スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

もうちょっと引っ張るタミヤなお話。 

 掛川祭りの土曜夜、えむ2さん、たれ氏、UMA氏、お名前聞いてなかった御二方を交えて、タミグラの真面目なお話をさせて頂く。酒の席だという事もあり、妙に白熱してみたり、脱線してみたりと、色々面白かったのですが、シラフなりにはこんな考えが。

 レギュレーションや縛りの良し悪しで喧々囂々しましたが、私はこんなのを希望したりしてます。

 現状、ツーリングカーに関してはタミグラ・タミチャレで、開催クラスと内容によってボディ縛りがあります。決められた事なので、守るのは前提ですが、どうにも窮屈。選ぶ自由度が欲しい。それも踏まえてのクラス分け。

 GTビクトリーは現状のスタンスで構わないと思います。最高峰らしくあって欲しいですから。問題はその下のカテゴリー分類。

 GT3700とGT2400に、峠という3クラスがタミグラ。タミチャレがタミチャレⅩとなります。

 タミチャレも現状のスタンスで構わないと思うのですが、せっかくなので会場限定販売ボディにも公認の幅をあたえてもいいんじゃないか?と、思ったりする。収拾がつかないという面もあるものの、往年の名車だからこそ。という性能度外視の愛情で選ぶ余地はあってもいいかな。と思う。R33もシビックも、レースでの出番を待っているかもしれない。ビギナーやジュニア。それ以外はビクトリーというのでは、あまりにも極端過ぎますから・・・。

 ただ、模型店の片隅に残っていた輩まで持ち出されると、本当に収拾がつかないので、あくまで会場限定販売になったもののみ公認とか。そのくらいの緩和がほしいかな。


 タミグラの3クラスに関しては、こんな分け方どうでしょう?という事で。

GT3700→W-GTクラス

 ボディ:S-GT参加車種全て。SC、NSX2007(HSV-10?)、GT-R、ヴィーマック、ガライヤ、アクシオ、クスコインプ、雨宮RX-7、Z4に加えて、DTMボディ。メルセデスAMG2008、アウディA4DTM2005/2006を使用可能に。ウイングはOP使用可能。

 タイヤ選択は自由。パワーソースは現行に準じるか、Li-Fe+ブラシレス12Tコンボに固定ギヤ比規制。シャーシはGT3700規定維持で、Wデッキ可。代表権あり。獲得ポイント制限なし。



峠→GT NEXT

 ボディ:世界のスポーツカーと、国産最高峰スポーツカーとのバトルを実現。という事で、以下の様に。
 
 フェラーリF430、エンツォ・FXX、カウンタックLP500S、ガヤルド、ポルシェ911GT3、カレラGT、NISSAN GT-R、BMW M3GT2・Z4、トヨタスープラ、RX-7

 OPウイングは使用可能。

 タイヤはワンメイク用スリックのみ。(旧タミチャレ用500円スリック?)パワーソースはLi-Fe+ブラシレス18Tで固定ギヤ比規制。シャーシは峠と同様。代表権なし。獲得ポイント規制なし。


GT2400→GTチャレンジ

 ボディ:タミチャレ公認品に加えて、ラリーボディと、昨年までに会場限定販売された中で、公認されたボディが使用可能。OPウイング使用可能。

 シャーシ規制はGT2400と同様。タイヤ選択も自由。パワーソースは現行に準じる。獲得ポイント数での参加者制限あり。代表権あり。


 こんな仕分けが出来たなら、真ん中のクラスに傾倒していそう。代表権なくてもいいから、かっちょいいスポーツカーボディで走ってみたいな。そんな風に思ったりします。現状では、好きなボディを優先としてしまうと、ビクトリーしかありませんから・・・。

 あくまで妄想の域。こんな事考えながら、5月のホビーショーで発表されるタミグラのレギュと、開催会場と日程を気にしたいと思いまする。
スポンサーサイト

2010/03/31 Wed. 00:33 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

NRC室内最終戦でした。 

 先週末から色々と体力的にキツかった。珍しいチカラ仕事が続いた事と、掛川祭りの余韻と疲れもあって、平日ダラダラしまくっていたのですが、土曜が休みの週でしたので、土曜に準備しちゃえばどうにかなるな。と、余裕をぶちかましておりました。一番めんどくさいから。と、タイヤだけ組んでおいたのは虫の知らせか・・・。

 で、土曜日。というか、金曜午後。相方さんが年度末の最後の休みを使って急遽帰省するという事になり、土曜日は準備に没頭出来なくなる。という急展開。そんな訳で、土曜は平日出勤よりもちょっと遅い時間帯に盛岡へ。松尾八幡平を抜けて、盛岡付近になると吹雪模様っぽくなる。('A`)エー。

 新幹線の到着に間に合わなくて、ラウンド1で待ち合わせして回収。帰りにプライムさんに寄ってご挨拶。ラッキーな事に、TA03のギヤパーツが売っていた。この中に入っている、ボールデフ用のギヤが欲しかった。22日に行ったフタ産ではデフプレートやコーンワッシャーを購入していましたので、これでミニ用の旧ボールデフのリペアパーツが揃いました。ハウジング以外は全部新品に出来ます。そのうち組み直しましょう。
 相当使い込んでたので、プレートはスジが消えないくらい減ってるし、コーンワッシャーも向きを判断するのが難しいくらいになってました。ギヤも同様に、減って刺々しくなってましたから、このデフを駄目にしてしまうと後がありませんでした。ようやく一安心ですよ。

 高速入り口前のジャスコで昼食と買い物。かなりラッキーな処分品と遭遇。相方さんが喜ぶ。レディースが安売りしている現場にほとんど遭遇した事がない品だったのですが、色もサイズもバッチリなのがあり、買い込む。良かった。運がいい。

 ジャスコを出て高速入り口に入ろうとすると、そこには渋滞が・・・。これはもしや・・・と、相方さんに道路情報を検索してもらうと、安代まで閉鎖の文字が。・゚・(ノД`)・゚・。下道で弘前まで帰るのか・・・。何時間かかるんだよう。

 と、うだうだしていても仕方ないので、ナビに有料回避ルートを探してもらい再出発。高速伝いに下道を進んでいきましたが、常時規制情報を監視してもらっていたら、西根まで近付いた頃に解除の案内。西根から高速へ乗って、どんどん北上します。青森県に入ると雪は少なめになる位、盛岡付近は降ってましたね~。今年は長引くのと、南部側が例年以上に積もっている印象があります。ほんとの春はいつ来るやら・・・。

 相方さんの希望で、弘前で降りずにそのまま青森へ。青森市へ行きたかったらしい。何件かお店を回って、弘前に帰ろうと7号線に。浪岡抜けるまでずっとクリープで走るくらいの長蛇の列。道路カチカチのツルツルでしたしねぇ。夕方の帰宅ラッシュ時からは外れた時間帯でしたが、同じ様な混雑に巻き込まれ時間をかなり消費しました。

 常盤以降でようやく渋滞を抜けて遅めの夕食を取ってから別れまして、ヘトヘトっぽくなりながら自宅へ戻りました。

 さあ、ここから明日の準備。・・・なんて、気合の入った事が出来る感じもなく、目視でのチェックと、モーターへの注油。Li-Feはすぐ寝てしまうらしいので、1サイクルかけて目覚ましさせながら、ミニとツーリングのダンパーオイルだけ足して組み直しして終了。ミニは今回、ダイヤフラムの上にスポンジ足してみました。どうなるかな?

 荷物を片付けて、ようやく就寝。泥のように寝ました。翌日、やっぱりねほいだ。そんな感じで、グデグデでしたが、最終戦へと向かいました。

 E4は現状維持。何もせずにそのままいきます。気になるミニは・・・。う~ん。合わない。('A`)

 シャッキリ感はそのまま欲しいけど、グリップ感が薄く、ガメラスピン気味。時間が無いので、予選1回目はそのままで走る事に。やっぱりペース上げられず。とりあえず、スポンジは外して2回目を。操作しやすくなりましたが、タイム更新は微々たるもの。う~ん。外用の蛍光バネよりは、ハードショートの赤青組み合わせのほうが幸せだったかな。

 外で憶えた、前ソフト。後ろハードインナーの組み合わせタイヤが使えたらよかったのですが、今更組む余力もなく、今回は見合わせ。来年あるなら作っておこうと思います。

 確かに足が柔らかめだと、動いている雰囲気はM03っぽく思える事が多々あるのですが、それが速さに繋がってるか?というと、そうでもなさそう。個人的には、M03の、「荷重をしっかり使いましょう。」という雰囲気で動く挙動が大好きだったし、意外と肌に合っていた印象があったのですが、やっぱりM05に当てはめようとするとズレが出る。

 頭切替えて、M05らしさを理解して、速さを求めないと駄目ですねぇ・・・。これからお外なんで、いちからやり直しのつもりで頑張りましょう。

 そんな感じでしたので、全般的にグダグダで、下位フィニッシュをしてしまった為、最後の最後でシリーズチャンプを逃しました。ま、未勝利が獲っちゃいけない。という、神の啓示だと思って精進しましょう。4月末にはMiToが発売され、それに伴い、扱いが楽だといわれるL仕様へ移行するつもりです。それまで、貯まった疲労を取り、あらたな状態で挑めるように、車体のコンディションを整えておこうと思います。

 メインフレームは、1号機に比べたらマシになりましたが、やっぱりひび割れが結構出来てます。3号機フレームの用意はしないとなぁ・・・。ぶつけすぎですな。うう。('A`)


 ツーリングの方は、可も無く不可も無くなんですが、周りの速さが目立ってまして、相対的に下がる感じになってました。F氏も速いし、今回もAメインは厳しい状況。

 予選2回目までの暫定では8位に留まっていましたが、3回目でY-HA氏やF氏が更新。ズリ落ちます。後が無い3回目は、前回の反省を踏まえて新品タイヤをちょっと剥いてから履きました。操作ミスがありヒヤヒヤもんの際どいラップでゴール。

 自分のヒートで一つでも順位を上げればA確定でしたが、ヒート最下位。私のライバルは、前のヒートで速かった方々となります。その差0.5秒上回り、暫定8位だったF氏を押しのけ、何とかAメインにしがみ付く事が出来ました。最終組は既にAメイン確定組で、グリッド決定戦の様相でしたので、これで一息つけました。

 あぶねー。ほんとにあぶなかった。


 そして決勝。これが近年にない程駄目でした。駄目は駄目でも他人に迷惑かけちゃう駄目っぷりでしたので、ほんとにヘコみました。その昔、ベストラップ方式だった頃に、偶然一発を叩き出してしまい、場違いなAメインで、走るシケインと化していた頃を髣髴とさせる駄目っぷり。とにかくグリップ感がなくて大変だったけど、周りのペースが速すぎて、頑張らざるを得ない状況となってミスを連発。→悪循環の最悪パターン。

 走るの止めようか。と、今まで思った事も無かった思いが頭をよぎりましたよ。

 まずはMr.K氏の邪魔をして、後にセイヤ君の邪魔をする。下位同士だったらまだしも、TOP争い2台を巻き込むなんて迷惑極まりない。その節は本当にすみませんでした。自分が頑張り過ぎて片輪をカーペットの外に出してフラ付いてみたり、譲りどころで迷ってフラついて巻き込んだりと、散々な状況でした。

 もう、Mr.K氏には土下座ですよ。土下座くらいじゃ許さねぇ。尻貸せや。と、言われたら、5秒は悩むくらい深く反省しております。すいませんでした。でもやっぱり尻は駄目です。やるもんか。

 セイヤくんにもごめんなさい。いい勝負に水を刺す真似をしてほんとにすいませんでした。ブンタマさんにも土下座ですよ。尻貸せや。と言われたら(以下略


 いや、まぁ、ほんとに。心の中では、笑う犬で内村さんがやっていた、土下座一筋の御方の気分で土下座でした。
 (ここで決して、カイジの焼き土下座にならないあたりはチキンよね。)

 そんな感じで、心が折れたままの自分に大して期待出来る事は何も無く、リタイヤとなったM澤選手以外ではだんとつの最下位フィニッシュ。それでも、皆勤賞が功を奏してシリーズ2位で終える事が出来ました。比較的大きく崩れる事のなかったE4に感謝です。BDMの時以来の安定感で、勝ちは狙えなかったものの、常にAメインは視野に入れてよかった走りの良さに助けられました。

 妄想セットが、最初の段階で的外れではなかった事も、リスクを背負ってセット変更するバクチ頼みにならなかった為に、楽が出来たんだと思います。Li-Feでちょっとパワー不足気味なのかもしれないと思っていた部分も、室内では感じる事無く使えましたので、それにも助けられました。


 これから屋外ですが、現状のストックレース参加は不透明な部分も多く、昨年同様、参加は減ると思います。その分、タミチャレにシフトするような格好になりますが、裏では色々画策したいのも正直な気持ち。気まぐれで流動的ではありますが、賑やかしでもいいので、何かかしらの貢献はしていけたらいいな。と、考えてます。


 ま、とりあえず、これからはTA05とミニに集中ですね。タミチャレボディも塗らないと・・・。その前に、コース設営もありますね。日程が決まったら、筋肉痛になりにいこうと思います。


 最後に。室内戦に参加して下さいました方々。皆様のお陰で、今シリーズも無事に終える事が出来ました。遠方から参加の方々も多数おられます。本当に感謝です。ありがとうございました。
 各々、雪解け以降はそれぞれの楽しんでいるカテゴリーへ戻っていかれるのでしょうが、また来期、同じ様に室内戦で楽しめたら幸いだと思いますので、その時が来ましたら、再びの参加をお待ちしております。


 今回、ストッククラスのTOP10のデータ公表なんぞをしてみましたが、如何でしょうか?不明なお方は???がついてますが、今回の精鋭が使った武器はこんな感じでした。やはりLRPのブラシレスESCが強いですね~。シャーシは416が席巻してますが、ポイントで届かなかったものの、BD5の速さもかなりの脅威でした。

 特にMr.K氏はストックスペックを搭載してきて、同じモーターでありながら、1段かん高い音色を奏でながら走り去るほどパワフルでした。やはりストックスペックは図抜けた性能を秘めている模様。ここからはモーターを燃やさない為の適正な扱いが求められそうな気配ですが、ノウハウが確立されれば、かなり強力なアドバンテージになるのは明白です。

 プロポのシェアはフタバ優勢ですが、M11Xの高評価でサンワの使用率がぐんぐん上がってきています。JRはちょいと特殊ですが、KOは寂しくなりましたねぇ・・・。巻き返しなるか?バッテリーも5セルよりLi-Feが多くなりました。途中から移行してきた方々も多く、やはり扱いやすさが受けています。

 室内が始まってまる5ヶ月くらいながら、その間でもバッテリーの進化もあり、以前のような5セル優勢感はもう殆ど無い模様。それ以上に扱い易く、繰り返しに強い特性が受けてまして、恐らくある程度のハンデがあったとしても、移行してしまう方々が多かったのではないか?と推測します。

 以前からの持ち物を捨てて、インフラを整えようとすると金額はかかるものの、新規で考えるならば、今はLi-FeかLi-Po対応品をお安く揃えた方が幸せでしょう・・・。今後、以前のNi-MHセルで行われた過激なパワー競争の弊害で、安全性が損なわれるような事無く、程々が守られたまま、より良い環境でラジコンが始められるようであってほしい。と感じました。


 さーて。お外の準備しませんとね。

2010/03/30 Tue. 14:00 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 4

top △

掛川ミニ祭り 番外編 

ミニのコースレイアウト

 ミニ用のコースレイアウト。ストレートから1コーナー回った後のS字セクションは、幅が広いんで真っ直ぐ突っ切る事が出来そうな感じなのですが、その最後に見える左コーナーから飛び出ている仕切り板がすごくやらしく出ているので、ここによく刺さりましたねぇ。パイロンタッチでおっとっとしてると、その乱れた挙動のまま左右に揺さ振る事になってしまい、あげく転がる。という事を多々やらかしました。

F-1のコースレイアウト

 F-1用レイアウト。高速気味でしたが、ごちゃつかない緊迫感で、観戦していて楽しかったなぁ。

わんさか

 撮影前の並べている途中の写真。F-1は台数揃うといいですね~。

わらわら

 ミニもわらわらと。けっこうクーパー選手権状態なんじゃないかな?という危惧をしていたのですが、意外とMも頑張ってました。スイフトやアバルトも多数居ましたね。

 私はMiToが出たらLになりますのよ。ヲホホホ。

F-1カッコイイ。

 うひょー。ルノーかっちょいい!!赤いマルティニカラーの、ブラバム風も居ました。これもいい!!
 ラジコンならではのオリジナリティも尊重したいですが、やっぱり実車に忠実か、ありえなくないスポンサーとカラーリングを身にまとってい方が、数段それらしくていいですやね。

ガヤガヤ

 自分のテーブルの背後がこんな感じ。運営テントでしたので、常に賑やか。車出しや回収、ヒートトップのモーターチェックに車検。全てここで行われる為、人が途切れません。

 観戦スポットとしても良くて、人が絶えない感じでした。全体的にコースを見下ろせるような作りになったサーキットですから、いろんなポジションからレース観戦出来ますし、背の小さいお子様でも、無理な伸びをしなくても遠くまで見える感じがあったのはステキですね。

2010/03/26 Fri. 08:13 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

2010年 MフリークMTG 参加レポート その4 

 予選が終了し、FIATワンメイクの耐久レースが始まります。

 30台以上が一斉に走り出す光景は、なかなか見られるものではありませんねぇ・・・。壮観でした。


 それを横目に、私は決勝の準備。また、途中で止まってしまうのはいやだ。と、早々にGMさんを諦めて、ゼノンVS1に載せ変えし、基本設定。

 そして、モーターのコンディショニングをしていました。ええ、から回ししながら、某スプレーをプシューっと。

 ん。

 んん・・・・KV値が上がってきたね。2,400超えると結構いい回転数が得られるので、ま、こんなもんかな?と、7.2Vまで上げてチェック。

・・・3Aあって、18,000回転なんて数値が出てますよ・・・・えええええええええ。違法ですがな。∑(゚Д゚)

 ハワハワしながら、思いつく「回転落とし」作業をしてみますが、それを施すと1,000回転単位で減ってしまう為、非常においしくありません。そこを修正すると、やっぱり規定値超えちゃう状態。

 今の今まで、回り過ぎて落とす。なんて作業自体の経験がありませんから、軽いパニックです。右往左往の果て、すがったのは、こういう静岡イベントに行くと、話しかけて、何となく顔を覚えてもらった、TRFメンバーのモーター管理をされてる御方。

 この御方から手ほどきを受けて、ブラシモーターのコンディショニングがかなりマシになりました。モーターの事は、この方に聞くしかない。と、恐る恐る「回転を落とす方法」を質問しに伺います。

 アンペア数はナゾですが、この高回転化の一因は、使い込んでコミュが痩せて小径化した事と、ブラシも短めになったまま交換していないので、ブラシテンションが弱まって、より高回転気味になってしまったからだろう。という見解でした。

 対策を伺いましたので早速実践。そして、回転が落ち着いたところで計測してみると、3Aそのままで、回転は17,700まで落とせました。際どいかな?でもアンペア数もそこそこなんで、いい状態が出来たかもしれません。

 自分のがひと段落しましたので、えむ2さんやお殿様のモーターにもちょっかいを。数値上は向上したようなので、決勝で上手く機能してくれることを願います。


 忙しかったお陰かどうか、あまり暇にならずに自分の決勝がやってきます。2番グリッドからの出走になります。今度こそ準備は出来た。ラストパック。せめて納得する走りはしたい。順位度外視で、そう考えてました。

 そして始まった決勝が下の動画になります。



 やっぱり、ちゃんと炊き上がったバッテリーと、規定ギリギリチューンの威力は凄いらしく、1コーナー手前でPPのマシンを刺す。という事をやらかしてしまいます。あのカツカツな中で、あからさまなアドバンテージだったのには、自分でもびっくりしました。

 で、お互い譲らずに芝走り。(笑)2位で復帰して、TOPの背後に喰らい付きオープニングラップは2位通過。ここでドラマ。TOPがコース間違いをしてしまい、逸れてしまいました。ここで労せずTOPに立ってしまいます。

 以降、近しい距離でのバトルもありましたが、徐々にアドバンテージを築く事が出来るペースが出せました。結構オーバーラン気味だったのは、焦って握り過ぎていたからでしょう。
 レースが始まった15時以降になると、温度低下が目立ってきたのと、黄砂で多少路面がグリーンなのか、リヤグリップ感が出始めるのが若干時間がかかった印象がありました。その為、リヤグリップを探りながら走ってましたので、動画見てると、踏ん張った感が分るまでは向きを変えるのが怖くて大回りっぽくなってますねぇ・・・。

 それでも2位以下が争いだした事にも助けられて、結構なアドバンテージを築いて中盤も終りかかった頃。動画では3分くらいですかね?撮影していた相方さんが、何気に別アングルを撮影しだして、画面から外れたところで事件は起こります。

 アウトから被せ気味でラップダウンを抜こうとしたら、一緒にアウトに膨らむ格好になってどーん。芝生へ吹っ飛ぶのが見えました。ああ、マーシャルさんに助けられた時には、先程までの2位集団の最後尾くらいに落ちてしまいました。

 で、ここからですが、絡んだ車は、どーも近い車とはバトルしたい御方だったようで、ボコり合いが始まってしまいました。ま、これもタミグラなんだし、こういうのが嫌なら、心得た面子が揃う上位メインにしっかり入る事が出来なかった、自分の足りなさ故の事だし、割り切らないと。ま、下位メインだしね。

 と、ボコり合いを満喫。満喫??どーにか引き離せたときには既に遅く、前に行ってしまったTOP集団に追いつく事か適わずレースは終了。4位か5位くらいでフィニッシュでした。

 う~ん。序盤の展開くらい出来たなら、せめてメイン優勝はしたかったな~。と、切なくはなりましたが、これもレースさ。と、割り切って以降のレース観戦を楽しみました。お殿様の車出しという名誉な事も出来たし、もうみんな寒さと強風と黄砂でグッチャグチャのヘロヘロでしたが、最後までレースを満喫していた感じです。

 個人的にはF-1のAメイン決勝は見入ってしまいました。今回、F-1大好きTRF鈴清選手が欠席という事で、助っ人としてフタバの北澤選手が参加していました。最強プライベーター荻○選手と、TRFマエズーミ選手との緊迫した3台のバトルはすばらしかったです。

 早い段階でピットの荷物も片付けられて、後は車に積み込むのみ。レース進行は全て終わり、表彰式も終了。名残惜しいですが、ここでお別れの方々とご挨拶しつつ、車にもどります。自分の含めて、周りの車も皆デザート仕様の砂まみれ・・・酷い・・・。

 暗くなり始めた夕刻、一旦ホテルへ荷物を置いて、レンタカー返却をするべくGSで給油。2リッター入りませんでした。
移動だけだと、そんなもんよね。今回の経験を踏まえると、電源落ちるような事はほとんどなさそうなので、移動だけならタクシー使った方が安上がりでしたね。ま、勉強出来たと思う事にしましょう・・・。

 配送手配をするべく、先に駅の売店でお土産購入。ホテルに置いて、私と相方さん、えむ2さんの3人で打ち上げ。お肉をおいしく戴きました。疲れもあってその日の夜もばたんきゅうでした。

 しかし、あんなに髪がボサボサで砂っぽくなったのは、小学生の頃サッカー部に在籍していた時以来じゃないか?と、思うくらい、黄砂も風も凄かった。シャワー浴びた後の気持ちよさといったらもう・・・スバラシイ。


 翌朝。ゆっくりとホテルの朝食をいただく。手作り。旨し。頃合になったのでチェックアウト。その際、ラジ荷物とお土産を発送する手配もします。ラジ荷物に着替えた衣類を緩衝材代わりに詰めます。(ちゃんと密封シートに入れてますよ・・・。)こうしておくと、ラジ荷物以外が入っていた肩掛けカバンがペタンとスッキリ。これだけ持ち歩いて、残りの移動が出来ます。

 乗る車両は違うものの、えむ2さんも同じ号の切符が取れたので、到着するまでホームでダベり、到着後に別々に乗り込みました。
 私達は新横浜で下車なので、先に降ります。直接向こうへご挨拶は出来ませんでしたが、メールで挨拶して、新横浜で下車。

 ここからはラジ無関係ですが、等々力にある猫カフェさんで、にゃんこを心行くまでモフってきました。オヤツの催促で、しっかり爪出した前足でカリカリされた為、少々引っかき傷が付いたものの、それも含めて愛デス。もふるしかあるまい。ほれ、もふもふもふ・・・・と、1時間ばかり堪能。

 そこからアキバへ移動。15時過ぎてましたが、遅めの昼食でカレー。うまし。全店巡回は厳しいし、今回は買い物を定めていたのでフタ産さんのみ襲撃。主にタミチャレ用のものを購入。
 そして、正月に来た際にお気に入りになったケバブも食す。チキンより牛肉。ノーマルが一番好きかも。これも旨かった・・・。変な時間に色々食べたので、帰りの道中、弁当買わなくてもよさそうだね。

 で、然程長居した感じはなかったのですが、結構いい時間になりましたので東京駅へ。18時ちょっと前に発車のはやてに乗り込みます。

 ・・・行きは新聞ヂヂィにイラッっとしましたが、今回は深く眠りこけて、「ビクッ」っと意識が戻った際のアクションが大きすぎて、隣のお子様を軽く小突いてしまった・・・。ごめんね・・・少年。il||li_| ̄|○ il||li

 自分もダメじゃん・・・。

 盛岡に到着。北国寒いよ。寒いって・・・。と、バス亭でヨデール待ち。程なく到着。再び乗り物に揺られて弘前へ。弘前駅で下車して自分の車に戻ったら・・・静岡よりは少しマシだけど、やっぱりこっちも黄砂だったのね。ってな感じで、窓が効かない状態になってましたね。

 そのままGSへ行って洗車。スッキリ。ここに来て小腹が空いてきたので、なか卯で親子丼。今回は、レース後恒例の「反省のキムチ牛丼」にはしませんでした。楽しんだ余韻をしっかり噛み締めたかったので・・・。

 自宅に戻ったら、間もなく日付も変りそうな時刻でした。こうして掛川のミニ祭りは終りました。

 次は番外編でも。

2010/03/26 Fri. 00:45 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

2010年 MフリークMTG 参加レポート その3 

 続いて予選2回目から。ここからちょっと不穏な空気。

 基本、散々駄目だと言われていた日曜日に、レースが出来るまでになった事が奇跡なんですが、それにもまして、運がいいと思える事が。

 車を準備して、えむ2さんに車出しをお願いして、お立ち台へ上がる順番待ちをしていたら、えむ2さんが、ある事を発見。

えむ2:「のれさーん。キングピンがなーい!!」∑(゚Д゚)

私:ナニィ!!∑(゚Д゚)ギャーッ・・・。

 それは、片方の下側だけネジが抜け落ちたままになっていた状態でした。更に追い撃ち。

えむ2:「うわ~。ナックル砕けてますよ~・・・('A`)」

私:○| ̄|_・・・うそーん・・・。


 と、いうやり取りがありましたが、ほんの少し時間がある。出来る事はしなければ。と、とりあえず合いそうなキングピンを探し、捻じ込みます。砕けたナックルの奥の部分が辛うじて残っていたらしく、長めのキングピンを使ったら、そこにかすかにかかってくれまして、辛うじて補修は出来ました。

 寸法が合っていないキングピンなので多少カタつきますが、無いよりゃマシ。という事で、ガッカリしたままお立ち台へ上がる事になりました。辛うじて繋がっているナックルです。ノーミス。ノークラッシュ必須です。

 ところが。

 ここで空から冷たいものがほつほつと。徐々に勢いを増し、にわかに本降りまで行きそうな気配を見せる雨。ここで運営ボスより、一時待機の支持が。各々ピットに戻って、回復待ちします。という話が出て、私達の予選は天候回復後となりました。

 ラッキー!!直せる!!!!と、慌しくピットへ戻り、急いで新品ナックルと、キングピンを準備して取り替えます。ここでようやく予選3回目の充電を開始します。運営の流れでは余裕と思ってです。

 修理が終わる頃、降りそうになった雨は止み、路面もおりからの強風であっという間に乾燥。丁度良く予選再開という運びになりました。

 その予選2回目の動画はありません。一時待機やF-1の進行の組み方が特殊で、相方さんが離れた車の中で休憩中に始まてしまった為、間に合わなかったからです。


 2回目は3列目からのスタートでしたから、無難無難を心掛けたものの、結構宙を舞うクラッシュをしてしまい、車が動かなくなってしまいます。痛恨のリタイヤ。ポイント的にも一番悪い事をしてしまいました。電源が落ちたようにプスンとしてしまっていました。てっきりブラシがズレただけかと思いましたが、どうもクラッシュの際に固定が外れてしまったショットキーの先端がESCに触れて、ショート起したんじゃないかな?という憶測をしまして、そこを対策。

 再度の電源確認では正常に作動。これで大丈夫だろうという事で。3回目は頑張らないとね。と、次の出走準備に取り掛かり、後は電池が炊き上がるのを待つばかり。

 ここでミニ2回目が終了。

「すぐ3回目やりまーす!!1ヒート目は準備してください。」というアナウンス・・・。

 あれ?F-1であと10分ちょいくらい時間があるんじゃ・・・な、ないの??すぐ3回目!!??

 全然充電足りてない!!!ギャーッ∑(゚Д゚)

 ほんの少しの空き時間。アンペア数をマキシマムにしてムチ入れますが、バッテリーはほんのり程度。まだまだ足りませんがな。よりによって、3回目をダラダラとしか走れないのか・・・・がっかりだ。・゚・(ノД`)・゚・。。



 と、時間いっぱい悪あがきしましたが、間に合わず。がっかりしたままお立ち台へ上がると・・・





 再び天からポツポツと黄色い雨粒が。(゚Д゚)雰囲気的には先程と同じくらいの勢いですよ・・・。



 もしかして・・・・



「一時待機でーす。降りてピットに戻ってくださーい。」


 キャーッ!!本日2度目の奇跡発動。ダッシュで戻り、マキシマムで追い充電開始。間に合ったー!!


 黄色い雨粒で、ピットのものがまっきっきで切ないですが、おてんとさまに感謝感謝ですよ。


 そんなこんながあっての3回目の動画がこれです。




 ここで痛恨の操作不能の時間が出来てしまい、大幅にタイムを落としてしまいます。ある程度挽回しましたが、既に遅く下位フィニッシュ。どうも単なるショートじゃなくて、ESCそのものを怪しみます。

 予選が終了し、貼り出された結果は100人中77位。えむ2さんは72位。お殿様はさすがのAメインですよ。丁度お殿様のヒートがマーシャルだったんで、観察しながら見てましたが、相変わらず自分で進んでミスをしない。タイムロスが、絡まれてのもみ合いで損しているような感じでしたから、展開に恵まれると、もっと上位でもおかしくなかった感じもしましたねぇ・・・。

 メイン分けで、私はFメインに。えむ2さんはEメインという事で、決勝を一緒に走る事は叶わなくなってしまったのが残念でした。

 この後と決勝。お帰りまではまた次回。

2010/03/25 Thu. 13:15 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

2010MフリークMTG 参加レポート その2 

 では、日曜日から。

 早朝は、もの凄い風と雨がホテルを叩き付けていまして、部屋が上だった為、ユラリときて気持ち的にガッカリしてしまいましたが、雨粒が当るような音が止み始め、風だけ吹き荒れているような感じが出てきました。これは、コースの回復も早いんじゃないか・・・?という期待をしつつ起床。

 ええ、例に漏れずにお腹がぐるぐるっすよ。便座がトモダチですよ。波の様に押しては引く痛みに耐えながら、時々トイレに駆け込みつつ準備をして、えむ2さんと相方さんを乗せて、サーキットへ向かいます。道中の路面は雨上がりの回復傾向。このまま天候さえ持てば、レース開催は可能でしょう。期待しながらコース付近へ。

 既に大量の車列がゲートオープンを待っていましたが、駐車場に余裕はあるので気になりません。多国籍なナンバーばかりです。いかにも。ってな感じですね。

 ゲート側にてくてく歩いていくと、お殿様が他の方々と談笑していたのでご挨拶。程なくしてオープンになったようで、クモの子を散らす勢いで各自車へ戻り入場開始。私は出してスッキリしたはずなのに、まだ居たらしい残党との戦いをしつつ、どーにか車を置いて、荷物を運び出してトイレダッシュ。

 なんだろうねぇ。緊張性のものなのか、前日の食い合わせが悪かったのか、食ったもので何かマズいものがあったのか分かりませんが、とりあえずレース前に決着したのは幸いでした。でも、お尻がランブータン。('A`)ヒリヒリ

 まだ乾ききっていないコースコンディション中でしたので、早々に走り出す方々は少なかったものの、水分がとんで乾き始めると、みるみる出走待ちの隊列が長くなってきました。時間が決められているだけに、ここは外せなかったので、私も列に加わります。その前に出走準備を整えておきました。

 とりあえず、引きダンパーなんで、フタ開けて再度組み直しておきます。あとは前日のメンテ後。という事もあり、練習走行はコース外でニュートラル調整や舵角調整を重点的に行い、変な挙動が出ていない事を確認。これは一昨年のタミチャレファイナルでの経験を踏まえた縁起担ぎです。

 一旦落ち着いてから、ようやく朝食。暖めてもらったパンが冷め切って切なかったですが、仕方あるまい・・・。

 ご近所の方々も着々と準備が進んでます。皆様も昨日から言われていた、予報の上方修正と、実際にこうして走れる状況まで持ち直した事が嬉しいんでしょうねぇ。未だに強い風と、昨日とはうって変わった寒さに耐えつつも、なんか全体的に高揚感に満ちてましたねぇ~。

 時間となってドラミが始まります。コンデレ審査中はフリーなので、コース上を歩き回り、実際の状況をチェック。

 通常のコース幅を半分に割って使うセクションがあり、お立ち台左端が大好きな私としては、スタート直後の1コーナーに当る部分は、コース仕切り板が見えるアングルもあってか、車2台並んで走れる程度の幅にしか見えず、極めて狭く感じます。
 アップした動画の、一番カメラに近いコーナーがそれですが、実際はそこまで極狭ではなく、3~4台みっちり横並び位は出来そうな幅はあるようです。イン側にあたる、仕切り板側が見えていない模様。なので、見えないところに突っ込む事は可能なようですが、そこまで適応出来ていない為、ここはアウト・イン・アウトを徹底する事になりました。速い方々は、ここもインベタ攻めして、次の区間へ早い立ち上がりをしていましたから、差が開く区間だな。と、感じました。

 で、でも狭いですよココ。ほんと。コース外の芝を、何度走った事か・・・。

 その後、レイアウトをなぞりながら歩いてみて、ブラインド気味だけど、攻めたら速そうな区間をチェックしてみました。そして、コースのつなぎ目に出来ている小さな上り坂のような段差も目視で確認。意識はしてませんでしたが、お殿様から車高の話を聞き、狙って低くし過ぎると、腹を打つ事があるので注意ですよ。と、進言されました。私は無難な値らしく、腹を打って挙動を乱す。という事を体感する事はありませんでした。またそれが、コーナーの途中だったりするので、こんなところで乱したくないなぁ。というところで乱れそうなのが、ヤらしかったですねぇ・・・。

 コースの怖いところとしては、ブロック材がむき出しで鎮座しているところを通り抜けたりする事。攻め過ぎると、常設されてる角材に前から刺さるような区間があること。ゼブラゾーンのゼブラに意外と角度があって、乗りながらターンを頑張り過ぎると転がる。という点も、今更ながら感じました。

 餌食にもなりましたがね。何度も。('A`)

 攻め過ぎ厳禁。あとは、もみくちゃをどう切り抜けるかが課題です。速さは二の次。上位勢は相手にしてもらえないようなお馴染みの面子が揃ってましたから、高望みはせずに、走りきったなりの成績が、自分のベストだろうねぇ。と、思いつつ、コンデレも終わりドラミは解散。各々座席に戻っていきます。

 そして、間もなく張り出された予選組み合わせでは・・・・1ヒート目の4番ですよ。・゚・(ノД`)・゚・。。

 よりによって、オープニングレースの前列かい。

 今回は、TRF入れて1組15台くらい?それを3分割し、前列、中列、後列と、予選3回に合わせて入れ替えて行います。1回目前列の私は、前→後→中で予選はスタートになります。

 そういう事になり、そそくさと出走準備。車出しをえむ2さんにお願いして、お立ち台ポジションは左端確保。ありがたや。そういう事もありつつ、以下の動画のようになりました。




 2分40秒あたりから、ラッキーストライク対決になりそうだったので、スイッチ入ったんですが、自分のつまらないアプローチミスであっさり終了。走るなりに走って、中段よりちょい下くらいでゴール。ラップタイムでは50番手くらいでしたねぇ。ただし、順位に配点されるポイントも加算されて予選が決まるらしいので、まったく先は見えませんでしたねぇ・・・。


 次は予選2回目から。

2010/03/23 Tue. 14:36 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

2010年 MフリークMTG 参加レポート その1 

 それでは、Mフリークファイナルの雑記開始です。

 前日、珍しく21時過ぎまでチカラ仕事が入りまして帰宅が遅れ、連休中出来ない洗濯なんぞをしていたら日付が変わりそうになってました。で、3時半頃ノソノソと起床。4時ちょっと過ぎに自宅を出発。駅に近い会社の駐車場へ。そこからはデカいかばんを引きながらバスターミナルへ。雨がシトシト降る中、出発15分前くらいに到着。

 連休初日の新幹線へ連絡するバスなので、もっと混むかな?と思って、始発のターミナルまで行ったのですが、実際は余裕を持って座れる程度でしたので、わざわざ荷物引きずって、ターミナルまで行かなくても良かったらしい。駅前バス停で待っていても良かったな。ヌゥ。

 そんな感じで5時頃から高速バスで盛岡へ。基本眠いので、仮眠状態でずっとうとうと。定刻より若干早く到着。天候や道路の不確定要素が無くて、毎回このくらい余裕があるなら、時刻表通りではちょっと乗り換えがギリギリっぽく感じる、はやて2号も使えるんですがねぇ・・・。安全策を取り、今回も4号の切符を取りましたので、乗車まで20分少々時間が出来た為、朝御飯を。ドトールは・・・同じ考えの人多数で混んでるねぇ・・・。じゃあ、バス連絡口から遠い方の乗り場側のドトールは・・・一緒か。ってな感じで、すぐ横の蕎麦屋さんでそばを1杯。温かい。うまし。

 お腹満たされたし、ぬくんだのでホームへ移動。2号車だったので、何も無いホームの端っこで待機。寒い。程なく到着して搭乗。幸いな事に2列側のお隣さんは盛岡以降での搭乗らしく空いていた為、上の荷物置きも空いてましたので、ラジ荷物を重量挙げ選手感覚で持ち上げて、どすんと置きます。

 以降はバスと同様、ウトウトしながら終点東京まで。後から乗車してきたお隣じいさんが、新聞開くたびに肘うちかましてくるのと、記事切抜きを始めてビリビリと破く音でイラッっときましたがね。こっちは腕組んだままで壁にもたれてるのに、その状態の人間小突くくらいオーバーアクションするなよ・・・。ビリビリビリビリうるさいし。

 そんな感じで。東京が近付くにつれて晴れ間が広がり、東京駅では晴れ模様。ああ、これが明日だったら。と、直前の予報で尽く雨予報が出ていた日曜日を恨めしくも思いました。正直、今日の練習日だけで思い出作りしないと駄目だろうなぁ。という、諦めに満ちていましたので・・・。('A`)

 東京駅はステキなイモ洗い状態。何とか人を潜り抜けて東海道線のホームに出た頃には、乗り換えまで20分はあったはずなのに、間もなく発車のギリギリでした。弁当買えなかった。・゚・(ノД`)・゚・。。
 新横浜で合流する相方さんにメールで伝えて見ましたが、見てなかった模様。しかし、お茶とゆで卵とお菓子を所持していたので助かりました。坂東英二な気分です。ここで、乗る車両が違うえむ2さんとも合流。ここから掛川へ向かいます。

車両販売の弁当も買ってお腹を満たし、食べ終わって間もなく静岡駅。降りる準備をして丁度良く掛川到着です。さあ、いよいよ始まります。

 タクシーでタミヤサーキットへ。サクサク進んで片道2,000円くらい。着いたその先には、おお、デカイね~。というサーキットと、既に走りまくっている皆様の姿が。16時くらいで走行は終了。F-1とミニでコースレイアウトが違うそうで、時間帯分けまでされている状況で、果たして何パック走れるかな?という状況でした。

 今回はピットスペースが決められているので、場所取りもなく席に着きます。東北地区は、遠征ついでに代表権獲得のお殿様と、プライム代表枠で参加のえむ2さん。そして、去年の宮城くらいからお話をよくさせてもらっているUMA選手(えむ2さんのブログ見て、初めてH.N知りました。)と私の4人掛け。運営本部のすぐ傍です。観戦ポイントとしてもいい感じでしたね~。

 お殿様は別イベント優先で練習日は不参加との事。残念。コバンザメの予定だったのに~・・・。ヽ(`Д´)

 サクサクと電池を充電しつつ、走行可能な状況まで準備をします。

 今回も走行回数規制があり、4分×6回が限度の模様。タミチャレファイナルの時の事もあり、レース日当日の基本調整の為に1回分は取っておかないといけませんから、5回が限度です。しかし、状況からして、5回も大変な雰囲気でした。

 地元で出したセットで、タイヤは新品Sグリハード。ボディはスイフトでまず1回目。初めて上るお立ち台。そこからみた風景は・・・。車ちっちゃっ!!そして、コースはデカイのに、特設仕切り板で、狭いところがやたら狭い・・・。

 感覚として、ドライバー目線は、弘前室内で借りてる体育館の2階手すりから下を見て操縦する感じです。コース全体の規模としては、イオン十和田の奥行きは1割少々。横幅は4割り増しくらい?基本、首を結構横に振りながら操作する感じでした。これは確かにいろんな意味でデカいコースです。

 そんな中でのミニですから、米粒感覚の小ささ。コース幅が広いところは広過ぎてラインの取り方が分らなくなりそうになるのに、要所で通常のコース幅を半分に仕切っているような、極々狭い区間があったりします。それこそ、今の弘前室内の、計測手前くらいの幅の箇所が、スピード乗った直後に出現したりします。

 ・・・後日談ですが、TRFが「アレは狭すぎたね・・。」と、ポロリと口にしていたのを聞き逃しませんでしたよ・・・。

 コース自体も、路面は荒れてはいないものの、うねりと段差と角度が結構ありまして、油断してるとパイロンに吸い寄せられたり、車高下げすぎると底打って跳ねちゃう部分もあり、真っ直ぐ走ってるつもりがずれていったり。と、1パック目はコースに留めるだけで精一杯。

 そして、追い討ちをかけるように車が走りません。もう、無線があるとしたら、「ノーグリップ。ノーグリップ。アンダーステアー・・・アンダー・・・スナップオーバー。”#$%&’’(以下泣き言。)」を連呼していた事でしょう。スピートが乗った先にブロック材があって、オフセット衝突かましたり、縦回転横回転全てこなして、終了時点でリヤダンパーステーがお亡くなり。以降、補修しては宙を舞い、補修しては・・・の繰り返しへ突入する事になります。

 しかし、えらく走らない。ファイナルの時の様に、そこそこから開始出来ていないので、何をしていいか?の方向性すら掴めないかも。と、どんよりしたまま、とりあえずステーの修理。簡単リヤステー仕様から、スペアがなかったので、通常M用ステーへ交換。ショップでスペアパーツを購入。これは大量消耗の予感です。

 追い討ちをかけて、スピードも足りない。これは新品で微妙な数値のライトチューンを載せっ放しにしていたからですが、熱入れて、メタルのしぶみも取れてきたにも関わらず、17000以上回る気配がありません。ま、これは、控えが優秀なので心配はしてませんが、現状はえらいハンデに感じました。

 そんな中、相方さんには動画撮影の練習をしてもらいます。「こんな感じ?」「う~ん。あんまりピコピコと視点を動かすと見難くなるから、このくらいで引いて、全体気味でもいいかもね。」「じゃ、もう一回撮ってくる。撮影位置はあそこでいい??」「をう、問題ないよ~。」

 と、ほとんど別行動気味でしたが、何度か練習走行の撮影を試みて、そのつど確認しながら打ち合わせ。とりあえず、明日が雨なら、今の練習走行時間が思い出作りですからねぇ・・・。明日があるなら、今日のは消せばいいですからねぇ。自前でSDカード持って行きましたが、容量が2GBなんで、30分にちょっと足りない撮影時間。自分の4分予選3回と、決勝1回は何とかなるかな?

 何度か試みて、感触は掴めて来たようですが、私を見失う事が多々あり、途中から追うの諦めてみたり、色々試行錯誤している感じはありますが、短時間でよく慣れてくれました。



 本部が近い事。観戦地点としても恵まれている位置だった事。練習待ちの列が近くだった事。いろいろあって、RCWのロンタムでご存知のMゾノ氏が結構見に来てくれてました。その際、予報に修正があり、明日の雨は朝方で済みそうだよ。と、お聞きして希望の火が小さく灯りました。後にユウキ殿からも同じ趣旨のメールが。そんな感じで、希望が出てきた日曜日でしたが、目線を自分のテーブルに戻すと、そこには走ってくれない我がミニさんが・・・。('A`)

 丁度走行時間がF-1になり、間が開くので、大変更を敢行。

 まずはダンパー。オイルを400と500から前後300の引き仕様へ。バネをハード・ショートの青と赤から、蛍光ブルーとイエローの組み合わせに。自分の知ってる、軟らかい方の組み方にガラリと変えます。ついでに、アンダー対策になるかな?と、アッパーアーム取り付け位置を下段にしてみます。

 これで走った2回目。グリップ感が戻ったけど、マキマキだ。これはアッパーアームが悪さしてるっぽい。と、3回目は上段に戻します。そして、モーターの反対側に位置していたポンダーを、そのままバッテリー後方のサーボ横へ移動。

 スナップオーバーっぽいのを無くせるかな?と、フロントに新品のソフトインナーSグリタイヤへ交換。これが自分的には結構当り、前が食い過ぎてリヤを振り回してしまう感が軽減。ただし、寒さもあってか、リヤグリップ感が出るまで少々辛いと感じ、3回目で前後ソフトインナーSグリを試してみるものの、これはフラフラ気味になってしまい、気持ち悪い腰砕けを感じて却下。タイヤは前後Sグリ。前ソフト、後ろハードで決定します。新品のもう1組は投入せず、練習走行から使っているものが馴染むだろうと踏んで、そのまま使い続けることにしました。

 4回目は時間的にもラストパック。ここに至っては、以降の変更を考える余地がないだけに、今の状態を現状のベストとして、この車で上手く走る事に注意して、コース慣れに徹しましたが、自分のリズムに合わないコーナーが多く、やや苦手意識を残したまま、練習走行は終了となりました。

 この間にダンパーステーを交換する事3回くらい。空中縦回転はやっぱり響きます。併設ショップに売っててよかった・・・。とりあえず新品を購入し、宿に戻ってから取り替えることにします。

 17時には撤収して下さいと言う支持でしたので、慌しく撤収作業。えむ2さんとヘトヘトになりながらでしたが、お互いに明日はないという前提で動いていたので、結構みっちり走れた気がします。

 再度タクシーを呼んで、宿泊先へ。ホテルに着いて、御飯時まで時間があったので、状態チェックとメンテをします。ネジの緩み、プラパーツの破損。アームシブシブ。多々発見出来たので、それらを直しておきました。その後、予約していた時間に近付きましたので、近所のレンタカーショップで、手配していたレンタカーを引き取ってきます。

 参加案内にて、状況によっては電源が足りない場合があります。という注意書きがあり、万が一落ちた場合の補助電源という事も考えて、移動手段だけにはならず、非常電源としても使える車での移動を考えての事でした。レンタル料金からすると、2日間コースまでタクシー往復した方がかなり割安でしたが、リスク軽減を優先して決めました。

 ・・・現行モデルで、ガソリンエンジンなのに、ディーゼルみたいな音するし、ブリブリと音の鳴る微妙な個体でしたが、まぁ、こんなもんなのかもしれません・・・。コイツはホテルの駐車場に置いて、飯処を探して少々さ迷いましたが、デニーズ見つけて入店。そこで相方さんの夕食に付き合いつつ、私は飲みに合流できた場合を考えて、軽めに済ませます。

 UMA選手とたれ選手他、数名は既に夕食と飲みモードらしく、えむ2さんは先にそちらへ合流。私は先に相方さんとの食事を済ませました。コアな話で飲みたいなら、私居たら気を使うでしょ?と、いう事で、食事後、単独行動を許してもらったので、遅れて皆様に合流。

 すでに皆様炊き上がり状態でしたが、混ぜてもらって色んなお話が出来ました。いや~。楽しかった~~。明日、開催出来たら頑張りましょう。という事で解散。同じ宿のえむ2さんと戻り、明日の集合時間を確認して解散。疲れもあって、部屋に帰ってばたんきゅうで、早朝を迎える事になります。


 続きは次回。

2010/03/23 Tue. 13:45 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

帰ってきました。 

 全国的に大荒れの天気となる予報故に、決勝当日は諦めかけていたMフリークファイナル。何とか2日間満喫してきました。

 メール頂いたのに返信していない御方。コメントにまともに返答していなかったりと、すごく横柄な状態だった事をお詫びいたします。申し訳ありませんでした。


 明日からぼちぼちまとめていこうと思います。今回は、おおげさな表現ながら、奇跡の連続でレースが出来た、印象的なレースとなりました。行くまでは色々と悩みましたが、行ってよかった。そんな感じが表現出来たらな。と思っています。さて、どこまで書けるかな・・・。

2010/03/23 Tue. 01:24 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

明日から掛川遠征です。 

 という事で。更新頻度は高くないと思われますが、明日から掛川です。

 天気予報は悪いままですがね。。・゚・(ノД`)・゚・。

 明日の練習日は大丈夫そうなんで、せめて数パックだけでも掛川を満喫してきたいと思います~。

2010/03/19 Fri. 23:38 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 5

top △

まだ様子見したい13.5Tあれこれ 

 4月以降のブラシレスは13.5Tまでになりますが、私は何がいいだろう?と考えつつ検索してみました。

 LRPやスピードパッション、オリオンやヨコモが目立つ中、エンルートやファントム。ノバックにコラリーと、やっぱり多種多様なので、見てるだけでも悩みますね~。

 国外で採用されているターン数なので、開発も進んでいるし、メーカーの個性もなかなか。回転型に振ってあるのもあれば、トルク型もあります。日本国内の承認が取れている・いない。の、分らないヤツもありますので、JMRCA縛りが入ると、また選択肢はせばまるかもしれませんね。

 へチョ曲がりは、王道から逸れヤツに目が行く。という事で、普及し始めた頃から仕様が変ってなさそうなメーカーはとりあえず選択肢から外し、スペック見て気になるのがコラリーですかね~。ワット数が高くKV値も悪くない。ギヤ比カチ上げても、へこたれなさそうな印象です。次に気にしたいのがオリオンですが、こちらは回転型的味付けっぽいですね。

 ファントムとかエピックも良さげですが、数値が分らないので、手にしてみるまで分らない感じがあえていいかも。


 どんなマゾだ。('A`)


 なんだかんだで、LRPは主力になるだろうし、対抗するのがスピパV3.0という情勢だとは思います。私の場合、V3.0はリヤエンドの形状ゆえに、E4には搭載出来ない感触が強く、選びたいけど選べないイメージ。


 ・・・さっさとSAKURA ZEROかTOP PHOTONに浮気すれば問題ない。とか言われそうですが、ムリデス。

 。・゚・(ノД`)・゚・。じぇんこねーじゃぁ・・・。

 少なくとも、諭吉さん4枚くらいで引き取ってもらえないと無理だろうなぁ・・・。と、腹黒く皮算用。

 3Racing Japanのサイトが出来ていて、価格もわかるようになりました。発売記念のセットボード付きはお得なのか?なにやらボードがカーボンらしいのですが・・・風?なのかな?供給面で悪くなければ、消耗パーツの価格も国産並ですから、意外と維持費は安く済みそうな車ですやね。

 PHOTONもSAKURAもワンウェイだけどーにかなればスゴク魅力的ですねぇ・・・。


 話題が逸れました。

 そんなこんなで、本命コラリー。次点オリオンが個人的に選びたいモーターですかね。贅沢出来ないフトコロ事情もありますから、無難を選ぶならヨコモにしてると思われます。

 ・・・何だかんだで、今の自分にとっては、お財布に優しいのが一番なのかも・・・うう・・・。

2010/03/18 Thu. 23:23 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

ミニ祭りに向けて。祈祷編。 

 み、見事な下り坂予報で泣きそうです。今週末は全国的に荒れるらしく、こちらではまた雪模様とか。

 雲が厚く張っても構わないですし、ちょっと寒いくらいでも構わない。せめて、せめて雨粒が落ちてこなければそれでいいんですがねぇ・・・。('A`)

 今から呪いのてるてる坊主作成します。はれろ~。はれるがいい。晴れませんか?晴れてくださるでしょうか?晴れて頂けないでしょうか?晴れて下さい。お願いします。


 ああもう、どうせなら、降るなら諦めるしかないくらいザーザー降ってくれ。霧雨シトシトとか、降ったり止んだりが一番煮え切らなくて嫌なんじゃい。走れそうで走れない。だけは勘弁して欲しいなぁ・・・。


 中止になったら、月曜日のアキバ徘徊くらいしか楽しみが無いなぁ・・・。とりあえず、タミチャレ準備という事でGTチューンと消耗品。あとは練習用ブラシレスモーターかな。


 そんな感じで、ラジ荷物は準備完了。着替えなどの荷物もほぼ終えて、昨日は旅の道中暇しないように、読んでいく本物色。PSPで遊びたいゲームがなかなかないのよねぇ・・・。パッケージ見て内容を読み込もうとすると、段々ヤル気が失せていく。サウンドノベルの新作でもあればなぁ・・・。

 サイレントヒル・ゼロ をニコ動で見なければ良かったなぁ。見ちゃったんで、改めてヤル気が出ない。失敗した・・・('A`)見てなきゃ候補だったのに。
 そんな感じで、PSPオリジナルのサイレンでも出てたら買っていたかも。デッドライジングもいいかも。

 マプラスというナビソフトも使えて、イザという時のハンディナビにもなるし、ワンセグ見れるので、ラジしながらでも傍らで賑やかにしてくれるPSP所持に、悪い気はしてません。が、ゲーム選択肢が格段に多いDSの方が、個人的には旅のお供としてはいいかな?と、思ってしまいます。

 話題が大きく逸れましたが、そんな事もあって、今回は文庫本読みながらにしましょう。・・・実用書ではないあたり、おこちゃま感アリアリですが、いいんだ。読み物がみたかったんだい。

 あとはメモリに音楽を色々ぶち込み終えればいよいよ完了。とうとう明後日出発なのかぁ。

2010/03/18 Thu. 13:32 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

ミニ祭りまで、1週間きりました。 

 早起きしてIRLをかんせ・・・ん・・・。('A`) ・・・今日はF-1です。楽しみ。

 ・・・って、フジテレビTWOは、日曜日に予選だけ放映するのも辞めたのか。なんだよそれー。ヽ(`Д´)ノギー


 週末はミニ祭りの準備に勤しみました。

 前回書いた通り、デフハウジングの歪みが気になって仕方なく、旧デフに戻す事にしました。で、セラ玉を入れ替えるべく新デフ取り出し。ああ、またモナカ割ですよ。めんどくさい。

 新デフを取り出して、旧デフ用のベアリングホルダーを接着。そしていつもの儀式も施します。

 旧デフも年季が入り、テキトウに接着剤の残りが付いたままでも組んでいたのですが、これを機に完璧に清掃。グロスカンプの416講座に習った組み方をします。デフボールをスチールからセラ玉に変えたんですが、これでガリガリ感がほとんどなくなり、ゴロゴロだけになりました。デフボールが終わっていたんですね・・・。

 スラスト側はアンチウェア塗りまくりのヌルヌル仕様。組み付け部分にもパッドグリス使ってガタつかない様にして完成。ギヤBOX内でデフが左右に遊ぶのを嫌って、ベアリングとデフユニットの間に0.2mmシムを1枚挟み、少ない遊びにしてみました。

 書くとこの程度ですが、何度モナカ割った事か・・・。組んでは気になってバラし、対策してみたつもりでも、やっぱりさっきの方が・・・。の、繰り返しでした。

 現状の旧デフは、タイヤ持って回すと、もう片方のタイヤは、持って回した方向とは逆に回らず同一方向へ。そして、ライトチューンの軸が回りだすので、結構重い。塩梅はどうでしょうねぇ。そして、やっぱりドッグボーンのピンが直に当るカップの方が、ユニバの暴れが格段に少ない。ステア切っても「ゴガガガ」鳴って、イン側暴れたりしないですもの。

 減っても消耗品と割り切りますから、是非、以前提唱したスチールデフハウジングを出して欲しいなぁ。今後を考えると、新デフ側でいきたいとは思うのですがね・・・う~ん。

 ようやくメインシャーシ側が形になり、ダンパーの組み直し。一応、消耗品を交換しておきました。状態は今までと一緒で、現地で微調整したいと思います。

 次はタイヤ。どうせ今年いっぱいは使えますから、先行投資。Sグリップをハードとソフトの両方で1セットずつ組んでおきました。あとは中古。室内用のMグリップと、60Aが1セットずつあればカバー出来るかな。

 これにて車体側は準備完了。荷物をまとめる作業をしつつ、バッテリーのコンディショニングをします。まず、古参の1600SP3本は、コネクターが真っ黒でボソボソになっていた為、ピカールで磨いて表面をキレイにしておきました。でも、こちらは練習用。本番用は昨年末、プライムチャミチャレのジャンケンで手に入れた1本と、あやてっくさんから頂いた新品3本で行きます。皆様に感謝です。

 とりあえず、普通に充放電を1サイクルかけて、200mAh程入れて保管モードに。レース前日にちょっと入れてガチガチ言わせれば大丈夫でしょう。

 充電器選定ですが、プロポ用Li-Feがあるので、アトランティスは確定。本来ならば、現状使っているアドバンテージが控えで居てもおかしくないのですが、こやつニッケル系にはとてもシビア。マージン余計に取ってるんじゃないか?と思うくらい、バシバシ弾いてしまう為信用出来ません。

 そうなると、売ろうと思って箱にしまっておいて寝かせたら、二束三文でオクでも値段が付かなくなってるマルチプレックスの出番かもしれません。が、忘れていましたよ。最近は生徒を怒れない優しい教師の如く、電池に優しい充電器が多くなってますが、昔は問題視されなくても、今の世なら、体罰の厳しいスパルタ教師として問題扱いになりそうな、電池に無茶しよるヤツが。
 10年以上前から居る為、自分のRC道具の中で最古参であり、ほぼ押入れの奥で寝てるだけの毎日ですが、引っ張り出してきて作動確認。をを。相変わらずのご健在ぶり。感服致します。

 パネルでの数値表示も無いし、ファンもないので音も出ない。ランプの点灯のみしか状況を知る術はないのですが、バッテリーの湯気で分るその出来上がり。たまにこの雑記でも出てくるその充電器を持ち込もうと思います。

 例の如く、スーツケースにテトリス状態で道具を詰め込みます。タミチャレファイナルの時は、ボディが収まらなくて、肩掛けの大きいバッグも動員しましたが、今回はそこまでいかずに済みそうです。重いなぁ・・・。もっと取捨選択しないといけないのかも。

 準備が出来たと同時に部屋も何とか片付いた(物を寄せただけだ。)ので、後は人間側のコンディショニングですねぇ。

・・・それと、週間予報。土日が良くない状況なんで、好転してほしいなぁ。('A`)

2010/03/15 Mon. 12:32 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 8

top △

ミニ祭りに向けて。(ノД`)編。 

 昨日から、本格的にミニばらし。フレーム1号機に比べて疲労蓄積は目立たないのですが、やっぱり変なところに亀裂見つけてヘコむ。(ノД`)

 リヤフレームを外して、サーボ搭載用の小さなプラホルダーパーツが割れていたので新品交換して、固定方法にひと手間加えて、ゴムブッシュも入れつつ、硬めに固定をしてみました。

 そして、(殿)さまや、十番殿が先行して変更し、大丈夫らしいのを踏まえて、リヤダンパーステー及びボディポストホルダーを、シンプルなダンパーステー一体型方式に改めました。いざとなったら、説明書通りに戻しますが、やっぱりこちらの方が見た目もいいなぁ。

 上部を這うフレームはそのまま継続して装着。これは、私がリヤフレーム両サイドのメカ搭載出来る部分を切り取ってしまっている為、ネジレ剛性が足りないみたいで、それを気にした為です。
 結構リヤダンパーが硬めになってるのに、リヤフレームのへんなところでネジレが出来て、クセ悪く逃げてる可能性もあるかもしれない。と、剛性アップと、重心ちょっと上げて、ロールしてる感触がちょっとでも増せば。という狙いも含めての装着です。

 切り取ってなければ、フレームは外しているかも。3号機フレームへ交換する際に試してみましょう。


 モナカパーツは注意して扱ってきたので、今回はネジ穴広がったりして困る事も無く、まだまだ使えそうです。

 ギヤ洗浄と、ベアリング洗浄及び注油。デフもバラして再グリスアップと組み直し。再度グリス塗って組み付けて、回転に重さが無いか確認し、使っていない540を装着して慣らしを始めました。


 ここで、ある部分に視線が止まってしまいます。

 ジャ~~~(回転音)

 
・・・・プルプルプルプル


 ジャ~~~~~


 ・・・・・∑(゚Д゚)ギャーーーッ!!


 デフハウジングの片方が、フルフル揺れてる!!○| ̄|_

 な~んかベアリング挿入する時に抵抗感を感じたんだけど、こ、これだったか・・・・。


 かすかに震えてる程度なんで、判定が際どいところ。しかし、何ともない方と比べると一目瞭然。

 モナカを再度割り、組付けを再度確認してみても結果は同じ。どうやらデフハウジングの片側に歪みが出来たみたいです。当て方が悪い時があったのでしょう。グイッっとドッグボーンにあおられたのだと思います。


 いまから新品かぁ・・・?ええ~っ。('A`)ってな塩梅で、ガッカリ感で、ヤル気が削げかかっています。ボスケテ。

 
 やっぱりタミヤさんには、スチール製で、ドッグボーンのプラスチックパーツ不要のデフハウジング出して欲しいなぁ。

 そんな感じで、後は足回りのメンテです。

2010/03/12 Fri. 13:33 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 0

top △

今後色々雑談 

 SEUN代表よりメールを頂きました。4月以降始まる予定のSEUNレース。スポーツクラスに関して、特例として、Li-Fe+13.5Tブラシレスも認める事にしたそうです。ただし、この組み合わせに関しては、状況次第では変更及び禁止の可能性とギヤ比指定、昨年度エキスパートクラスで参加実績がある方は、予選のみ出走可能で、決勝を辞退していただく事になるのだそうです。

 う~。どうしましょうねぇ・・・。とは言うものの、薄情ながら、私は多分タミグラモードへシフトしてしまう為、お伺い出来たとしても、昨年同様1度あればいい方かも。申し訳ないです・・・。

 弘前の皆様も、Li-Poとスプール準備して遊びにおいで~。と、声かけてくださって頂きながら、応えられなくてスマヌです。個人的にはタミグラとタミチャレで精一杯だと思いますから・・・。弘前も五所川原も、場合によっては難しかったりする位、稼ぎが少なくなった分自粛しないといけません。


 世知辛いながら、自分なりに取捨選択はしていかないと。


 以前書いた通り、室内のいいところは、現状使う物を極力限定して遊べる点です。タイヤは固定。ローテーションのみなので、インナーも同じまま。そして、ブラシレス化に伴って、モーター消費個数の減少と、性能劣化等の要素がなくなった事でのコスト低下。

 更には繰り返し充電に対応出来るLi-Fe導入によって、所持本数が減った事でのコスト低下。

 私の場合、インフラ整備にお金がかかってしまった為、結局は恩恵を受けられていた訳ではないのですが、1レースあたり、ツーリングがタイヤ2袋とホイール1台分、ミニに関しては開幕時に投入したタイヤが未だに使える事に加えて、キット購入の際余らせていた540モーターが多数あった事で新規購入も無く、ざっとエントリーフィー含めて5,000円以内でレースに参加出来てます。

 外に出ると、このような限定的な消費のみでレースに挑むには厳しい面があり、自由が設けられているのに、自ら自制を強いてレースしなければならない局面が必ず訪れます。特にナマモノ扱いになるタイヤで多少の浪費はしたいのが人情ですが、それもしにくい経済状況。

 ま、昔に比べてタイヤに対する負荷が軽くなった昨今、そうそう簡単に使えなくなる様な消耗はしなくなってきましたので、持ちに定評のある銘柄に関しては、長めに使い続けられるとは思いますが、多様性に乏しくなった私にとっては、そこまでの熱意を持ち合わせておらず、室内同様に、「ソレックスで走って、走るなり。」なんていう、妥協じみた行為に走ってしまいがちになります。

 最も重要なファクターで努力しない姿勢がしっかり反映されているのが、室内で無駄に調子がいい私と、外に出た途端にグデグデになってしまう私の極端な面で現れているのだと思います。どちらも努力はしてません。が、室内はそれで合ってしまっている為、ああしてそこそこ走れてしまう。
 なのに、もっと色んな条件が複合的に絡む野外では、合わせる努力が必要なのにしない為、スポットから外れているなら外れたなり。というまとまり方をしてしまう為に、単なる雑魚以下になってしまうのだと思っています。


 証拠ではありませんが、昨年、何度か外のレースに参加させてもらいましたが、スピードが足りない事もあったものの、やっぱり皆様全員に置いて行かれてしまっていました。しかし、そんなに酷くもなかったな。というレースが一つありました。SEUN最終戦のスイープワンメイクレースでした。

 走り始めて間もないE4だった事もあり、改善の余地は沢山ありました。しかし、それなりで走って、結果がちゃんとそれなりだった事を思い出すと、大きく左右する要素で大差が無ければ、相手にしてもらえない訳ではないのね。と、感じます。

 知ってか知らずか、自分のそういう傾向に合っている事も含めて、タミチャレに傾倒してるんだと思います。確かにコスト面では低いと思っていた頃もありましたが、次世代型に整備されてきている周囲から、ちょっと遅れだしてる感じは否めないタミチャレです。そこは改善されていって欲しいかな。

 しかし、物足りなかろうが何だろうが、全員同じ条件を飲んでレースに挑むので、私が室内で感じ恩恵を受けている状況とほぼ一緒。タミヤというくくりで閉塞されてはいるものの、全国共通である事による、交流の広がりを感じられる環境。実際、近隣に留まらないで知り合った方々が沢山出来ました。ありがたいことです。

 スポマ最盛期の頃に、身の程知らずに赴いた先でも同様でしたが、各々車種も違えば、取り組み方、ノウハウ、使うもの、それぞれ個性があり過ぎて、その場を楽しむ事では共通だったかもしれませんが、濃度は薄かったかもしれないと思います。

 しかし、昨今のタミヤ縛りは濃度が上がるので、より各々の技量が明確に反映されます。そういった状況が、今の私にとっては楽しいらしく、ついついというか、黙っていても、最も濃度が高そうなところに目がいってしまう訳ですよ。



 こういう話から繋いでみるのはどうでしょう?な、ミニ祭り話。

 只今準備中で、モーター育成中。1個は新品でこれから。もう1個は寄せ集めモーターで組んでみた。

 なにせアルミナックルだと、モーターのブラシホルダー潰しをしてくれるので、片側だけブラシホルダーが潰れたモーターばっかりですよ。

 どうにか変形の無い部品で組み直して見ましたが、残念な回転数。17,000がやっとですよ・・・。上限が上がったお陰で、数値的にはすごくガッカリするなぁ・・・。以前はまぁ、練習用はこんなもんでも。と、思えたかもしれないのに。('A`)

 新品さんはまともであってほしいなぁ。今回はケチケチでいきますよ。

 ついでに、お休みしていたゼノンVS1を補修し、搭載可能にしました。E4からレシーバーを外し、サーボは何度も触れたセミロープロ改良バージョンを用意し、スペアメカ一式準備完了。とりあえず、念の為です。

 今日くらいからモナカ割りたいですねぇ・・・。外の雪が凄くて、雪かきでそれどころじゃないかもしれませんがね。・゚・(ノД`)・゚・。。

2010/03/10 Wed. 14:19 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 4

top △

個人的レース内容 

 レースのお話。

 愛情をどちらにも均等に、かつ多大に。というのは私には無理なのかも。そんな感じで、普段、調子の良くなかったミニへ相当注力してしまった結果、ツーリングのE4に爆弾が表示された模様。

 くそう、藤崎攻略よりも難しいのか・・・。('A`)


 ミニは、オクで落としたS9550へ載せ替えし、サーボセイバーパーツを新品に。やっぱりガタなしでカコカコしなくなってます。このカコカコは、絶対何かしらの挙動不審を招いていたと思う。思いたい。それがなくなり、すごく感触の良い状態です。

 他に、ガタつきが出ていたKOのセミロープロサーボ、PDS-2502ICSのメタルギヤ交換品を、先にファイナルギヤだけメタルにした2501同様に、樹脂ギヤとファイナルのみ金属ギヤへ変更してみたところ、やっぱりガタ激減。こっちに限っては、ほんとに、ごく僅かにカタつくような気がしなくもない感じになりましたが、それでも雲泥の差。

 これはトラブル対策用に、スペアとして掛川行きの荷物に入ります。

 セットはBIG-Dさんで出したものから、フロントのバネを蛍光ブルー→ショートレッドへ交換したのみで行きました。たらればですが、蛍光ブルーの方が、BIG-Dさんに比べて高速レイアウト気味の弘前室内に合っている気がしなくもなかったんですが、ちょっとステアを大きく動かす傾向になってしまいそうでしたので、フラつきを嫌って変更しました。

 やっぱり1600SPと540では、ちょっとS藤氏とT.S々木氏のスピードそのものに付いていけない感じがあり、この御二方が13秒中盤までベストラップを出していたのに、私は14秒調度くらいがやっとでした。

 それでも今回は車がいい。挙動不審が影を潜め、特性の難しさも減ってきて、全般的に扱い易い。雑なライン取りやスロットルワークでは、しっかりリヤがドドドと流れてしまうものの、それが出ないように心掛けつつ、実際に決まるとコーナーでは五分か詰められる感じが出せていました。

 サーボ交換は、スペック上は性能ダウンになるような気がするのですが、先に触れたようにガタが無くなった事による、挙動不審の減少。スペック故に、メカ先行型の過剰な特性をサーボスピードで抑制してましたが、交換後のサーボでも同様の値で抑制かけてみたところ、でしゃばり過ぎない操作感が出せたらしく、変な挙動に人間が対応しながら走るのではなく、人間の操作先行で車が動く感じが出せた分、扱いやすさが全面に出てきて好印象。

 良い変更となりました。


 これらのお陰で、以前に比べてアベレージの面が大幅に改善出来まして、ヘロヘロ気味でも予選2位。決勝はTOPには逃げられてしまいましたが、3台での2位争いをどうにか制して守りきり、2位でゴールする事が出来ました。

 20・21日のレースに向けて、さい先の良いレースとなりました。ある程度の「そこそこ」すらなかった私でしたので、「そこそこ」が出来た今、掛川に行ってもセット項目が多過ぎて、何をしていいのか分らない等のハマりパターンは回避できそうです。



 ツーリングは好調セットのまま持ち込み、バネ変更のみ比較。前後ミクニ・ブルーからイエローへ1ランク硬くしてみました。感触としては、グリップ感が増したものの、その恩恵以上に振り回しにくくなった模様。食ってるんで、安定はするけど、車が重い。そんな感じです。

 安全策として元に戻しましたが、1段寝かせたらまた違うかもなぁ。なんて思ってみていましたが、取り掛かれる余裕は無い予選でしたので、次回の最終戦へ持ち越しにするつもりです。

 いつもの車のまま、タイヤの使用回数と状態に左右された予選となりましたが、2回目までの結果で暫定3位。ただ、面子が面子なのと、拮抗した中でのまぐれな3位なので、新品入れて磐石を狙います。

 そんな中、調子が伸びずに下位に沈んでいたO川氏やSEUN代表氏が怒涛の更新を見せ、ズルリと順位が下がります。この為、グリッド決定戦になり易かった最終組のメンバーでも落ちる可能性が出て来てしまい、ますますプレッシャーがかかる3回目となりました。

 そして、見事にハマりました。

 新品タイヤなので、グリップ感は申し分なしなのですが、シケインや、コンパクトに切り返したい箇所でヌルリとしたもたつきが出てしまいます。思うような旋回にならない、アンダー出ちゃうし、ピクついてくれない。・゚・(ノД`)・゚・。。

 他にも、「この中で最下位で終わっちゃダメだ。落ちる。」というプレッシャーで余計にチカラが入り、傍で早く走る車のペースに無理矢理追いつこうとして、自分らしくない無茶ばかりを連発していたら大きなミスの連発となってしまい、新品の良さも活かせないまま記録更新が出来ませんでした。

 その結果、大幅に順位を落として総合9番手。BPとなってしまいました・・・・。

 ああ~、やっちゃった~~~!!!・゚・(ノД`)・゚・。。・゚・(ノД`)・゚・。。・゚・(ノД`)・゚・。。


 今回は裏テーマで、「Mr.T氏に食い下がる。」という目的があったのに、同じ土俵に立てなくなってしまった・・・。これで総合ポイントで大きく離されてしまうので、近い位置か、氏より上位で終えて、最終戦を少しは面白く演出出来るかな?なんて野望は潰えました。

 自分の責任なんでしょうがないです。せめて、Bで落とす事無く、最善の努力だけはしよう。と、決勝に挑みます。


 PPスタートから計測までは無難にキープ出来ましたが、前回のSEUN代表氏が陥っていた「ぱこーん」なストレート入り口のコーナーで小パコーンをやらかしてしまい、3位くらいに後退するももの、すぐさま抜き返して2位まで復帰。そこから数周、F氏とのTOP争いをしてましたが、パスして再浮上。

 以降はばんばん飛ばしてアドバンテージを作って、TOP磐石のまま5分経過。結果は予選でも好位置に付けられた27周ペース。

 そう、すごく調子がいい。


 昨日は、2パック目のタイヤの方が良かったもよう。('A`)

 2パック目はヌルリとした感触が取れて、本来のピピッっとした動きに戻ってましたよ。そう、これが欲しかったのに、新品過ぎてはダメなのかもしれないなぁ・・・。特に昨日は寒かったけど、もう春先ですから、真冬の終日キンキンに冷えるような状況下ではなかった為、路面温度も上がりやすくて、想像以上に食う状況だったかもしれません。

 新品ならばウォーマーの温度下げておく。とか、昼休み中に1分くらいでもガリッと走り込んで、表面の状態を変えておくのが良かったのだと思われます。

 今更こんな事に気が回るのも手遅れ感全開ですが、最終戦はそれも踏まえて、落ち度が無いように心掛けたいと思います。


 そんな感じでレースは終了。ここからは、掛川に向けての準備が待ってます。色々せねば・・・。

 色んなガッカリとグデグデは、ブンタマ様のところのブログで動画が見れます。自分的には泣きます。('A`)

 セイヤ君はえーよ。っていうか、なにその上り調子。人が10年かかっても駄目なのに、数レースかよ。コンチクショウ。ギギギ・・・

 ワカイッテスバラシイ。

2010/03/08 Mon. 18:50 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 7

top △

更新が遅くなると 

 自分の成績が悪いと、レース結果の掲載が遅い。と、ITO氏にバレているのが不服なので、今回はしっかり当日に更新してみせましたよ。ヽ(`Д´)ノどんでい。

 成績は、見ての通りですが・・・。。・゚・(ノД`)・゚・。うう。


 レースの話は次の雑記で。

 NRC2010年度のレギュレーションはどうしましょうね?の、話になっていて、大体まとまってきましたので、おおよそのところを書いてみようと思います。まだ暫定なので、勇み足はお控え下され。


○ストッククラス

 モーターはブラシモーター23Tも継続しつつ、ブラシレスは各社13.5Tまでとなる予定です。

 ブラシレスはJMRCA公認品のみ等の規制は無く、仕様はフリーで選べるようになると思います。


 バッテリーはサブCセルの5セルも継続しつつ、リチウム系はLi-Feのみ使用可能です。室内は当然ながら、サーキットという屋外でも、Li-Poは禁止の方向になる予定なので、NRCはLi-Feが軸になると思われます。

 ただし、今後のパワー戦争による性能向上に伴った、早いモデルサイクルに振り回されないように、少なくとも1年間は、表記上40C(35C+α)までのLi-Feバッテリーまで使用可能になる予定です。形状・容量に関しては規制しません。

 今後、容量そのままで能力値が40Cを超えてくるタイプと、能力値を変えずに、容量が増えるタイプの2極化で商品展開されていく気配があります。その際に、後者のタイプを選ぶことになると思われます。

 これでバッテリーのパワーに物を言わせて、ギヤ比カチ上げ等の、安易で浪費傾向になるパワー競争に一定の歯止めがかかるかどうかの検証をがされる予定。


 上記を踏まえて、決勝走行時間は、現行の5分から6分へ変更される見通しです。時間を延ばすことでの、ハイギヤード傾向ばかりではない難しさを求められるはず・・・。



 こんな感じです。スポーツクラス関しては、プラシレスユニットの低価格化が進んできた近況も踏まえて、ブラシレスとのすり合わせを検討しています。こちらはまだ固まっていませんので、何か決まり次第お知らせします。

2010/03/08 Mon. 00:14 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 4

top △

書き出しは妙に神妙ですが・・・ 

 先に吐き出し。

 休日分散化を推し進める動きがあります。地区で分けるそうです。ラジコンで考えたら、地区内でしか身動き取れなくなっちゃいそうな気もしますねぇ。
 ヤタベみたいな場所があって、連休だからこそ全国の方々が集まり、そういった中で走るのが好きな人にとっては、分散化以降、休みが合うのは近隣の方々だけ。結局、走る場所だけ変わって、面子が変わらない状況になるのなら、そこへ行く事の意義を失ってしまいます。地元で走っても同じですもの。

 地区という、強制的に枠組みされた「井の中」で、私達は「蛙」でいなければならない事にもなりかねないな。と、趣味を通してこの法案を見ています。仕事面でも、私生活でもメリットを見出せていないだけに、現与党へは、今後、1票を投じる機会があっても、入れる事はありません。


 JMRCA系のレースが、今後取り戻せるかどうかは分りませんが、タミグラ関連では感じている、「これやっていれば、全国何処でも繋がってる。」という感覚が好きな私にとっては、何となく繋がった先が、「地区」という見えない壁で寸断されてしまう気がしなくもないです。

 閉塞・停滞気味なレース環境ではありますが、各々小さなコミュニティを大事にしていこうとする志もあり、それをないがしろにしてはいけないと思います。ですが、それを踏まえた上で、そこだけでは終わらない、先を見据えているからこそ頑張っている方々も沢山いるはずです。


 何だか、何もして無いのに色々削がれちゃう気がしてまして、すごく気持ちが悪いまま、今後の推移を見守るしかないんでしょうねぇ。



 ま、沈んだ話はこの辺で。

 皆様ツーリングの新型やプロトタイプの話に触れておられますので、後乗りで便乗的な事でも。

 HBはNEWサイクロンのプロトみたいなので走ってましたね。ITO氏は待ちですかねぇ・・・。昨今のスタンダードも取り入れつつ、サイクロンらしさが残っているような気もしますね。良く走りそう。

 TF-6はスプール用?のユニバのドッグボーン形状が面白い。カップに減りが出始めると、一気になめてしまいそうな気もしますが、ピン2本支持に比べてしっかりしてそうです。これは目新しかった。追随するメーカーさんもでそうな気もします。

 BD5やアソシもありますが、個人的には各雑誌で掲載されているsakuraがよさげ。・・・やっぱり怪しいアジアな外車が気になるのね・・・。('A`)

 これでパープルアルマイトだったら、YMの新型に見えそうだね。という作りですやね。後発の利点をフルに使って、ツボは抑えた感じがするので、きっと馬鹿に出来ない能力を秘めていそうな気がします。BD5を見た後では、ちょっとぽっちゃり気味に見えるのもまたよし。メカはみ出しながら載せてる姿はどーも・・・。利点はあるのでしょうが、ちょっと怖い気もするので、個人的にはそこそこ広くていいと思ってます。

 特にアソシ。モーターのオフセットぶりが半端ねぇ・・・。テックのモンスターを思い出しますわ。缶がガリガリ削れそうなイメージが湧いてきて、カーペット以外では使いたくないなぁ。と、貧相な感覚が先行してしまいます。

 各社リチウム系に特化したシャーシに移行しつつありますので、フラットな板1枚というシャーシが増えたのも印象的ですね。そういや、T4とモンスターで一時期このテのフルフラットシャーシが出た覚えが。うーん。一回りしてきたのかな??

 左右バランスの取り方でメーカーの個性があるのも面白い。外側にオフセットさせて、ウェイト依存を減らす方法だったり、内側配置を変えず、ナロー化をしたままウェイト調整になっていたりと、今までとは違う部分で個性が見え始めたのが、個人的には嬉しいかな。


 左右バランス?気にしない気にしない。のE4さんには無縁な話だからなのかも・・・。

 浮気していいなら、PHOTONも未だに本命ですが、sakuraもMi4Li-Poも良く見えてきてます。


 うは~。皮算用だけは幸せだなぁ。ヽ(`Д´)ノ妄想だけはプライスレス。


 雑誌の記事で、23T相当はどの組み合わせ?という内容がありました。興味深かったです。Li-Po+17.5Tに対し、Li-Fe+13.5Tではアドバンテージあり。Li-Fe+17.5Tでは若干劣る程度らしいです。

 馬鹿が単純に考えて、モーターでの穴埋めを考えるなら、15.5Tが考えられますが、11.5Tと一緒で、ハブられてる規格品なだけに、ヨコモくらいしか選択肢がありません。まぁ、それならそれでワンメイクっぽくなるので、悪い事ばかりではないとは思いますが、実際はどうなんでしょうねぇ・・・。

 外に出て見ないと分らない事だらけで大変ですが、擦り合わせが上手く行く妙案が出るといいな。と、感じています。

2010/03/04 Thu. 10:31 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

間近に迫るもの 

 そういえば、海の向こうでは2010年のSBKが開幕してましたね~。CSでの放送が1週間遅れで土曜日。忘れないようにしませんとね。さらっと見てしまった結果では、今年も色々ありそうで楽しみです。芳賀選手はどーかなー。今年こそタイトル手にして欲しいですけどねぇ・・・。個人的には、カウンター当てまくりで、ただでさえ微妙な気がするピレ○タイヤを使い倒す、ジョナサン・レイを応援したいかも。

 去年のドニントンかどこかでしたが、丘の上から姿が見えたと思ったら、カウンター当たったまま坂を下ってコーナリングしていく姿に、変態心をくすぐられました。タイヤマネジメントでは宜しくないかもしれませんが、ダート上がりならではみたいで、見てる方は楽しくて仕方ないです。

 「ヤメテー。タイヤがタレちゃうー。ピ○リよピ○リ。酷使しちゃダメー。」と、思いながら見るのがまた楽し。


 更に今年から、琢磨がインディ参戦という事で、新たに放映しているチャンネルも契約。ううん、痛いけど仕方ない。見たいんだし。甘味我慢しましょう。今月が開幕戦なので、ルーキーテストでの好調をそのまま持ち込んで、上位入賞目指して欲しいと思います。

 F-1もカムイが居るのでこれまた楽しみですが、月曜組は相変わらずです。見れればいいのさ。NEXT以外放映なしになったら諦めますがね・・・。総集編までNEXTのみになったもんなぁ・・・。一応、視聴料払ってるんだけどねぇ。切るんだったら地上波からじゃないのか??と、思いつつ、サービス拡充を切に願います。

 motoGPにSBK。F-1にINDYと、今年は見る番組が増えます。嬉しいですねぇ・・・。



 ラジコン以外の話はこんなところです。個人的には3月の20・21日に、掛川のタミヤサーキットで行われる、ミニとF-1のレースに参加してきます。もう2週間とちょっとですね。グランシップとは違い、今回は野外サーキット。雨天との戦いもありますが、無事に開催される事を願っています。

 旅券と宿の手配は済ませましたので、あとは今週末のレースを終えて、出撃準備に取り掛かるのみとなっています。BIG-Dさんで試した事を活かして、少しは上位の面子に食いついていけたらいいな。と思っております。

 恐らく、東北地区からの参加は私とえむ2さん、そしてなぜかお殿様の3人が陣取る、不思議な空間になっていると思いますが、またそれもよし。経験値の高いお殿様に、ステキに小判鮫してみようと思いますが、土曜の練習日は、旅疲れでこっちの電池が先に切れてると思われます。('A`)

 疲労ため過ぎて、宿で寝てる最中に、足攣らないように気をつけないと。・・・あれはぢごくだ。痛過ぎる・・・。

2010/03/02 Tue. 09:49 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 6

top △

ようやく迫ってきました。 

 ろくな更新も出来ないままでございますが、ひと月とちょっと待って長く感じた、レースまであと1週間でございます。

 何だか色々忘れてそうですが、レースが出来るだけでもいいじゃなーい。という事で、準備を・・・既に大半済ましてあるので暇です。('A`)


 そんな感じで。只今タミチャレ用ボディの塗装準備中でございます。今年もやっぱりニスモZ基準で、BMWと使い分けしていくような感じになればいいかな?BMWが良過ぎて、他のボディの出番が無いぜ。という状況は・・・流石に無いか。

 そう思って軽量ZとBMWをスタンバイ。Zだけ顔付きを変えるので台紙作りました。模様台紙も出来上がってますので、後の切って・貼っては意外と楽。凝ってモールドライン再現する程の気合を入れる用途でもないので、安直に行かせて頂きます。

 この前スイフト塗ってる際に気付いたのが、ファスのパールブラックがお亡くなりくさい・・・。そんなに古くはないと思ったけど、中途半端な泥固体が多々出来て、希釈を受け付けません。むむ・・・安直ながら、カーボン素地風になる為に重用してたんですがねぇ・・・。買い直しですね。


 今日にでもマスキング済ませて、ぱぱっと塗りたいところです。春になってから楽できますしね~。


 ラジコンの中身に関しては、最近ちょいとサーボいぢりしてました。

 PDS-2501ICS/2502ICSという、オール樹脂ギヤのセミロープロサーボを角1個持ってまして、それぞれM05とF104に配備しています。ミニに搭載した際に、クラッシュ等で軸のネジ穴が広がってしまい、サーボホーン固定が緩くなり、外れてしまったトラブルがあります。やっぱり強度面で不安。

 そのときにRCWにて、2551/2552という、上位機種のメタルギヤに互換性があり、変更可能という記事を見て、早速真似をしました。
 しかし、メタルギヤに変更後、ギヤ同士に若干の隙間が出来るのか、ほんの少しカタつくのです。これがホーンを介して、ステアリンクに連結し、アップライトまで届くと結構なガタつきに感じます。

 何が悪いんだ?と、何度組み直してみてもダメ。こんなもんなんだ。と割り切って使っていましたが、やはり気になる。
 で、樹脂ギヤに戻すとカタつきが消えます。んん~・・・。樹脂とメタルのギヤ組み合わせて、ハイブリッド化してみようか?と、色んな組み合わせを試してみましたが、ベストだったのが、軸になるファイナルギヤのみメタルで、他は全て樹脂。という組み合わせでした。

 う~わ~・・・メタルギヤセット高かったのに、使えるのファイナルギヤのみかよ・・・。と、凹みましたが、軸が金属化出来ただけマシでしょう。

 ついでに、プラベアリング仕様だったのを、ベアリング入れてみました。このベアリング、メーカー正規では2個1組2,000円してしまうのですが、ネットショップ徘徊していて、たまたま見つけたベアリング取り扱い店にて、欲しいサイズのものらしき品が、びっくり価格で販売されていたので、ダメもとで発注。装着してみましたが、見事にバッチリでございました。

 えらい遠回りと散財をして、中途半端にいいサーボがようやくできました。・゚・(ノД`)・゚・。。ナンダソリャ。

 油断ならないので、保険の控えにこのサーボを回し、本命としてS9550中古を落としたので、そちらに変更予定です。
 落としたのが耳切り品なので、M05に装着するべくケースを注文してますが、間に合うかな?と、内心ドキドキしております。

 そんな感じで。微妙なままレース待ちの1週間になりそうです。

2010/03/01 Mon. 13:00 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。