1年を振り返り 

 二つに分けて反省文書きましたが、通してみると、どーにかこーにか、またラジコン出来ただけでも御の字だった2009年の一言に尽きます。

 ま、レースに参加はしなくても、会場には居たかったので、走れなくなっていても、コースでウロウロくらいはしてたかもしれませんし、暇だったら、遠出して見に行ったり。と、関わりは切れないようにはしてたでしょう。

 1月以降、室内は実況と計測のお手伝いをさせて頂きましたが、この時点で、結構、自分がやらなくとも、見てるだけでも楽しいかも?という感覚が生まれまして、正直、出来なくなったら死んでしまうかもしれないと思っていたよりは、意外と何とかなるもんだ。といった、坐像の仏像になった気分でございました。

 そのお陰で、色々と専任ならではの見方も出来るようになりましたので、スケジュールなんぞに口を挟むような真似をさせて頂いております。それでもダメな時が多々ありますので、こなす能力と、それに準じる雰囲気が作れているSEUNさんとこは、凄いんだな~。なんて、思ったりしております。

 代表。助言、多々頂きましてありがとうございます。


 タミグラ運営のエキスパートである、タミヤ催事部の方々のプロな仕事ぶりを見たり、効率よくスケジュールが進むレースに参加した事で感化され、私が何か出来るとは思いませんが、レースに来る方々へ、ダラダラ一辺倒にならない楽しみを見出せるのなら、自分はそちらありき。で、後から参加者としてのレースでもいいな。という感覚は失わずにいたいな。と、考えてます。

 鼻につくモノ言いも多々ございますが、ご理解の程、よろしくおねがいします。

 これもある意味、一種の自傷行為みたいなもんですから・・・・。


 お名前は書ききれませんが、今年も沢山の方々と一戦交えることが出来て楽しかったです。顔馴染みになった方々も、一方的に此方が知ってる方々も、皆様に感謝です。

 とりあえず、現状維持で様子を伺うつもりなので、来年もまた構っていただけたら幸いです。近場でも、遠くでも、お会い出来る機会を楽しみにしています。そんな皆様の、来年の更なる躍進をお祈りして、とりあえず、今年最後の雑記とさせて頂きます。

 この雑記を見て下さった皆様にも、来年が良い年でありますように。

 では、よいお年を~。





 私は31日早朝から上京し、人生初であろう、帝都で年越しとなりました。2日に帰宅予定ですので、再開は2日以降となります。残念な事に、殆どのところが3日より初売りなんで、2日はラ○セイのみ開店の模様。地元勢で、何か入用のものがありましたらご一報を。探してみますよ・・・?
スポンサーサイト

2009/12/30 Wed. 09:27 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 4

top △

年末反省会。タミヤレース編。 

 続いて、タミグラ・タミチャレ関連でも。

 今年も、工藤模型さんや、トラウトガーデンを軸にタミチャレに勤しみ、タミグラも昨年同様に岩手・宮城両大会に2日間通して参加する事が出来ました。遠征費用に関しては、ETC割引のお陰で、宿代どころか、ガソリン代までどうにか出来てしまうくらい割安となったお陰で助かりました。正規の金額ではもう、とてもとても・・・。

 何やら2,000円になるらしいのですが、それが非常に腹立たしいなぁ・・・。余計な事を・・・。


 タミチャレに関しては、1発目のレースはGMN氏よりTA05レンタルして頂きまして、どうにか参加した格好。番町氏、腹黒氏、チバ選手に十番殿という、北東北ガチメンバーが集結した上に、南東北からモモ選手まで集まる異常事態(笑)でしたが、早々に高濃度でハイレベルな戦いに揉まれる事になりました。楽しさは半端なかったです。いつもはグリッド決めくらいの感じになってしまう予選が、恐ろしいほどの緊張感でしたよ。ヒヤヒヤでしたね~。

 05ver.2が発売されて、バタバタと組み立て、突貫作業で挑んだトラウトガーデンはボロボロ。素性の分らない車に、旧05での蓄積をブチ込んだところで、思うような機能はするはずもなく、似て非なるVer.2に悩んでいく事になります。

 05への困惑をよそに、M03は昨年に続き好調。どこでもそれなりで良く走るセットも確立されましたので、基本的に悩まずにいれたのが強かったのでしょう。しかし、M05の発売と、タミグラ岩手でのM05勢の走りの良さに触発されて、M05への変更をするものの、何かが違う。

 03の時は~・・・03だったら~・・・の、思うように行かない状況と、どうしても03に近しく。と、いう固定観念が先行し、05らしさを見ようとしなかった事で出遅れまして、未だに遅れたままになっています。

 自分なりに走るつもりで挑んだタミグラ宮城は見るべきところもなく、路面が安定している状況下での03の速さを思い知らされました。岩手の不調は不調。本来の走りが出来れば、宮城はそこそこいける。という思いはあったものの、勝手に焦って自滅した事を悔いもしました。

 しかし、マイナスばかりでは面白くない。今の不調も来年の良い糧にしてやる。と、切替えて、躍起になってみましたが、まだ05の素性を掴めていません。現在も室内ですが日々勉強したいところです。


 05Ver.2も以前読めないままでして、何度か雑記で書いた通り、仲良くなれていない状態のまま、大舞台へ向かう事は出来ない。と、タミチャレファイナルは、参加権を頂きながらも辞退しました。


 ツーリングとミニ以外に目を向けると、バギーは昨年同様に、予選までで果ててしまう悪癖が健在です。なぜかタミグラ最速カテゴリー化しつつあるので、もうちょっと他のクラスとの擦り合わせがあってもいいんじゃないか?とは思うのですが、来年はクラスそのものが存続するか?も気になるところ。全国イベントからの格下げが無い事を祈っております。

 F104は雨天に阻まれて、タミグラデビューはなし。プライム最終戦で初めてレースデビューしましたが、Li-Fe使っていたりしたもんで、クラス違いの遅さを披露し、いいか悪いかも分らない状況でした。来年、本腰入れられたらいいな。と、思っています。


 秋口には、(殿)選手が関東から遠征しに来てくれたりして、またまた楽しいタミチャレが出来ました。


 今年の工藤模型タミチャレは春の東北最速決定戦に始まり、秋口のタミグラ殿堂入り選手遠征という、すごく大きな換気が起きたと思います。こういうのを良しとするか、そっとしておいてくれ。と思うかは各々の考え方一つだと思いますが、技術・人間、全てを含めた交流が出来る環境こそ、自ら迎える立場であっても、赴く立場であっても大事だな。と、いつも思います。

 常時それが起きる訳ではなく、「たまに」という、頻度と距離感が、今年の工藤模型タミチャレは絶妙だったかもしれないなぁ。と感じます。

 タミグラでもそれは一緒。毎年毎年、自分ではそこそこだったつもりが、参加してみると周りがもっとすごくなっていた。とか、前の好成績はマグレ要素満載だったんだな~。とか、気付く事が刺激になって、より、この大人数を相手に、どう速さを築いていけばいいか?に没頭したくなります。


 地方に埋もれていれば少数派でしょうが、数少ない集合の機会を逃さず集まった面子の多さは、地方の昨今のレース会場では見られない活気です。この活気の良さを浴びる事と、凄く近しいところでの切磋琢磨の差で、成績が上下する緊迫感を楽しむ事。
 段々と面識のなかった方々に覚えて頂き、その繋がりで更に広がって、アウェイであっても孤独一辺倒にはならずに楽しめる事も好きな理由の一つです。仲良しごっこでレースは出来ない。と思う方がいれば、それはそれでいいでしょう。チャラいと言われようが、八方美人と言われようが、みんなひっくるめて楽しみたいのが私の姿勢ですから。

 カツカツが楽しければそれでオッケー。ワイワイガヤガヤがいいなら、それでオッケーです。自分の定規で、楽しんだもの勝ちです。


 今の私は、タミグラ地方大会と、その先に見えるワーチャレ。そしてタミチャレファイナル等の、ごく狭い範囲での突き詰めあいをしに、全国から人が集まる状況をピラミッドの頂点に据えています。
 そう考えると、頂点に近づく為の段階は自ずと見えます。だからこそ、シーズン到来と共に、タミヤ関連レースに傾倒してしまいます。

 地元レースとタミヤレース遠征。二兎追えない状況で、二兎追おうとして潰れかかった経緯もあります。なので、出来る範囲をしっかりわきまえて、惰性にならないよう心掛けながら、どちらも嫌いにならない様な距離感で楽しみたいと考えています。


 来年も、タミチャレのツーリングとミニの2大軸を中心として楽しもうと思います。高いレベルで揉まれたい願望も尽きませんので、しょうこりもなくトラウトガーデンに度々足を運ばせて頂くと思います。相変わらず、タミグラでは会場でテンパってると思いますが、皆様、またよろしくお願い致します。


 と、いう事で。反省にもなっていない反省は終わります。

2009/12/29 Tue. 13:54 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

年末反省会。地元・近隣レース編 

 年度末ですし、やってみましょう。

 3月までは、年貢納めを覚悟して、ほんとにお休みする事を考えてましたし、持ち物整理も行ってましたが、急転直下の相方さん単身赴任イベントが発生。10年以上付き合ってきて、この期に及んで遠距離となっております。

 それをイイ事に、あっさり復活。しかし、タミグラ・タミチャレ系列を優先的にしていた為、主な活動範囲は工藤模型かトラウトガーデンとなっていました。


 しかし、NRCレースもいずれは出たいな。という邪念と、変態根性と、手を出すには程好い価格帯であった、Team Magic E4RSをオクで購入。まだブラシモーター+5セルであった状況で、今後を見据えてブラシレス化をしようと考え、とりあえず。で、ESCも購入。モーターはタミヤのブラシレスコンボから拝借し、とりあえず走れる状況ではありましたが、昨今の日本のレース事情に合っていない構成だっただけに、いまいち本腰を入れられなかった上に、タミヤ関連レースの頻度の高さも手伝って、長く出番を失う格好になっていました。

 先だって踏み切ろうとしたブラシレス化も、地元勢が順調に移行を済ませ、ノウハウも確立し始めてしまいまして、益々今更感が強まってしまった夏。お盆の飲み会で色々な事を聞きまして、どーにかこーにか、手伝い以外の参加側として活動出来たらなぁ。と、考えるようになりました。


 この時、寝かせていたE4を、国内事情に合わせる為にOPを投入するか、これはこれで珍しいものを手にした事で満足しておいて、オクで416を探して、皆様のお知恵を拝借で、短期間で追いつこうか?と、揺れておりました。

 結構悩んだのですが、海外からの取り寄せで、正規ルートでは高額なOPの数々が随分安価で購入できるのが発覚し、E4続投を決めて、とりあえずの必須OPを組み込み、国内事情に見合った仕様へ変更する事が出来ました。


 時を同じくして、タミヤ関連ではLi-Fe化が囁かれ始め、利点が目立つようになると、ここで5セルでの復帰はしたくない。という結論に至り、将来のLi-Fe移行を見据えたインフラを整え、秋口に、ようやく走り始めるところまで漕ぎ着けました。

 デビュー戦はGシリーズ。屋外でのレースは、これ以外にGシリーズ最終戦。NRCシリーズ最終戦。SEUN最終戦。と、締めのレースにだけ参加という形になりました。この時点では全てが手探りで、かつ、色んな問題が浮き彫りになりましたので、毎回が勝負に集中というよりは、全て実走テストのつもりで挑みました。

 ある程度の目処が立った頃には室内戦が始まり、どーいう訳か室内だけは調子がいい。という、毎年のパターンを続けさせて頂いております。


 こんな流れだったのですが、今年一番影響があったのは、ブラシレス化とLi-Fe移行に尽きます。コンディション維持への手間の減少は、レース前処理でくたびれてしまう以前の状況から比べたら、格段に良くなりました。現状、モーターは清掃と注油のみ。バッテリーは以前の様なコンディショニング作業がなくなった上、1本で1レースを走りきってしまう。という環境が整わなければ、こうして続ける気を起していただろうか?と、思ってしまうくらいです。

 このままの状況が維持出来れば、今後も走行は可能だと思いますが、正直、4月以降の屋外に関して、見通しはそう明るく持っていない面があります。


 現状は、モーター、バッテリーに金がかかっていない上に、タイヤも1グレードのみ。それも、レースレベルで使えるのは○パック走行分まで。あとは練習で使うか、割り切って廃棄して、インナー取り出せばいい。という、最小限度の出費で参加出来ている面があります。実質、欲しくなったセッティングパーツや、消耗品の類以外は、レース参加費と、1セット分のタイヤ・ホイール代で、1レース遊べる格好になっています。

 この状況を、そのまま屋外へ持ち出す事は不可能です。屋外だからこそのタイヤ選択の増加や、ランニングコストの増加が必ずあります。与えられた選択肢が多いほど、それらの中で最善を尽くしたくなるのは正直な気持ちだと思いますから、否定する気はありません。

 が、無い袖は振れないのいも事実でして、昨今の不況の煽りは着実に受けてまして、去年と同じ様な体勢のままのレースだとしたら、どんなに好きでも出来ないところまでいっていたと思います。辛うじて、ブラシレスとLi-Feの恩恵で踏み止まった感じです。ほんとに。遠征費用もETC割引の恩恵で格段に安く出来たので、そういう事も続けられた一因でしょう。

 年明け後や、今後の動向を見てみないと何とも言えませんが、どこでも来期のレギュレーションとすり合わせに苦慮しています。統一感の出ないまま、地域に丸投げして一任している現状では、今後、閉鎖的になっていく事を助長し、先細りを加速させてしまうかもしれません。

 その一環で、タイヤワンメイクなんていうのも考慮すべき点かもしれません。が、浸透してこなかったのも事実。支給タイヤのみで終日走りきるというような縛りが無ければ、新しいものをつぎ込める財力がものを言い始めてしまいますし、支給タイヤのみにして、いかにタイヤに優しく、かつ速く走るか?という課題を、参加者側が面白く感じてくれるのだろうか?という懸念もあります。

 どっちにしろ、現状のスピードを維持したままでは、タイヤに対する負荷が強い以上、走るほどにグズグズになっていく事になるだろう。と思います。

 そう考えて、モーターのターン数を増やしてみると、黙って使う分には遅くはなるでしょうが、それを補う為にハイギヤード化も進み、負荷に対して落ちが来ないバッテリーに依存する傾向が強まってしまうとなると、やっぱりどこかにしわ寄せが来てしまう事になり、しらける一因になってしまうかもしれません。


 しわ寄せは、出来ればモノへの依存として現れるのではなく、遊ぶ側の人間で受け入れられるのが理想でしょう。以前のような爽快感が得られない、遅すぎて気持ち悪い。等、思うところは多々あるかもしれませんが、スピード慣れしての過激化を辿るのではなく、後退してみるのもいいかもしれないですね。何か見えてくるかもしれませんので・・・。


 それらを遊ぶ側が当然のように受け入れているからこそ、成り立っているのがタミチャレみたいなレースでして、タイヤは本数制限こそないものの、基本的にはワンメイク。使えるものへの制限も多く、悩まずに済む面も、見方一つかえれば、負担減。今年はLi-Fe指定となった為、走行回数分の本数確保の必要性も減り、管理面も含めて考えると、初期投資の割には長く楽しめる気配はあります。

 今の室内で、私が遊んでいられる境遇を、そのままの感覚で外にも持ち出せるのがタミチャレになる為、雪が解けたら、結局今年の始めと同じ頃の様な状態で、地元差し置いてタミヤ系レースにシフトしてしまうかもしれません。それでも、全くのゼロからではないだけに、出来うる限りは参加したいな。と思っております。

 やっぱり、皆様と走れるのは楽しいです。外に出てしまうと、室内の調子の良さがウソのような低調ぶりを見せてしまうものの、気が散ってることも否めないですし、全般的な実力不足が露呈するだけではありますが、そんな中でも、付いて行こうとするモチベーションを保とうとすると、別な面でも良い方向に波及したりしますからねぇ。



 まぁ・・・話があっちこっちに飛びまくってますが、年明け後の室内もよろしくおねがいします。と、いう事で。次はタミヤ関連レースの反省なんぞを。

2009/12/28 Mon. 14:23 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

見事なまでに、そのまんま。 

http://item.taobao.com/auction/item_detail-0db1-aa268f538095f7afbc37b590f9771ac3.htm

 某所で教わったのですが、あまりにも、あまりにも。だったので、こちらにも。

 チューアールエフ416といい、このチューマッハといい、凄いわ~。そしてヒドイ。

 実車のモーターショーで見かけるそっくりさんや、ウナギイヌみたいな車はネタとして笑わせて頂きましたが、こんなところにまで、その勢いが見られるとは・・・(汗

 気を付けないと、昔の、スーファミの外観で、中身がファミコンだったパチモンゲームハードみたいに、M11とか4PKみたいな見た目で、AM2ch入門用プロポなんかも出ちゃうんじゃないか?という気もします。コワイワ~。

 充電器とかブラシレス関係は、欧州勢や米勢に引けを取らずにやりあっている気がするのに(設計は別で、製造のみなのでしょうが。)、こういうところは節操無いあたりが、アンバランスさを現している気がしますね。


 アホみたいに安くて、入手手段があるのなら、チューマッハは見てみたいかも・・・。

2009/12/28 Mon. 09:12 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

年末までに届くといいな。 

 E4のバンパーの片側が、縦に裂けて分断されてました。昨今のスタンダードな形状になっている、ウレタンバンパーホルダーと連結されていた事と、ボディマウントがパンパーホルダー側に取り付けられていて、グラグラしなかった事。ガタが無い状態だったので大事に至らず、そのままレースは走りきることが出来ていましたが、スペアが無かったパーツだったので、実は冷や汗もんでした。

 OPでカーボンバンパーホルダーもあるのですが、ここらへんまで硬くすると、今度はシャーシ側にストレスがかかってしまう為、導入は見送り。今後も考え、また部品を発注しました。ついこの前発注したばかりでしたし、台湾ドルのレートがちょっと上がったので、運賃がかさんだ事と、ちょびっと割り増しになったので○| ̄|_

 仕方ないですが、後は殆ど大丈夫じゃない?というくらいスペアパーツも充実してきました。唯一気にしているのがドッグボーンとアクスルシャフト部分。ナゼかここは一式売りで、ボーンのみとか、クロススパイダーのみ等という消耗品単位での品番がありません。フロント用スチールと、リヤ用アルミ。と、2種類1組ずつの売りとなってます。

 ごんぶとだし、作りがごっついので、今のところ曲がりはないし、磨耗も少ない状態ですが、何が起きるか分りませんからねぇ。

 金銭的に余裕が出来たら確保しておきたいところですが、まだ大丈夫でしょう・・・。

 届き次第、メンテついでにバラしながら写真撮って、E4のページを追加してみようと思います。何かの暇潰しにでもなればよいのですが。ロッシ程のアクの強さはないですが、アッパーデッキ外さないと、バッテリー交換がままならない変態ぶりを上手く表現できたらな。と思っています。

 こんな見た目でも、走りが真面目なのよねぇ・・・。嬉しい誤算ではありますが。



 雑談。

 Mr.K氏やN和氏より、「Li-Feに変更しての重量規制ってあるの?」というご質問がありまして、各々に返信させて頂きました。

 NRCのレースは、重量規制は殆ど無い状態で行っております。最近では、6セルから5セルへ。今後はLi-PoやLi-Feへの移行も視野に入りますので、統一感を出すのはまだ先になると思われます。

 元々誰も気にせずにいた項目なので、軽量化に繋がるのなら、それで構わないと思いますので、最低重量は気にせずにお使い下さい。


 タミチャレファイナルから帰還したユウキ殿よりお土産を頂く。ありがたや~・・・。余裕があった割にはパタパタもしていて、じっくりお土産話が聞けなかったのが残念。また機会がありましたら、背中にオプション背負って遊びに来て下さいね~。


 GT2のBMWは、タミチャレファイナルでのみ使えたみたいですが、タミチャレⅩの使用可能ボディ一覧からは外されております。なんで?という話を、先週の土曜日にプライムさんでてんいん選手とお話してましたが、「誤植じゃね?」という事が。確かにアリストが二重に掲載されてるし、修正版が発表されそうな気がしております。

 このボディ。ワークスは試したみたいですが、現場では引っ込めたそう。どんな特性だったんでしょうねぇ・・・。


 そして、どこから感染したのか分りませんが、岩手ではTT病が流行の兆し??元かいちょー氏といい、えむ2氏といい、なぜか人気。

 TTはタミチャレ挑戦初年度に使用したのですが、駆動系軽くするのに大事になったり、当時はダンパー長でリバウンドを規制するしか無い状態でしたので、セッティングが一大事。軽さと速さを生かせぬまま沈んだ覚えがありますので、ちょいと苦手意識を持ち続けてしまっています。が、あんまり楽しそうだとグラグラくるなぁ・・・。


  くどいですが、DF03Raが認定されてくれたらなぁ・・・。もっと棘の道でも使うのに。

 来年も私は05Ver.2でいくでしょう。Li-Fe化によって、どう変化するでしょうねぇ・・・。リヤトー増やすしか、安定感を出せない現状から抜け出したいところです。


