今年のお外タミチャレ 

 お外でタミチャレは今年度分終了。残すは12月のファイナルですが、個人的にはガンダムさんも見たいので行きたい。行く予定・・・としか言えない微妙なところですが、隙をうかがう事は心掛けようと思います。新幹線も新青森駅まで開業してますから、始発で行けちゃいます。お昼前にはグランシップ・・・とまでは行かないでしょうが、乗り換え1回で1時間でも早く着くならもうけもんですな。

 今年のタミチャレはLi-Fe+GTチューンという、馴染まないパワーソースで走り始めた春先。前年までの3700HV+ライトチューンと比較しても穏やか過ぎて物足りないというのが最初の印象でした。実際、タイムは落ちただろうと思いましたが、周囲も同じ様に落ちるだろうから大丈夫だろうという、2005年のBARみたいな勘違いは炸裂する事無く、きっとプライムさんところの猛者は、落ち幅最小限度まで詰めて来るんだろうなぁ。と、思っていたら案の定そんな感じだし、ひとつアンダー出しただけで順位が・・・という状況があるらしく、先に開幕していたプライムさんのレースの内容が気になって仕方なかった4月末。

 5月の工藤模型タミチャレで自分の今シーズンは開幕。そこで見せ付けられたのは、段違いで速いTaga.K氏と、その車作りの内容でした。
 昨年の延長線上でしか考えていなかった自分達とは違い、最前線からの情報を吸収してモノにしていたTaga.K氏のマシンは、今年のタミチャレを考えて組まれた最適仕様と化してました。その場に居合わせていたメンバーよりも、一つ抜き出ていたのは誰もが認めるところでした。

 そして、1アンダーでの順位変動というレース内容も痛烈に実感。昨年よりも重量が減り、スピードが抑えられた今年の車体は、あまりタイヤに負担を強いる事無く走れてしまう為、昨年よりもねじ伏せる操作が減り、ロス無く車を前に出す事が重要となってきました。よりミスを許容しないレース展開となった訳です。

 ・・・徐々にではありますが、スピードに関してはほぼ取り戻してしまったので、ちょっと当てはまらない記述もありますが、そこはご勘弁を。

 そんな1コーナーでの良し悪しがタイムに明確に現れてしまう状況故に、コースにもよりますが、スターティンググリッドの優劣は相当影響するのも身に沁みました。工藤模型ではPPからメイン下のグリッドまでの距離は直線2/3に相当する距離。既に数秒のビハインドを背負う格好になり、ただでさえコーナーでの失速が出来ないのに、前とバトルしながらポジションを上げていかないといけない何重苦を背負ってレースをする事になります。反面、上位スタート程リスクが少なくレース展開を築ける為、負担も少なく余分な事に気を使わずともレースに集中出来る為、予選が超重要になりました。

 私はとりあえずAに残れたら・・・が身上でしたが、それだけでは済まされないところに追い込まれて難儀しました。('A`)セコいのだけが取り柄だったんですがねぇ・・・。


 これらのインパクトを踏まえて、今年のレギュに最適化された車作りがスタートしました。既に1レース分遅れているだけに、巻き返しには努力を伴うものですが、1歩先を歩いている方々に並ぶところまでは行けなかった気がしてます。この辺、F-1っぽくて妙にリアルね。なんて思ったものです。


 7月の工藤模型タミチャレで代表権を頂きました。これで少し余裕が生まれた気がしますが、工藤模型の面子の中でも抜き出ている訳でもないし、プライムさんにお邪魔するとボッコボコにされて下位メインにあっさり沈められるあたり、代表権はマグレの産物であるのを認めるしかない状況でした。まだまだノウハウも技術も追いついていません。


 予選とレース内容についても昨年とは違う感じで、巻き返す余力がないまま走るような印象がありました。パワーでごり押しがしにくくなり、ミスの挽回のチャンスが巡ってこないのです。なので、抜く方も抜かれる方も意識的にリスクを避けるようになりました。
 この駆け引きに慣れているか慣れていないかを見ていると、経験度合いが分ります。どうしてもローパワー気味に感じる為、常に近い位置で数台固まる状況が生まれ易いのですが、これをボコり合いするものと解釈するか、適切なリスクコントロールに注力するかで、自分だけではなく他人を巻き込んで足の引張り合いをして沈んでしまうか、それともお互いに引っ張り合ってタイムを更新するかの分かれ目が生まれます。

 レースの基本である、ラップ処理のする側とされる側の振る舞いを適切に見極めて、ロスなくそこを乗り切る事が、抜かれる屈辱以上に有益だと感じるところが多かったのが今年の傾向でした。これは違うカテゴリーであっても有益に働く事ですから無駄になりません。まぁ、ぶつけ合ってお互い3秒ロスするよりは、その周だけお互い0.5秒遅いだけの方がダメージ少ないかは明白ですやね。

 その0.5秒ですら惜しいのが今年のタミチャレでしたから、今年は自分と他人の位置を把握する事や、レース展開での適切な判断能力を磨くには勉強になったレースだと感じました。

 自分も至らぬ部分を多々露呈させて、マズかったと思う局面は多々ありました。全て反省材料にしつつ次に繋げて行きたいと感じております。


 5月のインパクト以降、最適化のセットを探る日々となりましたが、徐々に安定した傾向が生まれ、いつの間にか重箱の隅を突くような事しかしなくなってました。余裕の成せるダラケっぷりなんですがね。('A`)そんな中でも、認めたくないと思いつつ、M上氏が知らぬ間にTB03に変っていた事で現実味を増したのが、TB03の猛威。ちょっとしたギヤ比優遇くらいでしょ?それは気合で・・・と、思っていたのですが、隅を突けば突くほどヘコむ日々を迎えたのが今年の初秋。

 少しでもそこの差を・・・と、Ver.1のドライブトレーンをVer.2に移植したかったのですがレギュ的にNGなので無理。Ver.1に戻せってか?('A`)というベルト使いのジレンマで悶々しっぱなし。どうしたもんか・・・。

 7月タミチャレ以降、大幅な変更の無いまま、工藤模型9月タミチャレ~プロスペックカップタミチャレ~10月プライムタミチャレ最終戦を迎えましたが、後半はちゃっかりAメインに居るようにはなりました。ただ、上位陣との差が顕著で、その時その時の空席に滑り込んでる状況なので、勝ちを狙う状態ではないのが苦しい。もうちょっと頑張れればと、思うところをグランシップに持ち込みたい。


 まだ大本営からの大会詳細案内はされていませんが、ファイナル独自で何か起きるかを注目したいところです。今出来る事は、少ない走行機会でデータ集めまくって、傾向にあわせた調整で済ませられるように引き出し増やす事くらいです。さて、どこまで出来るかな?と、いったところで、お外タミチャレの総括になっていない総括を終えてみる。


 ・・・・赤いヤツの見せびらかしは後日ヽ(`Д´)ノダシオシミ
スポンサーサイト

2010/10/28 Thu. 10:30 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

日曜日の焼肉走行会 

 日曜日の焼肉走行会のお話。

 私事でどっしり構える事が出来ない部分があり、ちょっと参加を確約出来なかったので、当日の状況次第でした。で、当日は市内に居る程度ならば問題ないという感じになったので、肉持ち込みで参加しに行きました。


 Mr.T氏のブログで掲載されてしまいましたが、皆様へはPHOTONの見せびらかしと、組めていなかった細かな部分を詰める作業をしつつ、ミニを持ち込んで数パック走行させました。

 メインは皆様とのタベり話で、美味しい肉を突きながらの話は楽しかったし、旨かった。こういう機会が設けられるのは幸せだなと思います。


 ミニはプライム最終戦で導入し、現地で好調だったニセウサ足である「メソウサ足」をそのまま持ち込みまして、まず自分で走行。わ、悪くない・・・。たまたま現地でハマったセットではない模様。当日は計測可能な状態でしたが、その時はまだ計測は行わず、走った感触だけ確かめた感じでしたが、それでも握っていられる時間が長くなった気がします。

 他人はどう評価するかを確かめたくて皆様に使ってもらいましたが、概ね好評。万人受けもしてるみたいです。

 他の方々が走っている姿を下で観察させてもらいましたが、挙動が実車の挙動を忠実に再現しているみたいに荷重移動してるのが分ります。ロールはしてるし、ピッチング方向でもしとやかに伸び縮みしているのですが、振り回してもあまり残らない感じが出ていて邪魔になっていないみたい。

 分りやすく自分の挙動を伝えてくるので、それらを積極的に使って動かす事が出来てるようで、そこを楽しく感じて頂けたみたいです。

 レーシングカーのような足の引き締まった動きとはかけ離れつつあるものの、これはこれで一つの回答の様な感じです。操る側が「速い。調子いい。」と感じる以上に、「何か面白い。」と感じてもらえて、速さも見せる事が出来るセットに行き着いたのは多分マグレの産物です。でも、行き着いたのですから、この感触を失わないようにして行きたいと思います。室内はどうでしょうねぇ~?パイロン乗れないだろうなぁ~・・・。こけそうだから。

 計測もしてみました。自分が参加したレースで出したタイムが18秒9台がベストでしたが、これは絶対に速い。と思うような完璧な周回は無かったものの、18秒3が出てました。比較するタイムを出したレースとは気象条件は違うので、比較対象とは言えないかもしれませんが、それでも充分更新出来る程度の効果はあったみたいです。アベも上がっているので尚良しですな。

 そういや、Y-HA氏からは、以前よりフロント跳ねるような感じも消えたねぇ。と言われた気がする。メソウサ足。・・・恐ろしい子。単純だし、皆が知っている組み方ではありますが、ハマれば面白い動きが出せるみたいですよ。


 もう一つ面白いのが、セットの方向性がガラリと違うのに、今のM05は過去調子が良かった頃のM03を操る感覚で操れてしまうところです。本来ミニはこんな感じで走れちゃうから面白いんだよなぁ。と、思っていた感覚に近しくなって、セッティングでそういった傾向が出てると思えないのですが、なぜか似通ってきているのです。不思議。でもしっくりくる。
 M03はフロントヘビーのぐりんぐりんコーナリングが身上でしたが、05になってからはツーリング的な曲げ方になっていた気がします。それが03の感覚に近くなりつつも、フロントヘビーではない為、頭重すぎて転がってしまいそうにはならない。・・・岩手大会の路面だとタイヤだけ合わせ込めれば楽だったろうなぁ。と、今更ながらに思っております。


 ちょっと違うかもしれませんが、ハガンゲリオン暴走モードで、決勝Aメインの舞台で全車?ラップの破廉恥行為を見せた、去年のハガカーン選手のミニの挙動がイメージ的には近いかもしれない。操る人間が段違いで格上なのは当然なので程度は違いますがね。あの時のカーン氏の車もよく動いていた気がする。

 速い人の車のイメージにちょっと近づけたような気がしている昨今、当分タミヤ関連でミニを走らせる事は無いのですが、気分的には雪解けが終わり、本格的にシーズンに入った来年が楽しみだったりします。


 ここから大きく崩す事なく、更に詰められるなら詰めていきたいです。


・・・皆様に「あとはいぢるな。」と釘刺されてますが。('A`)

2010/10/27 Wed. 14:04 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

室内と今後に向けてのあれこれ。 

 今日の気象カメラで見た札幌は吹いてましたね~。('A`)夏があれだけ暑かったのに、間髪居れずに冬到来って感じが何とも。今日はちと寒いですな。


 ちと、話題を室内戦に向けて皆様の意見を伺えればと思います。

 レギュレーションの項目をちょいちょい修正しております。ストック・スポーツクラスのLi-Feバッテリーの規定ですが、当初よりも容量が増したタイプが販売され始めましたので、今まで設けていた容量制限は撤廃した方がよいと考えました。能力のみ40Cか40C+αの表記まで有効という事で良いと思うのですが、メーカーさんによっては、例えば中身が他社と同じであっても+αではなく、45Cと表記してるようなのが出てくると扱いが微妙になるので、そこはどう見たらいいかな?と、考えております。45Cか40C+αまでという、ちょっとした修正は入れた方がいいのかな?とも感じました。

 ミニ用のLi-Feバッテリーに関してはタミヤ縛りまで入れる訳には行きませんので、メーカー不問にして上記の上限表記に加えて、パックバッテリー形状のみ使用可能という指定を入れたらどうかな?と考えます。誰もやらないとは思いますが、薄い角型Li-Feを無理矢理載せようとしたりされると興ざめですからねぇ・・・。

 現状、パック型Li-Feも能力的にピンキリになってますが、そこは幅を持たせないとパワー競争に巻き込む事になってしまうので、御自身の環境に合わせた持ち物で楽しんでもらうしかないと思います。

 ミニのブラシレス化も考えたいのですが、メーカーの枠を撤廃してしまうと、能力的に優れたものや、何だったらブーストまで使えるものが出てきてしまう可能性がありますので、ワンメイク化が無難なような気がします。

 個人的に動向を気にしたいのが、後日タミヤが行うLi-Fe指定の単発イベントで導入された、14Tのタミヤブラシレスコンボ指定というレギュレーション。現状、Li-Feとの組み合わせで指定されているGTチューンとの差が大きくなければ、アリかも?と思いますので、余力があれば14Tのモーター入手して、皆様と走ってみたい。
 極端な速さが見られないのであれば、タミヤのブラシレスコンボ14Tのみ使用可能にはしてもいいんじゃないか?と考えます。

 今までのセンサレスの他、今後はセンサードも発売されますので、そこは選べるようにしておけば、センサードへ変更する為に放出されるであろうセンサレスをオクで安く揃える事も可能ですし、どちらの新品のコンボセットも手を出し難い価格帯ではないので、手を出しやすいとは思います。

 現状のツーリングクラスで使われる様な酷使が前提ではないので、本来のブラシレスの利点であるメンテフリーな面や管理と維持のし易さを、初期投資と秤にかけて選ぶ事が出来る選択肢の幅は広がってもいいかなと考えます。

 まずは自ら実験だね。とは思うので、どうにかセンサレスの14T入手して、お休みしてるESCが一つあるので組み合わせてミニへ搭載してみたい。と考えてます。混走に問題なければ導入を御一考頂きたいかも?と、提案してみる。


 ミニで6セル7.2Vパックを使用する場合は現状維持が無難だと思うので、ZAPタイプに手が出しにくい現状の容量規制もそのまま継続でいいとは思いますが、これでブラシレスを入れたいと考えるとなるとどうなるでしょうねぇ?タミヤのレースでは、ライトチューンだったところがブラシレス18Tに変ってますので、18Tであれば釣り合いが取れるのでしょうか?そこも気にしたいですが、そこまで実験となると、センサレスのモーター4種類中、3種類が揃うという、すばらしいツインスターへの下僕ぶりを発揮してしまうので、正直しんどい。('A`)カネモチニナリテェ・・・どうにかならんか?

 ってな感じで、今回はレギュレーションの話だけ書いてみました。日曜日の焼肉走行会の話は次回に。

2010/10/26 Tue. 12:10 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 3

top △

プライムタミチャレ最終戦その3 

 ネタの鮮度が落ちてますが、決勝です。

 まずはFFから。スタート直後はそこそこで、然程グリッドと変わらない位置で走っていましたが、やっぱり走り出し2~3周でおいしい挙動が終わってしまい、あとはジリ貧でミス連発。岩手県高速機動隊に配備されたパンダインプレッサにあっさり譲り優良ドライバーぶりを如何なく発揮。

 後はお皿に乗っておっとっとしてからの弱さが際立ち見る見る後退。ハッチバック系だと、コクピットパーツは頭重くなりすぎてマズいのかな?なんていう疑念も。軽量セダン系の方が、スポイルされる部分が少ないのかもしれないと感じられました。ハッチバック系は素直にウェイト調整を受け入れた方が幸せかもしれないですね。

 そんな結果がこれ。一発は出るんですけどね~。見事な右肩下がり傾向でございます。タイヤを上手く使えないのかな?コンパウンドはAで、インナーはミディアムでした。ソフトだともうちょっとグリップ感が出て、車が重く感じたかもしれないですね。って事は、ハードだったのかな??ん~・・・。B3でいいんじゃない?っていう温度帯だと気にならなかった面が見れたのは収穫でしょうなぁ。

ツーリングという名のFFクラス決勝結果


 ミニの決勝は面白かった~。スタート直後に私含む上位数台でどんちゃん騒ぎをしてしまい、そこをえむ2さんがスルリと抜けて、一気にマージンを稼いでしまいました。恐らく少数派だったであろう、Li-Fe+GTチューンのイタリアーノ仕様ながら、1600SP+ライトチューンの私達とほぼ同ペースで周回してしまう為、なかなか差が詰められない。もう、勝ってしまってから走りにバトン臭を感じる横綱っぷりがみられますな。(`ー´)

 そんな感じで序盤から中盤にかけては4位くらいで前を追う展開。接近してはミスで詰めた差を再び広げて・・・を数度繰り返しましたが、上手い具合に3位に浮上。前には好調ABEX氏。差が結構厳しいかもと思えるくらいだったのですが、何か知らんが車がいい。慌てなくてもいい単独状態ではペースが良くて、数周頑張ったらABEX氏の背後に迫る事が出来ましたが、相手もペースが悪い訳ではないので、詰めはするものの決め手に欠けたまま背後でプレッシャーをかけ続ける事になりました。

 後半残り少なくなった頃、ABEX氏がミスコース枠外に吹っ飛び2位へ浮上。ここからが大変でした。TOPを走るえむ2さんは緩やかな下降線を描くようにタイムが落ち着いてしまったらしく、ノーミスで走ってペースが同じか、ちょっと下がるくらいになっていたらしく、ここで周回ペースの逆転が起きて、後方の私含む数名のペースが勝り、急激に差が詰まり始めます。

 序盤で充分なギャップを築き、本来であれば後ろとの差をしっかり保ちながらゴールすればいい余裕の展開が崩れました。残り1分も無かった頃だと思います。インフィールドではほぼイーブンくらいなはずなのに、2本あるストレートで私が速い為、成すすべなく差が縮まっていくえむ2さんとの神経戦は楽しかった~。どっちもミス出来ないので必死です。

 そしてラスト2周くらいで背後に付きました。べったべた。ペースは違うけど同一周回で争ってますから、しっかりラインはブロックされます。チャンスがあるとするなら、奥のストレートに立ち上がるところで横並びして、勢いで前に出るしかないな。と思ったので、ベッタベタのまま揺さ振りますが、なかなか動じてくれません。

 そしてファイナルラップ。粘って背後に着いたまま奥のストレートを立ち上がります。インは抑えられてしまっているので、アウト側で加速して並びかけます。これで動揺して握り過ぎて、ストレートエンドで膨らんでくれたらこっちがインに捻じ込んでやる。と、思っていたらその展開。遂にイン側とってコーナーに突っ込み位置を変えての横並び。ぞぞっと来ますね。レースが好きでよかった。と思う瞬間。

 そのまま左→右と続きますが、最初の左でイン取っていた分、半身前で次の右なんですが、再度インアウトが逆転する状況でもあり、立ち上がりで並ばれないよう早目の加速にしたつもりでしたが、へばりついたまま次の右に雪崩れ込んで行きましたが、弾かれる格好で私がグルリとして終了。それを良しとせず、待って再度残る短い区間で勝負しようとしてくれたえむ2さん。しかーし。そうこうしてたら、3位の方が追いついてきた!!∑(゚Д゚)ここで3台でのラスト数メートルのバトルに突入。

 復帰した段階でアウト側からでしたので、3位の方を抑える事は出来ましたが、インとアウトが交錯するところで前を伺うようなところまでは至らずに最終コーナーは団子状態。ファイナルラップまでTOP争いを4台くらいでやりあってるバイクのレースみたいでした。
 加速で勝るので前の車の半身の位置まで並びかけましたが、無常のゴールライン通過。僅差で2位でした。でも、楽しかった~。今日はタミチャレ予選の3ワイド2連ちゃんやら、ミニ決勝の攻防やら、中身が濃過ぎて酔ってしまいます。楽しくて、充実してましたなぁ。ヘトヘトになるトリプルエントリーで頭グチャグチャでしたが、こういうのが味わえるからいいよねぇ。と、ここで多分ピーク終了。

ミニクラス決勝結果


 タミチャレは辛うじてのAメインだし、速い方々がちゃんと前のグリッドい居るし、もう参加する事に意義がある状態なんだろうなぁ。と思ったらその通り。自滅もあっていいところなく終わった感がありました。なので印象に残ってない。('A`)結果はこんな感じ。一発すらないからなぁ・・・。新品投入して出し抜こうとしたのですが、イマイチの不発でした。

タミチャレ決勝結果


 そんな感じでレースは終了。お楽しみ抽選会の始まりでございます。

 私は撤収準備をしながら耳だけダンボにしてました。商品と当選番号が続々とコールされます。私は7番。


「じゃあ、次は完成済み電飾付きSX4のボディで・・・」

私:「ククク・・・アレが当った人間は、FF03を買うハメになるのだよ・・・さて、次なる犠牲者は・・・」


「ぷるるるる・・・・ぴっ。・・・・・7番」


○| ̄|_

      ○| ̄|_

            ○| ̄|_・・・プッ


 うふふ。何か知らんがスペアボディが増えたよ。電飾ユニットも増えたよ。

 どーすりゃいいのよ。呪われてるなぁ・・・。('A`)


 レース後に、ミニの決勝が面白かった事もあり、えむ2さんと走りっこしようという事で、大まかな撤収を終えて必要な荷物のみ残して待っていたら無常の本降りの雨が。最後の走りっこは出来ずに終わってしまいました。残念。

 時間も時間なのでそのまま帰る事に。2010年のプライムタミチャレはこれにて終了。今年も度々お邪魔させて頂きました。構ってくださった皆様に感謝です。ありがとうございます。また来年も、何度かお邪魔させて下さいね。皆様、お疲れ様でした!!

2010/10/22 Fri. 10:15 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

プライムタミチャレ最終戦その2 

 番長氏、昨晩メール頂きましたが、半分寝たまま返信したので支離滅裂でした。すいません。('A`)寝ぼけている時に出てくる非常勤のおっさんは、仕事テキトウなので随分と雑なお返事したような気がします。反省。

 予選。順番はFF→ミニ→タミチャレの順。結構キツキツ。

 練習走行すらしなかったFF1回目は様子見確定。お殿様に聞いたデフを投入していて、後は工藤模型タミチャレのセットから、リヤトーをブラケット一つ分減らしてありました。これは、リヤトーが増えるほど巻き込むような印象を持っていた為、グリップ足りないときは巻くのかな?という事を考え、あえて減らした仕様にしてみたのです。合わなければ戻せばいいし。と、思ってましたとも。

 ・・・時間無くて触れず仕舞いでしたがね。('A`)フィ


 走り出してみると悪くない。デフの変更でグキッっとした曲がりが無くなったものの、失速感が減ってとにかく前に進みたがる。タイムも結構いいタイムが出せているにも関わらず、決め手に欠ける感じがします。ベストも序盤でポンと出るものの、徐々に車が曲がりにくくなってくる感じが出てます。

 これは・・・おててで曲げられるお殿様ならではなのか?という疑問を持ちつつ、後半の落ち込みが気になります。タイヤのグリップを失っているかな?Aタイヤだと後半ちょっと重くなるような温度帯だったような印象もあるのですが、番長氏は後半でベストが出てるみたいでタイヤの持ち方という感じでもない。何だろう?という疑問を持ったまま走る事になります。

 コーナリング重視ならばSX4の方が良かったかも?リヤトー増やしていた方が良かったかも。と、あれこれ試してみたかった気もしますが、時間が無かった。ん~。まだまだ甘いです。

 そんな感じの予選結果がこちら。

ツーリングというか、FFクラス予選結果

 14秒台があっついですね~。いい集団で固まってます。面白い面白い。


 ミニは速さがあるものの、ちょいとミスも多かった為、ロスを挽回するだけの勿体無い展開。ロスなしならば、もう1周を見据えてもいいくらいだったかもしれません。・・・うそです。すんごい誇張しました。('A`)でも、2秒以上縮める事は難しくなかった状態だっただけに、最終コーナーのパイロン共の処理を多々誤ったのが悔やまれます。そこがマズかった・・・・。で結果がこんな感じ。

ミニクラス予選結果

 上位3台がいい意味でかっつかつです。ヽ(`Д´)ノ個人的には、好調ABEX氏に肉迫出来たので上機嫌でございます。ウフーフ。


 タミチャレの予選1回目は前列スタートだったのですが、同じヒートには本日の2大巨頭である番長氏とCHO選手が。

 スタートでM上選手の先行を許してしまい、以降、2位か3位で追いかける展開だったのですが、序盤のどんちゃん騒ぎから抜け出してきた両選手が、みるみる背後に迫ってきます。でも、それぞれが本調子ではなく、迫られてもちょっとしたミスで間隔を取り戻したりしながらジリジリとした攻防。ほぼ両選手が横並びのまま、揃って背後に迫ってきてからが面白かった!!5月タミチャレでは十番氏とCHO選手にかわりがりを受けましたが、今度は番長氏とCHO選手からのかわいがり。
 両者に挟まれながらストレートに抜けるまでのツイスティな区間でインもアウトも真ん中もポジション入れ替えながら、入り乱れての攻防。あれでボコり合いにならなかったのが凄かった。心の中では軽い失禁でしたよ。

 それを何とか制しきってポジション譲らずにストレートに出たときには鳥肌モンでした。しかし、再び近しい間隔でへばりつきながらの展開は継続中。2度目のかわいがりも1コーナー目から。また再現ですよ。こんな事、日に2度も3度もやるもんじゃあないですよ。・゚・(ノД`)・゚・。。再度軽い失禁。

 そこを今度も制しきって再び先頭で復帰。番長氏、CHO選手共にミスがあったらしく、ちょっと間隔が空きまして、少し楽になりましたが、さっそく番長氏からは追撃を受けまして、再び瀕死の状況。遥か前方へ逃げていたはずのM上選手のお尻が視界に入ってきたので、手を抜いて観戦モードだったのかな?と思ったら、単独なにかやらかしていたらしい。でも、追いつく勢いはあっても時間が無い状況でタイムアップ。辛うじて番長氏から逃げ切ってゴールしました。1R目のゴールタイムが物語っております。CHO選手も直ぐ背後だったのですが、無常のタイムアップと同時にライン通過だったらしく、辛うじて振り切ったカタチになりました。

 スリーワイドの攻防なんて、もうこりごりですよ。勘弁してぇ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。。

 でも、楽しかったです。タミチャレクラスの醍醐味が最も集約した瞬間だった気がします。(`ー´)

 もっと路面が暖かくなった2R目はタイム更新連発で、今度は前列スタートとなった両選手とは戦えないままでしたが、M上選手よりも上位で終えた事。3秒ほど更新した事でポジションアップし、最終戦にして初のAメイン入りを果たしました。ここの最速予選タイムが分らないのですが、ほんとのつわもの揃いの時だと多分駄目だったでしょう。状況が良かっただけかもしれませんね。10秒は切るべきなんだろうなぁ。と思った予選結果がコレです。

タミチャレ予選結果

 番長氏が抜けちゃいましたし、やっぱり速いCHO選手もしっかり更新。今回はいつも仲良しI藤選手が大躍進。勝てる気がしませんでしたね~。くそう、抜けちゃったのか~。('A`)

 こんな感じで予選は終了。次は決勝になります。




2010/10/19 Tue. 13:48 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 4

top △

プライムタミチャレ最終戦その1 

 昨日はプライムタミチャレ最終戦でした。雨上がりな弘前を南下していくと、花輪SAあたりで真っ暗に。('A`)安代過ぎてから明るさは取り戻したものの、雨も落ちたり落ちなかったりの不安定な状態が続く中トラウトへ到着。一番乗りっぽかったですが、すぐさまABEX氏も登場。皆様集まり始めました。

 その時の路面は濡れ路面。各々荷物を運び入れて準備しつつ、タオルなどでの排水・拭き取り作業が行われます。時間経過と共に雲間から明るさが出てきて、状況は好転。路面も乾き始めます。

 今回は自前のタープを使わずに、番長氏やCHO選手の縄張りになっている屋根付き休憩所の一角にピットを構えました。らくちん。トリプルエントリーという事もあり、実際はあさから大忙し。3台走行準備をしながら充電・メンテ・練習走行をこなす大車輪。

 ミニはウサ足とは程遠いながら、コンセプトを真似てつくった偽ウサ足である「メソウサ足」が一番の変更点。メカフレームもスタビ取り付けに対応した肉抜きに留めた新品なので、今度はスタビの効き具合が曖昧にならずに済みそうです。
 プロスペックカップで走る私のミニをkotatu殿が撮影して下さった写真や、番長氏やMr.K氏のご指摘で、ノーズダイブし過ぎ・ロールし過ぎという改善点が見いだされました。で、雰囲気を殺さないで改善するをコンセプトに、ロールの深さ規制をダイヤフラム上のスポンジに行わせて、引きダンパーはそのまま採用するという事で、

 オイル入れたらシャフトのネジ切りが始まる部分を目印に、タミヤのターンバックルレンチの厚みまで引き、ダイヤフラムを被せて密着させてから、最後まで伸ばします。伸ばしたままで赤スポンジ1個入れてトップエンド抑えながらキャップ締めて硬さ確認して揃えて出来上がり。というダンパーに。

 ダンパー長は前後56.5mmとし、バネは黒バネを選択。フロントに黄色、リヤに赤としました。これに細いリヤスタビを組み合わせます。車高は前後5mm。これが今回の仕様です。

 前のめりで攻めるM03のイメージを取り込もうとして失敗し続けていましたが、FFと一緒に詰め直しした際に、M05はリヤで向きを変えてやる雰囲気の方が扱い易く感じました。ドリ車だと、唐突ではなくコントローラブルにお尻を流せる状態を常に出せるように注力するような感じでしょうかね?

 方向性はこっちで良いと感じたので、あとはその触れ幅を煮詰める感じです。9月工藤模型タミチャレ~プロスペックカップまではまだ極端だったと思います。あまり美味しく感じる部分から外れない触れ幅を探すべく、今回試したのがメソウサ足でございます。


 あくまで妄想で作り、本番でコケるとどうしようもないな~。と、お気楽に構えていたのですが、いざ練習走行で走ってみると、悪くないどころか良い感じ。相変わらずインが浮いてそうなくらい外側に荷重掛けながら曲がっているのですが、おっとっとしてる時間が少なくて、ぴたっと張り付いてる感じ。ユラユラ左右に揺れ残りをしている感じは薄れました。なので攻め易い。いい感じいい感じ。(`ー´)

 思わぬ好調に拍子抜けしておりました。こんな感じでミニは終日そのまんまで過ごしました。


 TA05のダンパーも似た感じで組んでみようか?と、時間ギリギリでダンパー組み直し。行程はメソウサ足と一緒で、ダンパーオイルをイエローからオレンジに。バネをシルバーから白バネ・イエローにしてみました。触った感じはフワフワしてます。これは練習走行も出来なかったので予選ぶっつけです。

 といった感じで、後回しにされたFFは触る余地もなければ練習する余地もないので、こちらもぶっつけ本番。予選は参加者全員です。混戦ですね~。
 FFはお殿様から聞いたデフがどう機能するかを確認するのが主な目的。そこから余裕があればセット変更も。と、考えましたが、終日触る機会が無く走る事だけに終始する事になりました。


 レース前はこんな塩梅。次回はレースの内容でも。

2010/10/18 Mon. 13:00 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

タミチャレ最終戦前日 

 今年参加のタミチャレ地方大会は、明日のプライムさんのところで終了です。一応、ファイナルの代表権を頂いているので、以降はファイナルに向けて暗躍とかコソ練をしていく事になると思います。新幹線も青森まで開通するので、始発が狙える状況です。現状の当日出発だと、頑張っても13時頃にグランシップ到着で練習日が圧迫されるのですが、ほんの少し早まる感じになりますねぇ。なにせ楽。乗り継ぎ減るし。

 圧迫とは言っても、17時頃までは結構な時間があり、走行回数制限がされている以上、走行するだけなら問題ありません。ほんとは3時頃には走行終了させて、じっくりメンテに勤しみたいのが本音でございます。それを狙うとなると、やはり会場入りは早い方がいいですからねぇ。なんて事を書いてみる。


 明日のレースに向けて、M05は一気に組み上げます。ダンパーはプロスペック杯ともまた違う仕様にしてみました。ウサ足の正確な再現をしていない劣化版ですが、雰囲気は掴めると思うので、気に入ったらちゃんと再現してみましょう。

 FF03のデフを取り出し中身を確認。メタルに交換して指示通りに組み直しました。若干モソつく感じですが、スラストをAWグリスにした「ぬったぬた」な重さにはならない。けど、ブラックグリスのスムーズさだけでもないという、今まで軽いか重いかの両極端だったデフの出来上がりの中間ぽいのが組めました。ちょっと楽しみ。

 相変わらずTA05はノータッチなのが申し訳ないのですが・・・今日は夕方まで仕事なので、家に戻って触る気力があるかどうか・・・バッテリーの類もプロスペック杯以降ノータッチでしたから、寝てる子起す作業もあるし、今日はなかなかに忙しいかもしれない。

 けど、明日を楽しみにしたいと思います。お外タミチャレ今年ラスト。少しは納得してみたいのよ。何かいい印象の方向性が見つかるとかね。('A`)収穫があることを期待して、今日の修羅場を頑張って乗り切ります。

2010/10/16 Sat. 09:52 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 3

top △

ミニいぢり。 

 本日の生首は、ベースのホワイト噴いて放置中。雑かもしれないごめんなさい。本番には間に合わせますので・・・・。しかし、ひっさびさのラッカー塗料のニオイはききますな。うすめ液も・・・換気してても結構な塩梅で。昔はよく平気だったものだと思います。ファスカラーばかりで塗装するようになってからは、臭いは考えなくなりましたものねぇ。下地と裏打ちや、広範囲塗装の際の東邦カラーの時くらいですかね。それでも全体の行程のごく一部ですし、臭気の方向性が違うのでマシな印象。


 そうして放置している傍らで、M05のフレーム交換とメンテ。予選中に割ったリヤアップライト。交換したばかりだったのに、早速ネジ部分に亀裂発見。('A`)再度交換。在庫たっぷりで良かった。Cハブやアップライトだけの交換頻度が高く、更にM寸の頃は1.5度アルミアップライトを使っていた為、2度樹脂リヤアップライトだけが余っていく状況でしたが、L寸化で樹脂アップライトを使い始めた次第です。

 相応にやらかしているので徐々に供給多寡から程々まで減ってしまいましたが、まだちょっと余裕があるのでしばらくは大丈夫でしょう。M06用のアルミアップライトが発表されてましたが、トーインが2度でM05との併用が認められるものだったら変更するのもアリかもしれないですな。

 モナカ割って、ギヤとデフの確認と組み立てもします。デフはお殿様の入れ知恵を・・・と思ってバラしてみたら、その仕様になってました。どっちで組んでたか分んなくなってました。('A`)ただ、塗るグリスの種類が違っていたので、指示通りに変更します。

 で、組んでみて気付いたのですが、例のパーツはアルミジョイントでのみ使用可能ってヤツですかね?スチールデフだと薄型スクリューナットが使えないし、長さが足らないようなのですが・・・。それともFF03のデフの話と混同してるのでしょうか??んんん???と、なったので、とりあえず、通常通り組みました。

 ギヤ内部の大きいベアリングが揃ってゴロゴロ鳴り始めていたので交換。結構もつから久々です。で、デフ装着の際、左右のガタを消す方向でシムを入れていたのですが、これを結構動く程度にまで減らしてみてます。ちょっと「ゴガガガ」の程度が抑えられたっぽい気がします。気がするだけです。

 足回りは大きなガタを小さなガタ程度に抑えますが、ちょっと緩めにしてみました。ガタはホイールベースが縮む方向へ入れてみてます。後は割れる樹脂のヒビや欠けを確認しながら組み付けて終了。今日はサーボ以外のメカ搭載とダンパー組み直しで終了です。

 時間があったらFFのデフを一度ばらしてみようと思います。

2010/10/15 Fri. 09:34 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

ひと段落?・・・と、思いたい。 

 私事でレース日以外は休日らしい休日があまりなかった日々が続いていましたが、どーにか一息ついてもいいと思っていいところまでこぎつけました。これからは、少し休みを意識してもよさそうです。


 そんな感じで準備もままならず、日曜日は計測お手伝いとしてコースへ。参加者数が少ない為、走行会となりました。私はただダベっていただけでしたが、それでも幸せでしたよ。良い気分転換になりました。

 午後から降雨の為、皆様早めに切り上げて撤収。以降は家に戻って色んな作業に手をつけました。今回は久々にプラスチックの造形物への塗装をしますので緊張しております。('A`)しくじるのがコワイですよ。
 そんな感じで久々に接着剤なんか購入して使ってみてます。ラジコンばかりになってからなので、10年以上ご無沙汰の臭気を味わいましたな。今はオレンジの香りのタイプもあるのだそうで。凄いですねぇ~・・・。

 その接着が安定するまで。ということで、そちら側の作業は一時中断。以降はM05のメカフレーム側を2個加工。今のフレームに破損は見られないのですが、フレーム両端のスタビ取り付け部分をごっそり削いだ加工を施してしまっていた為、スタビの取り付けに難儀しておりました。今のフレームは中心付近のリブ部分でのみ保持する格好だったので、追加加工でどうにか装着していた程度でした。

 今回はL寸とM寸に対応した位置は残して削ぐ様に加工しました。今までと同様にサーボの取り付け位置を下げる加工と、両サイドのメカ載せスペースも切り取ります。破損の度に同様の加工を施すのはめんどくさいな。という事で、今回は2個作っておきました。

 これで横のガタがもの凄くなってしまう現状からは改善されるでしょう。しかし、縦のガタも気になりますねぇ。コレはTaga.K氏の対策法を真似させて頂いております。ネジ1本で出来るので楽ちん。ネタ公開してくださって感謝です。ありがたや。


 まだ取り替え作業には至っていませんが、お殿様からの入れ知恵投入とメンテを兼ねて取り替える予定です。


∑(゚Д゚)


 プライムさんへのエントリー忘れてた。・・・てんいんさんはお出掛け中みたいなので、金曜か土曜にでもメールします。最終戦ですね。トリプルで頑張ろうかな。宮城中止の鬱憤を晴らしたいのでFFは走りたい・・・。ミニもえむ2さんとどこまでウフフアハハ出来るかやってみたい。タミチャレは・・・走れたらいいか。


 ファイナルがあるとしても、ここ最近一番扱いが雑なのがタミチャレって・・・('A`)

 今年は12月の11・12日になった模様。室内戦、12月が1週目にあれば2回練習走行出来るでしょう。



 話が前後しますが、11月の室内戦は第3日曜日のみ開催となりました。ストッククラス以外はほぼ去年通りで行います。スポーツクラスはある意味緩いので、タミチャレファイナル参加予定の方は、あえてタミチャレ仕様で走って修行するのもアリだと思います。本番用のカーペットとのグリップ感に差はあるものの、カーペットらしい挙動は同じ。事前に好みの状態へ持ち込んで、現地では微調整に留める方法が取れますので、走行回数制限もある現地でちょっと楽が出来ると思うので、興味を持たれたら是非どうぞ。と、宣伝してみる。

 ストッククラスはブラシレスモーターのターン数が上限13.5Tになります。他は昨年同様、走行電源用のLi-Poは持ち込み禁止です。Li-FeかSUB-C5セルとなりますので、よろしくおねがいします。

2010/10/14 Thu. 10:10 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

プロスペックCUPのおさしん 

ドラミしてます。

 ドラミ中の写真。地方レースの現場では、こういった大人数の集まる機会が激減しているだけに、集まる事が出来るだけでもいい事だ。と、思った方がいいのかもしれないですねぇ・・・。('A`)

 ご時勢やら生活環境の変化等、色んな要素で風当たりは厳しいながらも、せっかく好きで始めた趣味です。大事にしていきたものです。



お達しがあったので、モザ入りで。

 雑誌等では公開済みですが、一般公開はホビーショーで行いたいので。と、釘を刺されましたのでモザ入りにしてみました。ヒントでピントなら、そろそろ正解がわかりそうな程度ですがね・・・。

 ますますシンメトリーな感じが出てました417です。足とモーター外しておけば、前後左右が一緒にしか見えないような雰囲気です。共通パーツが増えた事で専用部品の割合が減ったせいか、ある意味自作マシンのように見えてしまいます。<褒め言葉ですよ。

 今後のアップデートも最小限度のパーツを新規に起すくらいで済みそうな感じですし、長く使うつもりなら気にしていい1台でしょうなぁ。



こちらもボカシ入りで。マッチモユニット贅沢仕様。

 こちらはTRFのピット。こちらもボカシいりですが、ちょっとこっちはイリーガルなボカシですな。ええ。

 マエズミ選手のピットには、マッチモアのフルスペックなヤツがどどーんとマエズミカラーで置いてありました。すごいですね~。



岩手の方々

 今年の宮城大会GT-Bクラス代表となったN屋敷選手も参加。TRFにかわいがりも受けてました。期待の若手の一人です。頑張れ~。



皆様遠くからのご参加感謝です。

 I藤兄弟さまと、M上夫妻とCHO氏他、番長含めたタミヤのレースでお世話になってる方々。



更に遠方からもご参加。

 遠くを見れば、Kモ選手やO川選手。マッピー選手等、更に遠くの方々も参加されてました。この日に向けて通われていた方も居たとの事。お疲れ様でした。決勝まで消化し切れなかったのが悔やまれます・・・。



タイヤ貼りMr.K氏。忙しそう。

 覗きに行くと、タイヤを貼っている姿しか見れなかった気がするMr.K氏。数をこなさないといけなかったご様子。お疲れ様でした。番長氏にも助言頂いたのですが、ミニの助言ありがとうございます。やっぱり下で見てもらうと、気づかなかった事が色々あるんですねぇ・・・。参考になりました。


 ってな塩梅でプロスペックCUPネタは終了です。


 昨日は久々にE4を箱から出して、ESCを取り外し、コード交換を行いました。自分の流行になってますが、この機会にモーター繋がるコードの根元をメスコネクターに変更しました。今後はモーター根元はハンダでくっ付けて、コード付いたままにしようと思います。

 去年、モーター冷却でちょいと苦しみました。E4は車体中心にメカが並んでしまっています。バッテリーの後ろにモーターが居る為、エアーを取り込みにくいのです。しかもモーターはバッテリーとセンタープーリーの、ごく狭いスペースにきっちり収まるようになっている事に加えて、モーターへの配線を最短で行おうとすると、モーターコードがモーターに覆いかぶさるような位置を通らざるを得ません。

 こうして尽く色んなものが邪魔をして、ヒートシンク付きクーリングファンが装着出来ない状況になってました。苦し紛れにアッパーデッキにファンを載せて、少しは風に当るようにしたのですが、気休めにもなっていない程度だったと思います。なのでいつもモーターちんちん。走行後はコード外してモーター表面を出し、モーター動かしてクリップが利く様にしてからマッチモアのクーリングファンで強制冷却してました。

 もう少し良い環境にしたいと思い、今度はモーターコードが邪魔にならないような取り回しに変更して、なるべくヒートシンクが装着できるようにしておきたいと思っております。そんな感じで悪あがきしてみます。



 バッテリーが角型Li-Feに変更になるので、コネクターが2Pからユーロに変更になります。2Pコネクターで使える長さに切ってしまったバッテリー側コードも新調し、バッテリーを引き取ってきてから適切な長さにカットし直ししましょう。

 モーターが入荷次第、残る配線作業を一気に進められるので、それまではしばし待機。オイルの成分変わったのか、ちょっとモソモソと重い駆動系になってしまっている車体側のメンテを先に進めておこうと思います。

2010/10/07 Thu. 10:01 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

プロスペックCUPに行ってきました。その2 

 続きでございます。

 ミニのダンパー長を伸ばした事を前回書きましたが、これは前後共に0.5mm伸ばしました。コケにくくはなったのですが、ロール残りっぽい感じも増すので、常に車がうねうねと傾きながら走っているような感じがします。ボディをミトからミニにしたのですが、此方の方が扱いやすく感じていいですねぇ・・・。縛りがないなら現状はミニなのかな?と感じました。L寸ボディのラインナップは増えますかね~??ミニのラリー仕様が来るかな?アレはエグい格好してますが嫌いじゃないなぁ。シトロエンもフォード・フェイスタもいいですね~。

 一方的に楽しみにしてやる!!ヽ(`Д´)ノ

 予選1回目が始まりました。河野選手が一緒のヒート。スタートしてみるとどうも調子が上がらないらしく、本人ご不満の模様。それでもズルズルと下がっていかないのは流石です。CHO選手は何かあってか後退していて、御一方速い方がどんどん先行して行く中、2位にしがみつきモードで何とか大きなミスなく4分経過・・・したのですが、タイムアップ後のカウント音に何か違和感。

 そして、予選やり直しのご案内~。('A`)・・・ウウ、テガタクマトメタノニ。

 河野選手はシメシメといった塩梅で、次はもっとパワーアップしてやる宣言と共にダッシュでピットへ。でも、ご多忙だったらしく、決して楽ではなかったみたいですたねぇ・・・。



 ミニ2回目のマーシャルの後にすぐタミチャレ。同ヒートにはKモ選手やCHO選手。とってもポジショニングが仲良しI藤選手(今回はご兄弟で)のステキな面々。

 Kモ選手がおかしな速さでどんどん先行し、付いていく気も起きないね。('A`)と思いながら実況に耳を傾けると、やっぱりI藤選手と僅差でバトル中だったらしく、見えない相手に尻ビッシビシ叩かれつつ、ちょっとパイロン乗り上げスピンも何とかダメージ最小限に抑えて終了。結果はI藤選手に僅差で(タミチャレだとそこそこ深刻なタイム差かも?)で3位でした。CHO選手がまたトラブルかなにかでタイムが出てませんでしたので、序列から考えるとヒート4・5番目が私の位置でしょうか?


 ここですぐにミニ予選1回目のやり直しが入りますので、もう、ピットまで走っては車取替え走っては取替えの連続でした。

 やり直し1回目はセットそのままです。ここの出走のストレート途中からインフフィールドに入り込む左コーナーでスピンしてしまうミスをやらかして、大幅にタイムロス。やり直し前のほうがきっと速い。。・゚・(ノД`)・゚・。

 ヒート4位で終了。ベストタイムで上位陣に何とか食い下がってる印象はありますが、まぁ、何かマグレで一発いいのが出たのでしょう。アベがガッタガタですから。('A`)


 どうにか忙しかった予選1回目を終えて、しばしの休息。レースはストッククラスやオープンクラスと続いていきます。いや~、オープンクラスの車は凄いね~~~。○山選手かな?の、とある周回ではストレート中盤過ぎてからずっとパワードリフト気味に横向きながら加速してきましたからねぇ。迫力満点でした。

 ピット位置が怖かったけど、見ごたえ満点で楽しませてもらいました。


 予選2回目が始まります。ミニから始まります。

 休息中に色々話を聞いて周り、結果度外視でセット変更をして見ます。ダンパー長は気持ち詰めます。0.3mmくらい。そして、リヤスタビを外し、フロントをOPステーの一番外から一つ内側に変更してみました。

 結果どうなったかといえば、扱いやすく感じる面もあるものの、持っていた尖った部分も相応に丸くなってしまいまして、優しいけど攻めきれないという微妙な出来になりました。そしてまたしても同じ位置でスピンして大幅にタイムロス。後から思えば、難しいながら、決まると鋭くコーナーをえぐる事が出来た1回目の状態の方がタイムを狙いやすかったと感じました。

 だって、どっちでもスピンはするんだもん。('A`)

 番長氏より、「今日は破廉恥スピンばっかりだね~。」というお言葉。そうか、あれが破廉恥スピンなのね。うう。

 そんな感じで、周囲がどんどん順応性を見せてタイムを上げていく中、一人後退。ぐっでぐで。1回目とそんなに結果が変わらないまま予選終了。総合結果で6位だったのですが、5位とは6秒近い差が付いた、位置だけ6位という結果でした。うう、まだまだ駄目です。頑張らねば・・・。


 続けざまにタミチャレ。今回もKモ選手ははるか遠くへ一人旅状態。そして、1回目にタイムが出せなかったCHO選手が当たり前に走り出すといいペースなので2位へ浮上。3位争いは、やっぱり私とI藤選手と一騎打ち。一度クルリと回されてしまったので、先行だったゆえに大幅に遅れたものの、挽回して接近して、同じ位置で追い抜きを慣行したのですが、今度は私が回してしまう良くない展開。I藤選手、すいませんでした。

 これでまた僅差のままタイムアップを迎えまして、4分10秒台のタイムでヒート3位で終える事が出来ました。1回目より1.5秒程更新出来たのですが、コースへの慣れと、久々に奥歯噛んでブースト効かせた事が影響したかな?といった感じでした。

 このタイムが残り、0.5秒の際どい差でI藤選手の前に出る事が出来、総合は7位で終えることになりました。お互いクルリさえなければ、も一つ前のM上氏も捲き込んだ争いが出来たかもしれないだけに、ちょっと勿体無い事をしてしまいました。重ねてすいませんでした。('A`)


 とりあえず、これで参加両クラスAメインに残れたみたいです。何かAメインって久々な感じよね。と思って、残るストックやオープンの様子を見つつ準備に勤しんでましたが、テントを叩く雨粒の音が時間と共に大きくなり始め、とうとう路面が濡れだし、本降りが始まってしまいました。

 残念ながらここでレースは終了。全クラス予選2回は消化したという事で、予選結果が最終結果となりました。この後抽選会や表彰式を行いレースは終了。皆様、御疲れ様でした。賑やかして下さいました、遠方からの遠征で集まって下さった方々に感謝です。タミヤクラスは皆様で成り立っていたといってもいいくらいでしたからねぇ。感謝でございますよ。


 この後片づけを済ませ、せっかく十和田方面に来てるんだからということで、旧店舗は知らないけど、新店舗になったというミウラ電波模型を見てみましょうか。と考えて、ナビに住所登録。伯母の家がそう遠くないところでしたので、ご挨拶もかねて行ってみる事にします。

 然程迷う事無くお店に到着。・・・すごく郊外という感じなので、学校帰りの学生がヒョイヒョイ寄り道するのは大変かもね。と思いつつ店内へ。

 ・・・バギー野郎数名が居ました。T-ONEで走ってたみたいですね。雨で撤収してきたみたいです。少しダベりつつ小物を買って、伯母の家に。晩御飯ご馳走になってしまった。手土産も無かったのにすいません。いい大人が恥ずかしいねぇ・・・。('A`)久々に飼ってるわんこさんを愛でてきました。

 帰りは疲れと眠気。右足首の痛みと戦いながらの山越えになりました。・・・コースの仕切り板をコース内側からヒョイと飛び越えた際、下にある角材に中途半端に着地してグキリ。いい年こいて足首ひねってました。まだ少々痛みますが、大事にならなくて良かったっすよ。気をつけねば。

 ヘロヘロにつき、荷物は乗せたまま帰宅。そのままベッドに潜って落ちてしまい、その日は終了でした。翌日片付けと、テントシートを干して乾かし、ようやく復調しております。


 個人的な内容はこんな感じで。次回は撮影した写真なんぞでも。

2010/10/06 Wed. 12:03 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

プロスペックCUPに行ってきました。 

 何だか10月も怒涛ですね。今日は先月購入したHDDレコーダーの引き落としがあり、一気にしなびでます。

 日曜日はプロスペックカップで1年ぶりにイオン十和田へお邪魔しました。宮城大会以降、まったく荷物を開封していない状態のまま土曜の夕方を向かえ、とりあえず、F104からレシーバー抜いてFF03に載せなおし、GT-B仕様だったTA05にウェイト追加やパーツの着脱で若干の変更を加えてタミチャレ仕様に戻しました。ミニはモーター交換のみ。バッテリーのコンディショニングは、道中行いながらにします。

初秋の城ヶ倉大橋

 早朝の城ヶ倉。紅葉が始まりだしてますが、赤く色付くまではもう少々かかるかな?

 そんな事をしつつも7時頃には会場到着。程無くして番長氏やCHO氏他、岩手からの方々も続々到着。一緒の場所にピット設置しました。ストレートエンドの砂被り席ですよ。オープンクラスはコワイコワイ。('A`)でも、迫力ある走行シーンを多々見られて良かったです。残念だったのは、タミチャレクラスがコース右半分だけ使うショートコースで行われた為、左半分側の端っこに位置する私達のピットでは、観戦するにはちと遠い場所で行われてしまった感じになった事でしょうかねぇ。

 事後のたらればで申し訳ないのですが、レース順番も、ミニ→タミチャレクラスと立て続けに行って、ストック→オープンの順序だと、タミチャレとミニでのエントリーをしている人間にとっては準備が間に合わない感じになってました。出来ればミニとタミチャレの間に、ストック入れたりして間隔が空くようにしてもらえたら、もっとバタバタしなかっただろうなぁ。とは感じました。

ミニ→マーシャル→すぐタミチャレ→マーシャル→ポカーン(ストックとオープンとドリフトが終わるまで)→最初に戻る の流れで予定が組まれた私にとっては、忙しいと暇が極端だった気がしました。

集合中

わらわらと


 ドラミの様子。ここで、雨予報を念頭にしてスケジュール繰上げし、早い時間でレース消化をしてしまおうと言う話になり、予定よりも早くレースがスタートすることになりました。

 練習走行も多少出来ました。タミチャレのTA05はまったり安定。リヤトー付いたままだしね。もうちょっと曲がる感じがあってもいいので、普段のトータル1.5度にもどします。タイヤの食いは悪くない。砂糖水散布の影響もあるのだと思います。この時点ではウォーマーを頼らなくても何とかなりそうな気がしました。

 ミニはボディをミトからミニへ。やっぱり走らせ易いのはミニですな。然程問題を感じなかったものの、計測直後の左コーナーでハイサイドをたまに起してました。これはダンパー長を伸ばした事で緩和されました。そんなに車側の不調で慌てふためくような事にならなかったのは幸いでした。以降、難しい作業をせずに済み、操作に集中できました。


 内容は次回に。

2010/10/05 Tue. 13:43 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

久々に弘前の話も少々 

 告知みたいなもんですが、明日、10月3日に行われる予定でしたNRCシリーズ戦ですが、事前に参加出来ない方が数名出てしまったそうで、人が集まらない状況となった為、翌週の10月10日に延期となりました。

 昨日、ひっさびさにお店に行って聞きました。参加予定の方は、お間違えないよう、お願い致します。


 そして、11月後半からは、恒例の室内レースが始まります。レギュレーションは今後詰め直しや緩和策をどうするかで若干の変更はあるかもしれませんが、昨年までは11.5T以上だったモーターのターン数が、13.5T以上に引き上げられます。ESCとモーターに指定はありません。ブースト機能の有無も指定しません。
 バッテリーはsub-C5セル(クラスによっては7.2Vパックも選べます。)かLi-Fe6.6vバッテリーの40C表記までのもの(40C+αは大丈夫。現状、オリオン60Cは使えませんが、まだ暫定です。)となります。

 自主性頼みになりますが、Li-FeでのLi-Poモード等での無理っぽい追い込みは、アクシデント回避の為自重して頂けると助かります。充電器の機種ごとの測定誤差もありますが、出来上がり7.3vくらいまでが無難だと思いますので、あまり攻め過ぎない程度でお願いします。

 開催クラスは昨年同様になると思うので、ミニとスポーツクラスもあります。こちらは昨年と同じ仕様で参加出来るようになるはずです。


 早速ながら、11月の21日と28日に会場確保出来たとの事です。まだ予約の段階ですので、11月いきなり連戦するかどうかも決められていない為、状況によってはどちらか1日のみにる場合もありますので、決まり次第お知らせ致します。しばし、お待ち下さい。


・・・レース案内はこんな感じで。



 宮城大会1日目の待ち時間で、Mr.K氏より昨今のブラシレス事情を色々教わりまして、それを踏まえて今後使う13.5Tモーターと、角型Li-Feを1本お願いしてきました。間に合うようだったら、翌週のレースに持ち込めたらな。とは思っているのですが、間に合うかな??
 Li-Feは昨年1本で室内シリーズ戦を乗り切っただけに、カツカツでいくなら1本でも何とかなるでしょう。しかし、出来れば2本交互に使い回ししたいところなので、とりあえず1本買ってみて、問題なければもう1本お願いしてみようかと思います。価格も価格なので、昔ほどお金かからないと思えば気楽なもんです。



 明日はプロスペック杯なのですが、予報が悪い。天気図見ると、朝鮮付近にいやな雲がありますから、これが伸びてくるのかな?という感じです。何とか持ちこたえる方向でお願いしたいですやね。宮城大会から帰宅後、まったく荷物に触っていない状況なので、今日はちょこっと準備せねばなるまい。遊び用にFFももって行こうかな?雨になると、TRFのラジコンクリニック的な事をしてくれるかも?というお話が耳に入っているので、もしやってくれるなら、色々駄目出ししてもらえると思うので、雨でも勉強しに行くつもりでいましょう。

 速い段階で絶望的ならば、せっかく向こう側に出向いたのですから、新しくなったミウラ電波模型を覗いてみようかな?などという事も画策中。本命はレースですよ。もちろん。ヽ(`Д´)ノ



 なんやかんやで、今は楽しめているのが幸せなんだと噛み締めております。昔は消化していく事が当たり前の自分の流れみたいだった感じだったのに、年相応に色々壁に当るもんです。それを乗り越えるというよりは、脇の低くなったところ探してすり抜ける的な、姑息なやり過ごしをしつつ日々生きております。
 そうなってくると、こうして結構なレース回数をこなしていけている事が、改めて幸せなんだね。と思えるようになってます。さて、いつまでこうしていられるかな?なんて事も考えつつ、でも別にラジコンの方から去っていくものでもないので、数年前考えたように、すっぱり足洗うつもりの距離の置き方なんかしないで、自分から切らない距離を保つ事を頑張るだけでもいいんじゃない?とは思い直してます。

 実際遊ぶ事はなくたって、社会人になって、自分の稼いだ金で遊べるようになる前の頃のように、雑誌だけ読み込んで、頭だけは遅れないようにしておく事だって出来たんですから・・・。


 そんな感じで、ある意味レースに対して真面目に楽しむような姿勢になっているような気もするのですが、いい年こいたおっさんが、何を今更な感じがプンプンするのは気のせいだ。ヽ(`Д´)ノ


 そんな感じで、10月も連戦ですね。明日がプロスペック杯。翌週がNRCレース。その翌週がプライムさんの最終戦ってな塩梅で。・・・11日に工藤模型でミニ耐久があるらしいですが、参加環境が整っていないので、無理でござるよ。

2010/10/02 Sat. 10:29 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

タミグラ宮城大会2日目。その他。 

 とりあえず、少ないですが写真や動画でも。

雨は何とか降らずに済んだ。寒くても1日目もやりたかった。

 ざっとで撮影したコースレイアウト。個人的にはリズムの掴み易い感じでした。1日目が開催されていたら逆周りだったと思いますが、どっちが楽しかったかなぁ・・・?

プライムな方々。多数大活躍でしたね。

 遠くで企むてんいんさんやABEX選手。N屋敷選手が盛り上げてくれました。

結果大暴れ。CHO!選手。

 ピットのお隣はCHO!選手。今回も大暴れです。I藤選手は工藤模型タミチャレに続いて仲良し。予選・決勝を通じでずっと近くか並んで順位争いをしてたので、リザルトがほぼ並んでいる状態でした。

アイーン☆ライト選手

 アキ☆ライト選手とはF-1でご一緒。追いつけなかった・・・('A`)寒そうにしてる職人選手の姿から、当日の寒さがヒシヒシと伝わります。

シブい写りの番長&腹黒氏

 逆光でシブめな感じの番長氏と腹黒氏。番長さま、車だしありがとうございました。そして、ちゃんと救出出来なくてすいませんでした。('A`)


 そして、動画はこちら。岩手大会と比べると、追いかけ方に集中力がない。グデグデでしたね。すんません。



 2WDバギーの決勝Bメイン。




 バギー2WDのAメイン決勝。




MフリークBメイン決勝。




 MフリークAメイン決勝。


 以上で宮城大会の内容は終了です。ありがとうございました~。


2010/10/01 Fri. 12:49 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △