いよいよ開幕 

 個人的には2010年タミチャレの開幕が間近でございます。

 5月2日と5日の工藤模型タミチャレです。2日のミニは参加者も多そうで楽しみ。5日のタミチャレⅩもよい面子が揃いそうです。


 それに備えて、本日は工藤模型サーキットへ出向いて、コース慣れとセット出しがしたかったのですが、前日の段階で予報が悪く、本日も散々迷って、腰が上がった瞬間に屋根に雨粒が落ち始めるのを確認し、諦めました。

 ただ、用事と物色もしたかったので、青森へは行きまして、ABEX氏のエントリーと、レース前日の土曜、午後からコースに行こうと思いまして、本日前もっての利用料清算を済ませてきました。

 家に戻ってからは、3700HVの起こし作業をしつつ、タミチャレタイヤを2セット組んだりしながら、地味に準備を進めておりました。


 今年のタミグラの日程や開催クラスが発表になり、その事に触れられている方々が多数おられますね。

 私的には、ミニ、F-1、4WDバギーは確定でしてツーリングのカテゴリーと、FFを気にしております。


 日程としては、9月の宮城大会の日程組み合わせが一大事です。長野大会が1日開催ならば、23日を長野にして、25日と26日を宮城にすればよかったのに。なんて思ったりもしましたが、運営上のご都合もあるんでしょう。とりあえず、両日エントリーはしておいて、どちらか1日に絞る感じになるでしょうかね?

 仙台は、どちらか1日が雨で流れるジンクスが根付きそうですからねぇ。また今回も・・・('A`)
スポンサーサイト

2010/04/29 Thu. 22:44 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 6

top △

昨日はセット出し。 

 昨日は人数が集まりきらないという事で、レースは翌週に延期。普段の日曜日でした。

 私は昼下がりから仕事先の式典出席があった為、14時くらまでしか居れない感じ。それでも晴れてましたので、行くだけ行こうと思い出てきました。来週末は工藤模型タミチャレ。予定では、お殿様と十番氏が参加予定でございます。少しでも絡めるように、ミニのセット出しでございます。

 コースの角材設置をした日には、Y-HA氏をアドバイザーにTA05ばかりいぢってまして、ミニは妄想セットそのまま。しかしながら、思いの外悪くない挙動。今回はそこから詰めてみようと思い、変更を加えてみます。

 まずは前回そのままで数周。感じを把握して、ナックルのステアロッド取り付け箇所を変更。樹脂ナックルは車体を上から見下ろして上下2つが選択可能。現状は下。それを、ロッドの長さを変えずに上に。トーアウトが付きますがそのまま。

 ロッドの作動量に対して、ナックルが大きく動くようになるから、切れ角もまして、ビクビクになるんじゃないかな?と、走り出してみたら、思いの外普通。いや、こっちの方が性に合う感じです。

 あともうひと曲がりが欲しくて、切ってる時間が長くなり、失速気味になりながらお尻振り回す傾向だった変更前の基本状態から、切ったなりに車が曲がってくる感じになりましたので、ワンテンポ遅れてリヤが踊りだすようなグデグデ感も薄れました。恐らく、ステアドッロ長を変更せずに位置だけ変えて、強めのトーアウトになっているから、そこら辺が効いているんじゃないか?と推測しています。トー角がニュートラルに近付くと、ちょっと難しくなるのかな?ってな塩梅で。


 次に、昨年はグリップ不足とフラつきの一因として、1.5度リヤアップライトの使用を止めて、2度アップライト固定を続けてきましたが、ほんとにそうか?と思いまして、もう一度1.5度を装着。アッパーアーム取り付け位置が上下2箇所で選べますが、まずは上から。


・・・・('A`)ヲウ

・・・・・・∑(゚Д゚)アレ?

・・・・・・・・ヽ(`Д´)ノウホーイ


 ってな感じで、悪くない。そう、M03の頃の良き感触再び。と、いった雰囲気になってます。

 2度は確かに踏ん張り感とグリップ感が上がるんですが、きれいに円を描く感じで転がれなくて、常にワンテンポずれた感じでフロントの動きに付いてくる感じでして、個人的にはカクカクした動きにならざるを得ませんでした。

 しかし、こちらは前後の一体感が良く、無理な動きをしなくて済む感じ。グリップ不足も、熱が入ると気にならない。

 ダンパーがしっかりしてると、1.5度でも大丈夫なのねぇ・・・。


 先に書いた通り、スタート直後に若干の不安がありましたので、ここの対策を考えます。

 まずはリヤアッパーアーム取り付けを下段に。・・・ん~・・・。リヤが重くなった。動きがちょっと犠牲になります。ただ、グリップ感の変化がこのくらいだと、路面の良いところでは上段。グリップ薄い路面では下段という調整が出来そうです。オーロパークにいくと、リヤが軽めの動きになるので、そこでは下段かな?という感じ。

 良い印象の上段に戻し、リヤサス変更をしてみます。これは、極端に振って、変化を見るつもりで行いました。

 一つ問題。・・・このダンパーオイルは・・・イエローにもグリーンにも見えるなぁ・・・どっちだったっけ??
 ('A`)

 ・・・と、まぁ。崩しちゃったかもしれませんが、とりあえず進めましょう。

 先にバネ。EXハードが装着されていますので、GP用ショートバネ各種を除き、一番硬いのが現状です。で、これをイエローまで軟らかくしてみると、あからさまな腰砕け。でも、グリップ感は失われていないが違和感凄い。中間になるハードへ変更すると、変更前に近付いた感じはするものの、それでも腰砕けっぽく感じてしまいまして、リヤは現状、EXハードのみ。という感じ。
 選択した中の中間に当るハードで、走り出し初期の危ういところを抑えつつ、動きの良いところも。と、思ったんですが、狙い通りには行かない模様。

