しくいきたいものですなぁ。ヽ(`Д´)ノ

 ってな訳で。今日は参加しなかったストッククラス決勝を撮影しました。暇つぶしにどうぞ~。






2010/11/07 Sun. 23:23 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

NRC室内戦12月のご案内。 

 まずは室内戦のご案内。

 12月分の日程が決まりました。12月5日と19日で会場確保出来ましたので、皆様のご参加お待ちしてます。

 個人的には、開幕戦の11月21日と12月5日の2回カーペットで走るチャンスが出来るので、ガンダムさん見学のついでに行って来るつもりのタミチャレファイナ・・・ゲフゲフン・・ルに向けては好ましい状況ではあります。(`ー´)近隣の御方で、本番前の肩慣らしやセット探しをされたい方は是非どうぞ。タミチャレ仕様ならスポーツクラスへのエントリーでいけます。レースで走って、空き時間でセット探しも少しは出来ます。

 本番のカーペットのような毛羽立ちが少なく、ライン上がハイグリップで、ライン外すと超低グリップというような雰囲気とはちょっと違いますが、カーペットの特性は似通っているので、ここである程度アジャストして、現地は微調整とコース慣れに重点を置けるようにした事で、一昨年のタミチャレはどーにかこーにか楽しめました。
 会場は使用時間が限られている為サルラジは難しいですが、天候に左右されないのが強みですので是非どうぞ。参加に当ってのご不明な点はコメントやメール下さればお答え致します。参加お待ちしております~。


 今週末が地元最終戦。今のところ天気は大丈夫そうですが、私は肝心のブツが来週でないと届かないみたいなのと、ボディ塗装が間に合わない為、みせびらかしシェイクダウンはお預けになりそうです。('A`)残念。レース参加してもミニくらいですかねぇ・・・。

 昨日は引き篭もってボディに落書きしていたのですが、タミヤ用に「実車でありそうシリーズ」ばかりを塗っていたお陰で、元々持ち合わせていない勘とセンスが更に曇ってグデグデのグデグデ。いや、基本は昨年のTEAM MAGIC風をそのまま継承して、オレンジだった部分を車体に合わせて赤にするだけでいいかな?という軽い考えの下で始めた落書きでしたが、上手くいかないんだなぁ・・・('A`)('A`)('A`)駄目な時は駄目だね。大半駄目ですがね。

 そんな訳で、昨日のうちに落書きと型紙が出来れば無理矢理日曜日に間に合わせる事も出来たかもしれませんが、心臓部が来週届くという事となりましたので、もうちょっと冷静にやり直ししたいと思います。

2010/11/04 Thu. 09:35 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △