F104 

 前回の続きでも。

 一応、チタンやアルミビスは入っているものの、他は全てノーマル。説明書通りに組みました。とりあえず、レギュレーションに合わせるべく、フォーミュラチューンは投入。タイヤは現状AB1組ずつ所持している感じです。

 バッテリーは1600SPのみなので、規定重量よりも大幅に軽くなってしまいます。

 ボディそのものも塗膜は厚くてずっしりしてますが、更にボーダフィン追加で重くしつつ、面倒だ氏のマシンに装着されていた点滅ストップランプがかっこよく見えていたので、私もイーグル製のランプ装着し見た目をそれっぽくしつつ、重量増しにしてみたものの、60g以上程足りません。

 60gって・・・・。

 構造上、好きなところにホイホイ載せられる感じも無く、リヤシャフト直下に25g。アッパーデッキ後端左右に5gずつ。サーボホルダー両脇下側に10gずつ。フロントサスユニットの中に5g仕込みましたが、まだ足りない。

 これで規定値までピッタリか若干届かない程度。スポンジの減り具合を考慮すると、岩手のとある御方の様な悲劇に見舞われなくもないな。と、マージンを取るつもりであと10gほど追加したい。載せる場所が・・・ないなぁ・・・。と、いう事で、レシーバーが本来納まる位置に10g載せます。これで何とかなりそうです。


 難儀したのがメカスペースの少なさ。絞りサイドポンツーンにするとさらに酷く、ポンダーの居場所がありません。

 悩みましたが、自分なりに折り合いつけたのを次回で掲載いたします。

スポンサーサイト

2009/08/31 Mon. 12:33 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

バブルの青・・・では無い。と、したら・・・ 

全体

 さて、こんなものができました。

 F104でございます。オクにてかなりの安値で新品をゲットしてしまいまして・・・(相場よりも安かったんで、まぁ、無理かもしれないけど入れておくか。・・・の結果だなんて、口が裂けてもゲフゲフン)

 レイトンハウスとカペリ。

 個人的に最も好きなF-1のチームとドライバーの組み合わせです。予備予選落ちしそうになったりしてたし、落ちてもいたのですが、空力サーキットで突如ニューウェイ確変でバカみたいに速くなって、ワンツー形成したときには尻が浮きましたよ。

 特注ジャッドエンジンの壊れやすさとパワー不足。エアロ優先という現在のトレンドの先端を行っていた逸材でしたが、当時の技術では扱いきれなかった神経質さに悩まされ、一瞬の煌めきで終ってしまった感は否めませんが、それがまたいい。今のアスリート傾向に偏ってしまったストイックさでは見られない、華やかさを備えた身なり。

 終焉は寂しいものでしたが、心には残っております。でも、F-1よりも先に目にしたのは恐らくラジコン雑誌でしょう。レイトン・スポルト。スリムで凹凸の少ない、スタイリッシュな感じが印象的だった当時のムゲン精機のマシンとよく合ってた気がしたなぁ。相沢・真田の速い方々も名前だけは未だに覚えているもんです。


こっちみんな。

 イメージとしては、バブル崩壊やチーム消滅を何とか潜り抜け、今でも老舗として中堅・下位グループ形成の一端を担っている、たらればのレイトンハウス。予算も限られ、優秀なスタッフは引き抜かれるだけで、上位チームから弾き出されたエンジニアの溜り場的故に、車体はトレンドから一歩遅れてコピーパーツを導入する状態。

 日本のチームということで日本人枠があり、M-TECHエンジン搭載という状況故に、ホンダサポートの若手が修行する場として機能している。今だったら塚越選手あたりかな?

 こうしてカペリがそのまま乗るには年過ぎますので、ま、ここはつじつまの合わない感じですがね。ジュニアが居て、もうドライバーとして活動出来る年齢ならば2世ドライバーなんてこじ付けも出来そうなもんですが・・・・と、言う訳で、ドライバーがカペリをリスペクトしている中堅イタリアンくらいな感じで見て頂ければ・・・・(汗

ボーダフィン

 ここからはRCの話に戻して。

 ボーダフィンは絞りサイドポンツーンから出た、切れ端ポリカを使って作成しました。これにミラーパーツのステー部分を切り取ったミラー本体を付けて、一昨年のルノーが採用したものの、ミラーがブレて見えにくいと酷評された、ミラー一体型ボーダフィン風にしてみました。

 またバージボードなんかが欲しくなる雰囲気ですやね。


フィンにミラーつけました。


 上から覗くとこんな塩梅です。適当だし、行き当たりばったりだった割には見た目は普通。しかし、薄いポリカ板なので、基本ビヨンビヨンなんです。空力パーツにはなりえないと思うので、宮城でお目こぼしして欲しいかも。どうでしょうねぇ・・・。


 出来上がってみるといいもんですやね。ニヤついてみております。

2009/08/30 Sun. 21:52 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

周回遅れネタですが・・・ 

 え~。どうも引っ掛かっていまして・・・。

 先週土曜日の夕方、プライムさんにお邪魔してダベらせて頂いたのですが、その際、声かけてくださった御方。

 顔とお名前が一致しない。というか、忘却の彼方だったので自信がないですよ。

 もしかして、

 たこ焼き屋さん?でしたか??


 知ってる方だ。うん。でも、名前が出て来ない・・・。でも、覚えは確かにある。という状況でして、誰だったっけな~?と記憶整理してましたが、やり取りが頻繁だった昔は、本州北端と九州南端と関係で、一里野(もだったかな??)と谷田部でお会いしたくらいで、ちょっと自信がないのと、盛岡で会える方という認識から外れてしまっている御方なので、今になって「もしかして・・・」と、浮上してきた次第です。

 まったくの勘違いでしたらごめんなさい。平伏です。


 いや~??・・・ああ?あ??~・・・んんんんん????と、サッパリしない日々でございます。

2009/08/27 Thu. 12:42 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

レースの合間に 

 日曜日、レース合間にM05のセット出しや試乗会をやっておりました。皆様面白がって下さって、ありがたかったです。

 さて、前回消化不良だったリヤダンパー。前回終了状態で少し走り、感触を確認してから、ダンパーオイルをグリーンからオレンジへ下げてみます。

 下げてみると、スッコ抜けが緩やかですよ。こっちの方がいい。でも、何だか足が負けてる雰囲気もあるので、バネを赤から黄色にしてみるとコシも出たけどスッコ抜け緩やかな良い状態。

 前後差が無い方がバランスいいかも?という印象があった為、フロントも交換。オイルをイエローからオレンジへ。これで、ダンパー長から全部前後一緒。

 これで走ってみると、ダンパーを色々やってみた中では一番いい感じ。もう少し路面グリップが良い状況だと、オイルは前後イエローでも良さそうですが、個人的には現状がいいと感じたのでそのままです。

 うーん。色々やったけど、オイルがちょっと軟らかいくらいで良かったのか・・・。


 調整箇所として選択の幅が広がったステア周り。固定観念でステアロッドは水平か弱バンザイくらいがいいはずだ。と、そうしていたのですが、雰囲気が宜しくない。曲がりが全般的に欲しい時に不足して、変なところで巻きたがる・・・なぜじゃ??

 と、ぐるぐる考えている最中に、ピコンと来た事が。

 M03でのステアロッドは、規制以前は弱バンザイ。規制後は水平かハの字になりました。で、弱バンザイが許されていた頃は良いフィーリングが得られて、規制後はちょっとグキリと失速小回り傾向が強まった印象がありました。バンプインが強いのですよねぇ~・・・。

 で、これを悪癖と捉えていたのですが、別な視点で考えれば、重心リヤ寄りでフロントの食いが落ちた05では、そのバンプインも積極的に使って、曲げ込む味付けは可能なんじゃなかろうか?と、思いつきました。

 で、水平からハの字にしてみたところ・・・・狙い通りに曲がり始めた!!03っぽさが戻ってきました。コレだったか~・・・。

 ここからハの字の強さと、ステアロッド取り付け位置等数パターン試してみたところ、かなりいい感じが出てきました。

 悩みどころとしては、ハの字を減らしてナックル上側の位置を使うか、増やして下側外を使うか?という2択です。
 前者は小さく曲げ込むには楽ですが、要所で若干ナーバス傾向。後者は全般的に安定して、03で調子良かった感触に一番近く、人間側は安心出来るものの、攻めの面では若干物足りない感じがあります。

 ここをどう妥協しようか悩んでいるところです。

 ほんとうは、このあと60Aに履き替えての感触チェックをしようとしたものの、降雨によってここまでとなりました。

 直前に05Ver.2も軽く走らせてみたのですが、何かをする前に降雨。残念。

 この後、撤収してお店でだべっている最中、「間に合うかも?」と思い、急ぎ工藤模型へ。お取り寄せ品を受け取ってきました。

 来週はさっさと投票終わらせて、走り込みたいところです。

 現在、第4の刺客の作成に取り掛かっております。マスキングが思った以上に面倒くさい。簡単なツートンみたいなもんなのに・・・ああ・・・。○| ̄|_

2009/08/25 Tue. 08:39 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

久々に地元レースに行きました。 

 昨日は久々に地元レースにお邪魔してきました。出られるものを持ち合わせていないので、今回は計測+マーシャル係で、空き時間と隙を突いて、M05のセット出しをしておりました。

 シュガーウォーター散布もなく、おりからの強風で埃が舞っているせいか、路面状況はいまいちの模様。そんな中での予選でした。

 ITO氏の軽いアタックで17秒前半。ここが基準。続いてユウキ氏、黒石East氏とアタック。こういう状況下では強い。お手上げ。と評されるEast氏が序盤で一気に更新。16秒5を切るラップが出ます。Y-HA氏は集中的なアタックをせずに黙々とセット変更の確認でジリジリ更新。ここでEast氏追撃モードなのがMr.T氏。この二人がタイムを削りあいが始まります。

 その他にも、ITO氏とユウキ氏も接戦中。ここもジリジリタイムを更新し、16秒7と71という僅差での勝負となっていました。Y-HA氏は無難にタイムを出して上位2台の様子見か?East氏が一撃で一気に更新16秒2のタイム。Mr.T氏は16秒21から伸びず、ここまでか・・・と思われた最後に16秒フラットを叩き出します。時間的にもここで勝負あり。前評判で勝っていたEast氏を何とか押さえ込んだカタチとなりました。

 決勝1回目は五所川原のEAST氏のブログで動画が公開されている通りでして、スタートで前に出て、2秒弱のアドバンテージを持って走っていたEast氏でしたが、Mr.T氏の追い上げで貯金が減り、それで揺らいでしまったのか、ストレートエンドでミス。そこをつかさずMr.T氏がパス。残り1分の攻防も制して1回目はMr.T氏。

 2回目は順当に前に出て、当日唯一の15秒台を出すほどの勢いがあったMr.T氏でしたが、車体トラブルでリタイヤとなってしまい、ここはEast氏が制します。その傍らで、Y-HA氏とやりあっていたITO氏が16秒2という、Mr.T氏のスーパーラップに続く2番手タイムを叩き出しておりました。すごいですわ。

 3回目は遠くで雨が降り出しているらしく、日も陰ってタイヤ選択に各々が悩む状況。ポイントでは1位2位獲得のEast氏がトップ。次がMr.T氏、Y-HA氏、ITO氏が横並びの同ポイント。3回目での順位がそのまま反映されます。East氏は最下位以外で走りきれば優勝。Mr.T氏は1位が必須条件です。

 こうして始まった3回目。上位2台はハイペース・・・・と、ここでEast氏の様子がおかしい!!車が傾いているので、何かしらのトラブルでしょう。後にスプリングがホルダーから外れていたとの事。内径の大きいスプリングだと、タミヤのダンパーエンドのように小さいものではよくあるトラブル。コース上へ復帰するまでに時間がかかってしまい、万事休すの最下位転落。
 ここで逃げを打つMr.T氏はそつなく走りきりトップゴール。ポイントも僅差で上回り総合優勝でした。

 レースをみて感じたのが、少ない人数でありましたが、パワーソースの差が少なく、予選も1秒以内で収まる僅差でのレースになってきたんだなぁ。という事でした。条件が大分似通ったことも一因でしょうが、以前のブラシモーターの頃の様な、コンディション差が反映されにくく、緊張感を保ったままレースが出来てるなぁ。という事でした。

 いや、室内くらいはどうにか出来たらなぁ。と、お鼻フゴフゴしたくらいにして。次はM05いぢりの事でも書こうと思います。

2009/08/24 Mon. 09:56 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 3

top △

???ん??? 

 ブラシレスモーターの紹介ページを色々拝見してまして、ハテナ発生中でございます。

 見比べていたのが、スピードパッションの11.5Tと、キーエンス・ルキシオン11.5Tの2種類。

 スピパはKv値3000で、W数が165Wという値。ルキシオンは参考数値が10.5Tになるのですが、Kv値が2560でW数が240Wとなりますので、11.5Tとなる事で、Kv値とW数の両方が多少落ちると推測されます。

 恐らくW数ではルキシオンが上回り、Kv値でスピパが勝る性格付けになるんだろうなぁ。と、妄想してます。

 で、これをそのままトルク型、回転型で片付けてよいのでしょうかね??

 今後、パワーソースがニッカド・ニッ水5or6セルからLiPoよりもLiFeに移行していきたい私としては、LiFe6.6Vに合う組み合わせはなんだろう?と、フリーズしております。

 トルク型に思われるルキシオンを使う場合、ピニオンは大きく出来そうな感じがします。しかし、LiPoやsubCセルバッテリー程電圧が高くないだけに、そのトルクのいいところを使いきれないままになりそうな気がしました。

 個人的には昔存在していたWAVEモーターの、おかしな推奨ギヤ比で走る様な感覚は嫌いじゃないのです。カーンと回す爽快感はあまりなく、じっとり淡々とスピードが乗る感触ですが、雑な操作に寛容なので、扱い易くて好む特性でした。トルクお化けだったので、多少のギヤ比選択ミスでも誤魔化せたし、決めきれない私にとっては都合の良い感じでした。


 スピパで考えるなら、もっと回してやる方向ですから、ローギヤ傾向にして、立ち上がりでのバッテリーにかかる負荷は少なめに出来そうな気がします。こちらの方がLiFe向きかな?と、勝手に妄想。

 EAST氏かな?Gレースでは既にLiFeの実戦投入と、悪くない評価という実績があるだけに、そんなに気にならない事かもしれませんが、何せブラシレス。初期投資に勇気が要ります。(汗


 考えているのは、今後、タミグラがLiFe縛りを拡大して、躊躇無く所有出来る状況になる。と、先を想像し、LiFeであるなら現状メーカーの垣根が殆どないし、タミグラだけの出番ではなく、通常レースでも使っていけるなら、これを期に、一時的にでも地元レースで遊べるんじゃないか?と考えた次第です。

 タミヤのLiFeは容量2200ですが、5分レースのままでいてくれるなら、どうにかなりそうですしねぇ。一度、GTビクトリー仕様を作って、ギヤ比だけフリーでやってみれば感触掴めるかもしれないですね。


 まぁ、こんな事を考えながら、接待ウィークも後半でございますよ。

2009/08/20 Thu. 17:58 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

金曜飲み会 

 Eastブログさんで先に公開されてますが、金曜日はRC飲み会でございました。今年は地元ないがしろにしているのですが、混ぜていただいて感謝しております。

 F氏、ごちそうさまでした。9月は必ず出ます。・・・出たい。出る気は充分。ただ、今日になって大事に至る可能性を秘めた問題が私事で発生してまして、悪い方向へ転がるとちょっと自由になれないかもしれません。

 これ、9月のタミグラにまで影響するようだと厄介だなぁ・・・・。。・゚・(ノД`)・゚・。


 飲み会は楽しくて、サボりまくっていたレースの話を色々お聞き出来ました。皆様、各々頑張ってるんですねぇ・・・・。ネタとしましては次世代?パワーソースに言及し、リポ・リフェで云々。充電器はああでこうで・・・という話が色々出来ました。

 ブラシレスに関しては皆様順応が早い模様で、すっかりブラシレスありきで事が進んでいる模様。違和感もすっかりないみたいで、耳がダンボになっておりましたよ。ふむふむ。


 ハードケース入りにもなりましたし、認可も降りて来るようになった為、安全性は向上したと思われるリポですが、やはり導入には躊躇がありまして、室内戦会場である海洋センターでリポ炎症の勢いで小火騒ぎはマズいよねぇ。という感じで、こちらでの導入はまだ厳しいという見解でした。

 リフェに関してはもうちょっとゆるく出来そうですし、リポよりも浸透していきている感じがありますので、リフェはOKになるならちょっとうれしいかも。それならば、タミヤのリフェでも5分なら大丈夫そうだし、移行してしまうよいきっかけに出来そうです。


 室内でミニやろうか?という話も出まして、レギュレーションはタミグラに準じて、ハンデ戦にする場合はF氏他、五所川原の方々の方法を取り入れたりしたらよいと思います。

 Mフリークのレギュに準じるとした場合、M03・04・05もOKですし、パワーソースもGTチューン+リフェかライトチューン+タミヤ1600SPor7.2Vパック(社外品は容量制限か、購入価格制限の工藤模型方式で。)くらいが守れたら充分楽しめると思います。


 出来たらいいね~。の流動的な話でしたので、現実味を帯びてきたら楽しいかもしれませんね。


 小話としては、津軽弁でポカーンとしてしまう居酒屋のお嬢さん。F氏が色々話しかけたら、どうも海外からの留学生だった模様。そうか~、標準語だけでも大変なのに、訛っちゃうと益々だもんねぇ。電子オーダー表の扱いも大変らしく、一旦メモ書きしてからポチポチと入力している姿が一生懸命で、ほのぼのしておりましたわ。

 貝類を例えに出したりと、ウフンなお話も色々。いろんなお話が織り交ぜられて楽しかった飲み会でございました。楽しかったなぁ。


 翌日、しっかり悪酔い頭痛と一緒に目が覚めたのですが、その頃には皆様既にコースで走り始めていたようで、そのパワーをうらやましく思いつつ、私は盛岡まで。やっぱり帰省方向なので、滅多に味わう事のない車の量。SAもイモ洗い状態ですし、ナカナカに新鮮でした。

 右車線も左車線もじわーっと巡航。ま、お昼過ぎで丁度良い時間帯で移動する車が集中してたんでしょうけどねぇ。反対の下り方面はガラガラ。ガラガラ故にフックメンに捕獲された現場に遭遇して涙。

 快適だから、出したくなるもんねぇ・・・。ワカリマストモ。(;´Д`)ノ


 こちらはこちらで、路肩にデカいセダンが停車していて??と思ったら、右フロントの足とタイヤが丸ごとどこかに吹っ飛んでました。なにをしたんだ・・・(汗

 というのを横目に市街地へ。プライムさんにお邪魔して買い物をして、相方さんを盛岡駅にて回収。ご飯食べたり買い物しながら帰宅し、前日の二日酔いと結構疲れ気味だったのが重なってバタンキュウして・・・・今現在に至ります。

2009/08/16 Sun. 10:42 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

お盆ですが 

 職場デスヨ。キリキリキリキリ・・・・・

 来週は御前の帰省もありますので、そちら優先でいる予定。この土曜までにお盆連休があればなぁ。

 アレ、塗ってしまえるのに・・・。

 凹凸がなぁ・・・塗り分けがねぇ・・・・。単調なんだけどめんどくさい。

 でも、やってしまわないとモチベーションが上がらない。ま、まだ余裕はありますので、来週以降でも充分間に合うと思いますがね。

2009/08/13 Thu. 08:47 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

サルラジ その2 

1243506476_5.jpg

 サルラジ。引き続きまして、TA05ver.2でございます。

 レース後なんですが、他の方のブログで黒モーターマウントを拝見して、かっこいいなぁ。と思い、真似してみました。

メタルプライマー吹いてから染めQのブラック吹きました。プライマーが薄付きだったのか、ちょっとメラミン焼付け塗装風味になってしまったのですが、概ねかっこいいっす。

 バラしたついでにやり直すか。という事で、ブラケット下スペーサーを全て取り去って全て直付けに戻しておきました。あとはそのまま。


 まずB3で軽く走り、おかしな挙動ではないので、このまま宮城のタイヤ選定に入りました。去年は台風直撃の最中で、人間は比較的快適な状態だったのですが、雲が厚く日差しも少なく、路面が山肌にあるせいかヒンヤリしたまま上がってこない感じでした。

 その時の私の車では、ウォーマー禁止ルールもあり、B3とBは出走時間内に暖めきれず、ベストラップ方式でも苦しみそうだ。と、Aで予選タイムアタックと決勝出走をしました。

 去年はそんな感じなので、あくまで今年は通常通り程度の天候と想像して、Bタイヤが使える状況を前提にしてみました。

 まぁ、日曜日にA使ってたら、あっという間にめくれ上がってしまったでしょうしねぇ。・・・そんな勿体無い事は出来ませんがな。


 話を選定に戻して。会場路面は駐車場なので、印象としてはロマンパークの路面よりちょっとキレイ?で、厚くはないものの、白線クッキリ。オーロパークと対比させると、より普段のレースらしいレース路面ではあります。
 ただ、奥行きは、普通車2台が正面向いて駐車して、真ん中に通行スペース幅が少なめにとられている程度の奥行きしかなく、そこにお立ち台も作りつつコースを作っていた様な気がしましたので、コースレイアウトが同じでも、奥行きを圧縮したような感じになっていました。なので、奥行きが狭くなった分、気持ち横長に組み換えてたのかな?という印象もあります。結構首の稼動範囲が増えた印象もあるし、お立ち台左端が定位置の私にとっては、最終セクションは半ばブラインドなので、変なラインになっていたり、勘だったりしてましたな。

 それを踏まえると、今年のレイアウトは比較的グニャグニャしてない部類であるものの、圧縮でタイトになる部分が出来る様な気がします。

 そう考えると、ナローよりはMナローだろうな。という感じはします。実際ナローBも使ってみましたが、ちょっとした切り返しで少し車の反応がダルめ。大径タイヤの恩恵でストレートでの伸びは多少期待出来るかも知れませんが、インフィールドで相殺されちゃいそうな気も。相殺で済めばいいけど、ビハインドにもなりかねません。が、もうナローBに絞って、これで良く走るセットを見出せばかっこいいよな。と思ったりもしてます。

 時間があれば挑んでみたいところです。


 Mナロー2種類の比較ですが、B3は普段から走り込んでいるせいか、馴染みもあって挙動を把握し易い安定傾向。人間に対して優しいので、コツコツ走るならB3でよい感じ。Bはより車が動く感じ。攻める気力があればコチラで集中してタイムを出せると思いますが、当日のモチベーション次第によっては、動き過ぎて難しいよ~。と、グデグデになる可能性あり。
 モーターがライトチューンになった為、現状、どちらもタイヤが勝って、何となく走ってしまう。というのが正直な感想。今日は練習用があるB3で行く事にします。


 ダンパーは岩手の会場で2穴から3穴に変更し、オイルの番手を上げたものをそのままにしてます。で、走るとちょっとパワーアンダーくさいのに、変なところでリヤが軽い。という状態。ただ、3穴変更してからか、ロールし始めにスムーズさは出てます。これを殺さずにどうにか出来れば・・・。


 と、M05と並行してセット出ししてましたので、M05で思いついた「意識し過ぎての前が軟らかい状態。」を怪しみます。 ちょっとここで一考。私は、これはIFSなんだから、IFSならではの特殊な方向があって、そうして進めていかなければ良くならないんじゃないか?と凝り固まっていた節がある。さっと走らせてみたときに、IFSだけど普通に曲がってたし、コイツ、見た目はIFSでも、意外とアウトボードサス的なセットが通じるんじゃないか?と考えました。

 ま、ものは試しに。という事で、ダンパーオイルは前イエロー後ろグリーンという組み合わせだったのですが、前をイエローからブルーへ。硬さの前後が逆転。更に硬度自体も上がった感じにしてみました。組んだダンパーをくにくにさせると600番が入っているだけにズブズブっぽいのですが、ストローク初期の小さい稼動範囲ではそこまで粘り気がなく、比較的軽く動く素振りが。

 バネはそのままで装着させて確認してみても、あらあら意外と触った感じは悪くないのね。という感じで走ってみると、んん?いいかも??という意外な結果。パワーアンダーも程度が低くなったし、だからと言って鼻先の動きにニブさも出てない。ターンインのスムーズさも失われていないし、転がして曲げられる素振りが出てきたっぽいです。

 あまりこういった挙動が出せない私でして、普段は大抵何を使っても、ステア当てながらスロットルのあおり具合でゴリゴリ曲げないと走れない車にしてしまう為、あんまり人にも車にも優しくない状況でしたが、今の感触だと人間も車もラクです。これはいいかも。という事で、面白いのでダンパーオイルはこれで固定。

 その後、バネも色々変更してみまして、ショート黄色が好印象だったフロントはロング黄色へ。それに伴い、リヤもロング黄色に。それぞれ赤に変更すると重くなるので、コースくらいのグリップがあるなら黄色。低ければ赤でよさそうでした。

 フロントの感じを生かすべく、リヤダンパーは一番立っている状態から1段寝かせましたところ、より転がして曲げ易い感じが出ましたので、これもこのままに。なんとなしに扱いやすくて雰囲気は良く感じます。


 が、この状態。GT3700前提での話しでして、念に2度しかないGT3700仕様よりも、頻度が高いのはタミチャレ仕様になります。今の車にタミチャレラジアルとボディが装備されたとして、果たして同じ様な良さがあるのか?というと、非常にあやしい。今のセットはタイヤ依存高めの様な気がしてまして、食いが落ちたとたんに狂ってしまいそうな危なさも感じております。

 次回走れる機会がありましたら、そこらへんも確認してみようと思います。


 こんな感じで日曜サルラジは終了です。


 今週末は私用で盛岡へお出掛けです。プライムさんに顔出せたら行ってみようと思います。フフフ。

2009/08/12 Wed. 10:32 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

日曜日はサルラジでしたよ。その1 

 書き出しの前に、今日の地震で被害に遭われ方にお見舞い申し上げます。

 もう、駿河区とか、聞きなれた地名がばんばん耳に入ってくるので心配でございますよ。

 早い復旧を願っております。


 で、日曜日。コースにタミグラ用3車種を持ち込んで、反省踏まえたセット出しをしてきました。

 昼から雨が降ってしまい、午後はダメかな?と、諦めモードだったのですが、待ち続けたら雨も上がって路面も回復。その為、時間が押してしまいましたが、どうにか消化不足で終わらずに済みました。


 まずDB01から。

 岩手大会で判明した、旋律の低床ジャンプ台のみ。という今年のタミグラに合わせて、よりオンロード傾向に振ってみようと思い、ゆ~ぞ~氏のマシンをチラ見した際に装備されていた前後スタビを真似てみます。

 伸びる足の方が全般的に良い感じなので、足はそのままでロール規制だけ出来ればいいかな?という妄想でしたが、近しい効果は得られたようですし、ダブルワンウェイ仕様も、先入観ほど難しい動きにもならなかったのでスタビ装着と、ダンパーの取り付け角度を見直して終了。

 続いて、バッテリーの出来上がる順番や、走り込んだ後の小休止を入れるために、M05とTA05ver.2を交互にセット出ししてました。

 M05がシェイクダウンという事もあり、メインで取り掛かってました。

 M05は妄想セットの状態では不安定・ピクピク・どパワーアンダーの三重苦状態で、03の足元にも及ばない感じ。ここから持ち直すのは大変だろうな~。と、思いながらセット開始。

 タイヤですが、久々にAタイヤで走ってみたのですが、グリップ感は強力なものの、重過ぎて曲がらないし、車の反応がニブくなって改悪の方向。なんで??

 安定するなら、リヤだけAもあるのか・・?と、コンビネーションをやってみましたがバランス崩壊。ぐっちゃぐちゃです。なので、今回はSグリップ固定で行います。

 不安定とピクピク対策として、Fダンパー長を1.5mm伸ばしましたら改善。リヤも同様に伸ばしてみると、決まるとパキーンパキーンと素早く切り替えしが決まりますが、失敗するとお尻が吹っ飛ぶ感じだった伸ばす前に比べて、悪く表現するとダル。になりますが、コーナー間の繋がりを作り易い「運転し易い」感じはでましたので、リヤも伸ばす事にしました。

 前荷重が少なくなった05なので、前が食い易くなるなる為に軟らかくしていかないと。という先入観で組んだダンパーでしたが、むしろ腰砕けかな?と思えたので、ダンパーオイルをオレンジからイエローへ100番硬くしてみたところ雰囲気よくなりました。ターンインにスムーズさが出て、出口アンダーも少し良くなったっぽいです。

 軟らかすぎたんだと思います。

 オイルで改善したらバネはどう?という事になり、ショート赤から黄色にしたらもうちょっと改善。軟らかかったか~・・・。これに伴ってリヤもバネ変更しましたら、やっぱり黄色がいい感じ。この状態でダンパーは前後同一となりました。

 ここら辺で、リヤのスッコ抜けた際に、03に比べると修正が難しい特性を抑えてみたくなり、ロールスピード下げる為にリヤだけオイルを100番上げてイエローからグリーンへ変更してみましたが、何ともいえない感じ。イエローで良かったかも。いっその事下げてみたかったのですが、ここら辺でもう時間も無かったので今回は諦めました。

 これらを踏まえて、現状ではグリップ低ければ前後赤バネ。サーキットでは黄色かな?ってな塩梅です。オイルはもうちょっと詰めてみますが、前後400番が妥当かな~?ってな塩梅で落ち着きました。

 ステアリングロッドの取り付け位置も色々変更してみましたが、現状ではナックルパーツを上から見下ろして、上になる位置が良いみたいです。しかし、ロッドの角度によってバンプ変化を色々使うと、別な位置もありかもしれませんので、今後色々やってみたい箇所ではあります。

 フロントアッパーアームの取り付け位置も05になって2つ選べるようになりましたが、03に近い下段穴を使うと、現状の私の車ではアグレッシブになり過ぎてリヤが追いついてこない感じになってしまった為、上段で固定です。今後、何か見付かれば下段もアリだと思いますので、無かった事にせず、いつか使える状況になったら挑戦してみようと思います。

 こんな感じで、走り始めに比べたら相当マシになった05ですが、03に追いついたかな?といった程度の微妙な感じなんで、もうちょっと煮詰めは必要だと思われます。


 次は05ver.2ですが、また次にでも・・・

2009/08/11 Tue. 13:06 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

にううえぽん その3 

 昨日も引き続きM05いぢりです。

 大本営の対応パーツ一覧見たら、03サスアームはNGだったんですねぇ。(汗  交換します。というか、めんどくさかったので作ってなかった。スペアに回しておこう。くらいの感覚でしたので・・・。

 03アームの方がクリアランスが大きくなるなる為か、シム入れて「MS/ML仕様」が作れて良いのですがねぇ。05アームはそこまで隙間は出来ませんでした。

 03の感覚で、車高をフロントギヤボックス底の一番低いところで4.5mmに。リヤは末端部で5mmに設定し、各部をチェック。リヤアッパーはアルミアップライトなので調整可。キャンバーは1.5度くらいにしておきました。ターンバックル使えそうですが、とりあえず長いイモネジと、カラー+シムで全長揃えてます。

 某てんいん日記様によれば、OPで05用アジャスタブルアッパーアームが発売される模様ですので、それを待つ予定です。

 ステアロッドが正面から見るとハの字なので、ほぼ水平に調整。バンプインから、ほぼ変化なし位になってますが、どう影響するでしょうねぇ?楽しみです。


 残るはダンパー。メカの配置も、ダンパーの位置も変ったせいか、まったく見えてきません。03のイメージに近づけようと思うのですが、どうしてもフロントは硬く突っ張る感じが出てしまいます。

 安直に、前後のオイル番手を03と真逆にし、かつ、下げてみました。ん~・・・でも、何かツッパリ感は変らないなぁ。と、バネを前ショート赤:後ろショート黄 から、前後蛍光赤の超ソフトバネへ変更してみると、前の感じは悪くない。後ろはプニャンプニャンになったので、蛍光黄→青と試して、青で妥協。

 ただ、沈み側はいい感じですが、戻りがモッチリし過ぎている感じが。蛍光バネに頼っちゃダメなのかな~。と、思いながらも、悪さしなければアリだな。と、いう事で。


 ここで、十番氏に以前言われたダンパーの取り付け角度に着目。前側はキャスターでいうとほぼ0キャスターな感じで取り付けられていました。で、サスピンでキャスターも付いてるんだし、ダンパーもキャスター寝かすようにしてやれば、ストローク感も自然になるんじゃね?と、ダンパー上側はヘックスピロ直付け。サスアーム側は3mmカラー入れて寝かせるようにしてみると、をを。何か突っ張り感が薄れた。いいかもしれない。という事でそのまま採用。

 こうしてみたら、普通のショート赤にしても突っ張らずに動くようになりましたので、バネを赤と黄色の組に戻し、リヤも同様に寝かせる調整を加えてみました。こちらは上側に1mm。下がヘックス直付けです。

 こうして、リバウンドを探ってダンパー長は前後55.5mmとなり、大体、このくらいかな?という触り心地が出てきました。


 あとはシェイクダウンです。

2009/08/07 Fri. 10:12 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

にううえぽん その2 

ひょろり



 そんなこんなで、暫定的ながらカタチにしました。

 メカスペースが非常にヒョロい外観になりましたが、手にとって捻ってみても、結構ねじれません。M03はうにゃんうにゃんしたのですがねぇ。結構カッチカチです。ま、樹脂のカタマリみたいになっちゃいましたんで、致し方ないのでしょう。サーボもフレームの一部みたいになりますので、これでより硬くなるのだと思われます。

 足回りはM03で使っていたものをそのまま装着。リヤはそっくりそのまま。フロントはCハブ形状に若干の変更が加えられていたので、CハブのみM05です。

 ダンパーもそのまま付けてしまっていますが、やっぱり効き具合がレイダウン化で全然違ってまして、ここは要変更ですね。

 バッテリースペースが03に比べると、セルの大型化に合わせてか、広く大きく出来てまして、1600SPでは上下前後によく動きます。動かないようにバッテリーホルダー裏にスポンジテープを貼っていましたが、03と同じ厚みでは足りずスカスカです。両面テープで厚みを増して対処しました。

 前後にも動くので、モーター側に寄るように側面にもスポンジテープを。これは03では要らなかった作業です。これらのお陰で、バッテリー搭載時はキュッキュ言わせながら搭載する事になります。きゅっきゅ。
 これらによって、バッテリーの遊びはほぼなくなりました。ホルダーは03から流用です。

 残る作業はモーターヒートシンクの隣にポンダーが搭載出来るようにするべく、ポンダーホルダーをどーにかくっつける事くらいです。が、ステアワイパーのサーボロッドからの入力を受けるピロボールを捻じ込んだ際に、パキリという快音と共に根元が割れてまして、要交換となっております。(泣)グリス塗って慎重に締め込んでいたつもりだったのですが・・・ああ。部品なかったらドウシヨウ。

 この、ボディレス状態で手に持った感触としては・・・・う~ん。03のボディ付きといい勝負くらい??となると、03よりもボディ1枚分は重いかな?ってな塩梅ですが、個人的な色眼鏡も入っていますので、実際量って現実見て、ヘコむと思われます。これは今日にでも量ってみましょう。

 慌てて組んだので、ああした。こうしたい。と、見えていても出来なかった部分も多々ありました。マエズミ氏がやってきたトラウトタミチャレ直前に手に入れて、どうにかカタチにしてきたGMN氏はよくやったなぁ。と、遅ればせながら関心しました。
 05ver.2はまぁ、素でも良い部分が殆どでしたが、こちらに関しては、組みながら、シム入れたい。とか、ほじりたい。とか、う~とか、あ~とか邪念が横切る横切る。(笑)

 あとは先程い書いたポンダーホルダー加工を終えたら、05について触れられているブログ等を参考に、妄想セットに勤しみたいと思います。徘徊するぞー。

2009/08/05 Wed. 09:51 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

にううえぽん 

宮城に向けて?

 日曜夕方に引き取ってきて、昨日までガリガリゴリゴリと削っておりました。

 体積としては結構な量に見えるくらい削ぎ落としましたが、手にとってみると10gないんじゃないかな~。ってな塩梅です。

 ギヤボックス側のフレームは03と一緒か少し軽め。メカボックス側は・・・ウフフ。重い・・・。

 想定よりも長いビスが多く、頓挫しつつもここまでカタチに。

 メカ類は横に貼り付ける予定にしたので、下側を大きく落としてみました。サーボも固定するから、剛性はそれなりにあるだろう。ってな解釈です。

 サーボの入るスペース両サイドに、サーボコネクタが通るだけの長穴を開けましたので、余分なコードはサーボ底に這わせて、見た目はスッキリ出来そう。

 今日はESCの配線を付け替えて、本体に固定して、メカスペース側をやっつけてしまいたいなぁ。


 ギヤボックス側でひとつ。以前のまま、各ギヤの横方向へのガタを減らす目的で入れていたスペーサーをそのまま入れたら、駆動が一気に重くなりました。若干、中の勝手も変った模様です。

 あとは十番氏の書いた事を参考に、デフは旧タイプを継続使用と割り切って、ベアリングホルダー接着しちゃおうか悩んでおります。走りに悪さする場合もあるのなら、ちょっと気にしたい部分ですので・・・。

2009/08/04 Tue. 12:12 [edit]

Category: 未分類

TB: 0  /  CM: 0

top △

タミグラ岩手 2日目 その2(終) 

 間隔空き過ぎて、ネタ腐り起してますが、2日目の続きです。

 2日目はバギーとミニ。ここで妙なものが目に入ります。

 ・・・何だろう?秋田で見て以来、久々に見た気がする低いジャンプ台は??

 そうか。今年はビッグジャンプに小ジャンプも織り交ぜてウフフアハハで難しく・・・

 ・・・ヒクイノダケダタ・・・。○| ̄|_


 こ、この状態だと、飛形制御し易いセットよりは、従来取り組んでいた平地走行向けセットの方が何倍も走りやすいじゃないですか。セット戻す時間もない。今回はこれでいくか・・・。

 練習走行の雰囲気は悪くないので、とりあえずそのままです。この、バギー練習の前にミニも走りましたが、ギャップ拾うし、車が小刻みに震えて何か変。リヤが跳ねてオーバー出たり、AタイヤからSグリップにしてるけど、ギャップによく引っ掛かる。ってな塩梅でしたので、リヤのバネを青から黄色へ。リヤアップライトのアッパーアームを上から下へ。

 これでとりあえず様子見です。

 続いてドラミとコンデレ。今年もバギーで選んで頂きまして、ハットトリック達成でございます。ありがたや~。何となく達成感がありますので、今度はもうちょっと楽しよう。


 間髪入れずにバギー予選1回目。インリフトでのトラクションのかかりの悪さを嫌って、今回はフロントデフのセンターワンウェイという仕様にしてみたのですが、練習では気のせいに感じていた、やたらとフロントの反応だけがいい状態が、結構深刻だというのが発覚。一人タコ踊りで、周りにご迷惑かけながらヒィヒィととりあえずゴール。暫定でも下からすぐ見える程の酷い状態。

 これを踏まえて、センターダイレクト化は時間的に間に合わないと判断して、フロントをデフからワンウェイに交換。ダブルワンウェイで心中ですよ、こうなったら。ダンパー長をロッドエンド側で詰められるだけ詰めて、ちょっと伸び過ぎ足にも規制入れてみました。

 休憩時間のトーイン出しスペースで状態確認。うむ。さっきよりはマシ。という事で、予選2回目。後列スタートなので、周囲に気を使いながら走ると結構走れる。最後、計測手前でひっくり返り肝を冷やしましたが、大幅な更新が出来た為、9番手に上がり、どうにかAメインに残る事が出来ました。


 変ってミニですが、バネやアッパーアーム位置変更だけではどうにもならず、時々速いけど安定しない、定まらない状態で走るだけで精一杯だった1回目。ギャップ拾うのが気に入らなくて、バネを蛍光へ変更し、柔らか足に。前黄色。後青。

 これで安定感は増したものの、軽やかさを失って攻めにくくなってしまい、あせって転んでの最悪パターン。1回目を更新出来なければDメインでも微妙な位置だった状態でしたが、辛うじて更新出来たせいか、Cメイン2番手まで回復したものの、Aから落ちた事がなかったミニスポーツで、初のA逃しは流石にヘコみました。

 決勝に向けてバネを元に戻し、もうオラオラでいいや。という感じにします。ここで、去年までAタイヤ1択だったんだから、タイヤで結構違ってたんじゃないか?という事を確認するべく、タイヤもSグリからAに変えてみれば良かったんでしょうがねぇ・・・。蒸し暑さにやられて、頭働かなかったみたいです。そこがちょいと悔やまれます。


 さて、いよいよ決勝。まず先にバギーBメインが始まり、次はいよいよ私達の出番。お立ち台裏で説明と相互車検が始まりだすと、空から雨粒がポツポツと。ちょっとくらいだったら強行します。という判断のもと、Bが終わって、お立ち台に並び始めると、雨粒は大きくなり雨脚が一気に強くなり土砂降りに。とてもレースなりませんので一時中断。

 滝の様な雨を恨みながら、ここまでか~・・・。と、雨に機材が濡れない様に、各々が撤収準備を始めます。ただ皆様、天候回復を信じて、出走可能な状態のまま待機です。やがて雨脚は弱まり、日差しも顔を出します。


 タイル路面なので水はけがよく、状況回復が早いのがここの特徴。有志が排水作業に狩り出され、水浸し状態から、しっとり濡れ路面程度まで回復した事で、バギーAメイン決勝が開始されます。

 Aなのに。皆様チュルンチュルン。(笑)

 スタート直後のどさくさで、一時的に3位くらいに上がったものの、もみ合いやら自爆で一進一退を繰り返している間に、腹黒選手とアキラ選手は遥か彼方。けど、どんどん回復する路面に車が合ってきているせいか、ペースは良い感じ。ダブルワンウェイでオールドタイプにゃあ扱えない特性になったかな?という懸念は払拭されて、結構自在に操れる感じでしたが、こちらがストレートエンドを抜ける頃、ストレートに入り込む腹黒選手の姿が見えた時点で、挽回は厳しいから、ラップダウンだけは・・・と、思ったらミスしてあっさりと。(泣)

 最終的に何位ゴールかは確認しなかったのですが、グリッドよりは上でゴールした。はず・・・。でも、どんどん路面変化していく中でのレースは面白かった~。あの、どんどん握っても大丈夫な感じが出来つつあるのに、ライン外れるとドリフト横っ飛び。は、際どくてスリリングで、楽しかったなぁ。


 ミニはCメインですから、お気楽なもんで、お気楽過ぎて、1コーナーでインヒットするアホっぷりで、レース内容も散々ながら、目の前には元かいちょ~氏が居るではないですか。これは楽しくウフフアハハしませんと。と、切り替えし区間で横並び・・・・

 2台のくるまの見えない方向より、転がり出てくる白ホイールのタイヤが1個。二人とも白ホイール!!

 ドッチダ!!


 元かいちょ~氏の方でした。(笑)

 その後も速いけど転がって。の繰り返しで、ぐでんぐでんのままゴール。順位は下位だったはず。でも、楽しかった~。


 今回は、ちょいと普段と違いました。いつもは常に後が無い感じがして、お立ち台下で順番待ちをしている最中は、心臓飛び出そうになっていました。チキンですから。

 が、今回は、その必定以上の緊張感がまるでありません。色々要因は考えられます。1日目は蒸し暑さにやられたのと、早朝からの行動で多少くたびれモードが入ったのと、消化内容が変更された為、初日は1クラスのみ。という精神的余裕が成せたものかもしれません。

 2日目は1日目の夜、ゆ~ぞ~氏やえむ2さんと夜のタミグラで、普段飲まない量を飲みましたので、翌日、アルコールは抜けても酒は抜けてなくて、程好いを通り越して必要以上に気が抜けていたような気がします。(笑)

 これがまた走りの良し悪しや、暫定順位や結果で一喜一憂する波が低くなり、悪くても必要以上に落ち込まないし、自分の居る位置で楽しめるようになっていた気がします。これが成績への執着を削ぐ事になったかもしれませんが、未だに本人は後悔も無く、楽しく出来たからいいじゃない。と、納得しております。

 ただ、祭りは終わっちゃいないな。という感じがありありとありますので、宮城大会が終わるまでは、ゆるくタミグラモード継続しているっぽいです。いや楽しい。そして、来月が待ち遠しい。あまり期間はありませんが、今回の反省を踏まえた改善に腐心したいと思います。

 もうちょっと、速い方々と競えるくらいになりたいもんです。


 レースとしてはMr.K氏とM澤氏がAメイン進出したF104ワンメイクの決勝は面白かった~。TOP3の争いは、恐らく2日間で最も緊迫していて、面白くて、魅了された気がします。あれで勝ったMr.K氏は流石です。

 あの決勝は動画で残しておきたかったな~。と思います。

 ミニA決勝の、ゆ~ぞ~氏曰く「ハガンゲリヲン、暴走モード」も見事なもんでした。あまりに見事過ぎて、途中からはM05選手権の行方のほうが気になる位。

 あの圧倒的な速さにMr.K氏の赤い角が激しく反応。3倍速いM05を作るべくミニも起動し始めたようですし、M澤選手も調子良さがありつつも、まだ納得しねぇ!!と言わんばかりにMr.K氏をいかに宮城へ連行するかを画策中みたいです。(笑)


 色んな方々の色んな複線のお陰で、熱が冷めないまま宮城も楽しめそうです。また、面白いレースが出来たり、観戦出来るといいな。と、思います。


 レース後はプライムさんの打ち上げに混ぜて頂きまして、美味しい鶏肉料理と皆様のはしゃぎっぷりを堪能させて頂きました。ありがとうございました。あんまり楽しくて、盛岡出たのは23時過ぎでした。(汗 翌日普通に仕事なのに。

 家に辿り着いたのは0時半過ぎ。時差がありつつ疲労が数日に渡って響いたものの、何とか現状生きております。さ、次は宮城。色々やらかしてますので、それは追々・・・。

2009/08/03 Mon. 12:50 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 4

top △