内職 

ありがたい事に内職のお話をぽつぽつ頂いております。自分のほったらかしで今年用のボディーが用意出来ていないのは置いといて。お店に依頼品の材料を買い出しに行って、そういえば、ハイエンドツーリングに手を染め始めた20年近く前は、PFのボディーってレギュラーで2000円出せばお釣りが来ていたような。軽量でも2000円くらいとか?それに比べてタミヤは高かった。定価も高めで、値引き幅の少ない小規模小売では結構勇気のいる買い物でした。
 今現在、量販店ではそれが逆転していて、横並びか下手すりゃタミヤさんが安いくらい。時代の移り変わりを感じてしみじみしてしまいます。アンディーズ・PFのダッヂ・ストラトスが猛威を振るっていた頃のお話。へそ曲がりだったのと、OVA信者だった私はOVAシルビア・エクシブ・ウィンダムに、カワダのイントレピッド辺りを使っていたかな?ダッヂ2.0オールパーパスも好きでした。

だいぶ経ってますがスプリングカップでお話頂いた内職を今ようやく終える。作業が遅くて申し訳ない。お話を頂いたときは悩んだ。依頼主は普段しっかりしたペインターさんの仕上げたボディーを使っていて、それがあるのに何故に?という恐縮と、敵わないまでも出来る限りやってみてどうなるだろうか?という不安に苛まれて、案の定手が停まっていました。
 ご厚意で使わないペインターさんのボディーも貸してもらい、それを見ながら勉強させてもらった。でも、見れば見るほど出来の良さにほれぼれし、敵わないまでも期待に添う為にと空回りをしてしまい、がががっっと模様を決めて、これでいきますと連絡をし、実際マスキングして模様をカットしようとしたところで手が止まりました。

意識過剰で自分のらしさを失ってないか?と、描いた模様をまじまじと見て、これは自分らしくしようとしたものではなくて、貸して頂いたボディーへの少なからずの対抗心というか、傷を残そうという方に意識を持って行かれてしまって、らしさも無いじゃないかと。相手の事を考えていない。これは別な機会でやらかして、同じ様に悔いた事があるヤツだ。よく見ろ。自分で使いたいか?カッコいいと思えるか?…いつものようにってどんな感じだったっけ?こうじゃないよな。と、模様のマスキングを剥がし、やり直しをしました。やりなおしてコレか?と言われてもぐうの音も出ないところではありますが、自分の持ち味である顔面偽装と直線基調の分かり易い塗り分け(技術が無いからグラデなんで出来んよ…)を取り入れて、色違いにして自分用にも出来るつもりで塗りました。

201706内職OG-1
201706内職OG-2
201706内職OG-3
201706内職OG-4
ってな訳で、こちらミニ2006でございます。
201706内職OG-5
201706内職OG-6
正面の顔とテールランプ等の処理はこんな感じでミニらしさを消しております。グリーン部分はお借りしたボディーと同様のラップ処理は再現出来ませんでしたが、ちょっとキラキラしちゃう自分なりのラップ処理でいかせて頂きました。オレンジ部分の陰影は蛍光ファイヤーオレンジ?ベースで影はコレかな?と塗ってみたら結構似せられまして、普段使わない組み合わせだった事もあり勉強になりました。色の選び方の傾向は違う色でも使えそう。

201706内職OG-7
201706内職OG-8
201706内職OG-9
201706内職OG-10

もう一つがシロッコ。シロッコはそのまま正直に塗ると、ディフォルメの関係からか実車の低く小さく平べったいイメージから外れてオデッセイみたいに見えるので、見え方を変えるようにしています。フロントウインドウの上部分を1cm少々伸ばし、伸ばした分だけガラスエリアを広げます。これでルーフの間延び感が少し薄れてコンパクトハッチっぽく見えるようになります。サイドウインドウもモールを太くして後ろまで引き延ばしリヤハッチまで繋げてしまいます。これもガラスエリアを大きくすることで車体をコンパクトに錯覚させようという魂胆です。・・・あとは別パーツのリヤウイング部分が黒い成型色なので、リヤウイングを塗る手間を簡略化させる狙いもあるとかないとか。(:3」 ∠ )_この辺は自分用もUMA氏用も一貫して行っている処理です。

201706内職OG-11
201706内職OG-12
リヤテールの処理は塗り終わった写真で見ると、すごい悪い事考えてるゴーストバスターズのマシュマロとかベイマックス的に見えなくもないですね…('A`)細工せずに全体が真っ白になると、リヤの膨れ餅感が強調されるので、ちょっと悪あがきしてみました。
 正面の傾向は一緒だけど、私用やUMA氏用に先に塗ったものの良いところ悪いところを踏まえながら微妙にアレンジしています。ガンメタに見える部分は普段タミヤスプレーのガンメタですが、ちょっと焦げ過ぎるかな?という印象もありました。今回は新型ベンツと同時発売?のブライトガンメタルにしてみたのですが、思惑通り焦げが減ったけどシルバーとの区別はつくくらいの感じで仕上がりました。常備品になりそうです。

週末発送手配をし、既に依頼主の手元に届いてます。普段のパターンからかけ離れて色だけ近いこんな感じですが、使って頂けたら幸いです。一息つけるかな?と思ったところにまたお話頂きました。今度は超軽量ペラペラの難敵ですが、頑張らせて頂きます…。
スポンサーサイト

2017/06/12 Mon. 12:44 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

内職の合間に 

GWの工藤模型タミチャレで近くに座っていた〇ちゃんとしんきち氏の会話を聞いていて、ちょっとした欲求が持ち上がってモヤモヤしてまして、オークションや店舗徘徊して品定めしてみたもののヒットもせず、物はあっても予算的にポンとは出せない。どーしよーかなー?と、海外のショップを覗いたら、結構お得な感じ。為替も何とか妥協出来るところだし、コミコミで考えても国内より価格抑えられた為ポチる。ショップからは「繁盛期だから、送ったけど到着遅いかもよ?」という発送案内メールをもらいましたが、3日もしたら到着。1週間くらいをみていたので早いよ充分。ってな訳で、
20170601香港より1
セッティング用ツール2種類到着でございます。ほんとはこれにGFのブラシレスモーターアナライザーと同じSKYRCブランドのものも手配しようか悩んだのですが、これは今回我慢しました。

20170601香港より2
セットアップゲージはHUDYやアローマックス、ヤーとか各社ありますが、諭吉さん1枚じゃ足りないです。('A`)こちら3Racing製です。定価もそんなに高くなく、値引きもそこそこなので前述したメーカー品の半額近くで売られてました。作りなどは前述のメーカーと変わらない為、使えると判断しました。

その昔、タミヤよりもJM系を熱心に遊んでいた頃、イーグルの同様のゲージを購入していました。その時、ABCホビーが販売していたクワトロというツーリングカーを手に入れて、色々いぢって行こうと思ったところだったのですが、このクワトロ、足回りが今日のGPカーに使われているボールコネクトサスを使っていまして、ディッシュホイールを使っているとレンチを突っ込む事が出来ない為、セッティングが難しい状況になっていました。ホイール変えればよいのですが、この頃は本命と浮気相手と2台体制がザラでして、片方の都合に合わせて色々変えるのを避けてまして…。クワトロはどっちかといえば浮気相手…いや、よく走ってくれたんで好きでしたよ。細かな点で色々残念だったので工夫も色々しましたが、よい付き合いでした。

クワロトに合わせた専用セットボードを使いました。ボードにピンが生えていて、しっかり位置が固定出来ました。固定するとタイヤ位置に目盛りが刻まれていて、セッティングホイール等利用するとトレッドも左右揃える事が出来ました。そのとき持っていたセッティングホイールがディッシュタイプだった為使えない。それならばいっその事セットアップゲージに変更してしまおうと思い立っての購入でした。
 導入したは良いのですが、上手く揃えるのは難儀しました。サスボールのねじ込み量はノギスで測って揃えるのにトレッドが揃わないとか、同じくねじ込み量測りながらキャンバーやリヤトー調整しようとしても左右が揃わなかったり…。