 次にオイル。600番に上げてみると、動きが硬くて鈍くなり、300番に下げると、バネに対してオイル感が負けるのか、跳ねはしないものの、ピコピコと落ち着かない。オイル変更でも、丁度良いところを狙うのは難しいみたいです。これも元に戻します。・・・が。はて、あの色は、イエローなんだかグリーンなんだか・・・。

 とりあえず、29日に工藤模型サーキットでもセット出しの予定なので、そこできちんと戻しましょう。


 こんな感じで。フロント側はまったくの手付かずでして、本来ならばここから取り掛かりたいところでしたが、無念の降雨。せっかく集まった方々も、あまり走らせる時間も無いまま昨日は解散となりました。個人的には、晴れ続けていても撤収しないといけない時間での事でしたので、出来た事はこのくらいだったのには変わりなかったでしょう。

2010/04/26 Mon. 09:54 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

こちらも 



 NRCサーキットも撮影してみましたよ。サーキット案内に貼り付けてみようと思います。

 ショボくてすいません。('A`)

 イイデジカメ、ホシイデスネー。

2010/04/25 Sun. 22:35 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

4月25日のレースは延期です。 

 手遅れですが、一応。4月25日のNRC開幕戦は、人が集まらない為、翌週の5月2日に延期です。

 HP告知の手直しが遅れた事をお詫びします。

 4月25日は通常通り、お店の開店時刻から閉店時刻まで自由利用となっています。


 14時くらいまでならコースに居れそうなので、私はちょっと走ってくる予定です。

2010/04/25 Sun. 09:14 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

北東北タミチャレ遠征にお役立て下さい。 



 こんな感じで。本日、色んな用事を足しに青森市へ行ったついでに撮影してきました。古くてショボいデジカメでして、音声拾えないので無音動画です。

 今年のレイアウトはこんな感じでございます。タミチャレ遠征組の方々のイメージトレーニングの手助けになれば幸いです。去年よりもテクニカル・・・ではなくて、ずっと曲がっている感じがしますね~。

2010/04/24 Sat. 19:42 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

GWレース 

 GW前半の5月2日に行われる、工藤模型タミチャレ。代表権のかかるクラスはミニだけかな?ここに今回も、遠方からのゲスト参戦の方々が参加表明されてます。

 現確定面子である御二方共に速いので、普段よりもAメインが大変になりそうですが、楽しみです。何より凄いのは、5月の第3日曜日に行われる、プライムタミチャレにも参加予定というツワモノっぷり。間隔置かずに、東北の端まで連続遠征は、なかなか出来る事じゃないですがな。これは愛ですね。ヽ(`Д´)ノ スバラシイ

 タミヤレギュをベースに、参加者確保の為、ちょっとバッテリー縛りが緩くなってますが、お殿様は体感済みであるように、1600SPで極端な不利になる事をあまり感じない程度なんで、参加条件の整っている近隣の皆様も是非。



 こんな塩梅なので、2日に地元でもレース?があるようですが、申し訳ないですが私は出られないと思います。今週末も一応レースですが、参加者数が成立には満たない状況になりそうな見通しなので、そうなった場合はレースではなく、走行会のカタチで走れるようにする予定なので、走る機会と捉えて、参加をお待ちしてます。

 通常の面子が揃うようになるのが5月に入ってからなので、レースを2日に延期して、今週末の25日は走行会という感じです。こうなると、私は2日の参加が厳しい。とは言っても、レースに出られない、賑やかし要員でしかないのですが・・・。('A`)


 お外ではタミグラの人。と、割り切っているだけに、心苦しいのですが、何とかご理解頂ければ・・・。


 そんな感じで。日曜日の予報がいいのをそねみつつ、私は夕方から仕事がらみの会食出席につき、身動き出来ないのをちょっと嘆く。

2010/04/21 Wed. 09:32 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

もう割り切って、寝ちゃいましょう。 

 土曜日は昼まで仕事。帰りにコースに行くとMr.T氏を講師に迎え、H田、M浦氏の御二方の車チェックをしてましたので便乗。

 H田氏はTB03IFSでしたが、IFSじゃなきゃならない理由が無い限り、選ばなくてもイイデスヨ。と説き伏せて、アウトボードサスに戻す事を提案。変更後、「素直になった。」と、喜んでました。基本的な調整を加えてみたところ、車は至って普通の動き。低速切り替えし区間で、フロントデフの切なさが出てしまいますが、ワンウェイ入れたら大丈夫。後は大きいリヤウイングで押さえを増やしてあげれば、後は走り込んで、操作に慣れる事を重視してみましょう~。

 M浦氏は05IFS-Rでして、インボードサスは継続。基本調整メインで行い、走ってみるとやたら鋭い。なんだろ、私のIFSよりぐんぐん曲がってくるなぁ。と、思っていたら、アンプの設定なのか、スロットルオフでニュートラルブレーキが強めに効く様な味付けになっていたをMr.T氏が発見。それならよく曲がりそう。

 そこを誤魔化して効かないようにして、後はH田氏と同じく、操作に慣れてもらう事を頑張って頂きました。


 指導してくれる方がいないと、「難しい車」が「扱い切れれば速い車」と、誤解してしまう事もあります。誰でも簡単にレーシングカーを乗りこなす事は出来ない。という感覚と一緒に考えちゃうと、難しい車をテクニックで操りきって速く走れる事こそ実力の証明。なんて思っちゃったりする訳です。

 しかし、その次元を感じる前に、まず、何事も無く普通に、楽に扱える車を知る必要があります。変な挙動も無く、真っ直ぐ走り、左右クセなく曲がり、進む・緩める・ブレーキという操作を、自分の加減の通りに実行してくれる車を作り、そこから物足りないと感じた部分に手を加え、その際に楽さが失われ、難しさが出るようなら、そこで腕を磨く努力をして行くと、扱えない車に手を焼いて、モチベーションを下げてしまうような事態に陥らないと考えます。

 なので、私達のした事は、走行前の基本調整みたいな事だけでして、これらを踏まえた上で、腕を磨き、物足りなくなった点を自分なりに補っていけばよいと思って手を出しました。


 これは始めてすぐであればあるほど、手遅れにならずに済むと思います。悪癖が取れるまでは相当な努力と矯正が必要になるからです。頭の軟らかい子供ならまだしも、大人で付いた手癖はなかなか取れにくいですからねぇ。


 私は、そのスタート位置に立つまでに数年を要した人間です。そう考えると、素直に聞いて下さって、実行して、今現在、どんどん基本レベルを上げている御二方を見ていて、このまま面白く感じていて欲しいなぁ。なんて、思ったりする次第です。



 そんな、悪癖と矯正という言葉繋がりで。

 土曜夕食後から色塗り。キリのいいところまで。という変な粘り方をしてしまったので、寝る時間が遅くなり、軽い昼夜逆転モード。リズムを戻すべく、眠気を我慢したりするものの、最近はリズムも戻りにくくなりましたねぇ。寝不足偏頭痛で、土日は大変でした。今日も微妙。

 こうなってくると、リズム崩さずに、キリのいいところよりも、生活リズム優先で諦めた方がよいんだな。と、年を感じずにはいられなかった週末でございます。



 で、その色塗り。

 実車で各メーカーに専用の白があるように、微妙な色加減の白を出す事にしてみようと、過去の成功・失敗を繰り返した経験を踏まえ、今回、青光りする白にしようと思いました。

 ホンダのベージュっぽいパールホワイトではなく、スバルの白に近い青白さにしたかった次第です。

 ファスカラー使用前提として、手順は、ハイライトブルーを極薄く噴き、白を重ねます。このハイライトブルーが曲者でして、ほんとに塗れたかどうか分らないくらいの薄さでないと青光りした白にならないのです。

 ここで、塗れていないと思って更に拭いてしまうと、膜に厚みが出て、ハイライトブルーの偏光前の状態である、ベージュっぽい白が主張し始めてしまい、白で裏打ちすると、ホンダ風クリーム色ホワイトになってしまうのです。

 この境目が難しい。

 写真はあやてっくさんのブログから拝借しました。昨年、ミニ用にどうぞ。という事で、手付かずの1600SPを提供して頂きました。お陰でミニファイナルは元気のいいバッテリーで戦えた次第です。その節は感謝してます。

 で、そのカタに、ver.2をキット購入した際に余らせていたクスコ・インプを塗ってお渡ししました。それが下の写真。(・・・自分で撮影しておいたヤツを削除していたらしい。('A`)ダメダネー。)写真が温かみのある色の照明下なので、ちょっとわかりにくいのですが、こちらが青白い方の成功例。

あやてっくさん。拝借しました。

 で、下が今回の塗り物。写真は青白い感じがしますが、曇りの中、偏光する明るさが無い状態で撮影した為に、そう見えるだけで、実際は見事なクリーム色調ホワイトでございます。しかも、いつものハイライトブルー→白→シルバー裏打ち→黒でとどめ裏打ちではなく、シルバーを外してしまった為に裏打ち黒が主張しまくって、非常にきちゃない。


 大失敗。・゚・(ノД`)・゚・。。

 愛着失せたので、ゴンゴンぶつけて使い倒します。きちゃない部分はステッカーチューンの予定。

 プロポスキンをTEAM MAGIC風にしたし、室内もメーカーのページでみれるE4のボディっぽくパクったデザインにして、目にも慣れてきたし、コーデネートを考えたら、タミヤボディも別に継続使用でいいんじゃない?と、思って、こんな感じにしてみました。BMWで作った台紙を、そのままニスモZに転用したので、ちょっと見た目の位置はずれてますが、まぁ、こんな感じで。グラデーションを使っていないので、何も考えずに塗れて楽です。

 ・・・ベースの白さえ失敗しなきゃ、もっとテンション上がってたのになぁ。('A`)

形状はかっちょいいですが、塗り失敗。

 BMWはかっこいい形状ですね。ニスモZ比較ですが、前後に若干長く、ウイングの位置も後ろ。前の出っ歯がどれくらいの効きを見せるか次第ですが、若干大柄になり、キャビンが後退して、軸位置が下がって見える感じになると思うので、バランスは良く感じるかも?

 醸し出す雰囲気は、その昔流行ったチェイサー系に似てるかも?


上に同じく、失敗。('A`)

 ニスモZは相変わらずに見慣れた形状。どこでもニスモZの人になってしまってますねぇ。いいところもないけど、悪くない。一番ごく普通という印象を持つボディです。なので大好き。個人的には、こいつ基準で、BMWは何属性なんだろうとワクワクしてます。

 今回は軽量タイプなので、ヘニョリ気味。流石にリップは補強しておかないと・・・。ただ、元々ある安定感をそのままに、軽量ならではの軽やかさが加わると、化ける可能性もあるので、愛着無くても期待度大デス。


 とりあえず、走る用事のあるボディはこうして塗り終えましたが、未塗装ボディ墓場に、日々ボディが増殖しているような状況なんで、ほんとは片付くまで塗り続けたい気分です。


 しかーし。休日はラジりたい。今週末は仕事絡みの用事があって、日曜日の午後は駄目。29日に余裕があったら工藤模型サーキットで、GWタミチャレ向けにセット出ししたいところ。今回もゲストの可能性がありますので、2日のミニは、どうにか相手してもらえる程度には仕上げたい。時間的にMiTo投入は無理ですので、スイフトラストレースはこれでしょうか?うーん。走る時間も欲しいなぁ・・・。


2010/04/19 Mon. 14:14 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

ありがとう 

 4年前、室内戦終了時、景品抽選で、私は彼を引き当てました。

 引き当てた事が背中を押して、私はミニクラスという、新たなカテゴリーへも挑戦する事が出来ました。

 コンパクトで軽量。それでいてパワフル。ミニに対して理想の姿を持っていた優秀な選手でした。

 初年度、翌年は岩手大会でAメインへ挑戦する事が出来、地元レースでも初年度こそ速さは見せても勝てなかった状況から、優勝、安定した上位入賞をし続ける事が出来ました。

 昨年は試練の年。辛うじて地元レースで一度勝てたから良かったものの、迷走と低迷。地方大会Aメインは、遥か遠くに行ってしまいました。

 活路を見出したくてのM05へのスイッチも、まだ確実に以前を上回る状況は程遠く、日々迷走を繰り返しながら、地味に詰めていっている状況です。

 参加への切符を手に入れた事で参加出来たミニファイナル前に、首脳陣の変更に伴い、意思疎通の問題も生じて、出番を後進に譲る格好で控えに。しかし、本番で不調に陥った後進に変り、現役の頃の勢いの良さそのままに、決勝では速さに貢献してくれました。


「ミニは俺じゃなきゃ、だめなんだよ。」

 そんなセリフが聞こえてきそうな存在感は、ある意味誇らしげでもあったように思います。


 しかしそれは、彼の最後の晴れ舞台でした。

 ファイナル後の翌週。地元レースで彼は動けなくなりました。いや、ファイナル終了時点でそれは起きていたのでしょう。走りきると同時に、彼は何も言わずに役目を終えていたのです。


 不調の原因を突き止め、復調を見せつつある後進が、何とか今も後を継いで稼動している為、ミニが動けなくなる事はありませんが、現状、爆弾を抱えた選手に、連戦を強いているような不安な状況ではあります。


 最初、適切な処置で復活出来ると思われていたソイツの負傷。しかし、補修を始めようとすると、それはもう、手遅れになった姿と分りました。

 体調・骨・筋肉。全て正常なのに、神経が繋がらない状況。已む無く、現役続行は不可能と判断され、4年に亘るレース生活にピリオドを打つ事になりました。

 もう、控えで居る事も出来ない。彼は静かに役目を終えました。


 彼のお陰で、私はミニで戦えました。彼いなくては始まらなかったミニカテゴリー。その功績を称え、感謝したいと思います。



 ありがとう。

 ゼノンVS1



 ・・・と、まぁ、感傷的に書いてみましたが、実際感謝ですよ。抽選中に「コレ当ったら、オラ、ミニやりますよ。ヽ(`Д´)」なんて事を宣言してたら当てちゃうし。ご縁があったんでしょう。

 VS1は、全ての配線を半田付け出来る、基板から端子が出ている構造なんですが、レシーバーに繋ぐケーブルの端子部分が割れて、基板から完全に剥がれてしまいまして、接続不可になってしまいました。

 樹脂で中身を固めてしまっているものなので、分解も不可能ですし、どうにもならない。と、諦めざるを得ませんでした。

 今はノバックやスピパのESCが、こういったコード類は両オスコネクターで繋げるようになり、適切な長さものを選べるようになったし、トラブルへの対処もし易くなったんですが、まだまだ普及してこないですねぇ。各社サーボもこの仕様になれば、すごく助かると思うんですがね。

 簡単コネクタ仕様ではありませんでしたが、半田付け出来るので、コードを任意の長さに調整して装着出来た為、これは扱いやすかったな。と感じております。


 さてここから。今搭載しているGMさんの息切れは、1600SPのメスコネクターのカシメが汚く加工されたバッテリーの影響で、穴が変に広がったり、入り込みが足りずに抜けそうになっていたりする事が原因だったようです。
 接続確認をしっかり行う事で、かなり防げるような気はするのですが、それでもたまに変な時がある為、そこだけが問題ではないような気がして気持ち悪いです。

 ブラシモーター用ESCの需要が落ち込んでいるのを見越して、最盛期のハイエンド系が値崩れ起こすの待ってるんですが、弾数も少ないのか、思ったほど値段も下がらないし、出てこないのでジリジリしちょります。

 C3系は鮮度命っぽいイメージが付いているので、長く使える感じがしない。けど、高いショットキー標準というのは魅力。QC3系はラクセイのサンワラベルのやつがお買い得なんで、最有力候補です。

 でも、4PK使いになったのならMC850・851Cのタイプも面白そう。セット変更出来ますし。HB REALもラベル違いなんで、こいつもアリかな。しかし、出て来ない。去年だったか、仙台のタムタムでREALが半額以下で出ていたような気が・・・。何かの間違いじゃない?と、スルーしてましたが、今考えると惜しいかな・・・。

 載せられるなら、ストックスペック発売後に、不良在庫を嫌った方が放出し始めたスフィアコンペもありですが、スペースあるかな~・・・。通常のメカレイアウトだと大丈夫だけど、バッテリー上は厳しいかな?フレーム付かなくなるだろうし。

 このテでギリ何とかなりそうなのはTEAM WAVEのRB50かな。意外とコンパクトなんで、何とかなるかも。しかし値段が下がらない。1諭吉即決ならば、いってしまいそうなもんなんですが・・・。


 面白そうと考えてるのが、フタバMC601C・スクエアSIU-500のミドルクラスタイプ。601Cは4PKいぢり出来るし。

 キワモノ部門でMトロニクスIP6か、ゼノンVSSの両者。IP6は地元で売れ残って久しいので特価が出ないか待ってますが、出ないだろうなぁ・・・。
 ゼノンに至っては、見た事もないので、出てるかどうかもわからんし。


 こんな感じで、支出を少なく、どうにか対処しないとね。と、日々色々監視中です。

2010/04/15 Thu. 17:55 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

スポーツクラス考察 

 地元レースのお話。コース設置の事を書いた雑記で触れてますが、こんな感じを提案してみます。

 スポーツクラスは、持ち物によって色々選べる状態を維持しておかないと、出られないから参加しない。という、間口の狭さが出てしまいます。ただし、現状、古いものから新しいものを網羅すると結構大変。

 細かくなってしまいますが、各々詰めて頂くしかありません。選択肢を増やすとしたら、以下の様な組み合わせはどうかな?と、提案してみます。恐らく性能差は出てしまうので、突き詰めると有利不利は出るでしょう。そこからどうすり合わせていくかが課題になりそう。



○ブラシモーター+7.2vバッテリーの場合。

 ヨコモ プロストック27T・タミヤライトチューン27Tモーター・540・スポチュンの各モーターと、SUB-Cタイプ6セルバッテリー(パック・単セル・マッチド等は問わず。)での組み合わせ。


○ブラシモーター+6.6VLi-Feバッテリーの場合。

 上記モーター他、タミヤGTチューン(25T)モーターが使用可能。バッテリーはLi-Fe6.6Vタイプ。4000mAHで40C表記以下のタイプならば、メーカー、形状、容量、能力は自由。


○ブラシレスモーター+7.2vバッテリーの場合。

 各社21.5Tより数値の大きいブラシレスモーターが使用可能。センサード・センサーレスは問わず。SUB-Cタイプ6セルバッテリー(パック・単セル・マッチドは問わず。)での組み合わせ。


○ブラシレスモーター+6.6VLi-Feバッテリーの場合。

 各社17.5Tより数値の大きいブラシレスモーターが使用可能。センサード・センサーレスは問わず。バッテリーはLi-Fe6.6Vタイプ。4000mAHで40C表記以下のタイプならば、メーカー、形状、容量、能力は自由。



 以上、4パターンを提案してみます。これに加えて、ギヤ比制限もかけて、7.0:1以上のギヤ比のみ有効とかにすると、相当スピードは抑えられると思うのですが、元々、縛りが多いのを好まない地域性もありますので、やるとしても自主性にお任せするしかないかもしれません。



 これで様子を見てみる。というのはいかがなものか?と、書き込んでみました。

2010/04/14 Wed. 12:43 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

通話時間を見てビビる。すいませんでした・・・ 

 昨日はABEX55元かいちょ氏と長電話。かけて頂いての長電話、すいませんでした。色々聞けて楽しかったです。

 ネタに挙がっていたのは、ホビーショー後に発売されるタミヤ新製品各種。お互いにFF03は気になる模様。条件さえ揃えば、FF変態軍団結成になるかも。個人的には欲しい一品ですが、現状では養いきれない事と、今のところ活躍できそうなのが、タミグラ地方大会のワンメイククラス(創設予定)だけなので、ちょっと触手が伸びていき辛い。

 あと一押しは、「タミチャレ認可」だけなんですがねぇ・・・。日頃も使える変態ならば激歓迎でございますよ。

 FFという事で、ボディも悩む。シビックが既に発表されてますが、岩手では某Y氏が歓喜されてるそう。大好きなんですね~。いつぞやのイベント会場限定販売で売られた際には買い込んでいたらしいし。

 そうなると、旧ライナップで復帰してきそうなのは他にあるかな?名前が挙がったのは、アコード、エクシヴ、プリメーラ。個人的にはビームス・インテグラ復活も願いたい。新規があるならWTCC系で、セアトやシボレーかな?出るならセアトが欲しいかも。

 諸々を加味して、面白そうな条件が揃ったらFFへ転がってみようと思います。

 CE-4風味のハイエンド・ドリシャーシに関しては、('A`) ですがね・・・。あれでバスタブ。タミチャレOKとかだったら面白そうな気もしますが、ボンネット低い系のボディが乗らないし、オールラウンダー。という感じはしないかなぁ。


 他、タミヤ絡みで色々お聞きできて、大変ためになりました。一昨日の十和田でのバギーレースも面白かったよ~。という事でしたよ。


 無制限クラス相応の装備を揃える事は難しいですが、手持ちの機材を駆使したら、DB01もレースに参加出来る状態までには出来るかもしれませんから、機会と余力がったら、私も遊びに行ってみたいかも。話を聞いていて、ちょっとそう思って見たりして。ヤタベのコースも味わってみたいですね~。

 と、そんな感じで楽しくお話させて頂きました。


 色々聞いてテンション上がりそうになってますが、貯めた未塗装ボディが・・・オゥ('A`)・・・・。ナンテコッタイ。

2010/04/13 Tue. 09:12 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 3

top △

お外で初走行。 

 今日はNRCサーキットのコース角材やゼブラゾーンの固定。路面の掃き掃除なんぞをしてきました。TAGA*K氏、お手伝いありがとうございます。

 コースを作ったついでに、急遽ダンパー組んだTA05とM05を持ち込んでみました。

 TA05はGTチューン相当のモーターというお勧めを受けて、ヨコモの旧ブラシレスの15.5Tを装着。バッテリーはLi-Feで走ってみました。

 感触としては、スピードは相応でした。3700HVと比べてバッテリーが軽くなり、重量差補正はしましたが、それでも100gちょっと軽い状態となった為、車そのものは軽やかさが増してます。

 重さがあり、550円ラジアルの食い加次第では、受け止めきれずにアンダー出しそうになっていた昨年までの仕様と比べて、軽くなった分それが薄まって、動き的には非常に素直。良い変更点だと思われます。

 とりあえずのセットで挑みましたが、まだ砂が浮いたコンディションでありながら、グリップ感もそれなりにありましたので、上々の滑り出し。

 Y-HA氏に色々教わりつつリヤダンパーの変更を何度か行い、グリップ感の調整を施したところ、動き過ぎと、粘り過ぎの中間っぽいセットが出せたので、これをベースに、更に煮詰めていこうと思います。

 ミニもですが、TAGA*K氏、Y-HA氏両人面白がってくれたので、個人的には嬉しかったです。


 M05は掛川セットからスプリングのみ変更した状態で走ってみました。こちらは、前:蛍光イエローショート→ハードショート・ソフト。後ろ:蛍光ブルーショート→ハードショート・EXハード。へ変更しました。

 これもまたそんなに悪くはない感じ。徐々に低速切り返しで車が重い感じになったので、ここを詰めたい。タイヤは前後インナー違いをそのまま採用していますが、このお陰でフロント勝ち過ぎで、リヤ振り回しまくりになりにくくなってるかもしれません。

 これを前後同一にすると、低速での重さがある程度回復しそうですが、同時に勝ち過ぎも戻ってきそうです。このままのインナー違いを継続したまま、別な箇所を変更して曲げていく方が、個人的な好みへの近道と感じました。

 ダンパーオイル・バネ・長さ・アッカーマン変更。この辺で試してみましょう。


 また、デフ変更は良い方へ表れた模様です。スラスト部分をアンチウェアからブラックグリスに戻し、コーンワッシャー他、ハウジングとスラストベアリング以外のパーツを新しくした事で、デフの作動具合が良くなったらしく、挙動そのものにクセがなくなりました。

 現状、モーターのコギングにデフの作動が負けるくらいの重さしかないのですが、これでいいのかもしれません。

 組んだばかりのデフなので、プレートの馴染みや締め具合の変化によって、重さが結構取れてますが、締め直しでどうなるかが楽しみです。

 出し抜こうとして、あれこれデフいぢりしましたが、もうこれで固定したほうがいいみたいです。



 今日は見学さんも、親子連れでトイラジで遊びに来た方もいらっしゃいまして、それなりに賑やか。親子連れの方は、タミチャレ仕様の車なんですが「速いー!!すごいー!!」と感動しておられました。

 ・・・なんか照れるね。('A`)エヘ。

 昨今、ラジコン以外にも色んな娯楽がある中で、興味を持ってくれるだけでも貴重な存在です。持ち続けて、それが今後に繋がってくれたらな。なんて、期待しつつ、レース見学に来て、あまりの速さに引いてしまわないといいな。と、要らぬ心配だけしてみたりする。


 そして、すっかりストッククラスの今後のレギュばかりに気を取られて、スポーツクラスの事を疎かにしていたのを思い出しました。

 H田氏も遊びに来まして、その時にその話になったのですが、スポーツの方々もブラシレスとLi-Feの使える環境になって欲しいという希望があるそうです。

 今日のTA05の15.5T+Li-Feで、ギヤ比が7.2くらいのスピードを見てもらいましたが、ちょっと速く感じるのだそうです。という事で、想定出来るとしたら下記の様な感じでしょうか?

 7.2V6セルバッテリーは、プロストック27Tと、540やスポチュン。

 6.6VLi-Feバッテリーは、17.5T以上のブラシレスとプロストック27Tと、540やスポチュン。

 こんな感じで擦り合わせが可能なら、採用して構わないと思うのですが、重鎮方のご意見を求むです。

 この縛りだと、タミヤブラシレスコンボ(モーターは18Tですが。)がそのまま使えるので、峠仕様のまま参戦可能となりますし、各社のブラシレスコンボでの販売も増えましたので、選択肢が減るようなものでもないと思います。

 ヨコモなんかでも、安いグレードのESCとのコンボで買おうと思えば安上がりですしねぇ。

 一応、お店に提案だけはしてみました。あとはどう判断するかだそうですので、皆様のご意見をお聞かせ下さい。


 こんな感じで。明日はどうしましょうねぇ・・・。フトコロが暖かい事と、貯まる一方のボディが無い状態なら、バギーの1次予選観戦にでも行きたいところですが・・・。掛川祭りのツケで、自重しませんとね。。・゚・(ノД`)・゚・。

2010/04/10 Sat. 19:45 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

急ですが、明日のお知らせ。 

 今回は伝言代わりに。

 明日の土曜日。通常のお店開店時間以降に、コースの角材固定をしようと思います。日曜日は天候が怪しいので、明日のうちにしてしまおうという魂胆です。

 明日、御手透きの方がいらっしゃいましたら、ご協力お願いします。場所はNRCサーキットです。


 では、よろしくお願いします~。

2010/04/09 Fri. 20:42 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

タミチャレ関連予定。 

 今年のタミヤ関連レース。

 工藤模型さんでは2010年の開催クラスと日程表が掲載されてました。

 今年のタミチャレⅩは3回だけなんですねぇ~・・・。例年通り、てっきりGW連戦で2回出来ると思ってましたので、ちょっと残念かつ、昨年同様、急に密度が上がったレースが再度行われる事になるとヤバいです。レベルがグンと上がって一大事デスヨ。チャンスが減る分、頑張らないといけませんね。

 グランシップに行けるかはこれから次第ですが、切符だけは持っておきたいものです。

 ミニクラスも代表権がかかるレースは3回ですね。ふむふむ。

 GW連戦の5月2日のミニ。5日のタミチャレ。7月18日のWエントリー。9月19日のWエントリーは確定でしょう。

・・・マテヨ。9月のこの日程は宮城大会と被るかもしれないなぁ・・・。大丈夫かな??

 トラウトガーデンにお邪魔できるのは6月・8月・10月かな?お外でストッククラスに参加するのを自重するなら、5月と7月も行けそうだけど、某与党が高速料金値上げしやがりますから、ホイホイと行く訳にも行かなくなったので、吟味しないといけませんね。

 また今年もお世話になります。よろしくおねがいします・・・。


 そんな訳で。ぬれていないボディ仕上げなければなるまい・・・・('A`)メンドクサイ。

2010/04/06 Tue. 13:03 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

しばらくしんどいね。 

 金曜日の朝に剃って以降、月曜朝まで伸ばしたヒゲを剃るのは気持ちいい・・・。髭剃りがものすごく仕事してる感がたまらないのよ・・・。

 お外の準備という事で、金曜夜から日曜深夜まで、部屋の中がタミヤのパーツで埋まる事態になってました。

 うえ。しばらくシャーシ側見たくない・・・。('A`)


 まずはTA05ver.2の2010仕様。ロディマスとか、ユニクロンとか単語は出てきますが、内容はほとんど覚えてないなぁ。

 ロディマスはリーダーっぽくはなかったなぁ。ウルトラマグナスが大好きでしたよ。脱線。

 今年からLi-Fe指定となる為、左右の重量差が大きくなります。バッテリー単体で量っても、昨年までの3700HVから200g近く軽くなってます。重量差はウェイトで補正したいところですが、額面通りにウェイト足してしまうと軽さが台無し。と、いいますか、200g近く載せておくスペースも見当たらない。

 そんな訳で10gと5gウェイトを色々駆使して積んでやろうと思い立ちましたが、なぜか5gウェイトの数が少ない・・・。

 ・・・・(゚Д゚)F104にてんこ盛りだったわ・・・。

 1600SPしか使えなかった去年は、重量規制にあわせる為に、結構な量のウェイトを載せていたF104でした。出番がトラウト最終戦のみというのが切なかったですが、ま、こやつはタミグラエントリー数増化要員なので、さしたるチューンもOP投入もなく、消耗品とレギュ合わせのモーター変更のみしておりました。

 という感じで、程好く散らかっている状態からF104を引っ張り出して、ウェイトを剥がします。当然、組んだままでは出来ないので、半壊状態でバラします・・・。これでF104もメンテ待ち車両の仲間入りです。('A`)フエタ・・・。

 ウェイトの数と種類が増えたところでTA05に戻って色々配置を考えます。理想は5gウェイトをずらーっとバッテリー側バスタブ外に配置して、少ないウェイト量でバランス取りたかったのですが、Ver.2はバスタブが浅くなってしまい、かつ、リブがあるので5gウェイトでもシャーシ底からはみ出てしまいます。却下。

 ならばバスタブ内側ならば・・・と思いましたが、バッテリーの座りが悪くなってしまう為、端っこ配置は諦めます。

 F-1っぽく、シャーシにフィットしたタングステンの錘が欲しいなぁ。

 Ver.2はバッテリーの前後移動量がかなりあるので、後側に10gウェイト2枚貼り合わせしたものを載せ、バッテリーが動かないようにしました。ストラップテープを通す穴を塞いでしまいましたが、これからカーボンバッテリーホルダーでの固定に切り替えますので、とりあえず無視。

 ウェイトはホルダー上ににしか居場所がなくなったので、ホルダー上に50g搭載してみました。位置は大体モーターと同じくらいの位置です。これで70g搭載。細長いものの上に載せて、左右の偏りを確認してみましたが、これでも気持ちメカ側重いくらい?になりました。

 そして、前々から考えていた事をホルダーに加工して、辻褄合わせをしてみました。さて、触ってみた感じは結構変化したのですが、これがver.2で良い方へ機能してくれればよいのですがね・・・。

 そして、掛川祭りの帰りに買ってきてあった、モーター各種へメスコネクターハンダ付けして、ブラシレスには注油。これを搭載。練習は15.5Tブラシレス+Li-Feでサルの予定です。GTチューンは後日慣らし予定。そうか、ハンダ作業が出来るって事は、御法度になったカワダメスコネクターが付いていて、まだ使えるモーター各種のメスコネクター交換も出来るな。と、使えるモーターを引っ張り出し、コネクター付け替え。やっぱり丸くてツルツルしたタイプは付けにくい・・・。

 キツキツ具合といい、ハンダ作業のし易さといい、カワダ最高なんですがねぇ・・・。なぜ、駄目に・・・。

 この状態で、シャーシで散らかりながら、モーター引っ張り出しながらのハンダ作業でも散らかる。部屋が腐界へ。


モーターひと段落しましたので、半壊したF104を元に戻します。

 ウェイトを剥がした後の糊を取り除きながら各部のチェックと、メカ配置の見直し。もう一度、ESCの配線取り回しを綺麗にやり直したいけど、これは今度。ここで疑問。

 掛川祭りのF104はLi-Fe指定でしたので、タミグラもLi-Fe化と指定ゴムタイヤが盛り込まれると思います。で、タミヤLi-Feを搭載してみたんですが、コネクターカバーがごっつ過ぎて、フロント部分のボディがモッコリしてしまいます。どーにかならんか・・・。と、これを書いている途中でピキーンときたのですが、コードはリヤ側に出るように、いままでとは逆さにしてやればいいのか。そうすりゃ、サイドポッドの隙間で納められるかな?

 これは後程、可能かどうか検証しましょう。

 リヤのスチールシャフトがないので、とりあえずシャフト直下に10gウィト配置。5g×2個を横並べにしたものをステアロッド直下に配置しウェイト調整。デフとベアリングチェックをしつつ、モーターを見てみたら、エンドベル側の軸がスポンジカスで埋まってましたので清掃。外したままにしておいて、翌日のモーター集中チェックで慣らしと調整をかけました。

 多分、大人しい程度だと思うので、回りすぎで悩むような状態ではありませんでしたねぇ・・・。

 これでとりあえずF104は元の形に戻りましたので箱へ。ここで金曜深夜でダウン。


 翌朝は休みでしたが、午前中はちょっと仕事で呼ばれてしまいます。外に出てしまったついでだ。という事で、お昼前にタイヤ交換。ワイパー交換、救出用ワイヤー撤去等の夏仕様に車を変更。洗車は、考えてる事が一緒の方々ばかりだったのか、どこも混雑してましたので諦めて、部屋に戻って作業再開。


 中途半端に汚いまま、昨日コネクタ付け作業を終えたGTチューンと、フォーミュラチューンを調整。ブラシモーターの頃が懐かしい、一連の作業をして慣らし開始。新品のGTチューン2個は、辛うじて19,000に手が届きそうな程度でしたが、少し使ってコミュが細くなり、ブラシも減ると回転数が上がるでしょうから、少し走り込ませたいところです。

 フォーミュラチューンも同様に。ポリッシュかけて、ブラシ磨いて・・・慣らして、と行いましたら、まぁ、酷くはないと思われる数値。

 フォーミュラチューンを車体に装着。GTチューンは箱にしまいます。これでようやくハンダグッズとF104を片付けられました。部屋が少し片付きましたが、まだまだ滅茶苦茶。

 この後、中座していたver.2の作業再開。E4からレシーバー抜き取り移植。配線束ねて、残すはダンパーと詳細な詰めのみとなりました。その際、ESCのファン撤去。どうせ大した負荷にもならないし、TRFだって装着してませんでしたからねぇ。大丈夫でしょう・・・。

 それと、おまじないでレシーバーキャパシターを装着しておきました。お店で売れ残っていたゼノンの小さいヤツですが、効果があればいいですねぇ。ノーコン怖いですから。


 最後に取り掛かったのがM05。コイツが一番厄介でした。

 フレーム3号機を投入するべくお店で購入。前回と同じ感覚で肉抜きとサーボローマウント加工。意外とやって良かったのが、ステアポストの段差消し。左右のシム枚数が変りましたな。これで日曜午前中は消化。

 現05をバラしながら、各パーツ移植していきます。今回、デフユニットの消耗パーツを数年ぶりに新調。デフプレートとコーンワッシャー。プラギヤを新調しました。デフプテート磨きで指先やけどもお約束。ひででで・・・。

 掛川祭り以降にあれこれ考え、スラストをアンチウェア詰めからブラックグリス詰めに戻しました。どーも、デフの利かせ方に迷いがありまして・・・。掛川はアンチウェア+重く締める傾向のデフでした。ロックまではいきませんが、回転差吸収の状況が理想とズレてるっぽい気がしなくもないのです。ちょっとフロントタイヤのイン側軸傾向が強く出る割には、状況や挙動等の要素も含みつつ、変なタイミングで回転差吸収してみたり、しなかったりしてたのかも?だから、スッコ抜けとアンダーの境目が分りにくい感じがして、扱いにくく感じてるのかな?と、思いまして、以前のモーターのコギングよりもちょっと強いくらいの重さまで落としてみようと思いました。

 まだプレートに筋が付いていないので、ちょっと硬めになってますが、数パック走り込めば落ち着くでしょう。

 リヤフレームにサーボ載せて、ギヤの準備も出来たのでモナカ貼り合わせ。新品はいいなぁ。

 他に大した変更は加えてませんが、MiTo待ちしている間は、スイフト使い倒してしまう予定です。


 こんな感じで、ようやく片付けに。まだダンパーが2台分残ってるし、昨年の宮城で心と共に足が折れたまま放置しているDB01もどうにかしないと・・・。他にもE4メンテしたり等等、しばらくは浸かってしまう状況ですね。

('A`)シャーシオナカイッパイ。ウプ・・・

2010/04/05 Mon. 13:38 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △