スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

タミグラ宮城大会2日目。その2 

 続いて予選2回目に。まずはF-1から。

 しばらくコールがなくて、そんなにタイムが伸びていない模様。ギリギリでTOPに瞬間的になったものの、ラストで更新された御方がいて、ヒート2位の成績。予選結果が張り出されましたが、1回目を更新出来ていませんでした。新品タイヤは0.1秒は持ってるのかもしれないですね。で、予選結果。

F1予選結果

 先の雑記で暫定6位と書いてましたが、1回目は5位でしたね。んで2回目を終えて6位で終了。久々のAメイン進出となりました。ややや、うれしいナリ。ヽ(`Д´)ノ

 暇にならないように増やした、気合の入れているカテゴリーではないだけに、気が抜けてるのが良かったか、寒さで巻かない車になって助かったか・・・運もいいんでしょうなぁ。代表権もかかってないし、お気楽で楽しみたいと思います。


 GT-B予選2回目は後列スタートで、スタート直後は上手くすり抜け出来たのですが、それでも中段に居た事で凡ミスを連発し、いまいちキレイに走れません。我慢しながら走りきったものの、ヒートトップには程遠く、なおかつ1回目の更新も出来なかった為、降格は確実。想定通り、予選終了したらこんな位置でございました。

GT-B予選結果

 10番くらい下げちゃいましたね~。危うくBメインに引っ掛かてる感じでした。うーん。Aに残りたかったなぁ。と、思ったところでどうにもなりはしないので、Bメインを楽しむ事にします。


 F-1の決勝から始まります。・・・え~・・・。多分、久々にAメインだった事や、そんなに悪くなかった事で変な欲が出てしまったらしく、終始うわずった動きをしてしまします。黙って走っていればTOP集団と遜色ないペースなのに、パイロン乗っちゃうし、刺さるし、転がるし。と、序盤でやってもうたのオンパレード。・゚・(ノД`)・゚・。。

 泣きながら気を取り直して淡々と走っていたら徐々に最下位からポジションは挽回していたらしく、予選順位よりも2つ下の8位でゴール。う~ん。人間ダメダメですやね。('A`)


 GT-BはBメインだし、F-1で緊張もほぐれたし。まぁ、何とか走りましょう。ってな感じでいるつもりでしたが、やっぱりそれなりにうわついた気持ちが残っていたらしく、こちらも序盤でどんがらがっしゃんと一人盛り上がりをして終了。泣きながら挽回という、F-1と同じ展開となりました。

 車側がそんなにおかしくなかっただけに、申し訳ない気持ちでいっぱいでした・・・。終了したら、グリッドと同じ順位まで挽回していたみたいです。うーん。最近、FFとMばっかり触って疎かにしてた2台が好成績っていうのは、正直ヘコむなぁ・・・。2日目自体、本命視してなかったくらいなので、いい感じでおてんとさまに諭されたような気がしました。


 夕方も近付くころになると雲間から日差しが入るくらい天候は持ち直し、レース終了間際になると、朝方よりも温かさを感じるくらいになりました。そんな中でのGT-BのAメイン決勝はN屋敷選手が大いに盛り上げてくれたので、マーシャルしてても見応え抜群でした。いや~楽しかった~。ツインメッセ頑張ってきてね~。


 順調にレースは消化されて無事終える事が出来ました。「宮城は必ず1日潰れる。」のジンクスは続く事になりましたが、来年こそは、両日晴れて欲しいですやね。岩手の特殊路面でのばたばたしたレースも楽しいのですが、よりサーキットに近い感覚の、宮城の路面でのレースも楽しい。

 順応出来るかを試される岩手。普段の力が発揮出来るか試される宮城ってな感じで、来年に向けてあれこれ考えてみるのもいいかな。と、気が早いながら待つ楽しみが出来ました。


 表彰式や抽選会も終わり、車に荷物を積み込んで、早々に会場を後にします。今回もお世話になった皆様に感謝します。構ってくださってありがとうございました!!ヽ(`Д´)ノ


 今回は寄り道なしで帰ります。睡眠不足と寒さにやられて満身創痍でございますもの。寄る気力もありゃしません。買うものもないしねぇ・・・。ってな感じで、Mr.K氏なら覚えのあるセルフで給油して高速イーン。長者原にで夕食。牛タン定食でしたが・・・きすけの食べたかったなぁ・・・。('A`)食べたつもりで味わいました。

 後はひたすら北上ですが、やっぱりしんどい。無理にならないところまで引っ張ってみましたが、花巻PA付近でヤバいと思い休憩を取ります。仮眠していたつもりが、1時間以上寝てましたね・・・。(汗
 起きたらグッタリしてるけど、頭は少し冴えてきたので移動開始。23時過ぎに弘前到着。そのまま行きつけのセルフで給油。ああ、今月ガソリン代半端ないなぁ・・・何回空から満タンにしたやら・・・。

 家に着いたものの、荷物を降ろす気力も失せて体一つで家に入り、足洗ってそのままベッドに直行。ぐーすかぴーで日曜日。ずっと洗えていなかった車はすすけてきてましたので、感謝の意味もこめて洗車を中座しつつも1日かけて行って日曜日は暮れました。

 そんな感じで怒涛の1週間を乗り越えた訳ですが、どーにも疲れが抜けません。ボスケテ。
スポンサーサイト

2010/09/30 Thu. 14:37 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

タミグラ宮城大会2日目。その1 

 さて、宮城大会2日目でございます。雨雲レーダーや色んな天気予報と睨めっこを続けてみるものの、あまり芳しくないというのが正直な感想。相方さんの「どーせ中止なんでしょー?」攻撃に折れそうになりつつ、結構遅めの就寝。前回の到着時刻から、もうちょっと遅くても大丈夫と判断し、2時過ぎに起床。そこから再度レーダーや予報と睨めっこ。

 台風接近に伴い、厚い雲が張り巡らされている太平洋側。雨雲レーダーの予想では、軽い雨雲が仙台近郊を舐めるような感じで延びていく感じでして、もしかしたら本格的に雲はかかっていかないかもしれないという期待の方が若干増したように感じられ、行く事に決めました。もう、なるようになるしか!!

 3時頃高速突入。例によって、今回もお腹クルクルと戦いながら南下を始めます。前沢で朝食取って、ひたすら車を進めていくと、前回とは違って雨粒が落ちてくる気配の無いまま仙台へ到着してしまいました。

 会場ではピット設置を急ぐ方々がちらほらといる程度。1日目が中止だったし、2日目も期待されてなかったのか、私のような選択肢の少ない遠方の人間の方が先に集まってきたような感じですかね。たれ氏やUMA氏は準備も終えた感じ。程無くして、番長氏・腹黒氏御一行やプライムの皆様と続々と集まってきました。皆様、今日も宜しくお願いします。


 しかし寒い。寒い。寒すぎる。去年も朝方は寒い・・・というか、涼しかったな。という印象はありましたが、日中は汗ばむようなくらいの気温にはなっていたはず。しかし今年は1日目もそうでしたが、北東北で雪が降る前の最後の野外ラジコンをしている時と大差ないくらいの寒さ。シリーズ戦だと10月末くらいの感覚ですかねぇ。('A`)フリースが役に立ちましたが、それでも寒くてトイレに通う回数が凄かったですよ。あの雰囲気では、もうちょっとでKRの出番ですよ。

 そんな感じです。今年のタミグラは、猛暑の岩手と、寒冷の宮城と言う両極端な状況で行う事になりました。一方では水分枯渇に恐怖しながら汗をだばだばかきまくり、もう一方ではHOTがない自販機を恨みながら縮こまってトイレに通う。どちらも水気なし。カッサカサになりながら人間が既に駄目な状況からのスタートとなりました。


 2日目はGT-BとF-1にエントリー。F-1はバッテリーの着脱が簡単に出来ないようにしてあるので、アッパーデッキを外してバッテリーを搭載し、そのまま組み直します。基本的には岩手大会の決勝を走った仕様そのままで、ダンパーメンテすらしていない感じ。タイヤで悩みます。ゴムタイヤは食うのだろうか?寒い時はスポンジなのかな??等等、話を聞きに行ったり意見を求めたりしてみたものの絞りきれず、ゴムタイヤで練習を走ってみる事にしました。駄目ならバクチでスポンジを予選1回目でつかってみたらいい。そういう感じでした。

 練習走行ではゴムタイヤで意外と走れてしまうのが判明。但し、フロントに熱が入らないのか終始アンダー。ブレーキ使っても巻く素振りすら滅多に出ない感じとなり、握り過ぎてしまっても修正のし易い挙動を見せていました。後に下げていたデュアルレートをどんどん戻して、100%に近くなるまで戻しました。

 前後中古でしたが、予選で1発リヤだけ新品を試してみる事にして、リヤのみ新品にしてみました。アンダーきつくなるか、タイヤだけでタイムが出るか?のバクチを楽しむ事にしました。


 GT-Bはぶっつけ本番でガライヤを使ってみる事にしました。普段使用頻度の高いタミチャレラジアルよりも小径になるAタイヤに合わせてリバウンドとツイック調整をしなおして様子見。
 走り始めてみるとエブロ程のドッシリ感は無いものの、それでも安定傾向な味付けっぽくリヤ軸タイプ。フロントの入りも悪くないので、それなりに扱い易く感じられました。ボディは悪さしてないので、全体的なところを見てみました。タイヤの方が勝っている影響か、基本的には悪い部分がうまく誤魔化されたような感じで、動きそのものはいい感じ。人間がコースに慣れるとか、錯覚で、避けたつもりでいるパイロンに乗り上げてしまうようなミスさえ減らせばそこそこいけそうな感じでした。

 チーム左端にとっては、右端の最終手前がちょっと見難く、間隔を取り辛い。1日目は今回の反対方向への周回だったろうから、ストレートでスピード乗せながらそこに向かっていく事になる為、勢い余ってミスしまくっていたかもしれないな。なんて、思ったとか思わないとか。


 時間も過ぎてバギーの練習が始まりだすと、ドラミも間も無くです。とりあえず、持って行く準備だけして待機。寒い。バギーの練習も終了し、いよいよドラミが始まり、レースがスタートします。

F1他、ぞろぞろ

2WDバギー軍団


 ドラミも進み、コンデレが始まっていた時には、ひっそり集まりから外れて、右奥の見えているようで見えていない、距離感の掴めないパイロンのところをうろちょろし、近くで見てどのくらいコース幅があって、どこを基準にしたらいいかを探ってみてました。モモ選手に気付かれる。ここはキレイに抜けられないとロスだよね~。なんてお話をしていたら、レイトンカラーのF-1がコンデレ選ばれたらしい。もう御一方いらっしゃったが、私の方でした。そんな感じでコンデレ獲得。

 岩手大会ではスルーされてましたので、とっくの昔に脈のないものだと思って考えもしてなかっただけに、何だかおまけみたいな感じでした。嬉しいのですが、バギーの頃のように狙って頑張った覚えがないし、相応の出来だろうと割り切っていただけに、ちょっと微妙な感じもしますが・・・。タイヤにちゃんとシール貼ったからかな?そんなもんでしょう。


 ああ、コメント欄に、「バブルの残り香」と、書かなかったのが悔やまれる・・・。


 ドラミしている最中に予選組み合わせも張り出されてました。ここで問題が。レースの順番が、F-1→マーシャル→GTBと立て続けになってしまい、GTBの準備がまったく出来ない配置になってました。('A`)困った・・・困ったあげく、ABEX氏を拝み倒して、マーシャルの代役をして頂くことになりました。その節はありがとうございました。本当に感謝してます。ありがたや・・・ありがたや。


 そして、いよいよ予選開始。まずはF-1の1回目です。

 ベストラップ方式なので焦る必要はないのですが、とにかく前に目標を見つけて、それに近付くべく努力をする方式で周回を重ねます。相変わらずのアンダーで、小さな区間はブレーキまで使えちゃう状況。ワイドラインだけど、踏めるだけ踏んでいけ~。と、頑張ってみたら現在最速と、実況されハワハワしてしまいます。あっという間に2分が過ぎて、そのままヒートトップで終了。11秒中盤のタイムでした。速い方々は10秒台突入なので、まだ足りないみたいですが、この時点で結構おなかいっぱいな感じなので、あとはズリ下がるしかないなぁ。なんて、お気楽に考えてました。


 そして、1回目の順位がこちら。総合6位につけてました。上との差があっついですね~。ヽ(`Д´)ノ
意外な好位置に驚いてしまいます。

F1予選1回目順位


 立て続けにGTBの準備をして間に合わせます。1回目が前列スタートで、GTBクラス1発目なので色々緊張。

 スタートのもみくちゃを抜けて3位くらいでインフィールドに。丁度競りながらという感じではなく、若干単独気味だったお陰か揺さ振られる事がなく周回を重ねます。TOPが逃げの体制で追いつくような気配がなかったのですが、ラップ処理か何かでモタついたらしく、便乗してパスしたらトップに立ってしまいます。もの凄い追撃を受けましたが、なんとかしのいでそのままゴール。久々のヒートトップ。F-1に続いて2連続なんて、滅多に起きるもんじゃありません。
 うれしい。でも、チギる展開ではなくて、ミス便乗の順位上げ展開でしたから、本来の速さでもって相手に走られてしまうと敵わないだろうなぁ。と思う方は数名おられました。前列という位置と、展開に恵まれた結果だったと思います。

 そんな1回目が終わった段階でこの位置なのですが、展開に恵まれずに下がってはいるものの、本来なら上で当然の方々がまだ上がってきてません。順当な位置にその方々が収まっていくとなると、少なくとも現状の10周タイムでは太刀打ち出来ない感じでしょう。11周到達が2回目の目標となりましたが、次は後列。速い方々は前。緩くないでしょうねぇ。

GT-B予選1回目順位


 何年ぶりかのモーターチェックが待ってました。大丈夫だよね・・・。と、思っていたら、17,000回ってなかった。(ノД`)

 そ、そんなショボかったっけ??回転センサーずれて過大表示になってるのかな???17,500くらいのモーターだったつもりなのに。どうしようね~。回るように出来るかな~。と、以降、あれこれしてみましたが、そんなに変わるもんじゃないですな。('A`)


 そんな感じで。後から考えると、当日の自分のピークはこうして迎えました。続いて、予選2回目と決勝に続きます。

2010/09/29 Wed. 18:09 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

タミグラ宮城大会。1日目直前までのお話。 

 月曜日はそういった経緯で途中から雨に降られて、バギーの基本調整が出来ず、かつ、ミニは中途半端で切り上げる事となりました。お店に行って、さて、Aタイヤでも買って行こう・・・か・・・


('A`)ナイ。タイヤコーナーに下がっていたような覚えがあったのですが、気のせいらしい。


 うーん。ミディアムインナーだけど中古のAあるし、大丈夫か・・・。と、その日の夕方までは妥協。しかし、帰宅後の週間予報なんぞを見てみると、とてもじゃないけど低温対策しなけりゃレースにならない雰囲気がぷんぷんしていて、必要性を急激に意識。しかし、身近なところにない。取り寄せで間に合う?うわぁ、どうしよう。とハワハワする事しばし。

 翌日、すがる思いで工藤模型に電話して在庫の有無を確認したところ、「あり」というお返事を頂きました。とりあえず確保をお願いし、引き取りに行く段取りを組みます。この日が火曜日。翌日はお店の定休日。その翌日がレース本番なので、何が何でも今日中の火曜日に獲りに行かねばなりません。弘前から17時半出発がギリギリってところでしょうか?厳しいかな~・・・。

 そこで、夕方に黒石方面への仕事を入れて、そのまま青森に向かうようにしました。ユウキ殿やGMN氏他の方々より、間に合わないなら替わりに引き取っておくよ~。と、声をかけて頂きましたが、頼らずに何とか済ます事ができました。感謝です。
 夕方の時間帯なので、余裕がある時間で出掛けても、どこかで渋滞や大名行列が始まるとあっという間に時間が過ぎてしまいますからねぇ。ヒヤヒヤものでした。

 モノは入手出来たので後はもうてきとうなもんです。帰りにGMN氏のお店に寄って、T.S々木氏と少々ダベりつつ色んな話をしてました。ハチイチバギーも凄いのね。ってな塩梅で。結構な長居になってしまい、弘前に戻れたのは22時過ぎ。道中で夕食を済ませ、家に帰って早速タイヤを組みました。Aに5本スポーク白ホイールにソフトインナーです。

 そして、ミニとTA05に搭載しているESCのプログラムを入れ替えます。タミグラになると、モーターとバッテリーの環境が真逆になるのですよ。なので、ミニにはGTチューン向けのものを入れ、TA05にはライトチューン向けのものを入れ替えします。フタバ組み合わせなので楽しいですね~。

 大まかな準備が出来て、荷造りも大詰め。細かくならない様に、バッグに入れられるものはまとめておきます。道中、Li-Feのサイクル充電や、親電源の電力節約の為の事前充電の為に、助手席に充電器とバッテリー。シガーソケットからのアダプターを持ち込んで配置しておきます。これで4時間近い道中、充電しながら向かう事が出来ます。勿論、走行中に操作はしませんよ。最寄りのPAに寄ったついでに操作や取り替えをしながらなので、結構寄り道多目で進む格好です。

 これで火曜日の準備は終了。水曜日、仕事の合間に親電源の充電状況を様子見つつ、しっかり充電出来たのを確認。これで積み込むものは全てオッケー。夕方、帰宅後に積み込み開始。忘れ物がないかをチェックしつつ、とりあえず問題なさそう。何となく寒そうだったので、フリースを1着忍ばせておきましたが、これで助かりましたねぇ。('A`)


 さぁ、水曜深夜。予報・降水確率共に悪いままだけど、工藤模型タミチャレはそれを跳ね返した。同じ様な奇跡を信じたい。バッテリー保温用カイロを開封し、暖めつつ静かにヒルサイドアウトレットを目指すべく車を走らせました。


 と、いうのが1日目の残念結果を書いた雑記の直前までのお話でございます。写真の修整がまだ出来上がっていない為、2日目の話は次回からでございます。

2010/09/28 Tue. 09:37 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

前後して19日の事を。 

 タミグラ宮城も終わり、残る地方レースは今週末のSEUNプロスペック杯と、プライムタミチャレ最終戦という感じです。プロスペック杯は地元と被ってしまいますが、タミチャレという事や、一度も今年は行っていないSEUNさんのレースなので、1度くらいは顔出したいと思います。いい機会なので今回はSEUNさんの方へ参加させて頂きます。

 地元を大事にしない不届き者でスマヌです。('A`)


 色々バタバタで、時系列が前後してしまいますが、以下は19日の工藤模型タミチャレのお話でございます。カメラを忘れたので、画像ネタ一切ナシですみません。各クラス決勝の動画はユーチューブで探すと見ることが出来ますので、お楽しみ下さい。撮影者に感謝です。 


 そんな感じで。17日以降から色々やってました。

 ボディ塗装を済ませて、日曜日の工藤模型タミチャレの準備に勤しみながら、あっという間に土曜日に。車体側は何とか済ませたもののモーターやバッテリーのコンディショニングが間に合わず、土曜の練習に同行する事は出来ませんでした。午後は弘前で結構な雨だったのですが、雲谷は大丈夫だったらしく、そこそこの時間まで遠征のお殿様と十番氏は走り込む事が出来たみたいです。しかしながら、全般的に雨模様。「明日の日曜、レース中止だったら水ラジ連行だからね~。」という十番氏との電話にガクブルしつつ、日曜日を迎えます。

 早朝の弘前は雨がシトシト。浪岡を過ぎて空港側へ。霧まで出てきた。大丈夫かな~。と、不安を感じつつ青森市側に出てしまうと雨が止みます。ん?何とかなるかもね。と思いつつ、コースへ到着。PP面倒だ氏と、ユウキ殿と私がまず到着という感じでした。
 コースは濡れていて、風がぼちぼちあるので、明るくなれば乾きそうだね。という感じでした。

 そこから参加者が続々と到着。番長氏もお早い到着でございます。少し時間を置きましたが、お殿様と十番氏も到着し、徐々に賑やかさが増していきます。そうこうしている内に路面に乾き始めの兆候が出てきましたので、ちょっとした排水作業をしつつピット準備もして、開始まで待つことになりました。

 徐々に空が明るくなり始めてからは乾くペースも早く、濡れ路面から走行可能な程度まで回復してきました。徐々に練習走行も始まります。

 私も一通り参加車両を走らせておきました。タミチャレ用のTA05はちょっとグリップ感に乏しい感じで、速いペースの車に対して付いていくのが精一杯っぽい。お殿様。十番氏。番長氏。I藤氏。地元勢のI川氏に、Taga.K氏の走りもいい。序列としてはここの面子の直ぐ下で、ユウキ殿といい勝負が出来そうかな?といった感じでした。
 ミニは事前セット出しの状態から変えずに走ってみましたが、曲がるんだけど失速気味な傾向も。Taga.K氏に、「もの凄いロールしてるね~。」という感想を頂いたくらいですから、荷重移動使いまくりな挙動だったと思います。でも、mitoを使っている分には、そんなに嫌な感触でもないのよねぇ・・・。でも、タイムが伸びきれない。レース中に詰められるかな?といった感じ。

 FFは履いているB3しかタイヤがないという駄目っぷり。皆様がAで走ってる時に一人B3なので、走り出しは悲惨そのもののクルクル・マキマキ。('A`)熱が入ってグリップがでてくるまで相当な時間を要したので、泣きで決勝はウォーマーを使わせてもらいました。
 しかも、フロントがお亡くなりになっていたらしく、事前のチェックで気付かなかった、メッシュ見える前にショルダー無くなってサイドから切れてるタイヤを1個発見。そんな訳で、たま~にチラッと青いインナーを見せながらの走行になってました。後日、家でインナー抜き取りをしましたが、フロントはほぼメッシュという薄さでした。よくここまで使い込んだな。と、感心してしまいました。そりゃショルダーも無くなるって。('A`)

 ボディはSX4で固定し、コクピットパーツを装着しておきます。タイヤ食い始めてからの感触はそんなに悪くない。コクピットパーツも悪さしてないみたいです。番長氏とお殿様に試乗して頂き、気になった部分を挙げて貰いましたが、概ねコース特性には合ってるみたいで、駄目出し出まくりという程ではなかったみたいです。これはちょっと安心しました。自分なりにセット出し頑張ったつもりでしたが、根本で大きく過っているような状態だったらどうしよう?という危惧を抱えていたのですよ。

 その際に、他の方々との違いとその傾向を教えてもらい、引き出しが少し増えました。ありがたや~。


 ドラミも終わってレース開始。まずはFFから。8分?6分??のフリーアタックのベストラップ方式。タイヤがタイヤなので、スタートからずっとステイで走り込むしかありません。準備に間に合わなかった方が途中参加したくらいで、大体の方々は同じ様にステイしっぱなしの走りっぱなし。
 お殿様と番長氏は17秒台に突入していきましたが、私は18秒中盤が精一杯。ポンとまぐれで18秒前半が出たものの、ハイアベレージの上位2人は別次元。TOPから0.5秒差はかなりのハードルに思えました。結果4番手。


 ミニはセット変更ナシの1回目を無難にこなしたものの、前にはTaga.Kさんとお殿様と十番氏が。リヤがロールでウニャウニャし過ぎてるかな?と、バネを蛍光レッド→イエローにしてみたらシャッキリして蹴りだすタイミングが若干早まるようになった予選2回目は、順調に更新ペースで走っていたものの転がるミスをしてしまい、1回目を更新出来なかった失態。辛うじて更新は無かったおかげで順位キープの4位で予選を終えました。

 タミチャレはどーもベストラップも遅いし、アベレージだけでセコく走っているだけのような感じ。予選2回目で新品入れてみましたが、大した更新要素にはならず、予想通りの7番手。リヤの蹴り出しが悪く、加速出来てない感じがあったので、アンダー覚悟でリヤブラケットで一つトーイン付けて2度トーインにして決勝に挑みます。


 決勝は動画をアップして下さっている方々がおられますので、そちらを参照に。

 FF決勝はグリッド順でインフィールドに入っていきましたが、計測直後の渦巻きで小突きあいになってしまい、お殿様と番長氏が逃げてしまいます。後ろ向いちゃう状況でしたが運良く一つ上げて3位で復帰して、4位のI藤に突かれながらしばらく走る事になります。
 お殿様は遥か彼方。番長氏はチラリと視界に入る距離で追う格好になりましたが、後ろも速いので結構厳しい。そうこうしていたらI藤氏がミスで後退。更にトラブルに見舞われたらしく戦線離脱。単独3位での走行となりましたが、予選結果が示すとおり、ベストでもアベでも上位御二方には負けている私です。単独になった事で集中力が散漫になり、自滅ミスが頻発し始めると、もう追うどころの話ではなくなりまして、それどころか、変って4位に浮上してきたH谷川選手に突かれる始末。一度抜かれてしまいましたが、すぐさまミスに乗じて順位を奪い返しました。しかし、ワンミスが許されない距離感での攻防を最後まで強いられました。

 そんな最中にお殿様にはラップされました。('A`)ウウ。速いなぁ・・・。ペースが全然違いますって。

 後は大したドラマも起こらずにレースは終了。薄氷の3位でございました。


 ミニ決勝は序盤お殿様と十番氏が抜き出て逃げて行く展開で、Taga.K氏やMXR氏との3位争いでもうもみくちゃ。くるくる順位が変動する感じで面白かったです。突然、2位だった十番氏の車が不可解なスローダウンを始めて私達のグループに吸収されてしまい、更に混戦。軽く突いたら復旧したみたいなので、十番氏のトラブルは電源の接触不良だろうという事でした。

 そこからちょっと上手く抜け出したお陰で2位となりますが、お殿様に追いつくペースじゃありません。結果を見てみましたが、ベストは下から数えた方が早い位でしたもの。アベレージで居座るしかありません。目標もラップされない事になります。

 3位集団がバラつき始めると、抜け出したMXR氏の猛追を受けること多々ありましたが、向こうの車が想定以上に攻める動きをしてるのか、相手にグッっと詰められたコーナーで、向こうがパイロン踏んでグラついてしまい、また距離が保たれる。という展開がしばし続きました。そこにTaga.K氏や十番氏が再度参加し、3位以下の攻防が盛り上がっていたみたいです。

 揺さ振られながらもしぶとく2位キープでいたのですが、終盤に差し掛かると3位集団から抜けてきたTaga.Kに迫られる事になりました。しかし、終了まで間も無く。何とか居座れば2位キープ・・・だったのですが、最後の最後で外周へ立ち上がるところで真っ直ぐ脱出を意識し過ぎてイン側のパイロンに乗り上げてしまい、一人鮭の川登状態でポーン。前を向くまでにTaga.K氏にパスされてしまいました。('A`)ヤラカシタ。 そこからはポジションキープで終了。辛うじてラップはされてなかったはず。背後に迫られていたけど。(汗
そんな感じで無駄に一つ落とした3位で終えることになりました。

 タミチャレ決勝は7位スタートなので、まぁ、追いつく事は無いでしょう。と思ったら案の定そんな展開。お殿様、十番氏、番長氏が上位で逃げて行くなか、I川・I藤の4位争い集団に接近することが出来ました。序盤はペースがありました。リヤトー増しもアンダーっぽさは出たものの、蹴りだしが良くなって車が前に出て行く感じが増した事と、御二人の4位争いがブロック主体で行われて、ペースを落とした事も、追いつく要因になったと考えてます。

 ここだと思って4位争いの最中に突っ込んだ渦巻きでもみくちゃ発生。パスには至らずに失速。御二方が逃げてしまい、6位をTaga.K氏とユウキ殿と争う感じで以降は走行。今のタミチャレは決め手に欠けるスピード域での勝負になる為、ミスしないような慎重な操作を心掛けてポジションキープに徹したら、そのまま終わってしまいました。タミチャレもお殿様にはラップされませんでしたよ。とりあえず、よかったなぁ。と、低い目標で安心させてください。

 こんな感じで、FFとミニで3位獲得してレースは終了。レース中に色々聞いた事を試すべく準備し始めたのですが、耐えていた空模様が我慢出来なくなったらしく、ポツポツと雨粒が落ち始め、やがて止まる事なく路面を濡らし始めてしまい終了。即試す事ができないまま終わってしまいました。

 番長氏、I藤氏と一緒に十番氏は盛岡へ。お殿様は急に決まった翌日出勤に備え、早々に戻る事になりました。送り出してから私はお店へ。小物を数点購入しますが、ここですんごい忘れ物をしていた事が、翌日以降をバタバタとさせてしまいます。


 翌日。午前中の晴間を見て、余裕ブチかまして昼飯食ってからコースへ行き、宮城大会1日目に備えてバギーの基本調整と、FFの試せなかった項目を確認する事。ミニの詰め直しを行いました。

 ミニはリヤ側のみ、肉抜きでホールドが甘くなっているのを無理矢理辻褄あわせをして細スタビ付けて、スタビの有無での違いを確認。腰砕け感が薄れてシャッキリしますが同時に限界付近でピークを過ぎてからのルーズさもそれなりに。

 ここで、買ってきた黒バネ投入。蛍光バネより縮んでからのコシが出にくい印象。縮めていくと芯を感じる蛍光バネとは違って、結構最後まで同じ調子で縮んでしまうような印象。前黄色、後ろ赤で走ってみると、ルーズさが出ない感じで走れてしまう。悪くないけど、常に荷重移動してヘニャヘニャンと車が躍ります。前黄色を青に。リヤだけ踊る。リヤを赤から黄色へ。これでいい感じ。それでも微調整のつもりでリヤダンパーの取り付け角度を垂直方向へ修正。ダンパーステー側に2mmカラーが入っていたので外しました。

 これで腰砕け感が薄れた印象に。フロントは、一番立てた状況から1段寝かせた位置をお試し。走らせ易くはなるのだけど、尖った部分が薄れるせいか、小さい切り返しで楽が出来ずに不用意に頑張ってパイロン乗り上げ頻度が増してしまいます。元の位置に戻し、ダンパー長を・・・と言う時に、空から雨粒が落ちてきてしまいます。

 ああ、弱迷宮入りっぽい今の段階で終えなきゃならないのは、レース当日すんごいリスクじゃねーか。('A`)とヘコむ天気に勝てるはずもなく、その日は中途半端で終えることになりました。

 ミニに取り掛かる前にFFを先に済ませていたのですが、インプ08のボディの感触をチェックしながら、ESCのNブレーキ設定の変更も行い、概ねイイ感触を得られました。これで大会当日が待ち遠しくなったのですがねぇ・・・。


 そんなところから、いよいよ宮城大会ウィークに突入していきます。

2010/09/27 Mon. 13:14 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 4

top △

まずは23日の事でも。 

 色々とてんぱっております。それも幸せなのですがね。


まずは、GMNさん、ナオキング嬢、おめでとうございます~。お幸せに!!

今更ながら知ったのですが、SEUN代表氏には二人目が誕生されていたようで。こちらもおめでとうございます!


 Y-HA氏。色々貯めてますが、編集にもうちょっとお時間頂きそうです。以前のレコーダーに残っている分を吸い上げる作業が残ってまして、メディアにコピーして移し変えという方法が取れない(もう、ディスクエラーしか出てこなくなってしまった。)ので、地味にケーブルで繋いでダビングみたいにして移し変えてますが、録画時間が長いものばかりで手間取ってました。
 こんな方法なので、就寝前に作動させて、7時間分くらい一気にダビングしたりしてこなしてますが、移したものをチャプターとプレイリスト編集しておかないとディスクに収められないサイズになる為、今後はその作業が控えているのですが、来週末は決算前の倉庫内の在庫調べウィークに突入する為、毎日深夜まで残業続きになってしまうので手が付けられません。

 貯まりに貯まった分は、10月半ばには何とかなると思いますので、もう少々お待ち下さい。



 そんな感じで。昨日はタミグラ宮城大会1日目でした。

 水曜日の仕事を切り上げて、給油後帰宅し夕食後即就寝。イベント前は寝つきの悪いタイプなので、市販の睡眠改善薬に頼ってみたんですが通常の1回分だとやっぱり効き過ぎっぽくて、翌日は起きてるんだけど眠いみたいな変な感覚がしばし残ってましたねぇ。

 深夜1時半頃起床。2時過ぎに出発。事前に見ていった予報はやっぱり良くないけど、1日目の参加クラスが本命揃いなだけに、簡単には諦められません。高速に入り、ひたすら南下。起き掛けに栄養剤飲み干したせいか、お腹がビックリしたみたいで、トイレに駆け込むこと数度。('A`)いや、イベント前はいつもこんな感じか。

 前沢にて、出した分お腹が空いたので、温かい蕎麦食べつつ休憩。ポツポツと落ちてくる雨粒。青森県以南はずっとグズ付いたり止んだりの繰り返し。それは徐々に降りっ放しになっていきました。そのまま雨脚は弱まる事無く仙台宮城ICまで来てしまいました。ここから会場までは然程離れていないので、近場のコンビニ寄って温かい飲み物買いつつ会場へ。全国的にも寒かった昨日ですが、仙台も寒く、もしもと思って持っていったフリースが役に立ちました。無かったら寒くてレースどころじゃなかったでしょう。

 既に10数名が来て待機しているような状態でした。コース設置などは行われないまま、天候回復を期待しての待機状態が続きます。時間も経ってくると、Mr.K氏も登場。前日、いきなり宮城に関すルメールを頂ましてビックリしました。

 いやね。岩手大会でM澤氏が代表権獲得した段階で、Mr.K氏の頭の上にはちっちゃなフラグが立っていたのは分っていたのですよ。

・・・M澤氏と、ツインメッセでウフフアハハしたい。と。・・・

 でも、現実には厳しいんだろうなぁ。と思っていたので、冗談半分で宮城への参加を促してみてたんですが、現実になろうとは。ニヤニヤ。


 しかし、あいにくの雨模様。せっかくのチャンスが台無しになりそうな気配は否めないのが残念です。Mr.K氏からは、ブラシレスとESCノウハウあれこれを教えて頂きました。ありがたや。今後の参考になります。

 番長氏やプライムの方々も続々到着。賑やかになってきましたが、雨は一瞬緩まったものの、冷たい雨は降り続き、主催側は中止を決定しました。残念ですが仕方ありません。天候には敵いませんからねぇ。('A`)

 抽選会を終えて解散。後は各々家路に着きます。

 私はタムタムでちょこまかとした小物をお買い物しつつ帰宅。生菓子のお土産を買ったので、弘前で給油後そのまま鯵ヶ沢まで往復。1日で740キロ程移動した格好になります。距離からすると、一里野までの片道くらいですが、疲労感が少ないのはナゼだろう?そんな感じで昨日は終わりました。

 さて、明日はどうしましょう?天気予報とにらめっこですが、何だか台風さんがいい仕事しそうな気配。今年は両日中止か?という暗雲が垂れ込めているような、いないような・・・。

2010/09/24 Fri. 10:33 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

これから出ます。 

 久々の雑記なのですが手短に。

 これからタミグラ宮城に向けて出発です。晴れて欲しいねぇ。ヽ(`Д´)ノ

 以降はつぶやきの方で、つぶやければつぶやいていると思います。


 では、いてきます。

2010/09/23 Thu. 01:46 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

1週間でございます。 

 宮城大会への招待状が届きました。1週間後の今日はきっと現場でメソメソしている事でしょう。どうなるかなぁ・・・。

 とりあえず両日参加でエントリーしてますが、本命は1日目。雨天で流れたり、どうしようもない事でグダグダな事しか出来ずに納得行かなかった場合は2日目に心をシフトすると思いますが、1日目が相応に楽しめたのなら、2日目は欠席しようと思います。1日おきに仙台まで往復は負担が大きくて気力も持たないでしょうから。

 後は晴れを願うのみ。


 晴れを願うと言えば、今週末の工藤模型タミチャレ。お殿様や十番氏、番長氏も参加との事で、なかなかに盛り上がると思われます。こちらも楽しみ。ぼっこぼこにしてもらって、駄目出しを受けておきましょう。それを踏まえて悪あがきしてみようと思います。


 リンクに自分のツイッターを追加しました。レース中に何かつぶやけたらつぶやく予定。通信手段がPHSなので、電波の届かない工藤模型サーキットでは無理ですが、宮城大会会場は大丈夫なので、つぶやけたらつぶやきます。それ以外ではつぶやく余力がないので動きはないと思われますが、たまにどうでもいい事はつぶやいてるかもしれません・・・。

2010/09/16 Thu. 12:58 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

昨日からはボディの中身 

 ボディがどうにかなったので、昨日からは中身のメンテ。まずはタミチャレ用のTA05から。

 ベアリング洗浄、ユニバ組み直しと各部清掃とチェックをして、組み直すついでにローフリクションベルトへ交換しておきました。

 ここで発見。リヤスタビロッドがホイール内側の角にに干渉して削れまくってました。おそらく岩手大会のGT-Bで出走した際、普段のMナローと一緒の感覚でナロータイヤを装着し、干渉していたのに気付かなかったのだと思います。どーりで直線伸びなかった訳だ。('A`)
 再利用は無理な削れっぷりでしたので、ここは新規に作り直しします。今日はダンパー組み直し。

 FF03は溝付きロッドガイドとクリヤOリングで使ってますが、これがそんなに悪くならない印象だったりします。現在のコンペリング+溝付きロッドガイド+0.2mmシム1枚入れて圧迫よりもいいかもしれない。と、今回はFF03と同じ組み方してみようかな?と、企んでみているものの、アレはFF03がフロントヘビーだから許されているだけの様な気もして躊躇してます。

 IFSでは作動にシブみが少しでも出てしまうと、足が伸びた後に設定した車高までストンと戻れなくなる印象があります。構造や重量配分も影響してると思いますが、普通の立てダンパーよりはシビアに出てくるような印象を受けます。これがFF03のようにフロントが重いと、重さが手助けしてくれるので、こういった悩みにぶつかる事はなくなりました。

 TA05でその点を解消するべく腐心したのが、コンペリングでオイル漏れ寸前のところまでスカスカにする組み方で、効果はあるものの状態維持に若干の個体差が出てしまい、揃えにくくもなった気がします。オイルの番手もそれを加味して軟らかいものばかりになってしまい、常にペチョペチョであるというのが前提となっている節があります。

 セッティングの幅を広げるべく、スベスベ具合と安定した作動を維持し易い組み方を模索してみましょう。そんな感じで、今日はじっくりとダンパー触ろうと思います。

2010/09/15 Wed. 13:19 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

あそこの、あれに乗ってた、アレよ。 うーうー。あれな。で会話成立 

 時々思い出せなくなります。ラリーでプジョーの3人と言えば、グロンホルムとロバンペラと、ええと・・・うううと・・・ターマックだけバカッ速だった職人さんは・・・・と、悩む事数日。

 ∑(゚Д゚)パニッツィ!!

 なかなか出てこんかった。年じゃのう。('A`)


 ってな事をしながら、先週末怒涛の色塗り。木・金で型紙作製。土曜でマスキング。日曜日で塗ってしまうという流れで2枚作製。どうにか宮城大会に使おうと思っていたボディの用意が出来ました。

 1枚はガライヤ。岩手の会場販売で買ったステッカー無し仕様なので、細かなマスキングを強いられぐっらりしながらも、事前の落書きが出来ていたお陰でどーにかこーにか。これは次回に。もう1枚がインプ08です。

 現状は既にカットを済ませてフィッティングも済ませてます。ボディポスト位置はSX4と互換性ありでした。インプはロング。SX4はショート扱いのはずですが、位置は同じっぽいです。高さの変更だけでいいですから、いちいちポストの向きやスペーサー量を変更しなくてもいいというのは嬉しいですね~。

 ただ、SX4に関しては加工済みの長穴(リヤポスト)の幅が狭くて、ポストの方が太くて通せなかった為に大きく開け直しをしてますから、それで互換性が出来ただけかもしれません。

 SX4ではリヤのホイールアーチ外側ぎりぎりに位置するリヤタイヤも、インプになると目一杯前側になりました。リヤをど突かれるとバンパー巻き込みが起き易いハッチバックボディという評価がありますが、こうやってせめて前側にタイヤがいる事で、巻き込みにくくなるように逃げておくのも対策にならないかな?と、思ったりして。


 そんな感じで。塗りあがり。

インプ08です。

がおー。なインプ08

 ちょっとベースは違いますが、イメージはこんな感じ。

画像拝借。イメージはこんな感じ。


 こんな事してたので、プジョーの3人目の名前が思い出せなくてニラニラしていた次第。思い出してサッパリです。



 追加。

 人乗せ状態の写真も少々。

人も乗ったよ。

 ドライバー連動ギミックが付いたら、車載映像なんかは最高でしょうねぇ~。

雰囲気出ていいものです。


 そのドライバーとコクピット一式はやっつけにもほどがありますが・・・・('A`)

間に合わせの突貫塗装で('A`)


 よい雰囲気。こうして楽しまないと面白くないでしょう。ヽ(`Д´)ノ

エンジョイタミグラ。ウェイトよりも人乗せです。

2010/09/14 Tue. 10:03 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

タミヤさん、容赦ないっすよ。 

1/10RC TA05 Ver.II R シャーシキット(限定)【仮】

 すまんがそんなに興味なし。 TB03Rに装備していたアルミのロッカーアームステフナーなんかがあるなら気にしたい。しかし、個人的にFF03が面白いので、最近影の薄いTA05は先行き不透明・・・。


1/10RC M06 PRO シャーシキット【仮】

 待望ですね。リヤモーター使いがタミグラに戻って来てくれそうです。


1/10RC ENDLESS Z34 フェアレディZ(TT-01Dシャーシ TYPE-E) ドリフトスペック

 ボディはタミチャレ認可来るかな?フェンダー処理が良くなって、タイヤ干渉しにくい形状ならば気にしたい。


1/10RC ボーダフォン マクラーレン メルセデス MP4-24

 色違いで再現出来るコンストラクターはどこがあるかな?ルノーかウィリアムズ、フォースインディアってところでしょうか?R-TYPEとかいう名前で、赤牛やメルセデス系統の形状が出たりしちゃうのだろうか・・・?


1/10RC RAYBRIG HSV-010(TA05 ver.IIシャーシ)

 待望のHSV-010ではあるのですが、先に05で書いた通り、GTボディを使うカテゴリーに熱を入れているかが分らない・・・。


1/10RC ユーロシビックタイプR(FF-03)【仮】

 これも待望。ヤッフーヽ(`Д´)ノオニギリコロコロ。個人的には工藤模型の主が乗ってるシビックも欲しいのですがね~。


OP ファイバーモールドタイヤC(24mm幅・2本)

 カーペットでいいとなると、タミグラ以外にも用途が出来る存在です。気になりますね~。


OP FF-03 カーボンダンパーステー(リヤ)
OP FF-03 カーボンモーターステー(L)
OP FF-03 カーボンステアリングリンク
OP FF-03 カーボンステフナー【仮】

 をを。一通り欲しいかも。強化ロアデッキ待望の声もありましたが、どうなんでしょうね?意外とヘニャヘニャがいい。という事もありそうだし。


OP タミヤ ブラシレスモーター 01 センサー付 12T
OP タミヤ ブラシレスモーター 01 センサー付 14T
OP タミヤ ブラシレスモーター 01 センサー付 16T
OP タミヤ ブラシレスモーター 01 センサー付 18T

 ・゚・(ノД`)・゚・。。センサレス・・・。でも、割り切るしかないでしょうねぇ・・・。自分で待望してましたし。しかし、センサレス2個目に手をつけて間も無くなので、流石にヘコむ。モーター指定が早く知りたいところです。14Tと16Tは何に適応させるのでしょう?Li-Fe+GTチューン相応の現カテゴリーの中で、タミチャレが14Tでミニが16Tかな?なんて想像してみる。


OP M-05、M-06 アルミリヤアップライト(2度)

 アッパーアーム取り付け位置選択が欲しくなったら気にしそう。





 とりあえず、自分なりのツッコミを入れてみました。せめてセンサードブラシレスは価格据え置きか、むしろ安いくらいでお願いしたい。と、言ってみる。

2010/09/08 Wed. 12:54 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 8

top △

彼が抜けた日本GPは泣いてしまうな。 

 moto2に参戦していた富沢選手。昨日のレースで起きたアクシデントにより、お亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

 去年の250ccクラスの頃は、ヒロシ兄ちゃんにスポットが当りまくってましたから、私もしぶとく頑張っている選手なんだね~。くらいの印象しかありませんでした。見始めたのが最近なので、彼の経歴や戦歴が分らなかったのです。それを引き継いだままのmoto2開幕でしたから、さしたる期待はしてませんでした。

 開幕戦カタールの決勝。をを、イイ位置で予選終えたんだね~。頑張れ~。と、何気なく応援していた彼は、エリアス相手に接戦を制して勝ってしまいした。レース内容といい展開といい、moto2が今年一番面白いかも。そして、そこに日本人が絡んでくる。最高だねー!!と、毎回のレースが楽しみになりました。

 その後、車体が改善されて調子が上向いてきた高橋選手もスペインで優勝。日本人二人がポディウムの頂点に上りました。1位と2位に日の丸が掲げられても不思議じゃない。そう思わせる内容だけに、もっとも見逃せないレースカテゴリーになってしまいました。

 徐々にエリアス+モリワキの強さが増し、イアンノーネがずば抜けた速さを見せ始め、他のスーター使いがコツをつかみ始めて速くなってきたのに、彼はレース序盤こそいいものの、速い段階でタイヤを駄目にしてしまう感じでズルズル後退してしまう事が多くなりました。セッティングがなかなか上手く決まらなかったのかもしれません。それでも、速さを持っている時には上位と遜色ないタイムで走るだけに、歯痒さと期待を両方持ち続けながら見る事のできた選手でした。バイクレースの選手全般がそんな感じですが、愛嬌振りまいてくれる感じも好印象な選手でした。何となくですが、F-1のカムイ選手と近しい属性に思えてしまって、何か似た感じの二人が同時期に活躍するっていいな。と、感じていました。


 私は、その瞬間を見てませんでした。出かけていて帰ってきたら、レコーダーは動いていたけどチューナーが動いてなかった状態で、慌ててチューナーを起動させたらmoto2のレースが終了したばかりの頃でした。名前が聞き取れなかったのですが、実況のアナウンサーが誰かを心配していた。何か嫌な事があったのかな・・・。と、ふと心配にはなりました。以降、その話に触れずにmotoGPクラスの決勝へ進んでしまい、私も中座したり他の事をしながら観戦。レースは終了しました。それと同時に、彼の訃報が伝えられました。ぐらりときました。

 なんだ、何がった!!と、慌てて動画検索して、その瞬間を見てしまいました。真っ暗になりそうでした。

 中継では表彰式でしたが、半旗が掲げられ、静かなまま終わりました。インタビューも必死で戦い高揚感に満ちていたであろう方々が、沈痛な面持ちで彼の死を悔やんでくださった。死と隣り合わせのギリギリで戦う彼らです。相応の割り切り方はしているとは思いますが、同志を失った事を悲しんで下さった彼らに感謝の念が湧きました。


 興行は続いていきます。しかし、もう彼が走る姿を見る事が出来ません。日本に凱旋して欲しかった。地元パワーでいつもより速く走り勝って欲しかった。勝てなくても表彰台に上って、笑顔を見せて欲しかった。でもそれはもう叶いません。ほんとに残念という言葉しか出てきません。



 今一度、彼の冥福をお祈りしたい。気がついたら、叩き過ぎて太ももに真っ赤な跡が付いてしまう位のレースを見せてくれて、ほんとにありがとう。

2010/09/06 Mon. 09:35 [edit]

Category: その他

TB: 0  /  CM: 5

top △

概要決まったみたいですよ~。 

 Mr.K氏のブログで公開されてましたが、10月のプロスペック杯で行われるタミチャレクラスの概要が発表されました。プライムタミチャレと一緒ですね。レガシィ以外のタミヤボディが使用可能ですので、GTボディしかない方でも大丈夫。FF03も参加になってます。

 ミニクラスもMフリーク仕様とイタリアーノ仕様両方参加可能になってました。参加者枠増加を見込んで、多少の事には目を瞑る緩和策を取るようですが、それをいい事に、ズルスケしないで楽しみましょう~。代表権も与えられるそうなので、12月に1/1ガンダム見に行くついでにタミチャレファイナルに参加するもよし(ガンダムさんが立っているすぐ近くが会場でございます。)、3月に掛川への行き来の際、新幹線から1/1ガンダムをチラ見するついでにMフリークファイナルへ出場するもよし。彼女や奥様に「ちょっとガンダム見に行かない?」という口実も出来てうふんあはんですよ。

・・・実態知れたらボコられるかもしれませんが、当方は責任なんぞ追うものか。ヽ(`Д´)

 そんな感じで。単発イベント代表権ですので、地元参加枠から漏れそうだけど本戦行きたい。等の滑り止め感覚もアリだと思います。地域にとらわれない皆様の参加をお待ちしております。東北優遇ばんざーーい。

 私は一応ミニとタミチャレで参加のつもり。ボソリと書いた案件次第でひっくり返りそうですが、何とか拝み倒して時間は作りたい・・・。


 意外と早くE4のパーツが届きました。Li-Poコンバージョンを早速装着してみました。実はこのコンバージョンで、モーター端子側のバルク同士の連結が、細い樹脂パーツからごん太カーボンブレースに変更され、右がモーターマウント1枚構成なのに、左が分割パーツを細い樹脂で連結しているだけだった、左右の剛性感の違いが改善されたような感じになってます。

 無理なくアッパーデッキが持ち上がる構成になり、以前角型Li-Feを載せて干渉し、削ると強度が保てなくなりそうだったパーツも新形状になって加工無しで余裕ができました。アッパーデッキが持ち上がるとステアユニットも持ち上がり、ステアロッドがハの字になってしまうのですが、それを無理なく補正するパーツも組まれていい感じ。
 難点は5箇所スペーサーを咬ませて固定する事になり、バッテリー交換の際はそれらも外す対象の為、無くしちゃうと大変な事になります。気を付けないといけませんねぇ。('A`)

 実際のフィッティングは現物が手に入ってから詰めてみようと思います。それと、アルミアッパーブレースは角型バッテリー非対応みたいです。買ったけど、現状使えないアイテムになっちゃったかも・・・。


 こんな感じで、3月末以降、一度も開封してなかった箱を開けて取り出して、装着させてみました。まぁ、緑の糸くずで大変な事になってました。懐かしい・・・。メンテしないとね。駆動系ももの凄い勢いで重くなってました。3ベルトなんで元から軽い方ではないのですが、普段スカスカしたTA05触っているだけに、不具合あるんじゃなかろうか。と思いたくなる重さです。バラして組み直して、ベアリングオイルをリフレッシュすると結構戻るので心配はしてませんが・・・。


 そんなこんなで、昨日は口に入れたものがマズかったらしく、おしりがランブータンでございましたが、今日は何とか持ち直して頑張ろうと思います。


 今週末のレースですが、諸事情ありまして欠席させて頂きます。レース結果は後程データ盗んでアップしますので、しばしお待ち下さい。
-- 続きを読む --

2010/09/03 Fri. 09:52 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 3

top △

ちょこっと作業再開 

 9月でございます。タミチャレ・タミグラまではあっという間ですな。('A`)年取ると月日の経過が早く感じると聞きますが、どっちかっていうと給料日を待ち望みすぎて早い気もするワープワさんです。

 FF03。

 タミヤブラシレス01と、604FS-Eが揃ったので搭載します。FS-Eはアンテナレスなのでちょっと不安もあるのですが、GMN氏がタミグラ環境でつかっていても不具合無さそうでしたし大丈夫でしょう。FF03に搭載したのは、コクピットパーツ装着の予定だから。アンテナ線があっても車内までの長さしかないので、ボディからはみ出る事はありません。しかし、コクピットパーツに穴開けて、アンテナ通して・・・というのもめんどくさい。('A`)その辺を配慮してのFS-E選択でした。

・・・FS-Eは、これ以上、ビタ一文たりとも出せねぇ。という予算では、あっさり高値更新されて終了していた日々でしたが、諦め半分でチェックしてたら、その予算額で即決が出ていたので即落札。これはラッキーでございました。

 ブラシレス01は、ケース留めてるネジ外して蓋を開けます。こうしないと、レシーバーケーブルがハンダの邪魔をする為です。で、ご丁寧にハンダが盛られた部分に樹脂コートされいる為、そのままではハンダが乗らないのでカッターでカリカリ削ってハンダを露出させてからコードを全て外します。

 バッテリー側は14G黒ケーブルに。マッチモア製なので皮膜肉厚。見た目ごんぶと。モーター側はカワダのブラシレス用ミニユーロメスコネクターに変更。以降、ハンダであまり熱加えなくてもよくなりました。他の車種に載せ変えても、コード交換はモーター側で行えばいいのでリスク軽減出来ます。別にコネクタを介する事に抵抗も無いですし・・・。

 フタを元に戻してシャーシに搭載し、長さをあわせてモーターまで配線して終了。

 レシーバーのペアリングをして、ESCの基本設定も終了。これでFFの中身は大体終了です。次は抜け殻になって久しかったTA05を、GT-B仕様からタミチャレ仕様に戻す作業に取り掛かりたいと思います。

2010/09/01 Wed. 09:36 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。