今のツールとの大きな違いは、ホイールの役割をするプレートの底面が、イーグルは金属板そのままの面で当たるのに対し、昨今のツールはベアリングが使われて点で当たるようになり、かつ引っ掛からないようになった部分でしょう。イーグルは面で当たる為、ボードに引っ掛かる(専用セットボードはボード表面に目盛りが印刷されていた為、触るとインク分ザラザラしてました。)等してて、変化させただけ正しく数値が動いていない場合があった気がします。ボードとの引っ掛かりと僅かなガタがキャンバー変化を片方はプラスに、片方がマイナスに反映させていたりするとトレッドが不揃いになったりトー角がずれたり等、細かながら気になる事が多々ありました。よくクニクニさせて馴染ませながら何度も調整していた記憶があります。

そんなめんどくさいという先入観から出番がどんどん減って、フロントのトー角調整のためにたまに使う程度のアイテムになっていた為、引っ越し断捨離で廃棄してしまいました。なので今回は買い直しとなります。懸念していた部分は改善された今日的なツールなので、以前のような使い辛さも減るでしょう。今一度、手持ちの車体を見直すべく使ってみます。これから扱うM-07コンセプトのリヤトーはアジャスタブルになりますし、出番は増えるんじゃないかな?と。

20170601香港より3
もう一つはGFブランドで見慣れた感のあるコーナーウェイトシステム。SKYRCブランドになるとちょっとお得。ま、壊れた後のアフターが絶望的なので、壊れたらおしまいと割り切っての購入です。アフターを充実させたいなら国内代理店ブランドと小売店をしっかり通して買った方が幸せです。

GW工藤模型タミチャレの時、〇ちゃんがしんきち氏のマシン見ながら、ちゃんと左右揃えないとまっすぐ走らないですよ?これ崩れてません?みないなツッコミいれてまして。大体こんなもんだろうな?という漠然としたところでしか調整していなかった自分も気になってしまいました。TA07はモーター位置が動く為、色々バランスが変化するのが持ち味だと思います。左右のバランスも漠然としてるだけでは気付かない部分も多々あると思います。可視化してデータを取っておけば役に立ちそうな気がします。TA07に限らず、手持ちの車を色々測ってみようと思います。

そんな事をしつつ、週末のレースに間に合わせねばならない内職をどたばたと仕上げる。
20170601平田body1
20170601平田body2
20170601平田body3
いつもギリッギリですいません。('A`)

ITOさん、塗るまで手が回らなくて、今回頭は一緒に送れませんでした。すいません…。

2017/06/02 Fri. 09:59 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

GW帰省後編 

4日は朝からNRCサーキットへ。Y-HA氏は旅行中で居ませんでしたが、いつもの面子に弄ばれてきました。

20170504NRC1.jpg
引き続き暑い日でした。今、私の住んでいる辺りと気候的には変わらない感じで日中は暑い。けど、朝方と日没後の急激な冷え込み方は北国ならではな感じです。コースレイアウトは以前の様にお立ち台奥をメインストレートに据えてから他を決めていく感じを止めて、のびのび全体を使う感じになっています。目に見えるストレートは無いのですが、全開区間が多くてオーバルみたいなところもあります。苦手な加速させながらシケインを抜けていくとヘアピンという、指がブレーキ側に動かせない身としては不得意なセクションと、やらしいストップ&ゴーが組み合わさったレイアウトでチャレンジし甲斐がありました。
20170504NRC3.jpg
私の相手しつつ、皆様日曜日のシリーズ開幕戦の準備に余念がありませんでした。

今回ニシムラ模型さんのご厚意で計測機器が持ち込まれましたので設置して、タイム計測走行会となりました。ありがとうございました。

ストック車両は用意が間に合わなかったのでチャレGTのTA07を集中的に走り込ませました。皆様に遊んでもらった事で、車体側も人間側もまだまだと思い知りました。

工藤模型走行時もレース中にいくらか変更を加えましたが、その状態で計測すると地元勢より0.3秒くらい遅い。全体的にコーナリングでの待ちが多くて、すぽーんと突っ込んでクルッと回っていく地元勢の動きについていけない感じ。地元勢のソレに近い動きが出せたなら、昨日はもう少し上位に喰らい付けただろうなと思いながら一からやり直す勢いであれこれ変更して変化を試しつつ、コース慣れもしていきました。

自分なりに、こういう感じだからここをこうしたら…と、変更し続けたら、何となくお外用のジオメトリーになって来た。ステアリング操作に対して反応が遅れるような素振りが徐々に薄れてきたけど、それでもダイレクト感が足りない。皆様に突かれて、より劣る部分が明確になり、ここをどうしたいか?が絞れてきた。カーペットに合わせたつもりのジオメトリーから随分変えたので、今はこれを厚木に持ち込んで走らせてみて、どう走るかを見てみたい。その上で細かなすり合わせをしていけば、もうちょっと頑張れそうではある。
 色々やってみた結果、ベスト17秒中盤、アベ17秒後半から、一撃で17秒080くらいは出せた。アベも17秒中盤まで上げられたので、底上げは出来たようでした。地元居た頃は奥様と遠距離だった事もあって、週末はコースに詰めてこんな調子だったなぁ。頑張ってたな。頑張ったなりにはなっていたけど、頑張った時間を信じすぎて視野が狭くもなっていたな。だから信じたものが崩れると簡単にテンパって自壊してた。それをハートの弱さみたいに思っていたけど、今の環境でレースも稽古も濃密になった事で、信じすぎない俯瞰と、情報に流されないが覚えがある事は取り入れる柔軟性、最後まで立っていられる事が大事という考え方を教わってきた。

新宿お説教は何一つ無駄になっていない。('A`)そんな変態師匠共に感謝ともう少しの優しさを所望する。

車体側に話を戻すと、なかなか試せていなかった419脚への変更をしてみた。何となくですがドッシリしますね。重さのような気もしますが、しっかり握れる強みにも感じました。変更した事でリヤトー減らしがあまり気にならない感じになりました。アッパーアームのバンザイ度合いやバンプイン傾向を増やしたり、ダンパーの角度やバネも色々試し、リヤデフの番手も上がりました。モーター位置は後ろがやっぱり馴染むかも。前モーターのお殿様の仕様がしっかり構築されているので、モーター位置を軸にきっちり組めば良いのだと思います。私はその時の材料では後ろがいいと感じた次第。

ライキリ基準で詰めていましたがコースにリップをゴッソリ持って行かれてライキリ終了。クライマックス優勝?ボデーなのに容赦しません。フヒヒ。以降BRZでしたが、BRZはポンと乗せ換えで雰囲気変える感じじゃなくて、ある程度のアジャストが要る気がしてきた。ちょっとタイムが出しにくい。そんな中、地元勢は新型ベンツで絶好調。試してみると絶妙にいい動きをする。コースレイアウトにも合っているのでしょうが、思いの外戦闘力が高いボディーと感じました。昔のM3GT2?っぽいのかな?