 ・・・とあるモノを、某ショップを通して海の向こうへ発注。到着は2月になりそうですが楽しみ。本家のページを見ましたが、いやぁ、楽しいですし、あれこれと欲も出てしまいますが、とりあえず、無難なものにしてみましたよ。

2009/12/25 Fri. 13:35 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 2

top △

生まれ変わり。くらいの部品が廃棄です。 

 今年はすっかり独り身気分な苦利酢枡異武。くやしいのでカシワ食ってやる。

 ・・・とは思いませんが、何かいいもんが降って来ないかな?とは思っております。


 日曜日のレース直前にM05のOPの数々を購入してましたが、即導入には至らず、一昨日の夜から昨日深夜にかけて、メインフレームごと交換しつつ、組み直しをしてました。

 メインフレームはネジ受け部分の大半が割れてまして、キレイにモナカの貼り合わせすら困難になりつつありました。(割れると広がるので、うまくはまらなくなりますのよ。)更に、旧デフに対応させるべく、ベアリングホルダーを接着してしまいましたので、新型デフ投入の際には、交換が必須でした。

 ダメージの蓄積他、色々とくたびれてましたので、新年は新たなフレームで迎えたいと考えてました。今回は肉抜きはほんの少し。今まで外していた上部フレームも、今回は装着します。

 新型デフ。昨今のスタンダードな構造となりましたので、まずはデフプレート研磨。ハウジングとデフプレートはクリクションパッド用グリスのハードを使用。(グロスカンプの416講座を参照。)後はセラ玉入れて、通常通りに組み立ててみます。スラスト側に、ブラックグリスかAWグリスの2択がありましたが、今回はブラックグリスで。

 今度は外からスラストベアリングの取出しが容易になった為、ここの変更が短時間で可能になります。モナカ割らなくてもいいですからね~。スバラシイ。

 取り付け後は結構左右にカコカコ動きます。ハウジング内に赤スポンジを入れて、ドッグボーンとの遊びを抑制する事でガタを減らしているみたいですが、私は内部にシム入れて、程々のガタにしておきました。

 気にしたい点としては、ドッグボーンにコの字のプラパーツを装着する仕様になっている事。結構これが消耗品。ここばかりが常に壊れる感じがしますので、個人的にはスチールハウジングで、プラパーツ不要の方が良かった気が。ここは結構負荷が掛かる感じですからねぇ・・・。シューマッハかコラリーがやっているように、デフカップ側になるドッグボーンのピンもイモネジ使って脱着式にして、金属製のコの字パーツが装着出来るようになればいいのに。と、思ってしまいます。


 締め込んでもガリガリ言わないデフにはなったものの、多方面で言われているように、ロック気味にするには何かひと工夫要ると思われます。が、それがレギュレーションに抵触しないならよいのですが、そこらへんが読めないですからねぇ。

 猛者達の動向を見ながらですかね・・・。

 そんな感じでモナカを貼り合せ、今度はステア周辺パーツ。待望でしたよ。3箇所全部変更しましたが、カッチリした感じは出てます。セッティング箇所も増えましたので、これも追々試してみたいところです。

 そんな感じで、カタチにはなったM05です。残すはメカ載せ。今回はバッテリー上にESCを載せる予定。前フレームはここをくり抜いてしまった為、これが出来なかったのですよ。これでコード短縮と、ちょっと前寄り気味に重量バランスに出来るかな?VS1なんで、微々たるもんですが。

 レシーバーの居場所がねぇ・・・。どこにしようかしら??

2009/12/24 Thu. 10:10 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

鬼の居ぬ間に。の4戦目でしたが。 

 さくさくっと4戦目の結果アップしました。3戦目のBメインのミスカウントの修正もして、旧掲載版から修正されています。その為、総合ポイントも若干変化してます。


 これにて今年のレースは終了です。参加された皆様、今年1年お疲れ様でした。年明け1月は室内折り返しのレースになります。皆様の、またの参加をお待ちしております。


 そんな感じの4戦目。人数も少なく、進行は余裕を持って行うことが出来ました。

 今回、E4のダンパーが変更されていますので、その感触を確かめるつもりで走ってみるものの、何だかリヤグリップが薄い・・・。思い当たる部分への変更を加えても、どーにもさっぱりしない。そんな状態で予選1・2回目を戦いました。

 気まぐれ暖房でのグリップ変化でこういう挙動なのかな?と、怪しんでいましたが、お昼休みに原因判明。1段寝かせていたと思っていたリヤダンパーが、更にもう1段寝た位置で固定されてました。アッパーバルク交換の際、間違って付けたらしい。

 これでは流石に・・・・そういう動きになるよねぇ。

 と、位置を戻すとリヤのグリップ感復活。何となくさっぱりしなかった2回目までの予選がウソのよう。こちらが本来の挙動です。

 今回からピストンは2穴から3穴に変り、バネはハラからミクニに変ってます。前後ハライエローに対して、ミクニで前ブルー。後ろブラックではちょっとリヤが腰砕けっぽい。シャーシ中心部に重いものが集中しているレイアウトのE4では、積極的なロールの誘発がし難い為に、柔らかめのバネが合うのですが、それでもちょっとブラックでは柔らか過ぎたかもしれません。

 ここから、前イエローの後ろブルーと、前後1段階硬くしてみましたが、前はフロントの反応の仕方に変なズレとアンダーっぽさを感じる。前後ブルーがいいかも?と、ITO氏よりバネ1組お借りして、装着してみるとイイ感じ。

 3穴になった事で、車の挙動がヒラヒラと軽くなりましたが、カーペットを踏み締めるような安定感は薄れます。これは難しい。どっちのいいところも欲しいなぁ・・・。ただ、その難しさを人間が克服して、使いこなせるようになれば、シケイン部分の脱出で稼げる感じです。

 2回目までの暫定では大丈夫のような気もしましたが、3回目は新品投入。やっぱりいい!!気合いも入ります。11秒台のアベレージ連発で、やりたい放題になってました。

 その結果、ペースも良くて、ベストラップとPPを頂いてしまいました。ヽ(`Д´)ノ


・・・・続きは後程補完します。眠くて頭が回らない・・・・。

 ここから続き。

 予選はこんな感じで速さを出せたものの、それを見てか、ローテーションを守ったのか、Y-HA氏とMr.T氏はタイヤ温存で予選3回目。それでもしっかり26周に入れてくるあたり、新品アドバンテージを考えると、まだ速さは御二方にあるかな?という感じでした。

 ダンパー組み換えで、タイヤが新品から2パック目になっての落ち幅が判りませんが、少なくとも劣るのは確実なので、どこまで守れるか?が、課題の決勝になりました。

 しかし、スタート直後の1コーナーでパイプヒットをやらかして、カーペット外枠ギリギリを大暴走した上に、自分の手前でカーペットの中に潜ってしまいました。な、なんだかY-HA氏も仲良く潜ってるな~。

 人数の少なさ故にマーシャルが足りず、自力で救出。最下位付近から仕切りなおしです。ガチで抜いたのはあまり記憶にないのですが、他人のミスに乗じてジリジリ順位を回復し、フット氏とGMN氏の2位3位が視野に入ってきましたが、残り時間を察すると、ちょっとGMN氏はミス以外では苦しい距離感。目標フット氏でスイッチが入り、まくりまくって無理矢理前に出ましたが、気が付くと背後に迫ってくるのはMr.T氏のおピンクな車。

 こことは順位争いだ!!ヒィィ。と、残り1~2周を何とか耐えて、ギリギリ前でゴール。結果3位まで回復出来ましたので、キズは浅く済ませられた感じです。が、ベストラップも予選の新品から0.1秒落ちしかしてないし、前でしぶとく走れていたらもっと違っていたかもしれません。しかし、勝ったT・佐々木氏のアソシもかなり良かったそうで、あの車にずっとプレッシャーをかけられ続けていたら、やっぱり辛かったでしょうねぇ・・・。

 走ってみて、やっぱりY-HA氏とMr.T氏の予選は三味だったというのも分ったし、鬼は居なくても、緩くはなかったレースだな~。と、痛感しております。


 ミニは可もなく不可もなくもちんたらモードで、成績もぱっとしないままでした。幸せ青色パーツセットは手元にあるので、それらを導入しつつ、一からやり直しデスネ。年明けまでに何とかしたいところです。

2009/12/21 Mon. 00:25 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

冬が本気出してますね。 

 E4さんの掃除を兼ねて、メンテとセット変更なんぞをしてみております。

 月曜日に海の向こうからパーツが届き、待望のリヤアッパーバルクもアルミ化完了。これでこの前のレースのようなトラブルは減る・・・と、思いたい。贅沢を言えるのなら、フロント側のセンターシャフトホルダーもアルミ化さえすれば、ほとんどコンプリートに近いかも。というくらい、てんこ盛りになってきました。

 とは言っても、ほとんどが強度を不安視してのパーツの金属化なので、性能に直結するパーツだけ考えると、ワンウェイとリヤアップライトくらいのもんです。

 バラしながら、届いたOPベルトに交換していきます。此方の方が帯が薄く、昨今のローフリベルトに近い感じですが、帯がちょっと硬い。しかし、ノーマルの肉厚タイプよりも抵抗感少なくなりました。指定ではごんぶとになるリヤ駆動ベルトを、フロント用の通常幅タイプにする事で、若干軽さが増しているのも一因かもしれません。

 交換の際、ベルトのカスが結構プーリーの歯にこびり付いてましたので清掃。これで音鳴りが止むと思いたい。


 セット変更は妄想の範囲内で。ダンパーはレース後の雑談中に色々聞いた事を踏まえて3穴へ変更。オイルの番手変更無しで組んでみようと思い、一度フロント用を組んだのですが、ちょっと感じが違うかも?と、50番下げの400へ。リヤは同じ350とし、ミクニの1.4の軟らかい方の中からとっかえひっかえしてみてフニフニ動かしてみて、フロント青、リヤ黒で様子見する事にしました。

 前後ハラ黒も試してみたのですが、ちょっとバネびんびんっぽくなりましたので、これでいいのか判断が付きません。雰囲気的に今までに近いミクニ側で進めてみようと思います。

 ボード上での感触は、戻りのモッチリ感が少し減った感じ。というくらいの違いしかありませんが、どう影響するかが楽しみです。


 今回、Y-HA氏のご好意で、スピパのモーターをちょこっと使わせて頂ける事になりました。一応、スピパユーザーに近しいギヤ比にしてみましたので、これでハッカーよりも好みの特性であれば、スペアのない私としては、V2.0の購入も検討出来るかもしれません。コレも楽しみ。

 そんな感じで。今日はタイヤ組むのと、ミニのダンパーオイル変更かな。ミニがなぁ・・・なかなか・・・思うようにならないですねぇ。

 余談ですが、明日はちょいと盛岡までいてきます。移動開始もお昼からだし、ここ数日の気象状況を加味しても、とんぼ返りになると思われますが、もしお店でお会いする事がありましたら、よろしくおねがいします~。

2009/12/18 Fri. 17:19 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

3戦目のレース結果 

 Mr.T氏のブログを見て知りましたが、計測不具合が出ていたのは、ミニだけじゃあ、なかったのですね。ストックBメインでも起きていたらしく、本来の結果とは違うリザルトだった模様です。

 気付きませんでした・・・。

 PC本体側の修正が必要なので、今週末のレース終了後に、改めて修正させて頂きます。現状は、暫定結果という事で
ご了承下さい。


 しかし、2ヒートくらい予選が増えて、決勝が2つ増えただけで、あそこまで時間が押してしまうとは思いませんでした。配分をもう少しキツキツにしておくべきでしたねぇ・・・。以降の反省にしたいと思います。


 一応、出走準備の混乱も見られましたので、レーススケジュール的なものを書いてみます。

○エントリー終了

○スポーツクラス 予選1回目(集まらなかった場合はキャンセル。)
※ヒート数の数だけ行います。1組だけなら1組。2組以上出来たらその数だけ。

○ストッククラス 予選1回目
※ヒート数の数だけ行います。1組だけなら1組。2組以上出来たらその数だけ。

○ミニクラス 予選1回目
※ヒート数の数だけ行います。1組だけなら1組。2組以上出来たらその数だけ。

○スポーツクラス 予選2回目(集まらなかった場合はキャンセル。)
※ヒート数の数だけ行います。1組だけなら1組。2組以上出来たらその数だけ。

○ストッククラス 予選2回目
※ヒート数の数だけ行います。1組だけなら1組。2組以上出来たらその数だけ。

午前の部終了。お昼休み。

○ミニクラス 予選2回目
※ヒート数の数だけ行います。1組だけなら1組。2組以上出来たらその数だけ。

○スポーツクラス 予選3回目(集まらなかった場合はキャンセル。)
※ヒート数の数だけ行います。1組だけなら1組。2組以上出来たらその数だけ。

○ストッククラス 予選3回目
※ヒート数の数だけ行います。1組だけなら1組。2組以上出来たらその数だけ。

決勝組み合わせ作成(中休み)

○ミニクラス 決勝
※出来たメイン数の、下位メインから行います。

○スポーツクラス 決勝(集まらなかった場合はキャンセル)
※出来たメイン数の、下位メインから行います。

○ストッククラス 決勝
※出来たメイン数の、下位メインから行います。


 こういう流れとなっておりますので、お間違いの無い様にお願い致します。

2009/12/16 Wed. 09:11 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

程度がバレたよ。3戦目。 

 室内3戦目の結果をアップしました。ミニ決勝に関しては、途中から計測が始まるトラブルで、会場ではウソ順位でしたが、修正してとりあえず順位だけは戻しておきました。しかし、ストック並みのタイムが出たりと、歪んだ修正ですので、あくまで順位参考にだけして下さい。


 総合ポイントではGMN氏に並ばれてしまった~。まだ、GMN氏に2位以上を取られていないので、同点でも上に居ますが、今週末が勝負です。そしてS藤氏がモリモリと1回出なかった分を取り返しに来ていますので、こちらも間もなくポイント首位は射程圏内でしょう。

 M03とは比較的短時間で仲良くなれた気がしましたが、M05はまだよそよそしいなぁ。もう、メインフレームにガタが出まくってますので、次回のレース後パーツ総入れ替えはするつもりですが、ちょっと色々思い当たる事もあるので、そちらを試してみようと思います。

 そんな感じで、ミニクラスはいいところなしのまま終了。Y地氏がアバルトになってましたが、フィアットらしさはそのままみたいな感じですねぇ・・・。やっぱりLなのか?と、思いたいところですが、クーパー1択にならない状況だったら気にしたいなぁ。



 ストッククラスは、基本は前回のままで小変更のみ。今回試したのは、フロントダンパーの位置とバネ変更。

 ダンパーステーで4箇所選べて、現状は外から2番目。これにハラ・イエローバネでしたが、GMN氏よりハラ・グレーをお借りして交換。ん~・・・。微妙。硬くなった分動き出しがダルくなったかも?という事で、1段寝かせてみたのが予選2回目の、本日のベストタイム。キレイに転がって曲がるのですが、ガツガツしたいときにガツガツ出来ず、攻めっ気があるときの感覚のズレが気になる。でも、タイムは出てる。新品タイヤで何処まで更新出来るか・・・。でも、気になる。


 ま、こういう時は、元に戻しておこう。と、バネもイエローに戻し、位置も直して、前回と同じ状況のまま新品タイヤで予選3回目。ところが、新品タイヤの良さが車のピクピクとなって表れてしまいまして、一発は出るけど難しい~。あ、ミスった。グデグデグデ・・・と、一気に沈没。これが致命傷となり、他の方々の更新で順位が下がり10番手へ後退。

 N和氏・Mr.K氏・M澤氏・○山氏・O川氏の速い面々が揃えばこんなもんでしょう。早速、速さのメッキが剥げましたぜ。

 そんな感じでBメイン2番手からのスタート。

 スタート直後は勢いでPPのEast氏の横に強引に捻りこんでTOPに出て、計測直後まではTOP通過でしたが、直後にエスロンパイプにヒット。戻ろうと思っても挙動がおかしい。

 回収してみると、リヤアッパーバルクから、アッパーアームがピロボールごと外れてました。アッパーバルクが樹脂製でして、いずれこういう事が・・・・と、想定していた事が起きてしまいました。早々に対策すべく、アルミアッパーバルクは取り寄せたものの、メーカーがタグの付け間違いをしてまして、互換性の無いフロント用が入ってました。

 交換をお願いしたのですが、何分、海の向こうの方とのやり取りなんで話は進まず、諦めて新たに発注していたところでした。タイミング的にはギリギリ届くかどうか?といった感じで、間に合いませんでした。品物は月曜日に届きましたよ。惜しかったなぁ・・・。


 話を戻して。運良くピロボールにスペーサーは引っ掛かったままだったし、ネジ穴の損傷もあまり見られなかったので、締め直してとりあえず参加だけして決勝終了。ここで手痛い最下位になってしまい、総合では大きく後退する事になりました。

 タイヤの使いどころや使い方。足回りのあれこれをレース後のお話で色々聞きましたので、次回はそれらを踏まえてやり直しでしょう。やっぱりSEUNの皆様は速い!!あのタイムを目標に、どこまで近付けるかやってみたいと思います。

2009/12/15 Tue. 12:38 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

巡回中に発見。 



 海外のレース。

 13.5Tクラスだそうですが、パワーソースがリポだとしたら、結構速いかも・・・

2009/12/11 Fri. 15:54 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

続・ぎうぎう 

 作業の遅さもあって、日曜に下書きと、模様書き写し。月曜台紙作成と、窓・ライトマスキングとクリヤー下地処理。火曜日にマスキング7割くらい終えて、水曜日にマスキング完了と、塗装準備。で、昨日は塗装。今回は塗る順番が適切だったお陰で、裏打ちの2度手間がほとんどなかった事や、ライトは塗装しないという事で簡略化も出来たので、アメトーーク見終わる頃には完成。

 残るは車体構成パーツの表現をしているステッカーの類を貼り込む事と、別売になるライトハウジングパーツの入荷待ちでございます。あやってくさま、遅れてスマヌでございます。○| ̄|_


 本日、E4さんに使う小物が一つ到着。



 2.5mmという、見慣れない規格のデフボールでございます。セラ玉でございますよ。この、マイナー過ぎる規格品故に、デフメンテの際は厳戒態勢でした。1個も紛失出来ません・・・。

 で、メーカー純正のスチールボールを頼もうかと思いましたが、GMN氏より、某所で取り扱いがありますよ。という連絡を頂きまして、今回はそちらに頼みました。

 スペアも考慮して15個頼みましたが、価格としては、同じマイナーな規格品が使われているシューマッハ用のタングステンボールよりも安いかも。


 恐らく明日も時間が無いので、組むのは翌週のレースに向けてのメンテをした際になると思いますが、セラ玉とスチール玉だと、雰囲気が何となく変るので、その変化も楽しみだったりします。


 毎年の傾向ですが、年明けと共に成績が下降するのが自分のパターンでもあります。自分に起因する事も少しはあると思いますが、レース開催数を考えると、年明け頃には、本来外で速い方々の、室内での感覚やセットのズレで下降していた部分の補正が出来始めるのが年明け以降。ってな感じでしょうか?

 そうなると、相対的に私が下がっていく事になりますので、そこで何かしようとしてハマって落ちるか、何もしないでいたら、いたなりに低調になるかの二択が多い気がします。


 つまり、




 いい思いするのも今月中。




 と、いう事で、日曜日も頑張れたらいいなぁ。と、思います。はい。

2009/12/11 Fri. 13:15 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

いよいよ今週末 

 今週末、遠い静岡の地でタミチャレファイナルが行われます。去年、一昨年と参加させて頂きましたが、今年は貰った代表権はおこぼれだし、新たな相棒Ver.2そのものにまだ理解が薄く、自分のものに出来ていない状況で、あのファイナルは戦えないし、納得して終えられないと考えて、自己判断で参加資格を有する者とは考えられませんでしたので、結構早々に辞退で考えてました。

 追い討ちをかけての資金繰りの難しさもあり、屁理屈こねても、出られないものは出られないという現実を直視して諦めているので、無念さは、ほとんどありません。去年が思い入れが強過ぎたかな?それを上回るモチベーションの高さを出すには、なかなか容易ではないかもしれませんねぇ。


 そんな感じで。今年は工藤模型代表としては、ユウキ殿が参加。一時的休止前の大舞台という事で、悔いの無い様に満喫してもらえれば。と思います。そして、工藤模型代表で東京在住な十番殿。いろいろよろしくおねがいします~。去年の消化不良を一気に晴らして下さいね~。

 お隣プライムさんからは、かいちょ~F野氏、クマ選手、ちば選手、N屋敷選手に加え、超法規的参加のてんいん選手が加わるガチメンバー。皆様、それぞれいろんなものを背負っているらしいので、是非、頑張ってほしいです。

 Aメインだとか・・・801Xとか・・・ヒッチハイクとか・・・・(汗

 そうそう。プライムさん枠ではありませんが、念願叶って今年参加となったM上選手も頑張って下さいね~。


 マスター戦では、9月に青森遠征をしにきてくださった、(殿)選手も参加です。ちょっとお体心配ですが、きっと間に合って、良いコンディションで暴れて下さると思いますので、頑張って下さい!!


 初参加の方々は、是非あの濃密な2日間を満喫して欲しいです。相当な制限枠の中で、車を仕上げてきている人間が100人以上集まって、走ると個性が凄いですし、役に立たない話がほとんどない位のタミグラ濃度ですので、何でも吸収して、自分の引き出しにしまい込んでほしいなぁ。と、思います。


 懲りるか、クセにするかは、貴方次第ですよ・・・ウフーフ。


 身近な方々のみ挙げてますが、ちーぱぱさんを始め、ジョーレンズ店長氏他、面識のある、参加される全ての方々の健闘を願っております。皆様、頑張って~!!








・・・・ミニ・ファイナルまで3ヶ月くらい?ンフ~・・・・。フゴフゴ。

2009/12/09 Wed. 13:14 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 10

top △

モーターさん 

画像拝借


 スピパさんのV3.0のライナップが揃いつつありますねぇ。11.5Tが待たれますが、E4さんはこんな形状。

構造が構造だけに

 モーターを覆うような形状なんで、モーター後端に端子が伸びてしまったV3.0だと、収まらない公算が高い。ってか、収まらんだろうなぁ。

 個人的な事ですが、今搭載しているハッカーのモーターが、あぼーんしてしまうとスペアが無い状況です。で、セカンドが欲しいな。と、考えてるところですが、今後の動向次第では、買っただけにもなりかねない。

 ケチケチモードだと、無難に安価で性能良いと言われているスピパさんかな・・・。V2.0はどうなんでしょうねぇ~・・・。

2009/12/08 Tue. 12:54 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

今週は、ちと、ぎうぎう。 

 相方さんに影響されて、よく拝見するようになりました、「くるねこ大和」氏の猫ブログにて、忙しくて大変になる事を表して「ぎうぎう」という言葉が使われております。

 そんな感じで、先週ぎっくりをしたお陰で滞っていた、塗り物やらレースの準備で忙殺される予定です。

ぎうぎう。

2009/12/07 Mon. 09:05 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

E4さん 

 何とか、ちょっと酷い肩こり状態まで復調でございます。アホみたいにシップの消費量が増えました。

 トレンドとなった車を使い込むという事のなかった私。思いつくだけで、TC-SPとTC3にBDMくらい。を、みんなヨコモだ。他は少々外れたところを歩んできました。


 年数が長いので、室内への参戦年数も始めた当初からになります。その時はCL03Lかインキュバスだったかな~。以降、室内通じて使ったり、半分旧車、半分新車等、変則的に車を変えながら参加しておりました。

 当初はカーペットが得意という意識はなく、昔は人材が豊富で、私は未熟。上位を伺う事が容易ではなかっただけに、Bに残れたら凄い事だ。くらいの感覚で、数少ない冬場の走行機会を楽しんでおりました。

 どうも室内と相性がいい。と、感じ始めたのはここ数年くらいです。自分的には何かを掴んだようなような覚えはなく、成績がそうなったから。という感覚が強いです。が、マシンに左右されてる面もあります。

 近年印象に残っているのはバラクーダを使っていた頃と、BDMを使っていた頃。ここは比較的全般的に安定した成績が出せていました。バラクーダは個人的にはTC3よりも扱いやすかったかも?と、思えるくらい、シャフトながら安定感もあり、結構お気に入りの車でしたねぇ。

 BDMはその安定感故にブレる事がなく、こちらも一発の速さは出せなかったものの、Aメインに居座る事に関しては突出してました。


 セット能力のなさ故に、これらの車は、外に出てしまうと安定し過ぎて攻めに欠けた状態となってしまい、外に戻ると低迷。というパターンが出来上がり、ますますカーペットが得意な人として認識されるようになった気がします。

 苦しんだのはXRAYとRDXと、意外ですが人生初PPを成しえた05MSでございます。

 先に記述した2台は、昨今スタンダートなメカレイアウトでありますので、そんなに違うものではないような気がしますが、ピンポイント傾向が強く、セットで迷走していた感が否めません。どちらも程々が出しにくい。XRAYはフレックスアッパーデッキ投入で、少々ユルさが出た気もしますが、どちらもシャーシ剛性が高く、足をしっかり動かす事が、良い走りに繋がる傾向と感じました。

 05MSは、上記の様な傾向はそのままに、モーターが前進しているせいか、もの凄いタイヤグリップへの依存傾向が強く、足だけではない厄介さを感じたものの、自作FRPリヤアッパーデッキを使ってのシャーシねじれを増やしてみたり、やってみていたものの、芳しくなかったバッテリー後ろ寄せで好転したものが重なって、あの時は速さを見せましたが、新品のみ。という制限も受けるくらいに依存度は高く、決勝はボロボロ。諸刃の剣ぶりを見せてくれました。


 そうしたあれこれを使い続けてきた訳ですが、走り始めが遅かったE4さんの、基本的な感触は「まったり」です。外での走行し始めの頃は、BDMを使っていた頃のように、シャーシのネジレ込みでグリップを稼いでいる印象が強かったです。なので、決して曲がらないという感じもなく、足の出来に左右される車を使う時期が長かった自分にとっては、楽さを感じる走りを見せてくれました。

 見た目のゴツ差とは違い、捻るとクイクイ捻れるシャーシ。ロングスパンという、トレンドからは逆行している感もある足回りながら、全体的にバランスがとれているのか、くるまがヒコヒコせずに、しっとり動く感じが出ています。

 軸も中心に近く、前重視で、後ろをコントロールするスタイルがしんどくなっていた自分にとっては、後側がしっかりしつつ、前をコントロールする傾向が増したお陰で、随分楽になりました。


 そんな諸々が相まって、今シーズンの室内は、比較的大きく悩まずに楽しませて頂いております。現状、細かなセッティングパーツが欲しい程度で、OPもなにも要らない状況です。壊れた時のために、互換性のない部品をどうにか手配しないといけませんので、ちょっと頼んでみましょう。

 仲介して下さっている方のお陰で、OPの類は、国内代理店ビックリ価格よりも安価で入手出来ております。台湾ドルのレートも、ちょっと前回よりは下がったかな?今のうちかも。

2009/12/05 Sat. 10:10 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

地味に復調。 

 昨日、RC雑誌が入荷していたので、お店に取りに行った際に少々タベりましたが、何やらアツシ・ハラのパーツ各種が入手困難or不可。みたいな状況だそうです。

 インナー・バネ。見つけたもん勝ちになりそうですねぇ・・・。

 個人的には、ハラバネ前後イエローで走りましたので、特性が変るかな?と、グレーとの併用が出来たら面白いかも?とは考えてました。

 E4は重量物が中心に配置され、その状態でロングサスを伸ばすような格好です。キット標準が比較的軟らかく、ペタペタ傾向ではなく、プヨンプヨン傾向の足が出来上がってました。きっと、中心寄り故に、ロール側に積極的な荷重移動を使えないのでしょう。これで足の踏ん張り傾向を増してしまうと、バランスだけに特化して、ピーキーになってしまう気がします。なので、軟らかめのバネで丁度良いところが出てしまうのでしょう。この車ならでは。という感じがします。

 理想としては、軟らかさは維持しつつ、コシの強さと、モチ加減を増す事で、ハイスピード化に対応させていきたいところです。現状、ダンパーセットとハライエローバネの組み合わせで良く機能しておりますが、ここからもうちょっと踏み込ませたい気もしますので、その一環として、前だけグレー。前後グレー等のバネ変更は検討したい。が、無いらしいからなぁ~・・・。

 どこぞのお店で見かけたら、入手しておきたいところ。

 ミクニ・エクストリーム系も良い感触だそうで、こちらも気になる。1.4の軟らかい方3種類を1組ずつ注文してみましたので、入手出来次第組みつけてみましょう。欲しい感触が得られるなら、こちらもアリです。


 こんな事を書いていて、ふと思い出したのが、参加者のブログで、Li-Fe搭載で、片側ハイサイドの危険性が増したらしい。という内容。

 長らくスタンダードな、片側にメカ類。片側にバッテリー搭載というレイアウトでは、やはり左右で差が生じるのでしょうか?既にウェイトでのバランス調整を前提とした構造の、TOP・PHOTONみたいな車が出てますので、ウェイトでのバランス調整は必須となるのでしょう。

 そういう意味では、ほぼウェイトでのバランス調整の必要がないE4のレイアウトは、ある意味恵まれているのかもしれません。それでも、稀ながら、左コーナーでハイサイドを起してしまいましたので、若干の調整は必要かもしれない。が、載せる場所が無いのよねぇ・・・センターベルトがびみょーに邪魔で・・・。

 でも、搭載量そのものは減らせそうです。Li-Feの武器である軽さを殺さないようにしたいところ。Li-Feでズッシリしてしまうと、パワーの出方が緩いだけに、結構苦しくなりそうな気もしますので・・・。


 車体で気になる点の一つにベルト。硬い素材っぽいのですが、走り始めると伸びるらしく、レース行程の終盤(予選3回目や決勝)になると、センターベルト?かな??が、バリバリ鳴り始めます。レース終えて、次回まで放置しておくと直るので、負荷が掛かった時だけ伸びて、収まると縮むのか?と、いった塩梅。

 Team Magic純正はこれですが、サードパーティーには素材の違うベルトがありますので、そちらに変更してみたい気もしてます。そろそろパーツ補給かな・・・。

2009/12/04 Fri. 13:21 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

活動停滞 

 定期的に襲われる、首・肩ギックリが発動してしまいまして、現在、痛みでしんどいです。車の運転を腰中心で行わないと安全確認出来ませんので大変です。

 ピークが今日・明日と思って我慢するしかありませんが、痛くて熟睡できないのも問題っすよ。うとうとしては、ズキリとした痛みで意識呼び戻されて、またうとうとして・・・の繰り返しなので、早い時間に就寝したものの、寝た気がしない。


 そんな感じなので、ラジ関連は停滞中。起きていても、寝ていても、痛いのに変わりはないので、何かしらしていた方が気が紛れるのかもしれませんが、テキトウになってしまいますので、それも宜しくない。


 今週末こそタイヤ交換。と思っていたんですがねぇ・・・。日曜日までに復調出来るだろうか?

2009/12/03 Thu. 09:29 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 0

top △

室内2戦目。ミニクラス編と独り言。 

 続いてミニ編。

 ですが、こちらは反省のみ。


 レース前にダンパーの状態を変更。3穴→2穴(1.3mm穴)としました。更に、引っ掛かって曲がる感じが減るかな?と思い、ステアロッドのハの字角度を減らし、バンプステア変化量を減らしてみました。ナックル側のピロボール下スペーサーを、1mmから2mmにします。

 これが良くなかった。足がモチモチし過ぎて荷重移動が使いにくい・・・。バンプインが減って、素直さを感じるものの、その分切れ角を増す事に頼ってしまい、失速傾向を強めてしまう。

 そんな感じで、時間的にも修正が利かないままでしたので、今日はもう、これで耐えるしかない。というような状況で、グデグデの1回目。2回目はポンダー付け忘れでノータイム。決勝も相変わらずで追い上げ叶わず、最後はGMN氏に詰め寄られ、危うい感じで2位フィニッシュを決めた格好になりました。辛うじて、総合ポイントだけがいい・・・。

 切ないなぁ・・・。

 今回は、「やっちゃ駄目」が、分ったレースとして、次回は元に戻った位置からやり直そうと思います。ん?待てよ?オイルの番手下げたらもしかして・・・んん~・・・。


 ストッククラスの一進。ミニの一退。良いも悪いも見えたレースでした。


 ミニクラスは台数も増え、初戦とはまた違う顔ぶれでのレースが出来ました。ベストラップを見ても大差ない状態のようですから、このまま継続でも良さそうです。予選回数がストックより少ない分、損した感は否めないかもしれませんが、その分、全出走ヒートでのボコり合いという事で楽しんで頂けたら幸いと思っております。


 Mr.K氏も参戦の見通しですし、次回以降の皆様の参加、お待ちしております~。



 ここからは、まったく個人的な意見。

 スポーツクラスの参加者が揃わない事で、無理してストッククラスと混走してもらっている状況があります。呼び込めるかな?と、思いつつ、タミヤクラスもこれに含めてしまうのはどうかな?という考えもあるかな?と思ってしまいました。

 ユウキ殿やGMN殿。私に、開幕戦ではミニのみの参加になってしまったちば選手で、ここぞとばかりに、タミチャレ09というレギュレーションに準じた車体で走ってみております。

 これは、ライトチューンという25Tストックモーターに、参加可能な各車で設定可能な7.2:1近辺のギヤ比固定を課し、タイヤがタミヤのMナローラジアルという規格品のみ使用可能とし、ボディをストリートマシンに類似したものに限定し、ある程度の空力性能の調整を施しレースを行う。といったものです。

 タイム的にはミニと一緒か、ちょっと速いか遅いくらいで推移しています。計測後からの外周区間で、あからさまに一息つける程度のスピードなので、コーナーを上手く抜ける努力を要する感じになっています。

 このくらいの速度差であれば、ストックとの混走での明確なハンデにはならないでしょう。現状のプロストック仕様でギヤ比縛りが無い車と比べたら、スピードは五分か遅いか?くらいですし、明確なタイヤハンデを背負うことにもなります。
 扱える速度故に、そんなに食わない感じではないタイヤですが、結構ギリギリのところで食わせている感もあります。

 初心者や、もう少しまったり走りたいという方のみに的を絞った人選にせずに、あえて、これらの不利を受け入れてでもレースがしたい。と、考える方へ間口を広げる様なアプローチもあっていいかな?と、思いました。

 今の、「速い」ストッククラスが埋めきれない隙間を、どう埋めていく事が出来るか?を、漠然と考えてみました。以前立案したシニアとは趣が違う、「遅さの中でも勝負」というカテゴリーが存在出来れば、よい呼び水になるかもしれない。

 そんな事を考えたりしております。

2009/12/01 Tue. 14:14 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 1

top △