(:3」 ∠ )_…自分用も用意するか。カーペットでどうかな~?でも、非ライキリの場合の基準ボディーとして使えそうな気がしました。
教えてくれた地元勢に感謝です。

そんな感じで、お店の閉店時間ギリで撤収するくらい遊ばせてもらいました。ありがとうございました。次の帰省の時も遊べたらまた構って下さいね。

その日の夜に函館満喫から帰って来た奥様を迎えに行き翌日。奥様、いいもの喰い過ぎてお腹絶不調…。実家に残して本家への顔出しは一人で行く事に。じいちゃんばあちゃん元気で何より。またお盆の頃にでも来ます。長生きしてくれ。
2017zakki0505-4.jpg
本家のある見慣れた西海岸の風景。気温風とも快適。窓開けてのドライブ最高でした。

奥様から昼飯は食ってきていいという連絡があり、高校のクラスメイトのところに行って用事足しつつ飯も。また新たなお店を教わった。ありがとね。´ω`)ノ
帰宅し薬でどうにか復調傾向の奥様を乗せて東京に戻ります。途中で用事や東京で買えない地元品を買い込んで、またタプタプに給油してから出発。今度はこまめに休憩入れて、紫波、菅生、那須高原と寄りながら朝の4時頃到着。行きよりまた燃費が落ちたのは登りが多い上り側だという事と、お土産で重量増したからだろうなぁ・・・。そのままばたんきゅうして9時頃まで寝て、約束の時間なのでホテルに預けたあおさんを引き取りに。
201705091037484d3.jpg
´ω`)ノあおさんただいま。ちょっとドキドキしてましたが、帰宅後間もなくリラックス始めてくれました。お留守番頑張ったね。えらいよ。

そんな感じで連休は終了。内職を頂いているので頑張ります。

2017/05/09 Tue. 10:40 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △

GW帰省 

連休後半帰省して猿ラジさせて頂きました。

2日火曜日、あおさんをペットホテルに預けて奥様の帰宅後出発。
あおさんGW前
ボクヲオイテイクノ…?

大丈夫。土曜日迎えに来るからね。あおさん、いい子してるんだよ。´ω`)ノ預かって頂いた病院の助手さんに、カワイイカワイイ言われてまんざらでもなさそうなあおさんとは週末までお別れです。

ってな感じで20時ちょい前に出発。圏央道ICが近くに出来てほんとにラク。流れはそれなりですが昼間みたいな車両の多さ。サクサクッと圏央道を走り抜けて東北道へ。翌日の3日に行われる工藤模型タミチャレは当初到着すら間に合わないし、到着後のレースは酷だろうと諦めていたのですが、ちょっと野心を出して行けるだけ行ってみる事に。晩御飯を食べずに出たので、羽生あたりで晩飯を…と思ったら混雑で入る気が起きない。(ノД`)佐野も似たような状況。ならば距離を稼ぐと那須高原まで。
 那須高原も混んでましたが、奥様の機転でフードコートの座席確保と、食券売り場の長蛇の列を見て、各々が好きなものを選びに行くよりまとめて注文だと、私が食べそうなものを前もって手配をしてくれたため、待ち時間も少なく食べる事が出来ました。ありがたや。食後に薬剤各種。眠気覚ましガム等仕入れて再出発。

ここからひたすら走って距離を稼いで、長い休憩時間を青森に近付いてから確保しようと頑張ります。GWだからか慣れていない車が多いのか気を遣う。坂道減速当たり前。右車線居座り当たり前。流れ悪い。クルコンが使い辛い…。トイレ休憩は申し出があるか自分が行きたくなるまではとらない為、普段寄っていく国見や菅生、長者原に前沢もぶっちぎってひたすら北進。が、途中の電光掲示板で事故による花巻~紫波間の通行止めを知り、慌ててナビ起動させて回避ルートを出してもらいます。情報通りに花巻から高速降ろされて一般道で紫波まで。真夜中だし、さして引っ掛かりもせずに紫波に到着して再度高速inします。ロスが少なくて良かった。岩手山で休憩入れて。固まった身体をほぐして再び出発。やはり足代過ぎたらもうガラガラっすなぁ。朝4時ちょい前に大鰐弘前到着。一旦降りて家の近所のGSで給油。ちょっと伸びが悪くて18キロ台。それでも満タン40ℓで止まる。給油口ギリまでタプらせて出発したので実際は42ℓくらい?かな。やはり無給油到達すばらしい。この時点で4時ちょい過ぎ。休憩場所として道の駅浪岡を目指します。
201705037号線1
ただいま岩木山。
201705037号線2
7号線藤崎に向かう桜並木はもう葉桜でございました。(ノД`)

道の駅浪岡で6時半頃まで仮眠。座る姿勢で寝れない人ですが流石に少しは寝たらしい。うん、休憩時間の為頑張ったもん。それでも目覚めたらうめき声しか出ませんでしたがね。ええ。アアァ…コイジャコイジャ…。それでも頭も少しはスッキリしたし、何とかレースも行けそうでした。ここから青森市へ移動。奥様は帰省を通り越して函館観光してくるから新青森に降ろせやというご命令だったので新青森駅へ。
20170503新青森駅
ちょっといじくってポスター風に。奥様とはここで解散。後に宿確保の連絡があり、3日と4日ラジ漬けが確定。奥様ありがとう。途中コンビニに寄りながら雲谷を目指します。

外様ナンバーが外様ナンバーを煽るなんか嫌な間に挟まれつつ山を上って工藤模型サーキットに。CHOさんと腹黒さんが居た。GWはなぜか遊びに来てくれる。しんきち氏と〇ちゃん。F野さんもいました。以外と遠征組が多い面子となってました。度が過ぎた遠征ですみません。|д゚)ぼちぼち準備開始。今回はチャレGTとミニとFFに参加して実績作り。

20170503工藤模型2
20170503工藤模型1

眠い。暑い。日焼け止め塗り忘れた。真っ赤になってのレースが始まります。

〇ミニ
Mフリークそのままを持ち込み。ちょっとリヤがルーズで動きはダル。リヤバネをマイカブルー黄色からブラック青に。ダルは多少改善されるもルーズさが消えない。('A`)オラはピロサスピン位置が苦手なんだろうか…。ピリッっとしないまま予選は5番手。決勝は一度ミスして後退した〇チャンのお蔭で1ポジアップしたものの、猛追されて抜き返されて終了。グリッド位置の5番手でゴール。上位陣とベストで0.4秒くらいの開きがある。M07コンセプト待ち故、今から根詰め直す気力が湧かない。

〇FF
帰省前メンテでフロントナックルを現行ナックルから旧ナックル(ステアロッド取り付け穴が2つあるナックル)にして、本来のFF03の組み合わせ(とはいってもCハブが新型6度なんで角度が違うが)にしてみた。スプリングカップ優勝者に倣ったのだが、正直自分には合わないというか馴染んで無かった気がする。多分、最初からコレならこういうものかと割り切って馴染めているとは思うが、アッカーマンが変わった影響で曲がるポイントのずれを感じまくる。昨年秋に遊びに行った時の方が良く走っていた。ボディーもゴルフからCRZになっているし、昨年仕様の方が合っているしよく走る気がしてきた。
路面グリップが高くてリヤトー2度では曲がらない。アップライトがOPのアルミで1度付いている為、ブラケット揃えても1度は付く。その1度でもまだリヤがどっしりしていたような感じ。曲がる感じがずれて、リヤグリップが高くて動かないのを振り回してフラつかせてしまう、前後バランスの崩れた状態で我慢の走り。しかも、予選1回目早々にストレートエンドのインに乗り上げて吹っ飛んだ際、センサーケーブルを切る駄目っぷり。ケーブル貸してくれたTナカ氏に感謝。ほぼノータイムな1回目だった為予選2回目は確実に走り切ってどうにかポジションアップ。ミニに続いて予選5番手。
 決勝はカウントダウンからのブザーが聞こえなくて、皆、変な走り出しでおかしなスタートに。勝手にやり直すかな?と待機したらそのまま進行が始まってしまい最後尾に。0(:3 )~ _('、3」 ∠ )_そりゃないよ・・・。どうにかこうにか前をこじ開けて、グリッドまで順位を戻して終了。ミニに続いて締まらん内容。

〇チャレGT
初のモーター真ん中でいってみます。旋回力が切り始め側に集中して出口アンダー傾向に。これはこれで面白い。リヤグリップが強すぎて動きが悪く、助言もあってリヤトー減らし。後は軽くて不安定な時があるBRZではなくライキリをチョイスしてクセを薄めた感じに。
 予選1回目は暫定7位。上位陣が9周で10秒を切るタイムの時に15秒。2回目はタイムアップして11秒台に。昨年秋もそうだったんだが、I川氏とは大体2秒差なんだなぁ…('A`)そんな訳で5番手に上がってAメインに。決勝は車の調子が良くて、手負いのI川氏を突きまくって何とかこじ開けて前に。しかし、時間がかかり過ぎて3位が遥か前方に。程々に諦めてポジションキープして終了。もう1分動き出しが早ければCHOさんにやらしく絡める時間が出来たかもしれないけど、今の私には力不足でした。でも、唯一予選より前で終えたから良かった…のか?

そんな感じで工藤模型タミチャレ終了。もう眠いんだか日焼けが痛いんだかよくわからん状況でしたが楽しかったです。若旦那さ、ま、主さま、面倒ださま、ありがとうございました。また参加できる機会がありましたら宜しくお願いします。

ヘロヘロのまま道の駅浪岡まで戻って、蕎麦食って米粒入りジェラード食ってお腹満たしてから弘前のNRCサーキットへ。いつもの方々が走り込んでおられました。ITO氏にボディーの納品して、翌日は朝からの走り込み誘われて解散。帰宅したらもう死んだように動けなくなりました。日焼けが痛い…。そんな帰省猿ラジ1日目でございました。2日目は次回に。

2017/05/08 Mon. 10:45 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017Mフリークその2 

日曜日。5時半頃起床。身支度整えてチェックアウト。道すがらのコンビニで食材買い込んでサーキットへ。
2017Mフリ2日目5
うっう…具合悪い…('A`)後ろに青い犬さんが居たのも気付かず軽い電池切れ。でもあまぁ、2日目頑張りましょう。
2017Mフリ2日目1
異彩を放つローライドパンプキン…。XBですよ。ちゃんと勝負してましたな。
2017Mフリ2日目3
2017Mフリ2日目4
皆様準備に余念がありません。
2017Mフリギタイ1
2017Mフリギタイ2
これは擬態ボディーが集まったところを撮影させてもらったものです。デミオはBMW1シリーズやベンツAクラス擬態が出来そうです。

さて、自分の練習が始まります。日曜日は2回出来ます。前日加えていた変更はダンパーを通常位置から前後ピロサスピン位置へ変更。レバー比が変わって硬く出るところを柔らかいバネにして合わせます。前後白ショートバネで合わせていましたが、黒ショートのFイエロー/Rブルーに。

先に走ってきた方々から巻くというワードがチラホラ。路面が結構下がったみたい。走ってみると確かにグリップ感が薄い感じ。走り始めの3コーナー抜ける位までリヤグリップ感が足りないながら、落ち着いたら走れるように。足が動くようになってぎくしゃくするかな?という事は無く、感覚が変わらないまま走れてます。ゼブラ踏んでも捲れそうにならなくなったので良いみたい。
 1回目の練習からM5の練習終了まで時間が無くて、とりあえずリヤバネを青からマイカブルーイエローに変更してそのまま最後走ってみると、ちょっと落ち着きが出て最初の不安感は抑えられました。スズタク氏も見ていて足が動いているのでらしい動きだという感想でした。微調整で少しリヤアッパーアーム伸ばして予選3回目に挑む事に。モーターも空き時間に慣らしてコンディションを整え続けたら2.4A/17300くらいに育ってくれました。

さてドラミ。
2017Mフリドラミ1
巨匠の作品。スポンサーでBPを獲得していたら?の妄想マクラーレンですが、モノコック側面のカーボンパターンが塗装という変態ぶり。凄すぎてもうね。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
2017Mフリドラミ2
F-1は新旧カラーリングや他カテゴリーのカラーリングを反映させたりする華やかさで見飽きませんね。
2017Mフリドラミ3
コンデレも大量選出。
2017Mフリドラミ4
M5はデミオを筆頭にmito、M寸でロードスターとスイフトが多数を占めていました。CR-Xが少数派だったような。
2017Mフリドラミ5
ん?
2017Mフリドラミ6
ん??
2017Mフリドラミ7
ほほう。やっていいんだ…。大丈夫か?あとで聞いてみよう。

と、ドラミ終了後にMS氏に、「ドラミで並んでいる車見ていたら、MS氏のデミオはダンパー付いてないんじゃないのと?思う得る位ボディーが下がってましたけど、あんなに下げてもいいの?」と聞いたところ、「大丈夫。下げよう。」というお返事。

フロントタイヤのフェンダーにホイールリム部分が隠れる位まで下げました。それまではリムがしっかり見える高さでしたからピン位置一つか二つくらい下げたかも。

予選3回目はヒート組み換えが無かったので最終組前のヒートに。しかし、登壇順と走行順は2回目の成績が反映されます。ゼッケン通り2番手スタートだった私は最下位スタートに。気楽に前との距離を詰める事に終始します、やはり上位スタートの方は早くてラップされちゃいますが、ベンチマークとして後ろをついていきながらこちらもタイムアップ。電光掲示板に自分のゼッケンは無いからヒート5位以下か…('A`)ビビりすぎたか、もうちょっと頑張るべきだったかも。
2017Mフリ予選3回目1
2017Mフリ予選3回目2
昨日と大して変わらないながら、そこそこポイントは良かったので総合順位で持ち直します。出来れば20番手以内だったのですが、なかなか緩くないだろうなぁ。

そしていよいよ最終予選の4回目。ヒート組み換えは無し。ヒート内の出走順は6番手位に。隣がM氏でびびりっ放し。スタートして、こっちがミスして先行され、今度はミスがあってポジション取り返したり、非常にイチャイチャした内容。タイムどうだったんだろう?最終結果が貼り出されました。
2017Mフリ予選結果1
2017Mフリ予選結果2
2017Mフリ予選結果3
2017Mフリ予選結果5
2017Mフリ予選結果6
2017Mフリ予選結果7
何とか1ポジダウンだけで済みました。最後の予選10秒切れてはいたのですが、周囲が速過ぎてこれでも平凡なタイムだったみたです。('A`)私は1回目と3回目のタイムが有効となってこの位置でした。さて、決勝はどうなるでしょう?組み分け人数次第ではBメインでもCメインでもおかしくない宙ぶらりんな位置。どっちになるだろねというやきもきをしながら組み分け貼り出しを待ちます。

…0(:3 )~ _('、3」 ∠ )_…な、なんとかBメインに引っ掛かる。過去何年か参戦してますが、Bは初めてかも。頑張らねば。

その決勝は序盤の混乱に乗じて前を抜くチャンスはあったのですが活かしきれずにポジションキープ。上手い方ばかりで媒介のチャンスを貰えないままレース中盤を超えたあたりで1台がミスから不調になってリタイヤ。その事で一つ順位が上がってそのままゴール。TOPとは同一周回ながら12秒差。スタートグリッドが遠いハンデもありますが、速いラップだと17秒台が出ていたようなので、ラップダウンされたっておかしくない差がありました。ここを詰めていかなくてはなりません。一足飛びは無理ですから、今の自分から3分で1秒削り、また削って近付いていくしかありません。皆様と一緒に走った事で損している箇所も思い知る事が出来ました。今後の糧にさせて頂きます。

そんな感じでレースは終了。サプライズでM07コンセプト見せてもらったり等のサプライズもありましたが、そこは割愛…。
さて、GW帰省準備せねば…。

2017/04/30 Sun. 22:18 [edit]

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 2

top △